『原神』おすすめタブレット5選 Android・iPad両方について、スペックを満たす安いモデルを紹介!

管理人

記事の要点はこちら!

『原神』はスマホ・PC・PS4/PS5と様々なハードでリリースされており、タブレットを使えば外出先でも大画面で遊べます。

ただし、安いタブレットだとスペック不足でまともに遊べないため、タブレット選びの際は注意しましょう。

この記事では原神におすすめのタブレット原神の推奨スペックについて解説するので、参考にしてください。

\おすすめベスト3はこちら!/
おすすめモデルブランド価格帯サイズ

10.9インチiPad

Apple

68,800円

10.9インチ

Galaxy Tab S6 Lite

Samsung

38,249円

10.4インチ

Xiaomi Pad 6

xiaomi

44,424円

11インチ

用途別&価格別に紹介!

以下では『原神』用ゲーミングPCのおすすめ・推奨スペックについて詳しく解説していますので、あわせてチェックしてみてください。

あわせて読みたい
PC版『原神』おすすめゲーミングPC&推奨スペック紹介 グラボなしPCで遊べる?必要な予算はいくら? 記事の要点はこちら! 原神の推奨スペック・必要なグラボ 原神おすすめゲーミングPC 原神のグラボ別ベンチマークスコア 『原神』はスマホ・PC・PS4/PS5でリリースされて...
目次

『原神』おすすめタブレット5選 格安で快適に遊べるモデルを紹介!

この項目ではおすすめのタブレットを5つ紹介していきます。

各モデルで適した目的が異なりますので、自分の予算と相談しておすすめモデルをチェックしましょう。

おすすめモデルの選定基準は?
  • 信頼できるメーカーのモデルであること
  • 原神の快適なプレイに適していること
  • 各モデル帯の中でもコスパの高いモデルを選出

推奨スペックを満たしたiPadが欲しいなら「2022 Apple 10.9インチiPad」

Apple(アップル)
¥68,800 (2024/02/02 10:17時点 | Amazon調べ)

メリット・デメリット紹介

  • 中画質・60fpsで遊べる
  • 2022年のモデルなので現行機より安い
  • Appleの信頼性がある
  • ストレージが少ない

推奨スペックを満たしたiPadが欲しいなら「2022 Apple 10.9インチiPad」がおすすめです。

推奨スペックを満たしているため、中画質・60fpsで『原神』が楽しめます

発売から1年以上経過しているため、現行機種よりも安く購入できてコスパが良いです

『原神』を中画質・60fpsで遊べるiPadが欲しい方におすすめです。

最高画質・60fpsで遊ぶなら「Apple iPad Air (第4世代)」

Apple(アップル)
¥75,399 (2024/02/02 10:19時点 | Amazon調べ)

メリット・デメリット紹介

  • 最高画質・60fpsで遊べる
  • 画質次第で120fpsも可能
  • 『原神』以外のゲームも快適
  • 『原神』に利用するだけだとコスパが悪い

最高画質・60fpsで『原神』を遊びたいなら「Apple iPad Air(第4世代)」がおすすめです。

高性能なタブレットなので、最高画質で遊んでも60fpsで画面が滑らかです。

画質設定次第では120fpsも出せるため、グラフィック優先とパフォーマンス優先の切り替えも可能です。

『原神』を遊ぶためだけに購入するにはコスパが悪いため、スマホゲームを本気で遊ぶ方や他の重いゲームもプレイする予定の方におすすめです。

安いタブレットで遊びたいなら「Galaxy Tab S6 Lite」

Samsung
¥38,249 (2024/02/02 10:51時点 | Amazon調べ)

メリット・デメリット紹介

  • 4万円以内で購入可能
  • 低設定・30fpsで遊べる
  • Sペンが付属しており様々な用途に使用できる
  • 画質を下げないとカクつく

なるべく安く『原神』が遊べるタブレットが欲しいなら「Galaxy Tab S6 Lite」がおすすめです。

低画質・30fpsで『原神』が遊べるため、軽く遊びたい方に向いています。

4万円で購入可能なので非常に手に入れやすく、『原神』を遊ぶだけなら十分なスペックです。

Sペンが付属しているためメモやイラストが描きやすく、仕事や勉強にも使えます

外出時も大画面で遊べる安価なタブレットを探している方におすすめです。

高性能なタブレットが欲しいなら「Xiaomi Pad 6」

xiaomi(シャオミ)
¥44,424 (2024/02/02 10:52時点 | Amazon調べ)

