『JR東日本トレインシミュレータ』の推奨スペックまとめ 快適に遊べるグラボと予算を解説

JR東日本トレインシミュレータ 推奨スペック
管理人

記事の要点はこちら!

『JR東日本トレインシミュレータ』はJR東日本公式の運転シミュレーションゲームで、要求スペックが低めのゲームです。

JR東日本の運転士になった気分が味わえる作品であり、実写の映像が使用されているため、グラフィック設定を高くしてプレイするのがおすすめです。

現行機のゲーミングPCであれば超えられる要求スペックなので、どの解像度で遊ぶのか他シミュレーションゲームをプレイするかなどの用途に合わせて選びましょう。

この記事では『JR東日本トレインシミュレータ』のおすすめゲーミングPC『JR東日本トレインシミュレータ』の推奨スペックについて解説しているので参考にしてください。

用途別&価格別に紹介!

目次

『JR東日本トレインシミュレータ』の推奨スペック・必要なグラボ

Steamより引用

『JR東日本トレインシミュレータ』の推奨スペックは、現行機であれば確実に超えられます。

10万円程の最安値モデルで満たせる条件なので、予算・用途に合わせてゲーミングPCを選びましょう。

最低スペック・最低動作環境

管理人

このスペックでゲームは快適に遊べません…

CPUIntel 第6世代 4コア以上 or AMD Ryzen 第1世代4コア以上
メモリ16GB
GPUNVIDIA GeForce GTX 10シリーズ(VRAM 2GB以上)
Steamより引用

『JR東日本トレインシミュレータ』の最低スペックには、「GTX 10シリーズ」が要求されています。

「GTX 10シリーズ」で最も性能が低いのが「GTX 1050 2GB」なので、同等のGPUを搭載するPCが最低動作環境となります。

最低スペックのPCではゲームが起動して動くだけなので、快適に遊びたいなら選ばないよう注意しましょう。

推奨スペック・推奨動作環境

管理人

より高いスペックだと将来性があります!

CPUIntel Core i5-6500 or AMD Ryzen 5 1400
メモリ16GB
GPUNVIDIA GeForce GTX 1060
Steamより引用

『JR東日本トレインシミュレータ』の推奨スペックは「GTX 1060」なので、要求性能が低めです。

現行のゲーミングPCなら確実に満たせる性能であり、現在のゲーミングPCとしては時代遅れなので、中古等で買わないように注意してください。

今からゲーミングPCを購入するなら、次に紹介する真の推奨スペック以上の性能を持つPCを選びましょう

当サイトが考える真の推奨スペック

管理人

予算は10万円必要になります!

CPUAMD Ryzen 5 4500
メモリ16GB
GPUGeForce GTX 1660 SUPER

今から『JR東日本トレインシミュレータ』をプレイできるゲーミングPCを購入するなら、上記スペック以上のゲーミングPCを選びましょう。

「GTX 1660 Super」を採用すると最高画質・60fpsで遊べるため、綺麗な実写風景を楽しみながら快適にゲームが遊べます。

10万円程で購入できるため、コスパが良く『JR東日本トレインシミュレータ』を遊ぶ上で困らないスペックです。

『JR東日本トレインシミュレータ』おすすめゲーミングPC

おすすめモデルの特徴はこちら!

この項目ではおすすめのデスクトップPCを3台、ノートパソコンを1台紹介していきます。

各モデルで遊べる環境や出力できる最大fps値が異なるため、自分の予算と相談しておすすめモデルをチェックしましょう。

おすすめモデルの選定基準は?
  • 信頼できるメーカーのモデルであること
  • 推奨スペックを超えていて、短期でなく長期で使えること
  • 各モデル帯の中でもコスパの高いモデルを選出

最安値のゲーミングPCでも推奨スペック以上「GTX1660Super搭載PC」

NEXTGEAR JG-A5G1D

価格:99,800円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途PC初心者向け
CPUAMD Ryzen 5 4500
グラボGeForce GTX 1660 SUPER
メモリ16GB
ストレージ512GB (NVMe)

