『BlazBlue Entropy Effect』おすすめゲーミングPC&推奨スペック紹介 MODも快適に楽しめるモデルは?

管理人

記事の要点はこちら!

『BlazBlue Entropy Effect』は要求スペックが低いので、現行最安値PCでも快適に楽しめます。

予算は10万円が最低でも必要で、「GTX 1660 SUPER」以上のグラボがおすすめです。

公式ではWQHD解像度でのプレイを推奨しているので、WQHD対応モニターを用意するとより楽しめます。

この記事では『BlazBlue Entropy Effect』おすすめゲーミングPC『BlazBlue Entropy Effect』の推奨スペックについて解説していきます。

モデル名画像グラボ価格性能としての寿命
NEXTGEAR
JG-A5G1D
マウスコンピューター NEXTGEARRTX 4060約10万円最新ゲームでも
1~2年は快適
NEXTGEAR
JG-A5G6T
マウスコンピューター NEXTGEARRTX4060Ti約14万円 最新ゲームでも
3年以上快適
G-Tune
FZ-A7G7T
RTX4070Ti約29万円最新ゲームでも
3年以上快適
NEXTGEAR
J6-A7G60GN-A
RTX4060約15万円最新ゲームでも
3年は快適
NEXTGEAR
JG-A5G60
RTX4060約16万円最新ゲームでも
3年は快適

用途別&価格別に紹介!

目次

『BlazBlue Entropy Effect』おすすめゲーミングPC

おすすめモデルの特徴はこちら!

この項目ではおすすめのデスクトップPCを3台、ノートパソコンを1台、デバイスセットを1つ紹介していきます。

各モデルで遊べる環境や出力できる最大fps値が異なるため、自分の予算と相談しておすすめモデルをチェックしましょう。

おすすめモデルの選定基準は?
  • 信頼できるメーカーのモデルであること
  • 推奨スペックを超えていて、短期でなく長期で使えること
  • 各モデル帯の中でもコスパの高いモデルを選出

価格を抑えたエントリーモデルなら「RTX 4060搭載PC」

NEXTGEAR JG-A5G60

価格:129,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途PC初心者向け
RTX40搭載最安値
CPUAMD Ryzen 5 4500
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ1TB(NVMe)

メリット・デメリット紹介

  • できるだけ価格を抑えて楽しめる
  • 60fps張り付きで快適に楽しめる
  • WQHD解像度も快適
  • 配信や動画編集は難しい

できるだけ価格を抑えて快適に楽しみたい方におすすめのモデルです。

価格が抑えられた現行最安値のエントリーモデルで、PC初心者の方に人気のモデルです。

要求スペックが低いので、高画質設定でも60fps張り付きで快適に楽しめます。

WQHD解像度でも60fpsで快適に遊べるので、高解像度環境を楽しみたい方にも向いています。

配信や動画編集をするつもりがないのであれば特におすすめできるモデルです。

配信や動画編集も快適にこなせる「RTX 4060 Ti搭載PC」

NEXTGEAR JG-A5G6T

マウスコンピューター NEXTGEAR

価格:144,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途ゲーミングPC初心者
コスパの高いモデル
CPURyzen 5 4500
グラボGeForce  RTX 4060 Ti
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD

メリット・デメリット紹介

  • 配信や動画編集をしたい方に向いている
  • 4K解像度も60fps張り付きで快適
  • 最新ゲームを楽しみたい方におすすめ
  • 特に重い最新ゲームを遊ぶのは難しい

配信や動画編集を行いたい方におすすめのモデルです。

グラボの性能に余裕があるので、ゲームをプレイしながらの配信や動画編集に向いた環境です。

『BlazBlue Entropy Effect』なら4K解像度も60fps張り付きで快適にプレイできます。

最新ゲームの要求スペックも幅広くカバーできるスペックで、汎用性の高い環境が得られます。

搭載パーツと価格のバランスが良く、コスパに優れているので人気のモデルです。

重い最新ゲームも快適に楽しめる「RTX 4070 Ti搭載PC」

G-Tune FZ-A7G7T

価格:289,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途ゲームやクリエイター用の
ソフトを快適に動かしたい
CPURyzen 7 7700X
グラボGeForce RTX 4070 Ti
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD

メリット・デメリット紹介

  • 重い最新ゲームを快適に楽しめる
  • 『BlazBlue Entropy Effect』をプレイする上で困ることがない
  • スペック寿命の長さが高く、今後3年は最新ゲームが快適
  • 『BlazBlue Entropy Effect』だけをプレイするならオーバースペック

