『ブループロトコル』おすすめゲーミングPC&推奨スペック紹介 ベンチマークスコアによるグラボ比較も掲載!

ブループロトコル おすすめゲーミングPC
管理人

記事の要点はこちら!

『ブループロトコル』は処理が重い最新のオープンワールドMMOで、最高設定の推奨スペックでは「RTX 2070 SUPER」を要求してるタイトルです。

平均120fpsで快適に遊ぶためには15万円程度の予算が必要で、最安値のゲーミングPCでは遊べません。

この記事では『ブループロトコル』のおすすめPC『ブループロトコル』の推奨スペックについて詳しく解説しています。

ゲーミングPC初心者の方にもわかりやすいように解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

モデル名画像グラボ価格スペック寿命の長さ
NEXTGEAR
JG-A5G60
RTX4060約16万円最新ゲームでも
1~2年は快適
NEXTGEAR
JG-A5G1D
マウスコンピューター NEXTGEARRTX 4060約13万円最新ゲームでも
1~2年は快適
NEXTGEAR
JG-A5G6T
マウスコンピューター NEXTGEARRTX4060Ti約14万円 最新ゲームでも
3年以上快適
G-Tune
FZ-A7G7T
RTX4070Ti約29万円最新ゲームでも
3年以上快適
NEXTGEAR
J6-A7G60GN-A
RTX4060約15万円最新ゲームでも
3年は快適

用途別&価格別に紹介!

目次

『ブループロトコル』おすすめゲーミングPC

おすすめモデルの特徴はこちら!

この項目では『ブループロトコル』におすすめなデスクトップPCを3台、ノートパソコンを1台紹介していきます。

現行のMMOタイトルの中で最も高いスペックを要求するタイトルとなっており、必要な予算もやや高めです。

各モデルで遊べる環境や出力できる最大fps値が異なるため、自分の予算と相談しておすすめモデルをチェックしましょう。

おすすめモデルの選定基準は?
  • 信頼できるメーカーのモデルであること
  • 推奨スペックを超えていて、短期でなく長期で使えること
  • 各モデル帯の中でもコスパの高いモデルを選出

デバイス一式でブルプロを遊びたい方は「RTX4060搭載PCセット」

NEXTGEAR JG-A5G60(スターター5点セット)

価格:159,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途ゲーミングPC初心者
デバイスも揃えたい
CPURyzen 5 4500
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD


セット内容
モニター:G-MASTER GB2470HSU-5
マウス:Logicool G304
キーボード:Logicool G213r
ヘッドセット:Logicool G331
マウスパッド:Logicool G240f
ゲームパッド:Logicool F310r

メリット・デメリット紹介

  • 初めてゲーミングPC環境を整える方におすすめ
  • ゲームに必要なデバイスがすべて揃う
  • デバイスごとにこだわりのある方には不向き

これから初めてゲーミングPC環境を揃えるという方に、おすすめのモデルです。

PCと一緒にゲームに必要なデバイスを一度で購入できるセットで、デバイスに詳しくないPC初心者の方に向いています。

デバイスはゲーマーからの信頼が厚い「Logicool」製品に統一されているので、デバイスが特に重要なFPS等にもそのまま使用できます。

デバイスにこだわりがある方には不向きですが、ゲーミングデバイスに詳しくない方には調べる手間も省けて一石二鳥なモデルです。

カクつかず快適に遊びたいなら「RTX4060搭載PC」

NEXTGEAR JG-A5G60

価格:134,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途PC初心者向け
RTX40搭載最安値
CPUAMD Ryzen 5 4500
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ1TB (NVMe)

メリット・デメリット紹介

  • 『ブループロトコル』を快適に遊べる最安のモデル
  • 設定を落とすことで平均120fpsを出力できる
  • 最高設定では120fpsを維持できない
  • CPU性能がグラボ性能に対して低い点に注意

「RTX4060搭載PC」なら、『ブループロトコル』をカクつかずに快適にプレイできます。

『ブループロトコル』は他のMMOと比較して処理が重い部類のタイトルですが、RTX40シリーズ搭載PCなら安心です。

ブループロトコル 高画質
RTX40シリーズなら密集地でも高画質で快適

『ブループロトコル』を快適に遊べるモデルの中では最安値で、『FF14』や『黒い砂漠』等の他のMMOも快適に遊べます。

ただしエネミー(モンスター)が多く出現する場所やスキルが飛び交っているシーンでは、120fpsを維持できないので注意しましょう。

設定で他プレイヤーのエフェクトをOFFにするなど、fps値を優先させる設定も可能です。

集団戦でも高fpsを維持して遊ぶなら「RTX4070搭載PC」

NEXTGEAR JG-A5G6T

マウスコンピューター NEXTGEAR

価格:154,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途ゲーミングPC初心者
コスパの高いモデル
CPURyzen 5 4500
グラボGeForce  RTX 4060 Ti
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD

メリット・デメリット紹介

  • 集団戦でも高fpsを維持できる
  • 配信をしながら『ブループロトコル』を遊べる
  • 最新ゲームを数年間高画質で遊べるほど将来性が高い
  • 最安値のモデルと比較して価格がかなり高くなる

「RTX4060Ti搭載PC」は、コスパが良く長期的に使えるゲーミングPCが欲しい方におすすめです。

『ブループロトコル』で最高設定でも高fpsを維持できるだけでなく、画質を落とすことなく配信できます。

最安値のモデルより価格が高くなってしまいますが、将来性が高くコストパフォーマンスも優れています。

他のMMOやFPSでも144fps以上を出力できるので、144Hzや240Hzに対応しているモニターも必要です。

ベンキュージャパン
¥31,091 (2023/07/04 14:08時点 | Amazon調べ)
\最大15%ポイントアップ!/
Amazonで商品を見る

高解像度でも遊べるマシンパワー「RTX4070 Ti搭載PC」

G-Tune JG-A7G7A

価格:299,800

コスパ
耐用年数

おすすめ用途
ゲームやクリエイター用の
ソフトを快適に動かしたい
コスパを重視する
CPURyzen 7 7700
グラボGeForce RTX 4070 Ti SUPER
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD

メリット・デメリット紹介

  • 『ブループロトコル』をプレイする上で困らない
  • 4K設定でもプレイ可能
  • 処理が重いシーンでも120fps張り付きで遊べる
  • VRゲームなども快適にできるPCスペック
  • ゲーミングPCの中でも高価なモデル

「RTX4070Ti SUPER搭載PC」は、現行のゲーミングPCの中でもハイクラスの位置に存在するモデルです。

『ブループロトコル』を4K解像度で快適にプレイ可能で、最高設定でも平均120fps張り付きの環境で遊べます。

ゲーミングPCの中でも高価なモデルですが、「RTX4070Ti SUPER搭載PC」の性能があれば4K解像度でも『ブループロトコル』を何不自由なく遊ぶことが可能です。

VRゲーム等も快適に遊べるスペックを持っており、将来性も高いため長く使えるゲーミングPCを探している方は検討してみてください。

ノートパソコンで快適に遊ぶなら「RTX4060搭載ノートPC」

NEXTGEAR J6-A5G60GN-A

価格:179,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途場所を選ばずゲームしたい
CPURyzen 7 7840HS
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ500GB Gen4 SSD
ディスプレイ165Hz対応16型液晶

メリット・デメリット紹介

  • 165Hzディスプレイ搭載でコスパが良い
  • 『ブループロトコル』を120fps環境で遊べる
  • 持ち運べるので場所を選ばずゲームができる
  • ノートパソコンなのでディスプレイが小さい
  • 同価格のデスクトップよりスペックが低い

『ブループロトコル』を快適に遊べるノートパソコンを探している方には、「RTX4060搭載ノートPC」がおすすめです。

MMOはプレイ時間をかけるだけ強くなれる性質があるので、出先でプレイできるノートパソコンと相性が良いです。

「RTX4060搭載ノートPC」は『ブループロトコル』を120fps環境で遊べるスペックで、144Hzディスプレイも備え付けられています。

同価格帯のデスクトップより性能は劣ってしまいますが、ゲーミングモニターを購入する必要がないためコスパが高いです。

『ブループロトコル』の推奨スペック・必要なグラボ

『ブループロトコル』公式サイトより引用

『ブループロトコル』は最新のMMORPGタイトルなので、推奨スペックが高めに設定されています。

グラボには「RTX 2070 SUPER」を要求しており、いかに要求スペックが高いかが分かります。

この項目では最低スペック・推奨スペックを詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

最低スペック・最低動作環境

管理人

このスペックでゲームは快適に遊べません…

CPUIntel Core i3-4340、AMD FX-6300
メモリ8GB RAM
GPUNVIDIA Geforce GTX660、AMD Radeon R7 370
『ブループロトコル』公式サイトより引用

『ブループロトコル』の最低スペックでは、「GTX660」を要求しています。

最低スペックはゲームが起動して動くだけのスペックで、まともにプレイすることは不可能です。

「GTX660」は10年以上前に発売されたグラボで、処理が重い最新ゲームである『ブループロトコル』はまともに動きません。

推奨スペック・推奨動作環境

管理人

より高いスペックだと将来性があります!

CPUIntel Core i7-7700、AMD Ryzen 7 2700
メモリ16GB RAM
GPUNVIDIA Geforce GTX 1060、AMD Radeon RX580
『ブループロトコル』公式サイトより引用

推奨スペックでは5年以上前に発売された、ミドルクラスの「GTX 1060」が要求されています。

「GTX 1060」は発売から年数が経っており、『ブループロトコル』を快適に遊べません。

最高設定の推奨スペックでは「RTX 2070 SUPER」を要求しており、「GTX 1060」では最高設定でまともにプレイできないので注意しましょう。

当サイトが考える真の推奨スペック

管理人

予算は15万円必要になります!

CPUCore i5-13400F
メモリ16GB
GPUGeForce RTX 3060 、RTX 4060

『ブループロトコル』を快適に遊びたい方は、上記のスペックと同等かそれ以上の環境の用意をおすすめします。

『ブループロトコル』を最高設定で快適にプレイするためには、最低でも「RTX 3060 Ti」「RTX4060」が必要です。

最新のMMOという点もあり、処理が重くグラボの性能が重要なので、予算は高めに見積もっておきましょう。

用途別&価格別に紹介!

