-Intel社製&br;
--Celeron:廉価版CPUの総称。二次キャッシュ(L2)容量が128KB以下のものは、FEZ動作対象外。
--Pentium III:旧メインストリーム向けCPU。FEZ動作対象外。
--Celeron D:Pentium 4の廉価版CPU。FEZ動作対象外。
--Celeron M:モバイル向け廉価版CPUの総称。FEZ動作対象外。
--Pentium 4:旧メインストリーム向けCPU。(Socket478時代のプレスコットコアは発熱注意)
--Pentium M:旧モバイル向けCPU。
--Pentium D:Pentium 4を二つ繋げた(ツインコア)CPU。発熱注意。
--Core Solo:モバイル向けCPU。基本的にゲーム用ではない。
--Core Duo:Core Soloをベースにした旧モバイル向けデュアルコアCPU。
--Core 2 Duo:現メインストリーム向けデュアルコアCPU。バリエーションが幅広い。
--Pentium Dual-Core:Core 2 Duoの廉価版CPU。FEZの動作には非力。
--Core 2 Quad:Core 2 Duoを二つ繋げたCPU。現メインストリーム向け。
--Xeon:旧・現サーバー向けCPUの総称。シングル〜クアッドまで存在する。

-AMD社製&br;
--Duron:AthlonまたはAthlon XPの廉価版CPU。FEZ動作対象外。
--Athlon:旧メインストリーム向けCPU。FEZ動作対象外。
--Geode NX:Athlon XPの派生版CPU。FEZ動作対象外。
--Athlon XP:旧メインストリーム向けCPU。FEZの動作には非力。
--Sempron:Athlon XPまたはAthlon 64の廉価版CPU。FEZの動作には非力。
--Turion 64:現モバイル向けCPU。上位モデルであればFEZも実用レベル。
--Turion 64 X2:現モバイル向けデュアルコアCPU。FEZも実用レベル。
--Athlon 64:現メインストリーム向けCPU。
--Athlon 64 X2:現メインストリーム向けデュアルコアCPU。
--Phenom:現メインストリーム向けクワッドコアCPU。FEZには充分だが発熱注意。
--Opteron:旧・現サーバー向けCPUの総称。シングル〜クアッドまで存在する。

-VIA社製
--C3:旧メインストリーム向けCPU。FEZ動作対象外。
--C7:現メインストリーム向けCPU。FEZ動作対象外。

-Transmeta社製
--Crusoe:旧モバイル向けCPU。FEZ動作対象外。
--Efficeon:旧モバイル向けCPU。FEZ動作対象外。

-各社のCPUの特性~
INTEL社:バリエーションの幅が広く下位モデルではFEZには不向き。~
Pentium4時代には性能の低さと発熱で苦戦したが、Core2シリーズで名誉挽回した。~
AMD社:Athlon64X2時代にはPentium4を性能で圧倒しゲームならAMDの評判を作ったが、~
現在はCore2の巻き返しにより、状況が逆転した。~
新世代のクアッドコアCPU、Phenomをリリースしたが発熱の大きさがネックとなっている。~

-CPUコアの数~
シングルコア→CPU内部にコア1個~
デュアルコア→CPU内部にコア2個(物理コア1、論理コア2として処理される為WinXP HomeでもOK)~
クアッドコア→CPU内部にコア4個(WinXP HomeはOK。Win2000 Pro.はコア二つとして認識)

-シングルスレッド動作~
⇒CPUコアを1つしか使わない処理。FEZはシングルスレッドで動作する。~
デュアルコアのCPUでこれを動かしても、コア毎にそれぞれ50%負荷までしか掛からない。~

-マルチスレッド~
⇒CPUを複数使う処理だがFEZは対応していない。

-GPUについて~
FEZの処理はCPUに大きく依存します。~
GPU(ビデオカード/グラフィックボード)に振ると考えられる処理でも、CPUが行うことが殆どです。~
しかし、GPUに求められる性能がオンボードで処理できるほど低くはありません。~
特に、影などの処理を追加する場合、GPUメモリーの量が大きく影響します。~


    ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS