PC版『アーマードコア6』おすすめゲーミングPC&推奨スペック紹介 PS5以上の環境で遊ぶための構成は?

アーマードコア6 おすすめゲーミングPC
管理人

記事の要点はこちら!

PC版『アーマードコア6』は10年以上待望されたシリーズ最新作タイトルとなっており、PC以外にも幅広いハードで発売されます。

ド迫力でダイナミックなアクションを最大限楽しむためには、PS5以上の環境が必要です。

PS5を超えるスペックを用意する場合、予算は15万円以上、グラボはRTX4060以上のモデルが搭載されたゲーミングPCをおすすめします。

モデル名画像グラボ価格スペック寿命の長さ
GALLERIA
RM5C-R46
RTX 4060約13万円最新ゲームでも
3年は快適
GALLERIA
RM5C-R46T
RTX4060Ti約18万円 最新ゲームでも
3年以上快適
GALLERIA
XA7C-R47T
RTX4070Ti約29万円最新ゲームでも
3年以上快適
NEXTGEAR
J6-A7G60GN-A
RTX4060約15万円最新ゲームでも
3年は快適
\初心者におすすめ/
NEXT GEAR
JG-A5G60
RTX4060約16万円最新ゲームでも
3年は快適

この記事では『アーマードコア6』おすすめゲーミングPC『アーマードコア6』の推奨スペックについて解説していきます。

用途別&価格別に紹介!

目次

PC版『アーマードコア6』おすすめゲーミングPC

おすすめモデルの特徴はこちら!

この項目ではおすすめのデスクトップPCを3台、ノートパソコンを1台紹介していきます。

各モデルで遊べる環境や出力できる最大fps値が異なるため、自分の予算と相談しておすすめモデルをチェックしましょう。

おすすめモデルの選定基準は?
  • 信頼できるメーカーのモデルであること
  • 推奨スペックを超えていて、短期でなく長期で使えること
  • 各モデル帯の中でもコスパの高いモデルを選出

PS5以上の環境で快適プレイ「RTX4060搭載PC」

GALLERIA RM5C-R46

価格:167,979円

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途初めてのゲーミングPC購入
とにかく格安でPCゲームを遊びたい
CPUCore i5-14400F
グラボGeForce RTX 4060 8GB
メモリ16GB
ストレージ500GB Gen4 SSD

メリット・デメリット紹介

  • コスパ良くPS5以上の環境を用意するならこのPC
  • はじめてのゲーミングPCにおすすめ
  • 『VALORANT』『Apex』など流行りのFPSを遊ぶのにもぴったり
  • 最高画質の設定ではスペックが足りない可能性もある(推奨スペック未発表のため)

このモデルはコスパ良くPS5以上の環境を用意したい方、初めてのゲーミングPCを購入される方におすすめです。

「RTX4060搭載PC」ならPS5以上の環境を用意できるので安心して『アーマードコア6』を最高画質で楽しめます。

最高画質なら機体の詳細な描画を楽しめる

対人戦においてはfps値も重要となるため、グラボについては妥協しないようにしましょう。

『VALORANT』など比較的動作が軽いゲームは最高設定でも200fps以上をキープできるマシンパワーがあります。

画質にもフレームレートにもこだわりたいなら「RTX4060 Ti搭載PC」

GALLERIA RM5C-R46T

価格:185,980円

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途FPSゲーム入門の方
最新ゲームを遊びたい方向け
CPUCore i5-14400F
グラボGeForce RTX 4060 Ti 8GB
メモリ16GB
ストレージ500GB Gen4 SSD

メリット・デメリット紹介

  • PS5を大幅に超えるマシンパワー
  • 高fpsを安定して出力できる
  • 高画質での配信や動画編集に適したPC
  • 「RTX 4060」の上位互換GPUで性能は大幅アップ
  • 4K解像度+最高画質設定ではカクつく可能性がある

最新のRTX40番台GPUである「RTX4060 Ti」が搭載されており、画質にこだわって遊びたい方におすすめのモデルです。

PC版ならではの画質設定で最高画質かつ高fps値をキープして楽しんだり、WQHD解像度でのプレイを狙えます。

『アーマードコア6』の重厚なグラフィックを楽しみたい、レイトレーシングを楽しみたいという画質にこだわる方に最適です。

高画質での配信や動画編集にも適しているため、ゲーム配信や動画投稿を楽しみたい方にもおすすめです。

4K解像度で世界観を楽しむなら「RTX4070 Ti搭載PC」

GALLERIA XA7C-R47T

価格:313,980円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途4K解像度・VRゲーム・ゲーム配信
CPUCore i7-14700F
グラボGeForce RTX 4070 Ti 16GB
メモリ32GB
ストレージ1TB Gen4 SSD