メリット・デメリット紹介

  • 現行最安値モデル
  • 推奨スペック以上の性能なので、プレイ中に困らない
  • PCゲーム入門に向いている
  • 重いシミュレーションゲームを遊ぶにはスペック不足

安く『JR東日本トレインシミュレータ』をプレイできるゲーミングPCが欲しい方には「GTX1660Super搭載PC」がおすすめです。

現行機最安値モデルなので、最も安く『JR東日本トレインシミュレータ』が始められます

推奨スペックを満たしているため、綺麗なグラフィックで運転士の気分が味わえます

『JR東日本トレインシミュレータ』を始めたい方やPCゲーム初心者の方におすすめです。

高解像度やマルチタスクで楽しむなら「RTX4060Ti搭載PC」

GALLERIA RM5C-R46T

価格:169,800円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途FPS入門・最新ゲーム
CPUCore i5-13400F
グラボGeForce RTX 4060 Ti 8GB
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD

メリット・デメリット紹介

  • 『JR東日本トレインシミュレータ』の配信ができる
  • WQHDや4K解像度で遊べる
  • 「Cities:Skylines」のようなシミュレーションゲームが快適に遊べる
  • 『JR東日本トレインシミュレータ』だけを遊ぶにはオーバースペック

高解像度で『JR東日本トレインシミュレータ』を遊びたい方には「RTX4060Ti搭載PC」がおすすめです。

WQHDや4K解像度でプレイしても60fpsが安定して出せるので、現実レベルの綺麗で細かい風景が楽しめます。

『JR東日本トレインシミュレータ』の配信を行っても重くならず、「Cities:Skyline」のようなシミュレーションゲームも快適に遊べるので、他のゲームも遊びたい方に向いています。

高解像度プレイや重めのシミュレーションゲームを遊びたい方におすすめです。

高解像度で遊びたい場合には対応したモニターが必要なので、合わせて用意しておきましょう。

動作の重たいシミュ系VRゲームも安心「RTX4080搭載PC」

GALLERIA XA7C-R48

価格:407,980円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途4K解像度・VRゲーム
CPUCore i7-14700F
グラボGeForce RTX 4080 16GB
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD

メリット・デメリット紹介

  • VRゲームに最適
  • 重量級シミュレーションゲームが高画質で遊べる
  • 今後5年間に発売されるタイトルが快適にプレイ可能
  • 他モデルよりも高い

重量級シミュレーションゲームを遊びたい方には「RTX4080搭載PC」がおすすめです。

「Cities:Skyline2」や「Microsoft Flight Simulator(MSFS)」といった重いと言われているシミュレーションゲームが高画質で遊べるゲーミングPCです。

「MSFS」のVRモードにも対応可能なので、他シミュレーションゲームのVRモードにも今後5年は通用します

高性能なゲーミングPCなので、重量級シミュレーションゲームをVRモードやMODプレイで遊びたい方におすすめです。

ノートパソコンでも推奨スペック以上「RTX4050搭載ノートPC」

GALLERIA XL7C-R45H

価格:172,980円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途PCゲーム入門・軽いゲーム向け
CPUCore i7-13700H
グラボGeForce RTX 4050 6GB
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ディスプレイ144Hz 15.6インチ FHD非光沢

メリット・デメリット紹介

  • 外出先でもゲームが遊べる
  • 推奨スペック以上の性能なので、プレイ中に困らない
  • モニターを用意しなくていい
  • 画面が小さい

『東日本トレインシミュレータ』をゲーミングノートPCで遊びたい方には「RTX4050搭載ノートPC」がおすすめです。

「RTX 4050」を搭載しているため、推奨スペックを大きく超える性能でプレイ中に困ることがありません

外出先でもプレイ可能で、別売りのモニターを購入すれば大画面で景色を楽しみながら遊べます。

あまり家にいる時間が取れない方や外出中の空き時間にもゲームを楽しみたい方におすすめです。

『JR東日本トレインシミュレータ』向けゲーミングPCの選び方・要点まとめ

選び方の要点はこちら!

