『ブループロトコル』おすすめゲーミングノートPC&推奨スペック紹介 低スペックモデルでも遊べる?

管理人

記事の要点はこちら!

『ブループロトコル』は要求スペックが低いので、現行最安値のゲーミングノートPCでも快適に楽しめます。

予算は11万円が最低でも必要で、「GTX 1650」以上のグラボを搭載した環境をおすすめします。

マルチプレイを快適に楽しむためには更に1ランク上の環境を目指しましょう。

この記事では『ブループロトコル』おすすめゲーミングノートPC『ブループロトコル』の推奨スペックについて紹介していきます。

モデル名画像グラボ価格スペック寿命の長さ
RL5R-G165GTX1650約10万円最新ゲームでも
1~2年は快適
J6-A5G60GN-ARTX4060約15万円最新ゲームでも
3年は快適
E6-A7G70BK-ARTX4070約27万円最新ゲームでも
3年以上快適

用途別&価格別に紹介!

『ブループロトコル』におすすめのゲーミングデスクトップPCを紹介する記事もありますので、あわせて参考にしてください。

目次

『ブループロトコル』おすすめゲーミングノートPCまとめ

おすすめモデルの特徴はこちら!

この項目ではおすすめのデスクトップPCを3台、ノートパソコンを1台紹介していきます。

各モデルで遊べる環境や出力できる最大fps値が異なるため、自分の予算と相談しておすすめモデルをチェックしましょう。

おすすめモデルの選定基準は?
  • 信頼できるメーカーのモデルであること
  • 推奨スペックを超えていて、短期でなく長期で使えること
  • 各モデル帯の中でもコスパの高いモデルを選出

とにかく価格を抑えて快適に遊べる「GTX 1650搭載搭載ゲーミングノートPC」

GALLERIA RL5R-G165

RL5R-G165

価格:104,980円

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途軽いPCゲーム向け
CPURyzen 5 6600H
グラボGeForce GTX 1650 4GB
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ディスプレイ144Hz 15.6インチ FHD非光沢

メリット・デメリット紹介

  • 価格を抑えて推奨スペックを超えた環境
  • 画質を落とさず60fpsキープできる
  • PC初心者におすすめのエントリーモデル
  • マルチプレイではカクつく可能性がある

価格を抑えて推奨スペックを超えた環境を整えたい方におすすめのモデルです。

『ブループロトコル』をソロプレイで遊ぶなら最後まで60fpsをキープして楽しめます。

画質設定を落とさずに快適に楽しめるので、美しいグラフィックをしっかり楽しみつつプレイできます。

動作の軽いタイトルやインディーゲームなら快適に楽しめるので、PC初心者におすすめのエントリーモデルです。

配信や動画編集などマルチに使用できる「RTX 4060搭載搭載ゲーミングノートPC」

NEXTGEAR J6-A5G60GN-A

価格:139,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途場所を選ばずゲームしたい
CPURyzen 5 7535HS
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ディスプレイ165Hz対応16型液晶

メリット・デメリット紹介

  • 配信や動画編集などゲーム以外の用途でも快適
  • 最高画質設定でも60fpsをキープできる
  • 中画質設定ならマルチプレイも快適
  • 最高画質でマルチプレイをすると重い場面でカクつく

配信や動画編集などマルチに使用したい方におすすめのモデルです。

『ブループロトコル』を最高画質設定でも60fpsをキープして楽しめるマシンパワーがあります。

中画質設定ならマルチプレイも快適で、ボス戦など重い場面でもカクつきません。

配信しつつ高画質で『ブループロトコル』を楽しみたい方に特におすすめです。

最高画質&マルチプレイも快適「RTX 4070搭載ゲーミングノートPC」

G-Tune E6-A7G70BK-A

価格:279,800円

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途最新ゲームを最高画質でプレイ
CPURyzen 7 7840HS
グラボGeForce RTX 4070 8GB
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ディスプレイ240Hz16インチノングレア

メリット・デメリット紹介

  • 最高画質と60fpsを両立可能なマシンパワー
  • マルチプレイの重い場面でも快適
  • 耐用年数が長く将来性の高いモデル
  • 低価格モデルと比べて価格が上がる