メリット・デメリット紹介

  • 『アーマードコア6』を4K最高画質設定で楽しめるポテンシャル
  • 最新ゲームを最高設定で遊び続けられる
  • 3Dモデルを使用したハイクオリティな配信もできるマシンスペック
  • 今回紹介する最安値のモデルと比べて価格がかなり上がる
  • 4K解像度や高fpsを楽しむためには対応したモニターを用意する必要がある

最新のRTX40番台の中でも上位のスペックを誇る「RTX4070 Ti」が搭載されており、『アーマードコア6』を4k最高画質設定で楽しめるポテンシャルがあります。

安価なモデルと比べると価格がかなり高くなってしまいますが今後何年も最新ゲームを最高の環境で遊び続けられるのでコストパフォーマンスには優れています。

『アーマードコア6』のみならず『Escape from Tarkov』などの比較的重たいゲームを配信しながらサクサク遊べるマシンパワーがあり、数年間は最新ゲームを最高設定で遊び続けられます。

3Dモデルを使用した負荷の大きい配信にも余裕をもって耐えられるハイスペックなマシンです。

ノートパソコンで遊ぶなら「RTX4060搭載ノートPC」

GALLERIA XL7C-R46

価格:241,980円

コスパ
PC性能としての耐用年数
おすすめ用途FPS入門・最新ゲーム
CPUCore i7-13700H
グラボGeForce RTX 4060 8GB
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ディスプレイ144Hz 15.6インチ FHD非光沢

メリット・デメリット紹介

  • どこでも『アーマードコア6』をサクサク楽しめる
  • 外での動画編集にぴったり
  • 144fpsモニターを別で用意する必要がない
  • ノートパソコンなのでディスプレイが小さい
  • 同価格のデスクトップと比較してスペックが低い

出先で『アーマードコア6』などの最新ゲームを遊びたい方には「RTX4060搭載ノートPC」が一番の選択肢です。

「RTX4060搭載ノートPC」は『アーマードコア6』で高fpsを出力して快適に遊べるポテンシャルがあります。

同価格のデスクトップと比較してスペックが低いものの『タルコフ(EFT)』を120fps程度でプレイすることができ、ゲーミングモニターを用意する必要がないと考えればコスパが高いモデルです。

デバイス一式もセットで欲しい人には「RTX4060搭載PCセット」

NEXTGEAR JG-A5G60(スターター5点セット)

価格:159,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途ゲーミングPC初心者
デバイスも揃えたい
CPURyzen 5 4500
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD


セット内容
モニター:G-MASTER GB2470HSU-5
マウス:Logicool G304
キーボード:Logicool G213r
ヘッドセット:Logicool G331
マウスパッド:Logicool G240f
ゲームパッド:Logicool F310r

メリット・デメリット紹介

  • 初めてゲーミングPC環境を整える方におすすめ
  • ゲームに必要なデバイスがすべて揃う
  • デバイスごとにこだわりのある方には不向き

これから初めてゲーミングPC環境を揃えるという方に、おすすめのモデルです。

PCと一緒にゲームに必要なデバイスを一度で購入できるセットで、デバイスに詳しくないPC初心者の方に向いています。

デバイスはゲーマーからの信頼が厚い「Logicool」製品に統一されているので、デバイスが特に重要なFPS等にもそのまま使用できます。

デバイスにこだわりがある方には不向きですが、ゲーミングデバイスに詳しくない方には調べる手間も省けて一石二鳥なモデルです。

PC版『アーマードコア6』の推奨スペック・必要なグラボ

アーマードコア6 推奨スペック
Steamより引用

『アーマードコア6』は同フロムソフトウェアの『エルデンリング』より推奨スペックが低いため、エルデンリングをPCで遊んでいたなら快適に遊べます。

この項目では『アーマードコア6』を快適に遊ぶために必要なスペックについて、当サイトがおすすめするパーツ構成について紹介していきます。

最低スペック・最低動作環境

管理人

このスペックでゲームは快適に遊べません…

CPUIntel Core i5-8600K
AMD Ryzen 3 3300X
メモリ12 GB
GPUNVIDIA GeForce GTX 960 4 GB
AMD Radeon RX 480 4 GB
Steamより引用

『アーマードコア6』公式の最低動作環境は表の通りで、最低動作環境としては非常に高いスペックが発表されています。

最低動作環境はゲームをギリギリ動かすことのできるスペックであり、『アーマードコア6』を快適に遊ぶことはできません。

ゲーミングPCとしても時代遅れのマシンですので、より高いスペックのPCを用意しましょう。

推奨スペック・推奨動作環境

管理人

より高いスペックだと将来性があります!

