『CoD: Modern Warfare II』おすすめゲーミングPC&推奨スペック紹介 144fps・240fpsで遊びたい方へ向けて解説

CoDMW2 ゲーミングPC
管理人

記事の要点はこちら!

『CoD:MW2』の公式で紹介されている推奨スペックは「GTX 1060」と低い要求ですが、実際は処理が重い部類のゲームです。

144fpsで遊ぶためには予算が17万円必要になり、最新のゲーミングPCから選ぶべきです。

この記事では『CoD:MW2』のおすすめPC『CoD:MW2』の推奨スペックについて詳しく解説しています。

ゲーミングPC初心者の方にもわかりやすいように解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

用途別&価格別に紹介!

目次

『CoD:Modern Warfare II』おすすめゲーミングPC

おすすめモデルの特徴はこちら!

この項目ではおすすめのデスクトップPCを3台、ノートパソコンを1台紹介していきます。

各モデルで遊べる環境や出力できる最大fps値が異なるため、自分の予算と相談しておすすめモデルをチェックしましょう。

おすすめモデルの選定基準は?
  • 信頼できるメーカーのモデルであること
  • 推奨スペックを超えていて、短期でなく長期で使えること
  • 各モデル帯の中でもコスパの高いモデルを選出

DLSS使用で高画質でも120fps「RTX4060Ti搭載PC」

GALLERIA RM5C-R46T

価格:169,800円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途FPS入門・最新ゲーム
CPUCore i5-13400F
グラボGeForce RTX 4060 Ti 8GB
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD

メリット・デメリット紹介

  • DLSS利用で高画質設定でも120fps張り付き
  • 設定を下げると144fps張り付きも狙える
  • 最新ゲームも快適に遊べる
  • 高画質設定では144fpsで張り付かない

『CoD:MW2』が快適に遊べるゲーミングPCが欲しい方には、「RTX4060Ti搭載PC」がおすすめです。

RTXシリーズのグラボ搭載でDLSSを利用できるので、高画質設定でも120fps張り付きでプレイできます。

設定を下げると144fps張り付きも狙えるので、ハードスペックによる遅れを取りません。

ベンキュージャパン
¥30,000 (2024/02/18 14:53時点 | Amazon調べ)

ただし高画質設定では144fps張り付きが難しいので、高画質設定で有利に戦いたい方は次のモデルを検討してみてください。

144fps張り付きかつ高画質で遊ぶなら「RTX4070搭載PC」

GALLERIA XA7C-R47

価格:292,980円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途実況配信・最新ゲームを最高画質
CPUCore i7-13700F
グラボRTX 4070 12GB
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD

メリット・デメリット紹介

  • DLSS利用で高画質設定でも144fps張り付き
  • 他のFPSでは240fps張り付きが可能
  • 処理が重い最新ゲームを快適に遊べる
  • 240Hz対応モニターを最大限活かせない

『CoD:MW2』を高画質設定でも144fps環境でプレイしたい方には、「RTX4070搭載PC」がおすすめです。

「RTX4070搭載PC」はDLSSを利用することで、最高設定でも144fps張り付きで『CoD:MW2』をプレイできます。

『オーバーウォッチ2』や『ヴァロラント』等の他のFPSでは240fps張り付きが可能です。

他のFPSタイトルでは基本的に240fpsを出力できますが、『CoD:MW2』の240fpsは難しいため240Hz対応モニターの購入を検討している方は注意してください。

どんなシチュエーションでも144fps or 設定次第で200fps「RTX4080搭載PC」

GALLERIA XA7C-R48

価格:407,980円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途4K解像度・VRゲーム
CPUCore i7-14700F
グラボGeForce RTX 4080 16GB
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD

メリット・デメリット紹介

  • 配信中でも144fps張り付き
  • 設定次第で200fps張り付きも可能
  • VRゲーム等の重量級ゲームも快適に遊べる
  • 最安値のモデルと比べると価格が高い

144fps以上の環境でプレイしたい方には「RTX4080搭載PC」がおすすめです。

ハイクラスグラボの「RTX 4080」を搭載しているので、『CoD:MW2』を配信しながらでも144fps張り付きで遊べます。

設定次第では200fps以上を出力可能で、240Hz対応モニターも最大限に活かせます。

ベンキュージャパン
¥74,545 (2024/02/19 19:16時点 | Amazon調べ)

VRゲーム等の重量級タイトルも快適に遊べるので、様々なゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

性能が良い分、最安値のモデルと比べると価格が高くなるので、自身のプレイスタイルに合わせて選びましょう。

ノートパソコンでも144fps上限で遊べる「RTX4060搭載ノートPC」

GALLERIA XL7C-R46

価格:199,980円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途FPS入門・最新ゲーム
CPUCore i7-13700H
グラボGeForce RTX 4060 8GB
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ディスプレイ144Hz 15.6インチ FHD非光沢

メリット・デメリット紹介

  • ノートPCでも144fpsで遊べる
  • 持ち運んで好きな場所でゲームができる
  • モニターやキーボードを買う必要がなくコスパが良い
  • 同価格のデスクトップと比べると性能が劣る

ノートPCで『CoD:MW2』を快適に遊びたい方には、「RTX4060搭載ノートPC」がおすすめです。

「RTX4060搭載ノートPC」では設定次第で144fps張り付きが可能なので、ノートPCでも快適に遊べます。

コンパクトで持ち運んで好きな場所でゲームができるのも、「RTX4060搭載ノートPC」のメリットの1つです。

同価格帯のデスクトップと比べると性能が劣りますが、モニターやキーボードを買う必要がなくコスパが良いです。

『CoD:Modern Warfare II』の推奨スペック・必要なグラボ

『CoD:MW2』公式サイトより引用

『CoD:MW2』の推奨スペックは「GTX1060」と低く設定されていますが、144fps環境を目指すには最低でも17万円の予算が必要です。

fpsを重視する「優位スペック」ではRTX3060Tiを要求しており、安いゲーミングPCで高fpsは出力できないと分かります。

フレームレートが高い程有利になるタイトルなので、スペックは妥協しないようにしましょう。

最低スペック・最低動作環境

管理人

このスペックでゲームは快適に遊べません…

CPUCore i3-6100 / Core i5-2500K/Ryzen 3 1200
メモリ8GB
GPUGeForce GTX 960/Radeon RX 470
『CoD:MW2』公式サイトより引用

『CoD:MW2』の最低スペックでは、2015年に発売された「GTX 960」が要求されています。

要求されているスペックは低いですが、最低スペックはゲームが起動して動くレベルなので快適にプレイできません。

上記のスペックではPS4以下の環境になるので、快適に遊びたい方は注意してください。

推奨スペック・推奨動作環境

管理人

より高いスペックだと将来性があります!

CPUCore i5-6600K / Core i7-4770/Ryzen 5 1400
メモリ12GB
GPU GeForce GTX 1060/ Radeon RX 580
『CoD:MW2』公式サイトより引用

『CoD:MW2』の推奨スペックでは、2016年に発売された「GTX 1060」が要求されています。

最新ゲームと比較すると低い推奨スペックですが、この構成では60fps張り付きも難しいです。

他のプレイヤーと有利に撃ち合うには、できるだけ高いfpsを出力できるスペックが必要なので注意しましょう。

快適に『CoD:MW2』をプレイしたい方は、次の項目の真の推奨スペックを参考にしてみてください。

当サイトが考える真の推奨スペック

管理人

予算は17万円必要になります!

CPUCore i5-13400F
メモリ16GB
GPURTX 4060 Ti 8GB
ここに引用元を記載(URLでリンクを入れる)

『CoD:MW2』を快適に遊びたい方は、上記のスペックを参考にしてください。

「RTX 4060 Ti 」を搭載している上記のスペックであれば、高画質設定でも120fps張り付きでプレイできます。

設定を下げると144fps張り付きも狙えるので、本格的に『CoD:MW2』を始めたい方にもおすすめです。

画質にもこだわって144fps以上を出力したい方は、「RTX 4070」以上のグラボを選択しましょう。

用途別&価格別に紹介!

『CoD:Modern Warfare II』のグラボ別fps値一覧・ベンチマークスコア

『CoD:MW2』ベンチマークスコア
RTX 4090
236fps
RTX 4080
196fps
RTX 3080Ti
159fps
RTX 4070
150fps
RTX 3080
149fps
RTX 4060Ti
123fps
RTX 3070Ti
100fps
RTX 3070
96fps
RTX 3060Ti
86fps

CPUはIntel Core i9 12900K、最高設定フルHD環境でのfps

『CoD:MW2』の推奨スペックは低く設定されていますが、最高設定で144fpsを維持するには「RTX 4070」以上のグラボが必要です。

画質設定を下げたりDLSSを利用したりする場合は、「RTX 4060Ti」でも144fps張り付きが狙えます。

画質にこだわる方は「RTX 4070」、画質よりも予算を意識したい方には「RTX 4060Ti」がおすすめです。

用途別&価格別に紹介!

『CoD:Modern Warfare II』を240fpsで遊ぶために必要なスペックは?

