『信長の野望・新生』おすすめパソコン・推奨スペック グラボごとのベンチマーク・ノートPCで遊ぶための環境を紹介

信長の野望・新生 おすすめパソコン
管理人

記事の要点はこちら!

『信長の野望・新生』は推奨スペックで「GTX 1060」を要求しているタイトルで、最新シミュレーションゲームと比べると推奨スペックが低く設定されています。

最新ゲームの中では処理が軽い部類のゲームですが、グラボなしのPCではプレイできず最低でも11万円の予算が必要です。

この記事では『信長の野望・新生』のおすすめPC『信長の野望・新生』の推奨スペックについて解説していきますので、参考にしてください。

用途別&価格別に紹介!

目次

『信長の野望・新生』おすすめパソコン・ノートパソコン

おすすめモデルの特徴はこちら!

この項目ではおすすめのデスクトップPCを2台、ノートパソコンを2台紹介していきます。

各モデルで遊べる環境や最高画質で出力できる解像度が異なるため、自分の予算と相談しておすすめモデルをチェックしましょう。

おすすめモデルの選定基準は?
  • 信頼できるメーカーのモデルであること
  • 推奨スペックを超えていて、短期でなく長期で使えること
  • 各モデル帯の中でもコスパの高いモデルを選出

最安値のゲーミングPCでも快適「GTX1660Super搭載PC」

GALLERIA RM5R-G60S

RM5R-G60S

価格:97,980円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途格安PCを選びたい
CPURyzen 5 4500
グラボGTX 1660 SUPER
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD

メリット・デメリット紹介

  • 『信長の野望・新生』を遊べる最安値のモデル
  • 高画質設定でも60fps張り付き
  • ゲーミングPC初心者の方におすすめ
  • 処理が重いゲームは快適に遊べない

なるべく予算を抑えて『信長の野望・新生』をプレイしたい方には、「GTX1660Super搭載PC」がおすすめです。

エントリーモデルの「GTX1660Super」を搭載しており、『信長の野望・新生』を高画質設定の60fps張り付きで遊べます。

『信長の野望・新生』を快適に遊べるモデルの中では最安値なので、ゲーミングPC初心者の方におすすめのモデルです。

『三國志14』や『Hearts of Iron IV』なども快適に遊べるので、戦略シミュレーションが好きでFPSジャンルなど高fpsが必要なタイトルを遊ばない方には特におすすめです。

少しスペックに余裕を持ったPCなら「RTX4060Ti搭載PC」

GALLERIA RM5C-R46T

価格:169,800円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途FPS入門・最新ゲーム
CPUCore i5-13400F
グラボGeForce RTX 4060 Ti 8GB
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD

メリット・デメリット紹介

  • 『信長の野望・新生』を4K解像度でも60fpsで遊べる
  • 『信長の野望・新生』をプレイする上で困らない
  • 処理が重い最新のゲームも快適に遊べる
  • 4Kでプレイするためには別途4K対応モニターが必要

「RTX4060Ti搭載PC」は『信長の野望・新生』をプレイする上で一切困ることがないスペックを持っています。

低価格ながらコストパフォーマンスに優れた「RTX4060Ti」を搭載しており、4K解像度でも60fps張り付きでプレイ可能です。

最安値のモデルより価格は高くなってしまいますが、最新のMMO等の処理が重いゲームも快適に遊べます。

4K解像度でゲームをプレイするためには、4Kに対応しているモニターが必要なので注意しましょう。

Dell
¥33,800 (2024/02/20 19:18時点 | Amazon調べ)

最安値のゲーミングノートPCでも快適「RTX3050搭載ノートPC」

GALLERIA RL5C-R35N

RL5C-R35

価格:127,980円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途軽いPCゲーム向け
CPUCore i5-13500H
グラボGeForce RTX 3050 6GB
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ディスプレイ144Hz 15.6インチ FHD非光沢

