『FF14』おすすめゲーミングPC&推奨スペック 最安値のおすすめパソコンと高コスパモデルを紹介

FF14 おすすめゲーミングPC
管理人

記事の要点はこちら!

『FF14』はPS4でもリリースされているタイトルで、高fpsを出力する必要がないためゲーミングPCの推奨スペックは低いです。

ただし快適にプレイするためには推奨スペックの性能では物足りないので、最低でも12万円の予算を見積もりましょう。

この記事では、『FF14』のおすすめゲーミングPC『FF14』の推奨スペックを詳しく解説しています。

PC版の『FF14』を快適にプレイしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

用途別&価格別に紹介!

スクロールできます
おすすめモデル価格画質設定fps値配信・動画編集スペック寿命の長さ
RTX4060搭載!
マウスコンピューター NEXTGEAR
JG-A5G60
約13万円高画質高画質&
60ps
ややスペック不足最新ゲームも
遊べる
RTX4060Ti搭載!

RM5C-R46T
約18万円高画質高画質&
60ps
快適最新ゲームも
遊べる
RTX4070搭載!

XA7C-R47T
約30万円最高画質高画質&
144fpsも可能
超快適最新ゲームを
3年は快適
RTX4050搭載!

XL7C-R45
約16万円高画質高画質&
60ps
快適最新ゲームも
遊べる

当サイトではFF14におすすめなノートパソコンも紹介しているので、ノートPCメインで遊びたい!という方は合わせて参考にしてください。

目次

FF14おすすめゲーミングPC・FF14推奨PC

おすすめモデルの特徴はこちら!

この項目ではおすすめのデスクトップPCを3台、ノートパソコンを1台紹介していきます。

各モデルで遊べる環境や出力できる最大fps値が異なるため、自分の予算と相談しておすすめモデルをチェックしましょう。

おすすめモデルの選定基準は?
  • 信頼できるメーカーのモデルであること
  • 推奨スペックを超えていて、短期でなく長期で使えること
  • 各モデル帯の中でもコスパの高いモデルを選出

高画質でPS4/PS5以上の環境「RTX4060搭載PC」

NEXTGEAR JG-A5G60

価格:134,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途PC初心者向け
RTX40搭載最安値
CPUAMD Ryzen 5 4500
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ1TB (NVMe)

メリット・デメリット紹介

  • PC版の『FF14』を快適にプレイできる
  • 画質を下げれば処理が重いオープンワールドのMMOも遊べる
  • ゲーミングPCが初めての方でも手を出しやすい価格
  • 将来性が低いため最新のMMOを長期間プレイしたい方には不向き
  • CPUの性能が高くないためマルチタスクには向いていない

「RTX4060」を搭載したエントリークラスのゲーミングPCであり、RTX40シリーズ搭載モデルでは最安値です。

PC版の『FF14』を快適にプレイ可能で、画質を下げれば最新のオープンワールドMMOも遊べます。

ゲーミングPCの中では安価なモデルなので、ゲーミングPC初心者の方におすすめです。

PCの将来性やMMOの高画質設定を重視している方は、次以降のモデルを検討してみてください。

グラボの性能と比較してCPU性能が低いモデルなので、CPUを交換して長持ちさせる運用方法もおすすめです。

Core i5 CPU搭載でマルチタスクや配信が快適「RTX4060Ti搭載PC」

GALLERIA RM5C-R46T

価格:185,980円

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途FPSゲーム入門の方
最新ゲームを遊びたい方向け
CPUCore i5-14400F
グラボGeForce RTX 4060 Ti 8GB
メモリ16GB
ストレージ500GB Gen4 SSD

メリット・デメリット紹介

  • 配信しながらでも『FF14』を快適にプレイできる
  • 『FF14』をプレイしながらマルチタスクが可能
  • CPUの性能が高くオープンワールドのMMOも快適
  • 最高画質でオープンワールドMMOを配信するには不向き

