• Intel社製
    • Celeron D:Pentium 4の廉価版CPU。FEZ動作対象外。
    • Celeron M:モバイル向け廉価版CPUの総称。FEZ動作対象外。
    • Pentium 4:旧メインストリーム向けCPU。上位モデルであればFEZも実用レベル。
    • Pentium M:旧モバイル向けCPU。FEZ動作対象外。
    • Pentium D:Pentium 4を二つ繋げたCPU。上位モデルであればFEZも実用レベル。
    • Core 2 Duo:現メインストリーム向けデュアルコアCPU。バリエーションが幅広い。
    • Pentium Dual-Core:Core 2 Duoの廉価版CPU。上位モデルであればFEZも実用レベル。
    • Celeron Dual-Core:Pentium Dual-Coreの廉価版CPU。FEZ動作対象外。
    • Core 2 Quad:Core 2 Duoを二つ繋げたCPU。現メインストリーム向け。
  • AMD社製
    • Sempron:Athlon XPまたはAthlon 64の廉価版CPU。FEZの動作には非力。
    • Athlon 64:前世代のメインストリーム向けCPU。
    • Athlon 64 X2:現メインストリーム向けデュアルコアCPU。
    • Phenom X4:現メインストリーム向けクアッドコアCPU。
    • Phenom X3:現メインストリーム向けトライコアCPU。
  • CPUコアの数
    シングルコア→CPU内部にコア1個
    デュアルコア→CPU内部にコア2個(物理コア1、論理コア2として処理される為WinXP HomeでもOK)
    クアッドコア→CPU内部にコア4個(WinXP HomeはOK。Win2000 Pro.はコア二つとして認識)
  • シングルスレッド動作
    • CPUコアを1つしか使わない処理。FEZはシングルスレッドで動作する。
    • デュアルコアCPUで動作させても、あまり性能は発揮されない。
    • ただし、nProの負荷の分だけ動作が軽減されると言われている。
  • マルチスレッド
    • PUを複数使う処理だがFEZは対応していない。
  • GPUについて
    FEZの処理はCPUに大きく依存します。
    またグラフィックデータを主にメインメモリに展開し、VRAMの使用容量を節約しています。
    (ただし、VRAMを使用していないとか、GPUを使っていない、という意味では無いので誤解しないように注意)
    しかし、GPUに求められる性能がオンボードで処理できるほど低くはありません。
    特に、影などの処理を追加する場合、GPUメモリーの量が大きく影響します。
    一部に、GPUに処理を割り振ってCPUの負荷を下げれば良いのではないかという意見もありますが、 GPUのプログラミングでは、FEZで一番処理が重い「整数演算」や「分岐処理」は行えません。
    単純にGPUで肩代わり出来るような処理ではないので、早とちりしないように注意。


    ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS