『バニーガーデン』おすすめゲーミングPC&推奨スペック紹介 PC版で遊ぶメリットについても紹介!

管理人

記事の要点はこちら!

バニーガーデンはかわいいキャストとお酒を飲んで楽しめる恋愛アドベンチャーゲームで、SwitchとPC版の2つのハードで販売されています。

この記事ではバニーガーデンをPCで遊ぶ上で必要なスペックとPCならではのメリットを紹介していきます。

モデル名画像グラボ価格スペック寿命の長さ
GALLERIA
RM5C-R46
RTX 4060約13万円最新ゲームでも
3年は快適
GALLERIA
RM5C-R46T
RTX4060Ti約18万円 最新ゲームでも
3年以上快適
GALLERIA
XA7C-R47T
RTX4070Ti約29万円最新ゲームでも
3年以上快適
NEXTGEAR
J6-A7G60GN-A
RTX4060約15万円最新ゲームでも
3年は快適
JG-A5G60RTX4060約16万円最新ゲームでも
3年は快適

用途別&価格別に紹介!

目次

『バニーガーデン』をPC版で遊ぶメリットは?

結論として、『バニーガーデン』をPC版で遊ぶ大きなメリットとしては、「MOD」と呼ばれる有志の方が作成する「追加データ」のようなものをを導入できる点です。

MODにはキャストの衣装を変更したり、カメラの動作を改善できるMODなどがあるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

また、バニーガーデンおすすめMOD記事でMODの種類の紹介と導入方法について詳しく解説しています。

『バニーガーデン』おすすめゲーミングPC

おすすめモデルの特徴はこちら!

この項目ではおすすめのデスクトップPCを3台、ノートパソコンを1台、セットモデルを1つ紹介していきます。

各モデルで遊べる環境や出力できる最大fps値が異なるため、自分の予算と相談しておすすめモデルをチェックしましょう。

おすすめモデルの選定基準は?
  • 信頼できるメーカーのモデルであること
  • 推奨スペックを超えていて、短期でなく長期で使えること
  • 各モデル帯の中でもコスパの高いモデルを選出

格安ゲーミングPCでバニーガーデンを遊びたいなら「RTX 4060搭載PC」

GALLERIA RM5C-R46

価格:167,979円

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途初めてのゲーミングPC購入
とにかく格安でPCゲームを遊びたい
CPUCore i5-14400F
グラボGeForce RTX 4060 8GB
メモリ16GB
ストレージ500GB Gen4 SSD

メリット・デメリット紹介

  • 推奨スペック以上の性能
  • 最高画質・60fpsでバニーガーデンをプレイ可能
  • もう少し予算を増やして「RTX 4060 Ti」搭載PCにすればスペックが大きく上がる
  • バニーガーデンを遊ぶためだけだったらオーバースペック

「RTX 4060搭載PC」モデルであれば、バニーガーデンの推奨スペックを遥かに超えた性能なので、最高画質+60fpsの快適な環境で遊ぶことができます。

懸念点としては、『バニーガーデン』を遊ぶためだけだったら少しオーバースペック気味になってしまいます。

ですが、現状バニーガーデンの推奨スペッククラスのPCはBTOショップでは取り扱っていないため、最低でも「RTX 4060」が搭載されたPCがおすすめです。

『バニーガーデン』はもちろんのこと、他のPCゲームをまんべんなく遊べるゲーミングPCなので、これから初めてゲーミングPCを購入する!という方もぜひチェックしてみてください。

良コスパのミドルレンジゲーミングPC「RTX 4060 Ti搭載PC」

GALLERIA RM5C-R46T

価格:185,980円

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途FPSゲーム入門の方
最新ゲームを遊びたい方向け
CPUCore i5-14400F
グラボGeForce RTX 4060 Ti 8GB
メモリ16GB
ストレージ500GB Gen4 SSD

メリット・デメリット紹介

  • 最高画質・60fpsでバニーガーデンをプレイ可能
  • 最新ゲームでも高画質・高fpsで遊べるスペック
  • 価格と性能のコスパが高い「RTX 4060 Ti」搭載
  • 配信をしたい方はメモリ16GBが少し不安(※他の起動しているアプリやブラウザによってはカクつく可能性有り)
  • ストレージがやや少なめ

「RTX 4060 Ti搭載PC」は「最新のPCゲームやあらゆるオンラインゲームを快適に遊べるゲーミングPCがほしい!」という方におすすめです。

あらゆるPCゲームも快適に遊べる点に加えて、価格がそこそこ落ち着いている点もこのモデルの高評価のポイントとなっています。

あまりにも低いスペックだと不安だけど、高スペックなモデルも必要ない」という方には最適なので、少し予算を増やしてPC性能を上げたい!という方はチェックしてみてください。