  • 予算は10万円以上が最低でも必要
  • 60fpsを常時キープしないと運行に遅れが出るのでグラボが最重要
  • 本格的に楽しむならモニターにこだわるのもおすすめ

この項目では、『東日本トレインシミュレータ』向けゲーミングPCの選び方を3選紹介しています。

『東日本トレインシミュレータ』は推奨スペックが低いので、10万円程の予算で快適に遊べるゲーミングPCが購入できます

4K解像度モニターやサイズの大きいモニターを購入すると、本格的に運転士気分が味わえます。

予算は10万円以上が最低でも必要

NEXTGEAR JG-A5G1D

価格:99,800円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途PC初心者向け
CPUAMD Ryzen 5 4500
グラボGeForce GTX 1660 SUPER
メモリ16GB
ストレージ512GB (NVMe)

『JR東日本トレインシミュレータ』をプレイするには、最低でも「GTX 1660 Super」を搭載するために10万円以上の予算が必要です。

推奨スペック以上のGPUを搭載しているため、高画質・60fpsで綺麗な景色を楽しみながら遊べます

WQHDや4K解像度で遊ぶ場合、少しスペック不足になるので「RTX 40シリーズ」を搭載しましょう。

60fpsを常時キープしないと運行に遅れが出るのでグラボが最重要

安定したフレームレートが出ていないと運行の遅れに繋がるため、60fps出せるグラボの搭載が重要です。

フレームレートが低い状態でプレイするとカクつきが発生し、自身が予想している時間よりも到着が遅くなります。

グラボを選ぶ際は推奨スペックである「GTX 1060」以上を搭載しましょう。

本格的に楽しむならモニターにこだわるのもおすすめ

Dell
¥33,800 (2024/02/20 19:18時点 | Amazon調べ)

大画面モニターや4K対応モニターを使用して『東日本トレインシミュレータ』をプレイすると没入感が得られ最高のゲーム体験ができます

小さいモニターのフルHD画質でプレイしても楽しめるゲームではありますが、大画面・4Kで遊ぶとより現実に近い映像が楽しめます。

『東日本トレインシミュレータ』をプレイするモニターを選ぶ際は、サイズや解像度にこだわるのをおすすめします。

用途別&価格別に紹介!

『JR東日本トレインシミュレータ』の推奨スペックに関するよくある質問

『JR東日本トレインシミュレータ』の推奨スペックは高いですか?

推奨スペックは「GTX 1060」が要求されていて低めです。

現行のゲーミングPCなら確実に超えられるスペックです。

『JR東日本トレインシミュレータ』を4Kで遊ぶにはどのくらいのグラボが必要?

『JR東日本トレインシミュレータ』を4Kで遊ぶなら「RTX 4060」以上のグラボが必要です。

推奨スペックである「GTX 1060」では60fpsを出力できないので最新のグラボを搭載している場合にしか遊べません。

『JR東日本トレインシミュレータ』はどこで購入できる?

Steamで購入・ダウンロードが可能です。

現状配信はSteamのみです。

『JR東日本トレインシミュレータ』はグラボなしPCでも遊べる?

グラボなしPCでは遊べません。

最低でも「GTX 1050」以上のGPUを搭載したゲーミングPCが必要です。

用途別&価格別に紹介!

『JR東日本トレインシミュレータ』推奨スペック・おすすめPCのまとめ

管理人

記事のまとめはこちら!

  • 『JR東日本トレインシミュレータ』を快適に遊ぶには10万円以上の予算が必要
  • WQHDや4K解像度で遊ぶなら「RTX 4060 Ti」を搭載
  • 重量級シミュレーションゲームを遊ぶなら「RTX 4080」がおすすめ

『JR東日本トレインシミュレータ』は要求スペックが低いゲームなので、「GTX 1660 Super」を搭載した10万円程の最安値モデルで快適に遊べます。

WQHDや4K解像度で遊ぶ場合「GTX 1660 Super」だとフレームレートが落ちる場面があるため、「RTX 4060 Ti」を搭載しましょう。

「Cities:Skyline2」や「MSFS」のような重量級シミュレーションゲームも遊びたい方は、MODの大量導入やVRモードに対応できる「RTX 4080」以上のグラボを搭載するのがおすすめです。

用途別&価格別に紹介!

目次