『オーバーウォッチ2』おすすめゲーミングPC&推奨スペック 144fps・240fpsで遊べるモデルを紹介

オーバーウォッチ2 おすすめPC
管理人

記事の要点はこちら!

『オーバーウォッチ2』では推奨スペックとして「GTX 1650」が要求されており、現行のゲーミングPCなら最安値のモデルでも動作します。

ただしFPSゲームなので対戦で有利になるためには最低120fpsを安定して出せるスペックは用意すべきです。

この記事ではオーバーウォッチ2におすすめのパソコンオーバーウォッチ2の推奨スペックについて詳しく解説していきます。

『オーバーウォッチ2』のパソコン選びで迷っている方は是非参考にしてみてください。

用途別&価格別に紹介!

目次

『オーバーウォッチ2』おすすめゲーミングPC

おすすめモデルの特徴はこちら!

この項目ではおすすめのデスクトップPCを3台、ノートパソコンを1台紹介していきます。

どのモデルでも『オーバーウォッチ2』を120fps以上で遊べるため、プレイ環境で勝ちにいけるようになります。

各モデルで遊べる環境や出力できる最大fps値が異なるため、自分の予算と相談しておすすめモデルをチェックしましょう。

おすすめモデルの選定基準は?
  • 信頼できるメーカーのモデルであること
  • 推奨スペックを超えていて、短期でなく長期で使えること
  • 各モデル帯の中でもコスパの高いモデルを選出

安いゲーミングPCでも120fps以上「RTX4060搭載PC」

NEXTGEAR JG-A5G60

価格:129,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途PC初心者向け
RTX40搭載最安値
CPUAMD Ryzen 5 4500
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ1TB(NVMe)

メリット・デメリット紹介

  • 予算を抑えて『オーバーウォッチ2』を快適に遊べる
  • 120fpsを下回ることなくプレイできる
  • 重たい最新ゲームを遊ぶにはスペック不足

『オーバーウォッチ2』を最高設定・120fpsで安定して遊びたい方には「RTX4060搭載PC」がおすすめです。

PC版ならではのキーボード・マウスによる直感的な操作ができ、fps値も高いのでクロスプレイ時には低価格のモデルでも家庭用ゲーム機に差をつけられます。

同ジャンルの『Apex Legends』や『VALORANT』も120~144fpsで遊べるため、FPS入門にも最適なモデルです。

ゲーミングPCの中でも安価なモデルなので、初めてゲーミングPCを購入する方や予算を抑えたい方にはおすすめです。

ベンキュージャパン
¥32,086 (2023/08/07 18:50時点 | Amazon調べ)

144Hzゲーミングモニターが無いとPC側で120fpsを出せても意味がないので、合わせてゲーミングモニターも用意しておきましょう。

144fpsの張り付きを狙えるモデルなら「RTX4060Ti搭載PC」

GALLERIA RM5C-R46T

価格:169,800円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途FPS入門・最新ゲーム
CPUCore i5-13400F
グラボGeForce RTX 4060 Ti 8GB
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD

メリット・デメリット紹介

  • 最高設定・144fpsで『オーバーウォッチ2』を安定して遊べる
  • 設定次第ではより高いfpsを出すことも可能
  • 最新のPCゲームも快適に遊べる
  • 最高設定で240以上のフレームレートは出せない

『オーバーウォッチ2』をより高いフレームレートで快適に遊びたい方には「RTX4060Ti搭載PC」がおすすめです。

設定次第では144fps以上のフレームレートも狙えるので、家庭機版にはないスムーズかつ低遅延な画面で打ち合いをより有利にできます。

グラボは最新世代の「RTX 4060 Ti」なので、ミドルスペックながら重い最新ゲームも楽しめます

最新のPCゲームにも興味がある方や、『オーバーウォッチ2』を家庭機版以上のフレームレートで遊びたい方におすすめです。

240fps張り付きでfps値に妥協なし「RTX4070搭載PC」

GALLERIA XA7C-R47

価格:292,980円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途実況配信・最新ゲームを最高画質
CPUCore i7-13700F
グラボRTX 4070 12GB
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD

メリット・デメリット紹介

  • 最高設定・240fps張り付きで『オーバーウォッチ2』を遊べる
  • 数年は最新ゲームも遊べるスペック
  • 動画編集やゲーム配信をする人も安心のCPU性能
  • 安価なモデルと比べるとかなり高価

fps値を一切妥協せず最高の環境でプレイしたい方には「RTX4070搭載PC」がおすすめです。

最高設定で常に240fpsをキープしながらプレイできるので、画面の動きや遅延で相手より不利になることがありません。

CPU性能も高いので、ゲーム配信や動画編集をしたい方も安心のスペックです。

推奨スペックの低い『オーバーウォッチ2』用のPCとしては高価ですが、数年は最新ゲームを遊び続けられる将来性抜群のモデルです。

ベンキュージャパン
¥74,545 (2023/08/07 18:52時点 | Amazon調べ)