『ブループロトコル』グラボ別のfps値一覧・ベンチマークスコア

『ブループロトコル』ベンチマークスコア
RTX 4080
極めて快適:34836
RTX 3080
極めて快適:28887
RTX 3070
極めて快適:22814
RTX 3060 Ti
極めて快適:18983
RTX 3060
極めて快適:16801
RTX 3050
極めて快適:11846
GTX 1660 Super
極めて快適:10667
GTX 1650 Super
快適:8938

CPUはCore-i7-12700、最高品質での環境

『ブループロトコル』を快適にプレイしたい場合、「RTX3060」「RTX 3060 Ti」以上のグラボがおすすめです。

「GTX 1660 Super」でも極めて快適のスコアを狙えますが、状況によっては画面がカクついて30fps台まで下がってしまいます。

特にエネミーやプレイヤーが多いシーンでfpsが大きく下がってしまい、ストレスを感じる場面が出てきます。

現行世代のグラボなら「RTX 4060」であれば平均120fpsを出力しつつ、最高設定で快適にプレイ可能です。

用途別&価格別に紹介!

『ブループロトコル』向けゲーミングPCの選び方・要点まとめ

選び方の要点はこちら!

  • 予算は最低でも15万円必要
  • 『ブループロトコル』は現行MMOの中でも重いタイトル
  • 実際のプレイはベンチマークより重い

この項目では『ブループロトコル』向けのゲーミングPCの選び方を3選紹介しています。

『ブループロトコル』は処理が重い最新のMMOなので、グラボの性能が重要です。

『ブループロトコル』に最適なゲーミングPCの選び方を詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

予算は15万円以上が最低でも必要

『ブループロトコル』を快適にプレイするためには、最低でも15万円の予算が必要です。

予算15万円以下のゲーミングPCでは、平均120fpsを維持できずストレスを感じる場面が出てきます。

『ブループロトコル』は最新の高グラフィックMMOなので、要求されているグラボのスペックも高いです。

快適に遊びたい方は、最低でも「RTX 3060 Ti」「RTX4060」が搭載されているゲーミングPCを選ぶようにしましょう。

ベンキュージャパン
¥31,091 (2023/07/04 16:24時点 | Amazon調べ)
\最大15%ポイントアップ!/
Amazonで商品を見る

快適にプレイするためには、144Hzゲーミングモニターも必要となるので、合わせてチェックしてみてください。

現行のMMORPGタイトルでは重たい部類のタイトル

最高画質の推奨スペックで「RTX 2070 SUPER」を要求している通り、『ブループロトコル』は重たい部類のタイトルです。

オープンワールドMMOという点もあり、周囲にプレイヤーやエネミーが集まるシーンでは、処理が非常に重くなります。

オープンワールドでプレイヤーが密集した際はCPUに負荷がかかるので、グラボだけでなくCPUも妥協できません。

ベンチマークソフトより実際のプレイ環境は重たくなる

実際のプレイでは他のプレイヤーも表示されているため、ベンチマークソフトより重くなります。

ベンチマークで極めて快適のスコアを獲得できても、ギリギリのスコアでは実際に快適にプレイできません。

実際に快適にプレイするためには、最低でもベンチマークで18000以上のスコアが必要です。

「RTX3070Ti・Core i7 12700F」の環境でも、最高画質かつプレイヤーが密集している地帯であれば100~120fpsに落ち込むため、ベンチマークと実際の環境は異なります。
(ただし画質やプレイヤーの表示上限を設定するとよりfps値を安定させられます)

快適にプレイするためにはグラボとCPUの性能が重要なので、スペックは妥協しないようにしましょう。

用途別&価格別に紹介!

『ブループロトコル』おすすめゲーミングPC・推奨スペックに関するよくある質問

『ブループロトコル』を遊ぶためのスペックは?

「RTX 3060 Ti」「RTX4060」以上のグラボを搭載したPCであれば快適に遊べます。

『ブループロトコル』を4Kで遊べるスペックは?

当サイトで紹介している「RTX4080搭載PC」であれば、4Kでも快適にプレイ可能です。

『ブループロトコル』は無料で遊べる?

基本無料で遊べますが、一部課金要素もあります。

『ブループロトコル』はいつ正式サービス開始される?

2023年6月14日(水)12時に正式サービスが開始しています。

用途別&価格別に紹介!

『ブループロトコル』おすすめゲーミングPC・推奨スペックのまとめ

管理人

記事のまとめはこちら!

  • 予算は最低でも15万円以上が必要
  • グラボは「RTX 4060」以上がおすすめ。
  • ベンチマークスコアが18000以上の環境を追求するべき

『ブループロトコル』を快適に遊ぶためには「RTX 4060」以上のグラボが必要で、予算は15万円程度必要です。

ベンチマークで18000以上のスコアを獲得できる環境であれば『ブループロトコル』を快適に遊ぶことができます。

用途別&価格別に紹介!

目次