「RTX4060Ti搭載PC」は14世代のCPUを搭載しており、配信をしながらでも『FF14』を快適に遊べます。

CPUの性能が高く『FF14』をプレイしながらマルチタスクができるので、MMOをしながら作業をしたい方・配信をしたい方におすすめです。

「RTX4060Ti搭載PC」のスペックであれば、オープンワールドのMMOも快適に遊べます。

とくにコスパの高いモデルなので、コスパを重視する方・CPUは配信が可能なモデルから選びたい方におすすめです。

長持ちするゲーミングPCが欲しいなら「RTX4070Ti搭載PC」

GALLERIA XA7C-R47T

価格:313,980円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途4K解像度・VRゲーム・ゲーム配信
CPUCore i7-14700F
グラボGeForce RTX 4070 Ti 16GB
メモリ32GB
ストレージ1TB Gen4 SSD

メリット・デメリット紹介

  • 『FF14』をプレイするうえで困ることがなくなる
  • 最新のMMOを高画質で快適に遊べる
  • オープンワールドのMMOを配信しながら高画質でプレイ可能
  • 最安値のモデルと比較すると価格が高い

RTX40番台の最新グラボを搭載したモデルで、最新のMMOを最高画質で快適にプレイできます。

オープンワールドのMMOを配信しながら最高画質で遊べるCPUも兼ね備えており、配信に興味がある方におすすめです。

現状ではRTX4070Ti以上のスペックを要求するタイトルは無いため、最新ゲームを数年間は遊べます。

処理が重いMMOを含め様々な最新ゲームの推奨スペックを満たしているので、長く使えるゲーミングPCを探している方は検討してみてください。

ノートパソコンでも高画質で快適「RTX4050搭載ノートPC」

GALLERIA XL7C-R45H

価格:172,980円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途PCゲーム入門・軽いゲーム向け
CPUCore i7-13700H
グラボGeForce RTX 4050 6GB
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ディスプレイ144Hz 15.6インチ FHD非光沢

メリット・デメリット紹介

  • 『FF14』を高画質で快適にプレイできる
  • グラボの性能が高く将来性がある
  • 144Hz対応ディスプレイなのでfpsも快適に遊べる
  • ノートパソコンなのでディスプレイが小さい
  • 同価格帯のデスクトップより性能が低い

出先でも『FF14』がプレイできるノートパソコンを探している方には、「RTX4050搭載ノートPC」がおすすめです。

「RTX4050」を搭載しているため高画質でも『FF14』を快適にプレイでき、将来性があります。

ディスプレイが144Hz対応なので、FPSやTPSなどのfpsが重要な対人ゲームにも最適です。

ただしディスプレイが小さいので、マルチタスクをする方はモバイルモニター等との併用をおすすめします。

以下の記事でFF14におすすめなノートパソコンも紹介しているので、この記事と合わせて参考にしてください。

FF14の推奨スペック・必要なグラボ

FF推奨スペック

『FF14』公式サイトより引用

『FF14』の推奨スペックは低く設定されており、現行のゲーミングPCであればプレイ可能です。

この項目では『FF14』の最低スペック・推奨スペックを詳しく解説しているので確認してみてください。

最低スペック・最低動作環境

管理人

このスペックでゲームは快適に遊べません…

CPUIntel Core i5 2.4GHz 以上
メモリ4GB以上
GPUNVIDIA Geforce GTX750以上
『FF14』公式サイトより引用

『FF14』の最低スペックでは「GTX750」以上を要求されていますが、この構成ではPS4以下の環境です。

発売から9年以上経過しているグラボということもあり、この構成のゲーミングPCはもはや売られていません。

『FF14』の最低スペックでは快適にプレイできないので、ゲーミングPCを購入する際は注意しましょう。

推奨スペック・推奨動作環境

管理人

より高いスペックだと将来性があります!