『CoD:MW2』公式サイトより引用
画質設定低~中
CPUCore i9-13900K
メモリ32GB
GPUGeForce RTX 4090
その他環境DLSS利用

『CoD:MW2』を240fps環境で遊びたい方は、上記のスペックを参考にしてみてください。

『CoD:MW2』で240fpsを出力するためには、最高レベルのグラボやCPUが必要になってきます。

併せてDLSSの利用もほぼ必須なので、DLSSが使えるRTXシリーズのグラボがおすすめです。

プロの選手もFPSタイトルは設定を下げてfps向上を図っているため、設定は可能な限り下げるようにしましょう。

用途別&価格別に紹介!

『CoD:Modern Warfare II』向けゲーミングPCの選び方・要点まとめ

選び方の要点はこちら!

  • 快適に遊ぶには最低でも予算は17万円以上が必要
  • 144fpsかつ画質をキープするなら「RTX 4070」が必要
  • 環境に合わせて144Hz or 240Hzゲーミングモニターを用意する

『CoD:MW2』を快適に遊ぶためには最低でも17万円の予算が必要です。

高画質設定で144fps以上を出力したい方は、「RTX 4060Ti」以上が搭載されたモデルを選ぶようにしましょう。

予算は17万円以上が最低でも必要

GALLERIA RM5C-R46T

価格:169,800円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途FPS入門・最新ゲーム
CPUCore i5-13400F
グラボGeForce RTX 4060 Ti 8GB
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD

『CoD:MW2』を快適に遊ぶためには最低でも17万円の予算が必要です。

「RTX 4060 Ti」が搭載されたゲーミングPCであれば、高画質設定でも120fps張り付きで遊べます。

設定次第で144fpsも張り付き可能なので、初心者の方や初めてゲーミングPCを買う人には「RTX 4060Ti搭載PC」がおすすめです。

144fpsかつ画質をキープするなら「RTX 4070」が必要

GALLERIA XA7C-R47

価格:292,980円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途実況配信・最新ゲームを最高画質
CPUCore i7-13700F
グラボRTX 4070 12GB
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD

『CoD:MW2』を画質にもこだわって144fps張り付きを目指したい方は、「RTX 4070」以上のグラボを選びましょう。

「RTX 4070」であればDLSSを利用できるので、高画質設定でも144fpsを維持できます。

『CoD:MW2』の高画質設定でも144fps環境のスペックがあれば、『オーバーウォッチ2』や『ヴァロラント』等の他のFPSでは240fps張り付きが可能です。

環境に合わせて144Hz or 240Hzゲーミングモニターを用意しよう

ベンキュージャパン
¥49,500 (2023/08/09 12:27時点 | Amazon調べ)

自身の環境に合わせて144Hz or 240Hzのゲーミングモニターを用意するようにしましょう。

240fps張り付きが難しくても、平均fpsが160以上を維持できるスペックであれば240Hzモニターも選択肢に入ります。

各メーカーから165Hzのモニターも販売されているので、自身の環境に合わせて選ぶようにしましょう。

用途別&価格別に紹介!

『CoD:MW2』おすすめゲーミングPC・推奨スペックに関するよくある質問

『CoD:MW2』の推奨スペックは?

「GTX 1060」が要求されていますが、快適に遊ぶには「RTX 4060Ti」が必要です。

『CoD:MW2』はどれくらいのfpsが必要?

有利に戦いたい方は、設定次第で144fpsを出力できる環境を目指しましょう。

『CoD:MW2』の容量は?

約150GBと膨大なので、ストレージ容量に余裕のあるモデルを選びましょう。

『CoD:MW2』はノートPCでできる?

グラボが搭載されたゲーミングノートPCであれば可能です。

用途別&価格別に紹介!

『CoD:Modern Warfare II』おすすめゲーミングPC・推奨スペックのまとめ

管理人

記事のまとめはこちら!

  • 『CoD:MW2』を快適に遊ぶためには最低でも17万円の予算が必要
  • 高画質設定・144fpsで遊ぶには「RTX 4070」以上が必要
  • FPSはフレームレートが高い程有利になるのでグラボは妥協しないようにする

『CoD:MW2』は推奨スペックの低いタイトルですが、高画質で120fps以上を維持してプレイするには17万円以上の予算が必要です。

高画質設定で144fps以上を維持したい方は、「RTX 4070」以上のグラボを選択するようにしましょう。

『CoD:MW2』フレームレートが高い程有利になるので、PCのスペックは妥協しないようにしてください。

用途別&価格別に紹介!

目次