『Apex Legends』が遊べる安いゲーミングPCまとめ 144fpsで遊べる安いPCを紹介!

Apex おすすめゲーミングPC
管理人

記事の要点はこちら!

『Apex Legends』はリリースから4年経過しており、推奨スペックのグラボがローエンドクラスなので、最安値のゲーミングPCでも遊べます。

ただし144fps以上を出力して快適にプレイするためには、12万円程度の予算を見積もりましょう。

今回の記事では、Apex Legendsにおすすめの安いゲーミングPCApex Legendsの推奨スペックを詳しく解説しています。

『Apex Legends』を快適にプレイしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

用途別&価格別に紹介!

スクロールできます
おすすめモデル価格画質設定fps値配信・動画編集スペック寿命の長さ
GTX1660Super搭載!
マウスコンピューター NEXTGEAR
JG-A5G1D
約10万円低画質144fps付近で
プレイ可能
ややスペック不足最新ゲームには
物足りない
RTX4060搭載!
マウスコンピューター NEXTGEAR
JG-A5G60
約13万円高画質144fps張り付きで
プレイ可能
ややスペック不足最新ゲームも
遊べる
RTX4060Ti搭載!

RM5C-R46T
約17万円最高画質144fps張り付きで
プレイ可能
快適最新ゲームを
3年は快適
RTX4050搭載!

XL7C-R45
約16万円画質144fps付近で
プレイ可能
ややスペック不足最新ゲームも
遊べる
目次

『Apex Legends』が遊べる安いゲーミングPCのおすすめモデル

おすすめモデルの特徴はこちら!

この項目ではおすすめのデスクトップPCを3台、ノートパソコンを1台紹介していきます。

各モデルで遊べる環境や出力できる最大fps値が異なるため、自分の予算と相談しておすすめモデルをチェックしましょう。

おすすめモデルの選定基準は?
  • 信頼できるメーカーのモデルであること
  • 推奨スペックを超えていて、短期でなく長期で使えること
  • 各モデル帯の中でもコスパの高いモデルを選出

以下の記事でApexにおすすめなノートパソコンも紹介しているので、この記事と合わせてPC選びの参考にしてください。

144fps付近で遊べる安いPCなら「GTX1660SUPER搭載PC」

NEXTGEAR JG-A5G1D

価格:99,800円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途PC初心者向け
CPUAMD Ryzen 5 4500
グラボGeForce GTX 1660 SUPER
メモリ16GB
ストレージ512GB (NVMe)

メリット・デメリット紹介

  • PC版ならではの高fps環境でプレイできる
  • 『Apex Legends』を120~144fpsで快適に遊べるモデルの中では最安値
  • 設定や状況次第で144fpsを下回る
  • CPUのパワーが低いため処理が重いゲームをプレイするには性能不足

なるべく予算を抑えつつ120~144fpsで遊びたい方には「GTX1660SUPER」を搭載したゲーミングPCがおすすめです。

『Apex Legends』を高fpsで快適に遊べるモデルの中では最安値となっています。

パソコンならではの高fpsを低予算で味わえるため、これまで家庭版を遊んでいた方からすると見違えるほどぬるぬる動く映像を楽しめます。

ゲーミングPCを買うのが初めての方や、高画質で最新ゲームを遊ぶ予定が無い方は検討してみましょう。

CPU性能によって遊べないゲームが出てきた場合、CPUを換装して使い続けるのもおすすめの運用方法です。

画質をキープしつつ144fpsで快適「RTX4060搭載PC」

NEXTGEAR JG-A5G60

価格:129,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途PC初心者向け
RTX40搭載最安値
CPUAMD Ryzen 5 4500
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ1TB(NVMe)

メリット・デメリット紹介

  • 『Apex Legends』を144fps張り付きでプレイできる
  • やや画質にこだわったゲームも遊べるようになる
  • 画質を大幅に落とさずに高fpsで遊べるようになる
  • CPUのパワーが低いため配信用PCには不向き