メリット・デメリット紹介

  • 『信長の野望・新生』を快適にプレイできる最安値のノートPC
  • 高画質設定でも60fps張り付き
  • 持ち運んで好きな場所でゲームができる
  • 処理が重い最新ゲームは快適にプレイできない

予算を抑えてノートPCで快適に『信長の野望・新生』をプレイしたい方には、「RTX3050搭載ノートPC」がおすすめです。

ノートPCでも高画質設定で60fps張り付きできるスペックで、持ち運んで好きな場所で『信長の野望・新生』を遊べます。

モニターやキーボードを購入しなくても遊べるので、ゲーミングPC初心者の方にも購入しやすい価格帯です。

Steamで配信されているインディーズゲームやシミュレーション系タイトルは快適に遊べるので、処理が重い最新ゲームを遊ばない方におすすめです。

次回作も見据えられるスペック「RTX4050搭載ノートPC」

GALLERIA XL7C-R45H

価格:172,980円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途PCゲーム入門・軽いゲーム向け
CPUCore i7-13700H
グラボGeForce RTX 4050 6GB
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ディスプレイ144Hz 15.6インチ FHD非光沢

メリット・デメリット紹介

  • 『信長の野望』次回作も見据えられるスペック
  • 『信長の野望・新生』を4K解像度でも60fpsで遊べる
  • 処理が重いゲームもプレイ可能
  • 同価格帯のデスクトップに比べると性能が劣る

余裕を持って『信長の野望・新生』をプレイできるノートPCを探している方には「RTX4050搭載ノートPC」がおすすめです。

「RTX4050搭載ノートPC」は『信長の野望・新生』だけでなく、次回作も見据えられるパワーを持っています。

同価格帯のデスクトップと比べると性能が劣りますが、キーボードやモニターを購入する必要がない分コスパが良いです。

重量は約2kgでバッテリーも6時間以上使用できるので、持ち運んで気軽に出先でプレイできるのもメリットの1つです。

『信長の野望・新生』の推奨スペック・必要なグラボ

『信長の野望・新生』steam商品ページより引用

『信長の野望・新生』は最新ゲームと比べると推奨スペックが低く設定されているタイトルです。

最新ゲームの中では処理が軽い部類ですが、推奨スペックでは「GTX 1060」を要求しておりグラボなしでは遊べません。

この項目では、『信長の野望・新生』の推奨スペックや、快適に遊ぶために必要なグラボについて解説していきます。

最低スペック・最低動作環境

管理人

このスペックでゲームは快適に遊べません…

CPUIntel Core i3-3220
メモリ4GB
GPUGeForce GTX 660
『信長の野望・新生』steam商品ページより引用

『信長の野望・新生』の最低スペックでは、2012年に発売された「GTX 660」を要求しています。

最低スペックは最低限ゲームが起動して動くだけの指標なので、快適に楽しみたい方は注意してください。

少なくとも上記の構成では、フリーズや画面のカクつきがひどくPS4以下の環境となってしまいます。

推奨スペック・推奨動作環境

管理人

より高いスペックだと将来性があります!

CPUIntel Core i7-3770
メモリ8GB
GPUGeForce GTX 1060(6GB)
『信長の野望・新生』steam商品ページより引用

『信長の野望・新生』の推奨スペックでは「GTX 1060」を要求しています。

「GTX 1060」は2016年に発売されたグラボで、年数が経過していることもあり最新ゲームは快適に遊べません。

『信長の野望・新生』を快適にプレイしたい方は、次の項目にある真の推奨スペックを参考にしてみてください。

当サイトが考える真の推奨スペック

管理人

予算は11万円必要になります!

CPURyzen 5 4500 / Core i5 12400
メモリ16GB
GPUGTX 1660 SUPER 6GB
ここに引用元を記載(URLでリンクを入れる)

上記のスペックであれば、『信長の野望・新生』を高画質設定の60fps張り付きで遊べます。

必要な予算も11万円とゲーミングPCの中では最安値なので、ゲーミングPC初心者におすすめです。

RTX4060Ti搭載PC」であれば4K解像度で遊べるので、4Kに興味がある方はそちらも検討してみてください。

用途別&価格別に紹介!