CPUIntel Core i7 3GHz 以上
メモリ8GB以上
GPUNVIDIA Geforce GTX970 以上
『FF14』公式サイトより引用

『FF14』の推奨スペックでは 「GTX970」が要求されています。

「GTX970」も発売から9年以上経過しており、最新ゲームは基本的にまともに遊ぶことができません。

『FF14』を快適にプレイしたい方や最新ゲームに興味がある方は、「当サイトが考える真の推奨スペック」を参考にしてみてください。

当サイトが考える真の推奨スペック

管理人

予算は○○万円必要になります!

CPUIntel Core i5-12400、Ryzen 5 4500
メモリ16GB
GPUGeForce RTX 3060 12GB

上記の構成であれば、『FF14』を高画質で快適にプレイ可能です。

『FF14』をプレイするだけであれば「GTX 1650」でも十分ですが、マルチタスクや他の最新ゲームで支障がでます。

RTX30シリーズの「RTX 3060」や「RTX3060Ti」であれば画質設定次第で幅広いゲームを遊べるので高コスパです。

FF14のグラボ別ベンチマークスコア・ベンチマークソフト紹介

FF14ベンチマークソフト

『FF14』はゲームをプレイする前に、ベンチマークテストでPCの性能を測定できます。

『FF14』のベンチマークは『FF14』公式サイトからダウンロードが可能です。

スコアが15000以上で非常に快適と診断されるので、15000以上のスコアがでるPCを選ぶようにしましょう。

以下のグラフのようにRTX30シリーズ以降なら快適に遊べるため、あとは他タイトルを遊ぶのか・将来性はどのくらい欲しいのかで選びましょう。

『FF14』ベンチマークスコア
RTX 4090
非常に快適:39037
RTX 4080
非常に快適:36923
RTX 4070Ti
非常に快適:35061
RTX 3080
非常に快適:32417
RTX 3070Ti
非常に快適:30203
RTX 3070
非常に快適:28659
RTX 3060Ti
非常に快適:26965
RTX 3060
非常に快適:22673
RTX 3050
非常に快適:16778

Intel Core i9-13900Kでのベンチマークスコア

『FF14』はPS4でもリリースされているため、現行のゲーミングPCであればプレイすることが可能です。

しかしPCで快適にプレイしたい方は、ベンチマークスコアが15000以上のグラボを選ぶのをおすすめします。

「RTX 3060」以上のグラボであればベンチマークスコアが15000を超えるので、「RTX 3060」以上を検討してみてください。

スコア説明
【15000~】
非常に快適
非常に快適に遊ぶことができる
不自由なく最高設定でプレイ可能
【11000~14999】
とても快適
最高設定でもプレイできる
画質を抑えることでとても快適にプレイ可能
【8000~10999】
快適
快適な動作が見込める
最高設定では快適にプレイするのが難しい
【6000~7999】
やや快適
グラフィックを下げないと快適にプレイできない
処理が重いシーンで動作がカクつく可能性がある
【4000~5999】
普通
ゲームを遊ぶにあたってストレスを感じる程度に動作が重くなる
最低画質でしかゲームがプレイできない
【2000~3999】
設定変更を推奨
【1000~1999】
設定変更が必要
【1000以下】
動作困難
動作自体が困難な性能

FF14向けゲーミングPCの選び方・要点まとめ

選び方の要点はこちら!

  • 最低でも12万円以上の予算が必要
  • 『FF14』だけなら「GTX1660Super」でもプレイ可能
  • 高画質で遊びたいなら「RTX40番台」

この項目では『FF14』向けのゲーミングPCの選び方を2選紹介しています。

MMOはプレイヤーが集まる場面ではCPUの性能が重要で、高グラフィックでも快適にプレイするためにはグラボの性能も欠かせません。

ゲーミングPC初心者の方にもわかりやすいように、『FF14』向けゲーミングPCの選び方を解説しているので参考にしてみてください。

安いゲーミングPCでも12万円以上の予算が必要

NEXTGEAR JG-A5G60

価格:134,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途PC初心者向け
RTX40搭載最安値
CPUAMD Ryzen 5 4500
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ1TB (NVMe)

