「Celeron やめとけ」って本当?しょぼい・遅いという口コミはある?できることも詳しく解説!

管理人

記事の要点はこちら!

CeleronはIntel社が販売しているCPUモデルで、有名なCoreシリーズよりも安価な分性能が抑えめのCPUです。

「Celeron やめとけ」と言われていることを聞いた人もいるでしょう。

この記事ではCeleron利用者の口コミを調査しながら、Celeronがやめとけと言われる理由を詳しく解説します。

また、当記事ではIntel製のCPUを含むゲーミングPCのセール情報・おすすめモデルを紹介していますので、あわせて参考にしてください。

目次

「Celeron やめとけ」と言われる本当の理由とは?

「Celeron やめとけ」と言われる主な理由は、性能が低く、価格の安さだけで購入した方がスペック不足を感じる点です。

CeleronはネットサーフィンやOfficeソフトなどの軽い作業には十分な性能があります。

ただし、重いゲームや複数のアプリを同時に起動するマルチタスクには向きません

用途に合わせて選べば、十分な性能かつ低価格・低消費電力というメリットを活かせます。

また、Celeron搭載PCは安価なことが多く、メモリやSSDなどのスペックも低い可能性があります。

CPUだけでなくPC全体として低スペックで動作が遅くなることも「やめとけ」と言われる理由です。

なお「Celeron やめとけ」と検索に表示される場合がありますが、Googleの仕様で他のブランドでも同様なため気にする必要はありません。

GoogleでCore i5を検索した結果

Celeronのデメリットは?

Celeronには性能が低めだったり、基本動作が遅かったりするデメリットがあります。

以下では、デメリットについて詳しく解説しているので、購入する際にしっかりと理解しておきましょう。

ネットサーフィンやOfficeの利用など軽い用途しか行えない

CeleronはネットサーフィンやOfficeソフトの利用といった軽い作業は可能です。

しかし、動画編集やプログラミングなどのより高負荷な作業はできません

そのため、パソコンをさまざまなことに使いたい方には性能不足を感じてしまいます

Celeronを使う際には軽い用途に限定しましょう。

重いゲームのプレイにはおすすめできない

Celeronは重いゲームのプレイにはおすすめできません。

最新ゲームは高い処理速度が必要なため、Celeronではまともに動作しません。

たとえ高性能のグラボを搭載しても、CPUがボトルネックになり性能を引き出せません

ただし、非常に軽めのブラウザゲームであれば問題なくプレイできます

ゲーミングPCが欲しい方は、より高性能なCoreシリーズのCPUを検討しましょう。

基本動作が遅い

Celeronは価格を抑えたエントリークラスのため、他のCPUに比べて基本的な動作が遅いことがあります。

パソコンの起動に時間がかかる、複数のアプリケーションを同時に開くと動作がもたつくなどが発生します。

しかし、日常的な軽い作業は十分できるため、予算を抑えたい方にはおすすめです。

動作を改善するにはSSDの搭載やメモリの増設などを行い、CPU以外のパフォーマンスを向上させましょう

Celeronのメリットは?

CeleronはエントリークラスのCPUとして、低価格や低消費電力などのメリットがあります。

ここからメリットについて解説していきますので、自分の用途に合っているか判断する際の参考にしてください。

価格が安い

価格.COMより引用

Celeron最大のメリットは、価格の安さです。

高性能なCPUだと価格は数万円必要ですが、Celeronは1万円以下と非常に手頃な価格で購入できます

軽い作業しかしない場合は、高価なCPUを選ぶ必要はありませんので予算を抑えたい方にとって最適です。

コストパフォーマンスを重視する方にとっても、Celeronは非常に優れた選択肢になります。

消費電力の低さが非常に優れる

CPU消費電力
Celeron G690046 W
Core i3 12100F58 W
Core i5 12400F65 W
Core i5 12700F65 W

Celeronは他の高性能なCPUに比べて電力消費が少ないため、電気代が節約できます

さらに、低消費電力のため発熱が少なく、静音性にも優れています

長時間使用してもパソコンが熱くならず、快適に使い続けられます。

電気代が気になる方や常にパソコンを動かし続ける方にとって、CeleronはぴったりのCPUです。

ネットサーフィンや簡単な事務作業はできる

Celeronはネットサーフィンや簡単な事務作業には十分な性能を持っています。

Webブラウジング、メールの確認、ExcelやWordを使った文書作成など普段使いは快適に行えます

重いソフトを使わない場合やマルチタスクをしない場合には、Celeronのパフォーマンスで問題ありません

Celeron利用者の体験談・口コミを紹介

  • レスポンスが遅い
  • 起動が遅い
  • メモリやストレージの少ないモデルがある
  • 日常使いには十分な性能
  • 電気代が安い
  • NASやサーバー用PCに適している

Celeronの良い口コミで一番多かったのは簡単な作業はできるということでした。

電気代も安く、長時間つけっぱなしにするNASやサーバー用のPCに使う方も多くいます。

ただし、性能がしょぼい・動作が遅いなどの悪い口コミもあります。

CeleronのPCを利用した人の悪い評判

  • レスポンスが遅い
  • 起動が遅い
  • メモリやストレージの少ないモデルがある

残念ながら、Celeronは起動やレスポンスが遅いという悪い評判が多くあります。

多くのアプリを開いて作業したい方や動画編集などの高負荷な作業をする方には性能不足です。

また、低価格なPCが多いため、PC全体の性能も低いことが多いと評価されています。

CeleronのPCを利用した人の良い評判

  • 電気代が安い
  • 日常使いには十分な性能
  • NASやサーバー用PCに適している

ネットやOfficeソフトの使用、動画視聴などの日常的な作業には十分な性能があるという評判が多くあります。

さらに、消費電力が低く、出張先や外出先で少しだけパソコンを使う場合などにおすすめです。

NASやサーバー用途ではPCを常に起動しておくので、ランニングコストが低いCeleronが最適なCPUです。

Celeron CPU搭載モデルでできることは?

できること
  • ネットサーフィンやOfficeソフト
  • 動画視聴
  • NASやサーバー管理
できないこと
  • 重いゲームプレイ
  • 動画編集や3Dモデリング
  • 複数アプリのマルチタスク

CeleronはネットサーフィンやOfficeソフトの利用、動画視聴には十分な性能を持っています。

さらにNASやサーバー管理といった軽いネットワーク管理も可能です。

しかし、重いゲームのプレイや動画編集・3Dモデリングには向いていません

複数のアプリケーションを同時に使うマルチタスクにも性能不足です。

そのため、基本的なパソコン作業しかしない方や特定の作業専用PCが欲しい方におすすめです。

逆に、クリエイティブな作業をしたい方やマルチタスクをよく行う方にはおすすめできません。

Celeronのおすすめモデル

mouse公式サイトより引用

Celeron搭載モデルには価格は高いにもかかわらず、スペックが低いものがあるので注意してください

この項目ではMouseコンピューターからコスパの良いおすすめの2台を紹介します。

おすすめモデルの選定基準は?
  • 初心者でも使いやすいモデルであること
  • 推奨スペックを超えていて、短期でなく長期で使えること
  • 各モデル帯の中でもコスパの高いモデルを選出

ビジネスでしっかりと使える最安モデル「MousePro CR-I1U01

MousePro CR-I1U01

価格:60,280

コスパ
耐用年数
おすすめ用途なるべく安い
ビジネス用PCが良い
CPUインテル Celeron 4205U
グラフィックスインテル UHD グラフィックス 610
メモリ4GB (4GB×1 / シングルチャネル)
ストレージ128GB (NVMe)

メリット・デメリット紹介

  • 価格が安い
  • Officeソフトやネットサーフィンなど基本作業ができる
  • 本体サイズがコンパクト
  • 拡張性が低い
  • メモリやストレージが少ない

ビジネスでしっかりと使える安いモデルが欲しいなら「MousePro CR-I1U01」がおすすめです。

ネットサーフィンやOfficeソフトの利用など、基本的な作業を中心に行うには十分な性能です。

本体サイズが非常にコンパクトで、モニター裏にも設置可能で置く場所を選びません。

基本的なビジネス作業だけを行う方におすすめです。

後から拡張できる「MousePro LP-I1U01」

MousePro LP-I1U01

価格:94,380

コスパ
耐用年数
おすすめ用途拡張性・排熱性
も重視したい
CPUインテル Celeron G6900
グラフィックスインテル UHD グラフィックス 710
メモリ8GB (8GB×1 / シングルチャネル)
ストレージ256GB (NVMe)

メリット・デメリット紹介

  • 拡張性が高い
  • Officeソフトやネットサーフィンなど基本作業ができる
  • 排熱性が高く、長時間使える
  • 本体サイズが大きい
  • メモリやストレージが少ない

後からメモリやストレージを拡張する可能性があるなら「MousePro LP-I1U01」がおすすめです。

現状のスペックでも日常的な作業は行えますが、メモリやストレージを拡張することでさらに快適に使えます

本体サイズは大きくなりますが、排熱性能も高いので長時間の使用にも耐えられます

将来的に拡張したい方や長時間使用したい方におすすめです。

Celeronの評判に関するよくある質問

Celeronは本当に使えないの?

Celeronは基本的な作業は十分可能です。

しかし、高負荷な作業には不向きなので、どのように使うのかを考えて選択しましょう。

Celeronでゲームはできる?

非常に軽いブラウザゲームなら可能です。

ただし3DなどのPCゲームでは性能が不足し、快適なゲームプレイは不可能です。

Celeron搭載のノートパソコンは買っても大丈夫?

価格重視で基本的な用途のみなら買っても大丈夫です。

性能を求める場合はCoreシリーズ搭載モデルを選びましょう。​

Celeronはどんな用途に向いている?

軽い文章作成、ネットサーフィン、動画視聴、メールの送受信などに向いています​。

Celeronの寿命は短い?

Celeronは低電力・低発熱のため、長期間使用できます。

ただし、性能不足を感じて短期間での交換になる可能性もあります。

「Celeron やめとけ」って本当?まとめ

管理人

記事のまとめはこちら!

  • Celeronでは高負荷な作業が困難
  • 日常使いのみならコスパに優れる
  • 用途を考えたCPU選びが大切

Celeronは重いゲームや動画編集、マルチタスクなど高付加な作業には向いていません。

性能の限界があり、これらの用途で不満に感じて「やめとけ」と言われる理由になっています。

ただし、軽い作業を行うだけの性能は十分に持っており、​価格が安くて低消費電力のためコスパが優秀です。

PC購入前には使用用途をよく考え、最適なCPUを選ぶことが大切です。​

また、当記事ではIntel製のCPUを含むゲーミングPCのセール情報・おすすめモデルを紹介していますので、あわせて参考にしてください。

あわせて読みたい
ゲーミングPCのセール情報【6月最新】 おすすめモデルやお得な時期も解説! 常時開催中のおすすめセールはこちら! とにかくコスパにこだわるならフロンティア週間セール クリエイターPCやビジネス向けも対象マウスコンピューターセール カスタム...
目次