CPUntel Core i7-7700、Intel Core i5-10400
メモリ12GB
GPUNVIDIA GeForce GTX 1060 6GB

推奨スペックでは「GTX 1060 6GB」が記載されており、『エルデンリング』に要求されていた「GTX 1070 8GB」を下回っています。

現行のゲーミングPCならエントリーモデルでも快適に遊べるスペックであり、最新のPCタイトルにしては低い要求です。

当サイトが考える真の推奨スペック

管理人

予算は16万円必要になります!

CPUCore i5-12400
メモリ16GB
GPUGeForce RTX 3060 Ti 8GB、RTX4060 8GB

上記のスペックであればPS5を超えるマシンパワーがあり、『アーマードコア6』を快適に楽しむのに十分です。

本格的に対人戦を楽しむのであれば、上記のパーツより妥協するのはおすすめできません。

「RTX 3060Ti」なら最新ゲームも高設定で遊べるので、今後数年PCゲームを遊ぶときにスペックで困ることはありません

用途別&価格別に紹介!

PC版『アーマードコア6』向けゲーミングPCの選び方・要点まとめ

選び方の要点はこちら!

  • 必要な予算は予算は15万円以上
  • 4Kで遊びたいならRTX40シリーズが必須
  • 対人戦を遊ぶなら高fps環境にこだわろう

PC版『アーマードコア6』を快適に遊ぶためには「RTX 3060Ti」「RTX4060」以上が搭載されているPCを選びPS5を超える環境を用意する必要があります。

4Kで遊びたい方や対人戦をプレイする方は「RTX40シリーズ」が搭載されたマシンを用意しましょう。

必要に応じて144Hzや4K解像度に対応したモニターを用意するのも忘れないようにしましょう。

予算は15万円以上なら安心してPS5以上の性能になる

予算15万円以上で「RTX 4060Ti」以上が搭載されているPCであれば PS5を超える性能を得られるので、『アーマードコア6』を安心して遊べる環境を用意できます。

予算15万円以下のPCに妥協してしまうとPS5を超えられない環境となってしまうので注意しましょう。

4Kで遊びたいならRTX40シリーズが必須

Dell
¥35,800 (2024/06/18 20:40時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで商品を見る

4K解像度で『アーマードコア6』のド迫力の映像体験を楽しみたいのであれば「RTX 40シリーズ」が必須です。

「RTX4080搭載PC」であれば4K解像度かつ最高画質設定で『アーマードコア6』の美しいグラフィックを最大限楽しめます。

4K解像度を楽しむためには4Kに対応したゲーミングモニターが必要なので、忘れず用意しましょう。

対人戦を遊ぶなら高fps環境にこだわるべき&144Hzモニターがおすすめ

ベンキュージャパン
¥35,455 (2024/06/23 18:50時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで商品を見る

対人戦を十分に楽しむためにはfps低下によるストレスや不利を背負わないためにも高fps環境にこだわるべきです。

安定した対戦環境を用意するためには144fps以上をキープできるマシンパワーを持つゲーミングPCを選ぶ必要があります。

この記事で紹介した「RTX4070搭載PC」以上のゲーミングPCであれば対人戦を遊ぶのに十分な環境を得られます。

144fps以上を出力できる利点を生かすためには144Hzモニターを別途用意しましょう。

用途別&価格別に紹介!

PC版『アーマードコア6』の推奨スペックに関するよくある質問

HDD・SSDの容量はどのくらい必要ですか?

『アーマードコア6』のダウンロードサイズは65GBです。

他のゲームも遊ぶ可能性がある場合は少なくとも512GB以上の容量を確保しましょう。

『アーマードコア6』はレイトレーシングに対応していますか?

現在アーマードコア6のレイトレーシング対応状況は不明です。

『エルデンリング』はアップデートによってレイトレーシングが追加されており、AC6も初動では実装が無い可能性も考えられます。

『アーマードコア』シリーズの過去作をPCで遊ぶことはできますか?

『アーマードコア』シリーズは過去作がどれもPC版移植されていないので、PCで過去作を遊ぶことはできません。

用途別&価格別に紹介!

PC版『アーマードコア6』おすすめゲーミングPC・推奨スペックのまとめ

管理人

記事のまとめはこちら!

  • 予算は15万円以上、「RTX 3060Ti」以上が搭載されているPCが必要
  • 4Kで遊びたいならRTX40シリーズを選ぼう
  • 対人戦を遊ぶなら高fpsを出力できるマシンと144Hzモニターを用意しよう

PC版『アーマードコア6』を快適に遊ぶためには、予算15万円以上で「RTX 3060Ti」を搭載したPCを選ぶ必要があります。

予算に余裕がある場合は「RTX4070」以上が搭載されたPCを選ぶことで対人戦や高画質設定に対応でき、配信や動画編集もサクサクこなせます。

用途別&価格別に紹介!

目次