『Apex Legends』を144fps張り付きでプレイしたい方には、「RTX4060」搭載モデルがおすすめです。

CPU性能を抑えつつグラボは高性能な最新エントリーモデルを搭載しているため、低価格帯の中で最もパフォーマンスの高いモデルです。

画質をキープしたままでPC版ならではの要素を楽しめる

最安値のモデルよりも長期的な運用で見た際にコスパが高く、RTXグラボを搭載しているので遊べるゲームの幅も一気に広がります。

少し予算に余裕がある方や、少し動作の重たい最新ゲームを遊びたい方におすすめの選択肢です。

CPU性能によって遊べないゲームが出てきた場合、CPUを換装して使い続けるのもおすすめの運用方法です。

144fpsかつ配信で快適にApexを遊ぶなら「RTX4060Ti搭載PC」

GALLERIA RM5C-R46T

価格:169,800円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途FPS入門・最新ゲーム
CPUCore i5-13400F
グラボGeForce RTX 4060 Ti 8GB
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD

メリット・デメリット紹介

  • 『Apex Legends』を高画質で144fps張り付き、設定次第では200fps以上を狙える
  • 最新ゲームも高画質でプレイ可能
  • 配信や動画編集も可能なCPUスペックがある
  • デバイスやゲーミングモニターを含めると20万円近くの予算が必要になる

「RTX4060Ti」を搭載したゲーミングPCなら、『Apex Legends』を何不自由なくプレイできます。

最高設定でも144fpsを張り付きで出力できるため、綺麗なグラフィックで『Apex Legends』を楽しめます。

最新のゲームも最高品質で遊べる性能を持っており、安いゲーミングPCの中でも長持ちさせたい方におすすめです。

最新世代のCore i5搭載モデルなら配信や動画編集にも十分なスペックがあるので、単にゲームを遊ぶ以上の活動をしたい方にもピッタリとなっています。

ノートパソコンで144fpsが可能「RTX4050搭載ノートPC」

GALLERIA XL7C-R45H

価格:172,980円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途PCゲーム入門・軽いゲーム向け
CPUCore i7-13700H
グラボGeForce RTX 4050 6GB
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ディスプレイ144Hz 15.6インチ FHD非光沢

メリット・デメリット紹介

  • ノートパソコンでも144fpsを出力できる
  • コンパクトなので場所を選ばず遊べる
  • 最新のゲームも快適に遊べる
  • ノートパソコンなのでディスプレイが小さい
  • 同価格のデスクトップには性能が劣る

『Apex Legends』を遊ぶなら、「RTX4050」を搭載しているノートパソコンがおすすめです。

持ち運んで出先で『Apex Legends』をプレイ可能かつ、144fpsを出力する性能を持っています。

RTX40シリーズ搭載なので処理が重いゲームも問題なく楽しめるため、将来性が高いです。

144fpsモニターが備え付けられておりモニターを購入する必要がありませんが、モニターのサイズが小さいので注意しましょう。

また携帯性の向上にコストがかかっているため、同価格のデスクトップより性能は劣ってしまいます

以下の記事でApexにおすすめなノートパソコンも紹介しているので、この記事と合わせてPC選びの参考にしてください。

『Apex Legends』の推奨スペック・必要なグラボ

Apexの推奨スペック
『Apex Legends』公式サイトより引用

『Apex Legends』の推奨スペックではGTX 970を要求していますが、実際に快適にプレイするには性能が足りません。

PCスペックが高いほど有利になるタイトルなので、最低スペック・推奨スペックについてチェックしていきましょう。

最低スペック・最低動作環境

管理人

このスペックでゲームは快適に遊べません…

CPUIntel Core i3-6300 3.8GHz / AMD FX-4350 4.2GHz
メモリ6GB
GPUNVIDIA GeForce GT 640 / Radeon HD 7730
『Apex Legends』公式サイトより引用

『Apex Legends』の最低スペックでは 「GeForce GT 640」 を要求しており、それ以下の性能だと動作すらままなりません。

最低スペックはゲームが起動して動くだけのスペックなので、実際はまともにプレイすることが不可能です。

最低スペックに掲載されているパーツ構成では、PS4以下の環境になってしまうので注意しましょう。

推奨スペック・推奨動作環境

管理人

より高いスペックだと将来性があります!

CPUIntel i5 3570Tおよび同等品
メモリ8GB
GPUNvidia GeForce GTX 970 / AMD Radeon R9 290
『Apex Legends』公式サイトより引用

『Apex Legends』の推奨スペックは「GeForce GTX 970」で、現在のスペックにするとローエンドクラス以下のグラボが要求されています。

推奨スペックの性能であればプレイ自体は可能ですが、fpsや遅延の面で他のプレイヤーより不利です。

快適にゲームを楽しみたい方は、次の項目の実際の推奨スペックを参考にしてみてください。

当サイトが考える真の推奨スペック

管理人

予算は13万円必要になります!