メリット・デメリット紹介

  • 中画質・60fpsで遊べる
  • WQHD+の高画質ディスプレイ搭載
  • 大容量バッテリーで充電が長持ちする
  • 『原神』でWQHDを使うとカクつく

高性能なタブレットが欲しいなら「Xiaomi Pad 6」がおすすめです。

Snapdragon 870を搭載しているため、中画質・60fpsで遊べます

8840mAhの大容量バッテリーを採用しており、他タブレットに比べて充電が長持ちし、外出先でもバッテリー切れの心配がありません

WQHD+の高画質ディスプレイはグラフィックを重視したゲームや映画を見るのに最適です。

中画質・60fpsで快適にプレイ可能なタブレットが欲しい方におすすめです。

鮮やかな画面で遊ぶなら「Lenovo Tab M10 Plus 3rd gen」

Lenovo
¥34,800 (2024/02/02 11:04時点 | Amazon調べ)

メリット・デメリット紹介

  • 120Hz対応ディスプレイ搭載
  • 中設定・60fpsで遊べる
  • 有機ELなので鮮やかな画面でプレイ可能
  • 最高画質だとカクつく

鮮やかな画面や高リフレッシュレートを求めるなら「Lenobo Tab M10 Plus 3rd gen」がおすすめです。

中画質・60fpsで『原神』を遊べるスペックを持っており、低画質にすれば120Hz対応ディスプレイで滑らかな映像でゲームが楽しめます。

有機ELを採用しているため発色が良く、鮮やかなグラフィックでプレイできます。

ディスプレイ性能にこだわったタブレットが欲しい方には「Lenobo Tab M10 Plus 3rd gen」がおすすめです。

『原神』の推奨スペック・動作環境は?

原神公式サイトより引用

『原神』の推奨スペックはiOSなら6万円から、Androidなら4万円前後で満たせるスペックです。

現行で販売されているミドルスペック帯のタブレットで満たせるため、求めるグラフィックやフレームレートに合わせて予算を変更しましょう。

この項目では『原神』の推奨スペックを解説しているので、参考にしてください。

Androidの動作環境

項目内容
CPUArm v8a 64bit
メモリ4GB
システムバージョンAndroid 8.0以上
ストレージ30GB

Androidの推奨動作環境は「Snapdragon 855」を要求しており、現行機ならは5万円以下で手に入ります

綺麗なグラフィック(中設定・60fps)で快適に遊ぶには少しスペック不足です。

安く購入したいなら選択肢になりますが、アプデに対応してもっと快適に遊びたいならもう少し上のスペックを推奨します。

iPadの動作環境

iOS
  • iPad(第8世代)以降 
  • iPad Air(第3世代)以降 
  • iPad mini(第5世代)以降 
  • iPad Pro 10.5 インチ以降
ストレージ

30GB

システム

iOS 11.0以降

iPadは様々なシリーズが発売されていますが、基本的にはiPad(第8世代)以降に発売されたiPadなら動作環境を満たしています。

今から型落ち品を買うのはコストに対して将来性が低くなりやすいため、購入するなら現行最新機や1世代前のiPadがおすすめです。

ストレージ30GBは『原神』のアプリ単体で必要な容量なので、ストレージの余裕を持ったモデルを購入しましょう。

『原神』を快適に遊べる真の推奨スペック

項目内容
CPUSnapdragon 870
メモリ6GB
システムバージョンAndroid 11.0
ストレージ30GB

上記スペックのタブレットを購入すると、中画質・60fpsで快適に遊べます。

Androidなら5万円前後、iOSなら7万円前後で手に入ります。

外出先でも大画面で『原神』を遊びたい方は、このスペック以上の性能を持つタブレットを購入しましょう。

『原神』はタブレット・スマホ・PCのうちどれで遊ぶのがおすすめ?

原神を遊べるデバイスの違い!