重い最新ゲームも快適に楽しみたい方におすすめのモデルです。

「RTX 4070 Ti」を搭載しており、メモリも32GBなので特に重い最新ゲームも快適に楽しめます。

『BlazBlue Entropy Effect』はどんな設定で遊んでも144fps以下にならない最高の環境です。

今後3年は最新ゲームが快適に楽しめる、スペック寿命の長さの高いモデルです。

CPUのスペックが高いので、3Dモデルを使用した配信も快適にこなせます。

推奨スペックを超えたノートPC「RTX 4050搭載ノートPC」

NEXTGEAR J6-A5G50GN-A

価格:124,800円

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途コスパの良いモデルなら
CPURyzen 5 7535HS
グラボGeForce RTX 4050
メモリ16GB
ストレージ256GB NVMe SSD
ディスプレイ165Hz 16インチ ノングレア

メリット・デメリット紹介

  • 推奨スペックを超えた快適環境
  • どこでもゲームが楽しめるのでオフラインゲームとの相性に優れている
  • 165Hz対応16インチの高性能モニター搭載
  • 同価格帯のデスクトップに比べてスペックは落ちる

推奨スペックを超えたノートPCを選びたい方におすすめのモデルです。

『BlazBlue Entropy Effect』の推奨スペックを余裕をもって超えているので、100fps以上で快適に楽しめます。

どこでもゲームが楽しめるので、ノートPCは特にオフラインゲームとの相性が良いです。

165Hz対応16インチの高性能モニター搭載で、派手なアクションを高い没入感で楽しめます。

同価格帯のデスクトップに比べてスペックは落ちますが、高性能モニターを搭載しているのでコスパは高いです。

ゲーミングデバイスも一緒に揃えたいなら「RTX4060搭載PCセット」

NEXTGEAR JG-A5G60(スターター5点セット)

価格:159,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途ゲーミングPC初心者
デバイスも揃えたい
CPURyzen 5 4500
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD


セット内容
モニター:G-MASTER GB2470HSU-5
マウス:Logicool G304
キーボード:Logicool G213r
ヘッドセット:Logicool G331
マウスパッド:Logicool G240f
ゲームパッド:Logicool F310r

メリット・デメリット紹介

  • 高画質・60fpsでプレイ可能
  • 165Hzモニター搭載
  • 必要な周辺機器が全部入っている
  • デバイスにこだわりたい方には向いていない

ゲーミングPCを買ってすぐに遊びたい方には「RTX 4060搭載PCセット」がおすすめです。

このセットを買うだけで、PCでゲームをするために必要なすべての周辺機器がそろいます

人気のLogicool製品&165Hzモニターで、FPSやRPGも快適にプレイ可能です。

グラボやCPUも性能が高く、ゲームから動画編集までオールマイティに活躍してくれます。

ゲーミングデバイスにはたくさんの種類があり、デバイスを選ぶのが難しいと感じる方におすすめです。

『BlazBlue Entropy Effect』の推奨スペック・必要なグラボ

『BlazBlue Entropy Effect』の推奨スペック・必要なグラボ
Steamより引用

『BlazBlue Entropy Effect』は要求スペックが低く、現行最安値PCでも快適に楽しめます。

予算は10万円が最低でも必要で、「GTX 1660 SUPER」以上のグラボを搭載した環境がおすすめです。

『BlazBlue Entropy Effect』公式はWQHD解像度でのプレイを推奨しています。

最低スペック・最低動作環境

管理人

このスペックでゲームは快適に遊べません…

CPUIntel Core i3
メモリ4 GB
GPUNvidia GeForce GTX 950
Steamより引用

『BlazBlue Entropy Effect』公式の最低動作環境は上記の通りです。

あくまでも最低動作環境なので、上記を満たしただけではカクつきでまともに遊べません。

最低でも推奨動作環境を満たした環境を用意しましょう。

推奨スペック・推奨動作環境

管理人

より高いスペックだと将来性があります!

CPUIntel Core i5 以上
AMD Ryzen 4000以上
メモリ8 GB
GPUNvidia GeForce GTX 1060
Steamより引用

『BlazBlue Entropy Effect』公式の推奨動作環境は上記の通りです。

要求されている「GTX 1060」は現行最安値の「GTX 1660 SUPER」よりスペックの低いグラボです。

現行最安値のPC以上のスペックがあれば快適に楽しめるゲームであると分かります。

当サイトが考える真の推奨スペック

管理人

予算は10万円必要になります!