240fps上限で遊ぶ場合には240Hzゲーミングモニターが必要になるため、合わせて用意しておきましょう。

ノートパソコンでも144fps張り付き「RTX4060搭載ノートPC」

GALLERIA XL7C-R46

価格:199,980円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途FPS入門・最新ゲーム
CPUCore i7-13700H
グラボGeForce RTX 4060 8GB
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ディスプレイ144Hz 15.6インチ FHD非光沢

メリット・デメリット紹介

  • ノートパソコンでも144fps張り付きで『オーバーウォッチ2』が遊べる
  • 場所を選ばずに『オーバーウォッチ2』が遊べる
  • 144fpsに対応したモニターを購入する必要がない
  • 本体性能だけで見るとデスクトップPCよりコスパが悪い

ノートパソコンでも『オーバーウォッチ2』を144fps張り付きでプレイしたい方には「RTX4060搭載ノートPC」がおすすめです。

ノートパソコンの利点を活かして好きな場所で『オーバーウォッチ2』を最高設定・144fpsで遊べます

キーボードと144fpsに対応したモニターが付いているので、初めてゲーミングPCを購入する方にもおすすめです。

『オーバーウォッチ2』の推奨スペック・必要なグラボ

Blizzardサポートページより引用

『オーバーウォッチ2』の推奨スペックは低く、現行のゲーミングPCならどのモデルも条件を満たしています。

120fps以上のフレームレートで快適に遊ぶには、予算は13万円ほど必要です。

この項目では『オーバーウォッチ2』の推奨スペック・必要なグラボについて詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

最低スペック・最低動作環境

管理人

このスペックでゲームは快適に遊べません…

CPUIntel Core i3またはAMD Phenom X3 8650
メモリ6GB RAM
GPUGeForce GTX 600 series, Radeon HD 7000 series
Blizzardサポートページより引用

「GTX 600」と「Radeon HD 7000」シリーズは2012年に発売されたかなり古いグラボです。

最低スペックではゲームを快適に遊ぶことはできません

将来性も全く無いのでこのスペックをもとにPCを選ぶのはやめましょう。

推奨スペック・推奨動作環境

管理人

より高いスペックだと将来性があります!

CPUIntel Core i7またはAMD Ryzen 5
メモリ8GB RAM
GPUGeForce GTX 1060/GTX 1650, AMD R9 380/RX 6400
Blizzardサポートページより引用

『オーバーウォッチ2』が推奨しているグラボの中で今も販売されているのは「GTX 1650」と「RX 6400」です。

「GTX 1650」で『オーバーウォッチ2』は遊べますが、高フレームレートでは安定してプレイできません

新しくゲーミングPCを購入する方は、将来性や他のPCゲームを遊ぶことも考え、次に紹介するスペックを参考にしてください。

当サイトが考える真の推奨スペック

管理人

予算は○○万円必要になります!

CPURyzen 5 4500 または Core i5 10500
メモリ16GB
GPUGeForce RTX 4060 8GB

『オーバーウォッチ2』を快適にプレイしたい方には、上記のスペック以上のゲーミングPCをおすすめします。

「RTX 4060」なら『オーバーウォッチ2』を最高設定・120fpsで遊べます

設定次第では家庭機版より高いfps値も狙えるので、キーマウの操作性と合わせてPC版にしかないゲーム体験ができます。

『オーバーウォッチ2』は高いフレームレートの恩恵を受けやすいゲームなので、より対戦で有利な環境が欲しい方は「RTX 4060 Ti」や「RTX 4070」を選びましょう。

用途別&価格別に紹介!

『オーバーウォッチ2』をグラボなしPCで遊ぶとどうなる?

筆者環境のRTX 4070 TiとCore i7 13700k(Intel UHD グラフィックス 770)の最低設定における比較
  • 最低設定でも120fpsどころか80fpsすら超えない
  • PCに大きな負荷をかけるので寿命を縮める原因になる

『オーバーウォッチ2』は軽いゲームなのでグラボなしでも遊べる場合が多いです。

しかし、設定を最低まで下げても120fpsで遊べないので対戦でどうしても不利になってしまいます

PCに大きな負荷をかけて寿命を縮める原因にもなってしまうので、できればグラボを搭載したPCでプレイしましょう。

用途別&価格別に紹介!

『オーバーウォッチ2』のグラボ別のfps値・ベンチマークスコア

『オーバーウォッチ2』ベンチマークスコア
RTX 4080
375fps
RTX 4070 Ti
331fps
RTX 4070
278fps
RTX 4060 Ti
175fps
RTX 4060
150fps
RTX 3060 Ti
193fps
RTX 3060
145fps
GTX 1660 SUPER
98fps
GTX 1650
50fps

CPUはCore i7 13700k、1920×1080での最高設定

『オーバーウォッチ2』の推奨スペックは低いですが、動きの激しい対戦FPSで最低限必要な120fpsを確保しようとすると、「RTX3060」以上は必要になります。

240fpsでさらに対戦相手よりも有利になりたい方は「RTX 4070」以上を選びましょう。

用途別&価格別に紹介!