最高画質と60fpsを両立可能なモデルを狙う方におすすめのモデルです。

マルチプレイでのボス戦など、重い場面でも快適に楽しめるハイスペックマシンです。

特に重い最新ゲームも快適に楽しめるので、幅広くゲームを遊びたい方にも向いています。

耐用年数が長く3年以上は最新ゲームを快適に楽しめる将来性の高いモデルです。

『ブループロトコル』の推奨スペック・必要なグラボ

『ブループロトコル』をソロで遊ぶ場合の要求スペックは低めで、現行最安値のゲーミングノートPCでも快適に楽しめます。

予算は11万円が最低でも必要で、「GTX 1650」以上のグラボがおすすめです。

マルチプレイのボス戦など、人が多く集まる箇所はかなり重くなるのでより上のスペックを用意しましょう。

最低スペック・最低動作環境

管理人

このスペックでゲームは快適に遊べません…

CPUIntel Core i3-4340
AMD FX-6300
メモリ8GB
GPUGTX660(2GB)
R7 370(2GB)
ブループロトコル公式サイトより引用

『ブループロトコル』公式の最低動作環境は上記の通りです。

提示されているスペックは低く、現行のゲーミングPCなら何でも満たせるスペックです。

最低動作感は「起動して動くだけ」のスペックを指すため、こちらのスペックでは快適にゲームを遊べないので注意しましょう。

推奨スペック・推奨動作環境

管理人

より高いスペックだと将来性があります!

CPUIntel Core i7-7700
AMD Ryzen 7 2700
メモリ16GB
GPUGTX 1060(6GB)
RX580 (8GB)
ブループロトコル公式サイトより引用

『ブループロトコル』公式の推奨動作環境は上記の通りです。

要求されている「GTX 1060」は現行最安値グラボよりもスペックが低く、現行パーツで組めば満たせるスペックです。

上記スペックでは将来性の低いスペックとなってしまうので、次に本格的に遊ぶための真の推奨スペックを紹介します。

当サイトが考える真の推奨スペック

管理人

予算は11万円必要になります!

CPUCore i5-12500H
Ryzen 5 6600H
メモリ16GB
GPUGTX 1650 (4GB)

本格的に『ブループロトコル』を遊びたい場合、上記のスペックと同等かそれ以上の環境をおすすめします。

ソロプレイで楽しむなら上記環境で中画質&60fpsで快適に楽しめます。

マルチプレイでボス戦などをする場合は場面によっては非常に重くなるので、よりスペックの高い環境が必要です。

『ブループロトコル』をゲーミングノートPCで遊ぶメリットは?

『ブループロトコル』公式ページより引用

『ブループロトコル』はオンライン環境のない場所でも最後まで遊べるゲームなので、ノートPCとの相性が良いタイトルです。

ノートPCにはモニターやキーボードなど周辺デバイスが搭載されているので、デスクトップモデルよりコスパが良いのが魅力的です。

アクションRPGの『ブループロトコル』と相性が良い

『ブループロトコル』はアクションRPGのため、持ち運べるノートPCとの相性が良いタイトルです。

ストーリーの進行を行えたり、期間限定のミッションも楽しめたりなど、どこでも楽しめるゲーミングノートPCでのプレイがおすすめです。

外出先でも快適に遊べるので、時間のかかる素材集めなどを隙間時間にできるようになります。

モニターやキーボードなど周辺デバイス代を節約できる

NEXTGEAR J6-A5G60GN-A

価格:139,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途場所を選ばずゲームしたい
CPURyzen 5 7535HS
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ディスプレイ165Hz対応16型液晶

ノートパソコンにはモニターやキーボードなどが搭載されているので、周辺デバイス代を節約できます。

デスクトップモデルの場合は別途用意する必要があるので、コスパが良いのが魅力的です。

『ブループロトコル』向けゲーミングノートPCの選び方・要点まとめ

選び方の要点はこちら!