CPURyzen 5 4500 or Core i5 12400
メモリ16GB
GPUGeForce RTX 4060 8GB

PC版の『Apex Legends』を144fps張り付きでプレイしたい場合は、上記のスペックと同等かそれ以上の環境がおすすめです。

上記のスペック以下の性能では、fpsの低下や遅延によって他のプレイヤーより不利になってしまいます。

当サイトの推奨スペックであれば、『Apex Legends』を144fpsの低遅延でプレイ可能です。

用途別&価格別に紹介!

『Apex Legends』のGPU別フレームレート表

フルHD-高設定
CPU:Corei9-13900K
RTX 4090
300fps
RTX 4080
286fps
RTX 4070 Ti
263fps
RTX 4070
233fps
RTX 4060 Ti
199fps
RTX 4060
174fps
RTX 3090
246fps
RTX 3080
232fps
RTX 3070
201fps
RTX 3060 Ti
184fps
RTX 3060
156fps
GTX 1660 SUPER
128fps
GTX 1650
100fps

上記は戦闘時・非戦闘時などもふまえた高設定での平均フレームレートです。

CPUなどの組み合わせや設定の細かい変化でフレームレートは変わるので、あくまでも目安として参考にしてみてください。

安いゲーミングPC・安いグラボでもApexは144fpsで遊べる?

設定GTX 1650GTX1660SUPERRTX 4060
高画質設定93fps102fps151fps
中画質設定119fps145fps176fps
低画質設定142fps162fps199fps
CPUはCore-i7-12700での平均fps比較表

8万円程度で購入できる「GTX1650」程度の性能では、最低設定でも平均144fps以下になってしまいます。

『Apex Legends』はPCに負荷がかかるシーンが多いので、必ず「GTX1660SUPER」以上のグラボから選ぶべきです。

快適に遊べないだけではなく他のプレイヤー以下の環境になってしまうため、PC性能の差で撃ち負けてしまいます。

「GTX1660SUPER」なら144fpsを出力可能かつ10万円で購入できるため、予算を極力抑えたい方の選択肢になります。

用途別&価格別に紹介!

『Apex Legends』における安いゲーミングPCの選び方・要点まとめ

選び方の要点はこちら!

  • 予算は最低でも12万円
  • 画質と144fpsどちらも欲しいなら「RTX3060」
  • PC性能に合ったゲーミングモニターを用意する

『Apex Legends』公式サイトより引用

この項目では『Apex Legends』向けのゲーミングPCの選び方を3選紹介しています。

『Apex Legends』は処理が重いシーンが多く、グラボの性能が重要です。

『Apex Legends』に最適なゲーミングPCの選び方を詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

予算は10万円以上が最低でも必要

Apexの平均fps値

『Apex Legends』を快適にプレイするためには、最低でも10万円の予算が必要です。

どんなシーンでも144fps付近を維持できるようにしたい場合、「RTX4060」を搭載しつつ予算は12万円以上を見積もりましょう。

なおかつパソコン本体だけでなく144Hzゲーミングモニターも必要になるため、実質的にかかる予算は15万円程度が必要です。

ベンキュージャパン
¥31,091 (2023/06/29 17:57時点 | Amazon調べ)

144fpsかつ画質をキープするなら「RTX3060/RTX4060」以上がおすすめ

Apexの高画質かつ高fps環境

『Apex Legends』で高設定にて144fps以上出力したい方には「RTX3060/RTX4060」以上がおすすめです。

画質を下げてfpsを安定させられるので、「RTX3060/RTX4060」で144fpsが出ない方は設定を見直しましょう。

どんなシーンでも144fpsを張り付かせたい方は「RTX3060」では物足りないので、より高いPCを検討してみてください。

出力できるfps値に合わせて144Hz or 240Hzのモニターを選ぼう

ベンキュージャパン
¥31,091 (2023/06/29 17:57時点 | Amazon調べ)

144fps以上出力できるゲーミングPCがあっても、対応しているゲーミングモニターがないと効果がありません。

自身のPCが出力できるfps値にあったゲーミングモニターを用意するようにしましょう。

『Apex Legends』はPCの性能や設定次第で240fps以上の出力が可能なので、165Hzや240Hzに対応しているモニターも選択肢に入ります。

予算やプレイスタイルと相談して、144Hz以上で自分に合ったモニターを選ぶのがおすすめです。

用途別&価格別に紹介!