CPUIntel Core i5-12400
AMD Ryzen 5 4500
メモリ16 GB
GPUGTX 1660 SUPER

上記スペックを超えていれば『BlazBlue Entropy Effect』を快適に楽しめる環境と言えます。

公式ではメモリを8GBしか要求していませんが、16GB搭載の環境なら楽しめるタイトルがより幅広い環境となります。

公式が推奨しているWQHD解像度でのプレイも快適なので、「GTX 1660 SUPER」以上のグラボがおすすめです。

用途別&価格別に紹介!

『BlazBlue Entropy Effect』向けゲーミングPCの選び方・要点まとめ

選び方の要点はこちら!

  • 予算は10万円以上が最低でも必要
  • 144fps以上かつWQHD解像度でプレイするなら「RTX 4060 Ti」が必要
  • WQHD解像度でプレイするなら対応したモニターが必要

『BlazBlue Entropy Effect』を快適に楽しむための予算は10万円以上が最低でも必要です。

144fps以上かつWQHD解像度でプレイするなら「RTX 4060 Ti」を用意しましょう。

公式が推奨するWQHD解像度でのプレイには対応したモニターを用意する必要があります。

予算は10万円以上が最低でも必要

NEXTGEAR JG-A5G1D

価格:99,800円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途PC初心者向け
CPUAMD Ryzen 5 4500
グラボGeForce GTX 1660 SUPER
メモリ16GB
ストレージ512GB (NVMe)

『BlazBlue Entropy Effect』を快適に楽しむための予算は最低でも10万円が必要です。

要求スペックが低いタイトルなので、現行最安値のゲーミングPCでも快適に楽しめます。

144fps以上かつWQHD解像度でプレイするなら「RTX 4060 Ti」が必要

NEXTGEAR JG-A5G6T

マウスコンピューター NEXTGEAR

価格:144,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途ゲーミングPC初心者
コスパの高いモデル
CPURyzen 5 4500
グラボGeForce  RTX 4060 Ti
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD

144fps以上とWQHD解像度を両立させるなら「RTX 4060 Ti」以上が必要です。

配信や動画編集も可能な環境が欲しい方にもおすすめです。

WQHD解像度でプレイするなら対応したモニターが必要

公式が推奨しているWQHD解像度でのプレイには対応したモニターが必須です。

普通のモニターはフルHDまでの解像度にしか対応していないので注意しましょう。

用途別&価格別に紹介!

『BlazBlue Entropy Effect』おすすめゲーミングPC・推奨スペックに関するよくある質問

WQHD対応モニターは必須ですか?

フルHD解像度でも問題なくプレイできるので必須ではありません。

要求スペックが低いならグラボなしでも快適に遊べますか?

グラボなしだと最低動作環境も満たせていない環境となるので、そもそもゲームを起動すらできない可能性が高いです。

『BlazBlue Entropy Effect』はBlazBlueシリーズの新作ですか?

BlazBlueシリーズに関連していますが、正当続編ではありません。

中古PCでも快適に楽しめますか?

推奨スペックを超えた環境なら快適に楽しめますが、中古PCはパーツの摩耗度合がわからず、すぐに壊れてしまう可能性があるのでおすすめはできません。

『BlazBlue Entropy Effect』おすすめゲーミングPC・推奨スペックのまとめ

管理人

記事のまとめはこちら!

  • 予算は10万円が最低でも必要
  • 公式ではWQHD解像度でのプレイを推奨している
  • 配信も楽しむなら「TX 4060」以上がおすすめ

『BlazBlue Entropy Effect』を快適に楽しむための予算は、最低でも10万円必要です。

公式ではWQHD解像度でのプレイを推奨しているので、WQHD解像度対応モニターを用意するのもおすすめです。

配信や動画編集も楽しむなら「RTX 4060」以上のグラボを用意しましょう。

用途別&価格別に紹介!

モデル名画像グラボ価格スペック寿命の長さ
NEXTGEAR
JG-A5G1D
マウスコンピューター NEXTGEARGTX1660
SUPER
約10万円最新ゲームでも
1~2年は快適
NEXTGEAR
JG-A5G6T
マウスコンピューター NEXTGEARRTX4060Ti約14万円 最新ゲームでも
3年以上快適
G-Tune
FZ-A7G7T
RTX4070Ti約29万円最新ゲームでも
3年以上快適
NEXTGEAR
J6-A7G60GN-A
RTX4060約15万円最新ゲームでも
3年は快適
NEXTGEAR
JG-A5G60
RTX4060約16万円最新ゲームでも
3年は快適
目次