  • 予算は11万円以上が最低でも必要
  • 60fpsかつ高画質をキープするなら「RTX 4060」が必要
  • グラボなしの低スペックPCではまともに遊べないため注意

『ブループロトコル』を快適に楽しむためには予算は11万円以上が最低でも必要です。

60fpsかつ高画質をキープするなら「RTX 4060」が必要で、1ランク高い環境を用意する必要があります。

グラボなしの低スペックPCではまともに遊べないため、必ず推奨スペックを満たした環境を用意しましょう。

予算は11万円以上が最低でも必要

GALLERIA RL5R-G165

RL5R-G165

価格:104,980円

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途軽いPCゲーム向け
CPURyzen 5 6600H
グラボGeForce GTX 1650 4GB
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ディスプレイ144Hz 15.6インチ FHD非光沢

『ブループロトコル』を快適に楽しむためには予算は11万円以上が最低でも必要です。

ソロでプレイするなら現行最安値のゲーミングノートPCでも最後まで快適に遊び続けられます。

マルチプレイで大量のプレイヤーを描画するとかなり負荷が重くなるので、更に上のモデルが必要になります。

60fpsかつ高画質をキープするなら「RTX 4060」が必要

NEXTGEAR J6-A5G60GN-A

価格:139,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途場所を選ばずゲームしたい
CPURyzen 5 7535HS
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ディスプレイ165Hz対応16型液晶

60fpsかつ高画質をキープして遊ぶなら「RTX 4060」が必要です。

『ブループロトコル』は画質設定を上げた際の負荷の上り幅が大きく、推奨環境と同等のスペックでは高画質で快適に遊べません。

「RTX 4060」なら中画質設定かつマルチプレイでもカクつかない環境が得られます。

グラボなしの低スペックPCではまともに遊べないため注意

『ブループロトコル』はグラボなしの低スペックPCではまともに遊べません。

グラボなしの環境では最低動作環境を満たせないスペックなので、ゲームを起動すらできない可能性が高いです。

公式の推奨スペックでは「GTX 1060」以上のグラボを要求しており、推奨スペックは必ず超えた環境を用意するべきです。

『ブループロトコル』おすすめゲーミングPC・推奨スペックに関するよくある質問

マルチプレイを軽くするための設定は?

マルチプレイでは同時に表示するプレイヤーの人数を制限できます。

よほどのハイスペック環境でない限り40~50程度に制限しておくのがおすすめです。

推奨スペックを超えていれば中古PCでも快適に遊べる?

推奨スペックを超えたPCなら中古PCでも快適に楽しめます。

中古PCはパーツの摩耗具合が分からず、ですぐに故障してしまう可能性があるのでおすすめできません。

『ブループロトコル』は無料で遊べる?

基本無料で遊べますが、一部課金要素もあります。

『ブループロトコル』を配信するならメモリは16GBで足りる?

メモリ16GBの環境でも問題なく配信できますが、マルチプレイもする場合は32GBあった方が安心です。

『ブループロトコル』おすすめゲーミングノートPC・推奨スペックのまとめ

管理人

記事のまとめはこちら!

  • 予算は11万円が最低でも必要
  • 「GTX 1650」以上のグラボがおすすめ
  • マルチプレイで遊ぶなら「RTX 4060」以上のグラボを用意しよう

『ブループロトコル』を快適に楽しむための予算は11万円が最低でも必要です。

「GTX 1650」以上のグラボ搭載した環境なら画質を落とさず60fpsで快適に楽しめます。

マルチプレイはボス戦などが重くなるので、「RTX 4060」以上のグラボを用意しておけば安心です。

モデル名画像グラボ価格スペック寿命の長さ
RL5R-G165GTX1650約10万円最新ゲームでも
1~2年は快適
J6-A5G60GN-ARTX4060約15万円最新ゲームでも
3年は快適
E6-A7G70BK-ARTX4070約27万円最新ゲームでも
3年以上快適

『ブループロトコル』におすすめのデスクトップPCを紹介する記事もありますので、あわせて参考にしてください。

あわせて読みたい
『ブループロトコル』おすすめゲーミングPC&推奨スペック紹介 ベンチマークスコアによるグラボ比較も... 記事の要点はこちら! 『ブループロトコル』の推奨スペック・必要なグラボ 『ブループロトコル』におすすめのゲーミングPC 『ブループロトコル』のグラボ別ベンチマーク...
目次