Apexマスターランク常連の筆者による144fps・240fps環境のメリット紹介

筆者のApexプレイ履歴
  • fpsが上がるとトラッキングしやすくなるため、撃ち合いが強くなる
  • 高ランク帯では多くの人が使っている「キャラコン」に対応しやすくなる
  • 高ランク帯ではハイドが多いため、fpsが上がると索敵しやすくなり有利

fpsが上がる最大のメリットは、撃ち合いが強くなることです。

PC版の『Apex Legends』の高ランク帯では、キーマウでプレイしている敵が弾避けのキャラコンを使えるのが普通です。

同じレベル同士のプレイヤーがキャラコンを使用しながら撃ち合う場合、fpsが高いほど命中率が上がるので有利となります。

『Apex Legends』ではトラッキングAIMが重要で、fpsが向上するだけトラッキング精度も上がり撃ち合いに勝ちやすいです。

Apexの高fps値における効果
fpsが高いとキャラコンをしている敵にも弾を当てやすいです。

また高ランク帯ではハイドをして順位を上げているプレイヤーが大半となっています。

マスター帯でハイドがいる場所を気づかないまま通ると、最低でも味方1人は落とされてしまい2VS3の状況になります。

『Apex Legends』で人数差を覆すには相当の実力差の差や運が必要で、ハイドの見落としは部隊壊滅と同じです。

fpsが向上すると画面が滑らかに描写されるので、ハイドしている敵を索敵しやすくなり部隊壊滅のリスクが下がります。

上記の理由からマスター帯では144fps~240fpsの環境が当たり前なので、PCスペックは妥協しないようにしましょう。

筆者のプレイ環境はこちら

グラボRadeon RX 6700 XT
CPURyzen7 5700 X
メモリ16GB

用途別&価格別に紹介!

『Apex Legends』の安いゲーミングPC選びに関するよくある質問

『Apex Legends』はグラボなしで遊べる?

グラボなしではまともにプレイできないので不可能です。

『Apex Legends』はノートパソコンでできる?

グラボを搭載したゲーミングノートパソコンであればプレイ可能です。

PC版『Apex Legends』のダウンロード方法は?

公式サイトからダウンロード可能です。

他にもSteamにて配信されているため、プラットフォームをまとめたい方はSteamがおすすめです。

『Apex Legends』ができる安いPCは?

「GTX1650」を搭載した8万円程度のモデルでも可能ですが、「GTX1660SUPER」を搭載した10万円程度のモデルを推奨します。

最安値のモデルではfps値の上限が低く、最新FPSタイトルを遊べません。

用途別&価格別に紹介!

『Apex Legends』におすすめな安いゲーミングPCのまとめ

管理人

記事のまとめはこちら!

  • 最低でも10万円の予算が必要、モニターやデバイスを合わせると15万円
  • 「GTX1660SUPER」でも高fpsでプレイ可能、「RTX4060」以上のグラボがおすすめ
  • 144fps以上を出力できるPCとモニターを選び、勝つためには両方が必須になる

『Apex Legends』は安いゲーミングPCでも遊べるタイトルなので、予算を抑えてPC選びが可能です。

144fpsプレイするためには「GTX1660SUPER」以上のゲーミングPCが必要で、PC本体の予算は最低10万円です。

144fps張り付きでプレイしたい場合には「RTX4060」以上のグラボを選ぶと快適にプレイできます。

スクロールできます
おすすめモデル価格画質設定fps値配信・動画編集スペック寿命の長さ
GTX1660Super搭載!
マウスコンピューター NEXTGEAR
JG-A5G1D
約10万円低画質144fps付近で
プレイ可能
ややスペック不足最新ゲームには
物足りない
RTX4060搭載!
マウスコンピューター NEXTGEAR
JG-A5G60
約13万円高画質144fps張り付きで
プレイ可能
ややスペック不足最新ゲームも
遊べる
RTX4060Ti搭載!

RM5C-R46T
約17万円最高画質144fps張り付きで
プレイ可能
快適最新ゲームを
3年は快適
RTX4050搭載!

XL7C-R45
約16万円画質144fps付近で
プレイ可能
ややスペック不足最新ゲームも
遊べる

以下の記事でApexにおすすめなノートパソコンも紹介しているので、この記事と合わせてPC選びの参考にしてください。

用途別&価格別に紹介!

目次