どんなゲームも最高画質+高フレームレートで遊びたい人は「RTX 4070 Ti搭載PC」

GALLERIA XA7C-R47T

価格:313,980円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途4K解像度・VRゲーム・ゲーム配信
CPUCore i7-14700F
グラボGeForce RTX 4070 Ti 16GB
メモリ32GB
ストレージ1TB Gen4 SSD

メリット・デメリット紹介

  • メモリが32GB搭載でサクサク
  • 要求スペックが高いゲームも最高画質+高フレームレートで遊べる
  • 少なくとも5年ぐらいはPCのスペックで悩むことがない
  • スペックに応じて価格が高い

とにかくコスパが良くて高性能なゲーミングPCが欲しい人は「RTX 4070 Ti搭載PC」がおすすめです。

「RTX 4070 Ti」クラスまで来ると、「PCゲームが重い」という悩みはほとんど起こりえません。

これより上のGPUを選ぶのはPCゲームを4Kで遊ぶ際に「あと10fps~20fps伸ばしたい!」などの細かい部分にこだわる方向けになります。

価格こそは高額ですが、「正直数年後にPCスペック不足で困ってまた買い直したりアップグレードするのはちょっと…」という方には逆にコスパが良いモデルなので、ぜひ予算と相談しながらチェックしてみてください。

利便性が高い高性能なノートが欲しい人は「RTX 4060搭載ゲーミングノートPC」

NEXTGEAR J6-A5G60GN-A

価格:139,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途場所を選ばずゲームしたい
CPURyzen 5 7535HS
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ディスプレイ165Hz対応16型液晶

メリット・デメリット紹介

  • 回線・Wi-Fi環境があればいつでもどこでもPCゲームを遊べる
  • ノートPCながらも、高性能なゲーミング性能を持っている
  • 日常・ビジネス利用としても優秀
  • 「コスパ」の点ではデスクトップゲーミングPCには劣る
  • 拡張性がない(※あとからメモリの増設やGPUの交換などは厳しい)

「RTX 4060搭載ゲーミングノートPC」の大きな特徴といえば、やはり「環境さえあればどこでもPCゲームを遊べる」という利便性につきます。

コストパフォーマンスや拡張性の点ではどうしてもデスクトップPCに劣ってしまいますが、「持ち運び可能」という部分はまさしくゲーミングノートPCだけの特徴です。

肝心な性能部分も「RTX 4060」が搭載されているため、バニーガーデンを始めとした様々なPCゲームを遊べるスペックとなっています。

デバイス一式もセットで欲しい人には「RTX4060搭載PCセット」

NEXTGEAR JG-A5G60(スターター5点セット)

価格:159,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途ゲーミングPC初心者
デバイスも揃えたい
CPURyzen 5 4500
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD


セット内容
モニター:G-MASTER GB2470HSU-5
マウス:Logicool G304
キーボード:Logicool G213r
ヘッドセット:Logicool G331
マウスパッド:Logicool G240f
ゲームパッド:Logicool F310r

メリット・デメリット紹介

  • 初めてゲーミングPC環境を整える方におすすめ
  • ゲームに必要なデバイスがすべて揃う
  • デバイスごとにこだわりのある方には不向き

これから初めてゲーミングPC環境を揃えるという方に、おすすめのモデルです。

PCと一緒にゲームに必要なデバイスを一度で購入できるセットで、デバイスに詳しくないPC初心者の方に向いています。

デバイスはゲーマーからの信頼が厚い「Logicool」製品に統一されているので、デバイスが特に重要なFPS等にもそのまま使用できます。

デバイスにこだわりがある方には不向きですが、ゲーミングデバイスに詳しくない方には調べる手間も省けて一石二鳥なモデルです。

『バニーガーデン』の最低動作スペック・推奨スペックの紹介

引用:『バニーガーデン

『バニーガーデン』は比較的推奨スペックは高くありませんが、それでも3Dを使用しているのであまりにも低すぎるPCだと起動しません。

せっかくかわいい女の子が登場するゲームなので、できるだけ画質にこだわりながら動作環境をチェックしていきましょう。

最低スペック・最低動作環境

管理人

このスペックでゲームは快適に遊べません…

CPUIntel Core i5
メモリ4GB
GPUGTX 660 or Radeon HD 7950
引用:『バニーガーデン

最低スペックは「GTX 660」あれば動きますが、現状このクラスでPCゲームを遊ぶのはほぼほぼ厳しい性能です。

また、最低スペックはあくまでも『バニーガーデン』を最低限プレイするためだけのスペックなので、実質快適に遊ぶのは難しいです。

画質にもこだわりたいので、もう少し上のスペックを目指しましょう。

推奨スペック・推奨動作環境

管理人

より高いスペックだと将来性があります!

CPUIntel Core i5-9400 以上
メモリ16GB
GPUGTX 1080 Ti 以上
引用:『バニーガーデン

推奨スペックは「GTX 1080 Ti」を要求しており、現在主流のGPUで例えると「RTX 4060」とほぼ同程度の性能になります。

これぐらいのスペックがあれば『バニーガーデン』を始めとしたPCゲームを遊ぶことができます。

逆にこれ以下のGPUが搭載されている場合はプレイはできるものの、画質設定などの見直しが必要かと思われます。

当サイトが考える真の推奨スペック

管理人

予算は15万円前後必要になります!