『信長の野望・新生』向けゲーミングPCの選び方・要点まとめ

選び方の要点はこちら!

  • 予算は11万円以上が最低でも必要
  • グラボなしPCでは処理が追いつかず遊べない
  • ノートPCはグラボが搭載されているモデルを選ぶ

『信長の野望・新生』は処理が軽いシミュレーションゲームですが、3D描写のある最新ゲームなのでグラボなしではプレイできません。

現行の最安値のモデルであれば快適にプレイ可能で、予算は最低でも11万円以上が必要です。

ここでは『信長の野望・新生』を快適に遊ぶためのPCの選び方を詳しく解説していきます。

予算は11万円以上が最低でも必要

GALLERIA RM5R-G60S

RM5R-G60S

価格:97,980円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途格安PCを選びたい
CPURyzen 5 4500
グラボGTX 1660 SUPER
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD

『信長の野望・新生』は推奨スペックが低く設定されていますが、予算は最低でも11万円以上が必要です。

現行の最安値モデルは「GTX 1660 Super」を搭載しており、高画質設定でも60fpsで快適に遊べます。

最安値のモデルでは最新の処理が重いゲームで支障が出てくるので、自身のプレイスタイルに合ったモデルを選びましょう。

グラボなしPCでは重たすぎて遊べないので注意

『信長の野望・新生』公式サイトより引用

『信長の野望・新生』はグラボを搭載していないPCでは、処理が追いつかずまともにプレイできません。

シュミレーションゲームは処理が軽いゲームが多いジャンルですが、『信長の野望・新生』は3Dシーンが多くグラボが必須です。

グラボなしのPCで最新のゲームをプレイすると、熱を排出しきれなくなり故障の原因になるので注意してください。

ノートパソコンで遊ぶならグラボ搭載のゲーミングノートPCが必要

raytrek R5-AA5

価格:149,980円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途PCゲーム入門・軽いゲーム向け
CPUCore i7-12700H
グラボGeForce RTX 3050 4GB
メモリ16GB
ストレージ1TB Gen4 SSD
ディスプレイ144Hz 15.6インチ FHD非光沢

ノートPCで『信長の野望・新生』をプレイしたい方は、グラボが搭載されたゲーミングノートPCを選びましょう。

『信長の野望・新生』は最新ゲームの中では比較的処理が軽い部類なので、最安値の「RTX3050搭載ノートPC」でも快適に遊べます。

次回作を見据えたい方や処理が重いゲームにも興味がある方は、「RTX4050搭載ノートPC」を検討してみてください。

用途別&価格別に紹介!

『信長の野望・新生』おすすめゲーミングPC・推奨スペックに関するよくある質問

『信長の野望・新生』はグラボなしのPCでできる?

グラボなしのPCではプレイできないので注意しましょう。

『信長の野望・新生』に必要なスペックは?

「GTX 1660 SUPER」以上のグラボを搭載していると快適に遊べます。

『信長の野望・新生』に必要な空き容量は?

25GB以上の空き容量が必要です。

『信長の野望・新生』はノートPCでも遊べる?

グラボが搭載されているノートPCであれば現行最安値のモデルでもプレイ可能です。

用途別&価格別に紹介!

『信長の野望・新生』おすすめゲーミングPC・推奨スペックのまとめ

管理人

記事のまとめはこちら!

  • 快適に遊ぶためには最低でも予算は11万円以上が必要
  • 『信長の野望・新生』はグラボなしのPCではプレイできない
  • 4K解像度で遊びたい方には「RTX 4060 Ti」がおすすめ

『信長の野望・新生』を快適に遊ぶためには、最低でも11万円以上の予算が必要です。

『信長の野望・新生』は最新ゲームの中では推奨スペックが低く設定されていますが、グラボなしのPCでは遊べません。

4K解像度で快適に遊びたい方は、「RTX 4060 Ti」以上のグラボが搭載されているモデルを選びましょう。

用途別&価格別に紹介!

目次