『FF14』を快適に遊べるゲーミングPCを探している方は、最低でも12万円以上の予算を見積もりましょう

12万円以下の予算だと『FF14』のベンチマークスコアが15000を切ってしまい、ゲームに支障が出る場合があります。

12万円以下のゲーミングPCはスペック寿命の長さが低く、最新ゲームの要求スペックを満たしていないことも多いので注意してください。

高画質をキープするなら「RTX40番台」がおすすめ

FF14の最高画質

高画質で『FF14』をプレイしたい方は、「RTX40番台」のグラボを選択するようにしましょう。

『FF14』は「GTX1660Super」でもプレイ可能ですが、高画質で快適にプレイするには性能不足です。

「RTX40番台」を搭載しているゲーミングPCであれば、『BLUE PROTOCOL(ブループロトコル)』等のMMOも遊べます。

FF14用のゲーミングPCは中古パソコンでも大丈夫?

  • PCの状態がわかりにくく、故障するリスクが高い
  • 知識がないとパーツ構成を見極めるのが難しい
  • 基本的に中古ゲーミングPCは保証期間が短い

『FF14』を中古のゲーミングPCでプレイすることは可能ですが、中古のゲーミングPCを購入するのはおすすめしません。

中古のゲーミングPCは状態がわかりにくく、どんな環境で使用されていたか判断できません。

中古ゲーミングPCは保証期間が短く、雑に扱われていた場合はすぐに故障する可能性もあります。

ゲーミングPCはグラボとCPUのバランスが重要で、知識がないとパーツ構成を見極めるのが難しいのもデメリットの1つです。

『FF14』はMMOジャンルのゲームなので、強くなるためには時間をかけてキャラクターや装備を育成する必要があります。

PC版の『FF14』を始めたい方には、スペック寿命の長さが長い新品のゲーミングPCがおすすめです。

どうしても安くゲーミングPCを手にいれたい方は、型落ちのゲーミングPCを安く買えるマウスコンピューターのアウトレット品をチェックしてみましょう。

FF14おすすめゲーミングPC・推奨スペックに関するよくある質問

『FF14』をプレイできる安いゲーミングPCは?

「RTX4060搭載PC」であれば予算13万円程度で購入可能です。

『FF14』の推奨スペックは高い?

『FF14』の推奨スペックは低いですが、快適にプレイするためには「RTX40番台」のグラボが必要です。

『FF14』はグラボなしでも遊べる?

グラボが搭載されていないPCでも起動はできますが、カクつきがひどくまともに操作することができません。

『FF14』ではCPUはの性能はいらない?

CPUの性能が低いと当たり判定や座標位置のバグが頻発するので、CPUも妥協できません。

FF14おすすめゲーミングPC・推奨スペックのまとめ

管理人

記事のまとめはこちら!

  • 『FF14』を快適にプレイするためには、12万円以上の予算が必要
  • 「GTX1660Super」でもプレイ可能、「RTX4060」以上のグラボがおすすめ
  • ベンチマークでスコアが15000以上のゲーミングPCを選ぶ

『FF14』を快適にプレイするためには「RTX 40番台」搭載のゲーミングPCが必要で、予算は最低12万円です。

ベンチマークでスコアが15000以上出るゲーミングPCを選ぶと快適に遊べます。

スクロールできます
おすすめモデル価格画質設定fps値配信・動画編集スペック寿命の長さ
RTX4060搭載!
マウスコンピューター NEXTGEAR
JG-A5G60
約13万円高画質高画質&
60ps
ややスペック不足最新ゲームも
遊べる
RTX4060Ti搭載!

RM5C-R46T
約18万円高画質高画質&
60ps
快適最新ゲームも
遊べる
RTX4070搭載!

XA7C-R47T
約30万円最高画質高画質&
144fpsも可能
超快適最新ゲームを
3年は快適
RTX4050搭載!

XL7C-R45
約16万円高画質高画質&
60ps
快適最新ゲームも
遊べる

以下の記事でFF14におすすめなノートパソコンも紹介しているので、この記事と合わせて参考にしてください。

目次