『オーバーウォッチ2』向けゲーミングPCの選び方・要点まとめ

選び方の要点はこちら!

  • 予算は13万円以上が最低でも必要
  • 144Hz or 240Hzゲーミングモニターを用意しよう
  • クロスプレイができるタイトルなのでキーマウ操作が有利

『オーバーウォッチ2』は軽いゲームですが、120fps以上で遊ぶには「RTX 4060」を搭載した13万円ほどのゲーミングPCが必要になります。

合わせて、144Hzか240Hzの高フレームレートに対応したモニターも忘れずに購入しましょう。

この項目では『オーバーウォッチ2』向けのPCの選び方をわかりやすく解説しているので、参考にしてみてください。

予算は13万円以上が最低でも必要

NEXTGEAR JG-A5G60

価格:129,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途PC初心者向け
RTX40搭載最安値
CPUAMD Ryzen 5 4500
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ1TB(NVMe)

『オーバーウォッチ2』を120fpsで快適にプレイするには最低でも13万円の予算が必要になります。

推奨スペックの低いゲームですが、対戦FPSで最低限欲しい120fpsで遊ぶためにはそれなりの性能を持ったグラボが必要です。

予算を抑えたい方は最高設定・120fpsで遊べる「RTX 4060」を搭載したモデルを選びましょう。

対戦環境を妥協したくない方は常に240fpsで遊べる「RTX 4070」を搭載したモデルがおすすめです。

144Hz or 240Hzゲーミングモニターを用意しよう

ベンキュージャパン
¥32,086 (2023/08/07 18:50時点 | Amazon調べ)
ベンキュージャパン
¥74,545 (2023/08/07 18:52時点 | Amazon調べ)

通常のモニターでは60fps以上の映像は出力できないので、必ず狙うfps値に合わせたモニターを用意しましょう

『オーバーウォッチ2』を120fpsで遊べるスペックなら、より動作の軽い「VALORANT」のようなゲームを240fps以上でプレイできます。

予算に余裕があれば他の対戦ゲームで遊ぶことも考えて240hzゲーミングモニターの購入を検討してみても良いかもしれません。

敵の視認性の向上や低遅延など、対戦FPSにおける高フレームレートの恩恵は計り知れないのでfps値とモニター環境は妥協しないようにしましょう。

クロスプレイができるタイトルなのでキーマウ操作が有利

コントローラーでのスティック操作と比べて、マウスは素早く直感的な操作が可能です。

空中での激しい動きやブリンクなど、立体的な動きへの対応が求められる『オーバーウォッチ2』ではマウスのほうが有利です。

瞬間的な操作が必要なアビリティはマウスのサイドボタン、確実に発動させたいウルトはキーボードなど、求められる操作によって柔軟な割当ができるのもキーマウ操作の良い点です。

用途別&価格別に紹介!

『オーバーウォッチ2』おすすめゲーミングPC・推奨スペックに関するよくある質問

『オーバーウォッチ2』は家庭機版とクロスプレイ可能?

クロスプレイ機能をオンにすると可能になりますが、ランクマは家庭機版とPC版ではマッチングしません。

『オーバーウォッチ2』はグラボ無しでもプレイできる?

プレイ自体は可能ですが、設定を下げても120fps以上で遊べません。

常に不利な状態で対戦することになるので、できればグラボを搭載したゲーミングPCでプレイしましょう。

『オーバーウォッチ2』はコントローラーとマウスどっちがいい?

PC版ではエイムアシスト機能が無いので、マウスの方が有利です。家庭機版から移行する方はマウスでの操作をおすすめします。

『オーバーウォッチ2』はどこからインストールする?

公式サイトからダウンロードするか、開発元の公式ランチャーであるBattle.net経由でインストールできます。

2023年8月からSteamにも対応予定です。

用途別&価格別に紹介!

『オーバーウォッチ2』おすすめゲーミングPC・推奨スペックのまとめ

管理人

記事のまとめはこちら!

  • 『オーバーウォッチ2』を快適にプレイするなら13万円以上の予算が必要
  • 最高設定・120fpsで遊ぶには「RTX 4060」以上が必要
  • 高フレームレートが有利になりやすいゲームなのでfps値にはこだわろう

『オーバーウォッチ2』は推奨スペックの低いゲームですが、120fpsで安定してプレイするには「RTX 4060」以上が必要です。

fps値がパフォーマンスに大きく影響を与えるゲームなので、対戦環境を妥協したくない方は240fps以上で遊べる「RTX 4070」がおすすめです。

合わせて、狙うfps値に合わせたゲーミングモニターの購入も忘れないようにしましょう。

用途別&価格別に紹介!

目次