CPUCore i5 13400 以上
メモリ16GB~32GB
GPURTX 4060 以上

現在BTOショップで主流のモデルで考えた場合「RTX 4060」搭載ゲーミングPCがあれば『バニーガーデン』を快適に遊ぶことができます。

もちろん、もっとフレームレートや画質に余裕を持たせたい!という方はそれ以上のGPUを目指すことをおすすめします。

MODなどが作成された場合は、もう少しスペックに余裕をもたせた「RTX 4060 Ti搭載PC」などがおすすめです。

『バニーガーデン』向けゲーミングPCの選び方・要点まとめ

選び方の要点はこちら!

  • バニーガーデンを快適に遊ぶためには予算は15万円前後が必要になってくる
  • 最高画質でプレイしたい場合は「RTX 4060」以上が必要
  • 『バニーガーデン』以外のPCゲームを遊ぶかどうかで「PC選び」を考えよう

ここではバニーガーデンを遊ぶためにおすすめのゲーミングPCを紹介しています。

バニーガーデンを遊ぶためだけなら最低でも12万~15万程度の予算が必要ですが、他のPCゲームを最高画質で遊びたい!という方はよりスペックの高いPCを選びましょう。

バニーガーデンを快適に遊ぶためには予算は最低でも12~15万円が必要

GALLERIA RM5C-R46

価格:167,979円

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途初めてのゲーミングPC購入
とにかく格安でPCゲームを遊びたい
CPUCore i5-14400F
グラボGeForce RTX 4060 8GB
メモリ16GB
ストレージ500GB Gen4 SSD

『バニーガーデン』を快適に遊ぶには、少なくとも推奨スペックと同等クラスである「RTX 4060搭載PC」の購入を目指しましょう。

この予算以下になってくると、そもそも一世代前のGPUが搭載されていることが多く、性能的にも少し低くなっていしまいます。

現状のPCゲームを快適に遊びたいのであれば最低でも「RTX 4060」が搭載されたゲーミングPCをチェックしましょう。

NEXTGEAR JG-A5G60

価格:129,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途PC初心者向け
RTX40搭載最安値
CPUAMD Ryzen 5 4500
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ1TB(NVMe)

「納期が遅くてもいいから少し予算を下げたい」という方はマウスコンピューターが展開しているゲーミングブランド「NEXTGEAR」のモデルもチェックしてみてください!

『バニーガーデン』以外のPCゲームを遊ぶかどうか

Apex Legends
GTA5
FF14

PC選びの重要な部分としては、「ほかにどんなPCゲームを遊ぶか」という点になります。

例えば『バニーガーデン』も遊びたいけど、FPSなどのゲームでも240fps出したい!という方は「RTX 4060搭載PC」ではなく、「RTX 4070 Ti搭載PC」が最適になります。

とりあえず無難にコスパが良いPCが欲しいという方は「RTX 4060 Ti搭載PC」を選びましょう!

『バニーガーデン』おすすめゲーミングPC・推奨スペックに関するよくある質問

バニーガーデンはSwitchとPC版で違いはありますか?

基本的に大きな違いはありません。

ただし、今後MODなどが有志によって開発された場合、PC版のみでしか導入できません。

バニーガーデンのPC版の発売日はいつですか?

2024年4月19日にリリースされました。

PC版バニーガーデンはどこで買えますか?

現在はSteamのみでの取り扱いとなっています。

バニーガーデンにMODはありますか?

現状いくつかのMODを確認しています。

ここでは紹介しきれないので、バニーガーデンおすすめMODの記事をチェックしてみてください。

『バニーガーデン』おすすめゲーミングPC・推奨スペックのまとめ

管理人

記事のまとめはこちら!

  • 予算は最低でも12万~15万必要
  • MODに期待したい方はPC版での購入一択!

バニーガーデンをPC版で遊ぶには最低でも「RTX 4060」が搭載されたゲーミングPCを選びましょう。

PCとSwitchの大きな違いとしては、やはり「MOD」などの要素なので、MODで『バニーガーデン』を楽しみたい方はゲーミングPCをチェックしてみてください!

モデル名画像グラボ価格スペック寿命の長さ
GALLERIA
RM5C-R46
RTX 4060約13万円最新ゲームでも
3年は快適
GALLERIA
RM5C-R46T
RTX4060Ti約18万円 最新ゲームでも
3年以上快適
GALLERIA
XA7C-R47T
RTX4070Ti約29万円最新ゲームでも
3年以上快適
NEXTGEAR
J6-A7G60GN-A
RTX4060約15万円最新ゲームでも
3年は快適
JG-A5G60RTX4060約16万円最新ゲームでも
3年は快適
目次