  • 外出先でも大画面で遊ぶならタブレットがおすすめ
  • 普段使いと両立したいならスマホを選ぼう
  • 綺麗なグラフィックで落ち着いて遊びたい人はPCが最適
デバイスデメリットメリット
タブレットスマホよりかさばる
PCより低画質
出先でも大画面で遊べる
ゲーミングPCよりも安価
スマホ画面が小さい
操作性が悪い
持ち運びやすい
日常使いとゲームの両立

PC
持ち運べない
値段が高い
美麗なグラフィック
大画面
操作性が高い

それぞれのハードにはメリット・デメリットがあるため、用途に合わせて選びましょう。

外出先で遊ぶならタブレットやスマホ、家で落ち着いて遊びたいならPCがおすすめです。

ハード毎の特徴を以下で詳しく解説するので、参考にしてください。

外出先でも大画面で遊ぶならタブレットがおすすめ

Apple(アップル)
¥68,800 (2024/02/02 10:17時点 | Amazon調べ)

外出先でも大画面、綺麗なグラフィックで快適に『原神』を遊びたいならタブレットがおすすめです。

タブレットはスマホに比べて画面が大きく、操作がしやすいので持ち運びのゲームデバイスとして最適です。

ただし、スマホに比べて大きく重量があるため荷物になりやすく、普段使いとして使うにも不便なので、荷物を増やしたくない方には不向きです。

『原神』を外出先で遊ぶゲームデバイスとして使用したい方におすすめです。

普段使いと両立したいならスマホを選ぼう

Apple(アップル)
¥50,302 (2024/02/09 08:54時点 | Amazon調べ)

普段使いと『原神』の両方に適したデバイスを使いたい方にはスマホがおすすめです。

タブレットに比べて軽量で小さいため持ち運びに向いており、電話やSNSといった様々な用途に最適です。

画面が小さく操作性は悪くなりますが、外出先ではスマホ、家ではPCと使い分けも可能です。

綺麗なグラフィックで落ち着いて遊びたい人はPCが最適

原神 エイム

美麗なグラフィックと迫力のある大画面で落ち着いて遊びたい方にはPCがおすすめです。

タブレットよりも大きな画面でプレイできるため、没入感が非常に高くなります。

持ち運びはできませんが、タブレットやスマホよりも高い操作性で快適に遊べます。

外出先ではスマホ、家ではPCと使い分けも可能なので、ゲームは家でゆっくり遊びたい方に向いています

以下で『原神』用ゲーミングPCのおすすめ・推奨スペックについて詳しく解説していますので、あわせてチェックしてみてください。

あわせて読みたい
PC版『原神』おすすめゲーミングPC&推奨スペック紹介 グラボなしPCで遊べる?必要な予算はいくら? 記事の要点はこちら! 原神の推奨スペック・必要なグラボ 原神おすすめゲーミングPC 原神のグラボ別ベンチマークスコア 『原神』はスマホ・PC・PS4/PS5でリリースされて...

用途別&価格別に紹介!

『原神』用タブレットに関するよくある質問

『原神』がプレイできるタブレットは高い?

『原神』がプレイできるタブレットは、Androidなら5万円、iOSなら7万円程で購入できます。

ゲーミングPCよりは安く購入可能です。

タブレットはコントローラーで操作できる?

『原神』に対応したBluetooth機能搭載コントローラーなら操作可能です。

スマホとタブレットならどっちが良い?

高い操作性や大画面を求めるならタブレットがおすすめです。

『原神』おすすめタブレット5選まとめ

管理人

記事のまとめはこちら!

  • 『原神』向けタブレットを購入するには、最低でも4万円前後の予算が必要
  • タブレットは外出先でも大画面で遊びたい方に向いている
  • ハイエンドタブレットなら最高画質・60fpsで遊べる

『原神』向けタブレットを購入するには、最低でも4万円前後の予算が必要です。

Androidなら安く購入可能で、iOSは性能が高くなる代わりに価格も少し上がります。

タブレットは外出先でも大画面で『原神』を遊びたい方向けなので、家で遊ぶならPCの方が大画面で操作性も優れます。

ハイエンドタブレットなら最高画質・60fpsで遊べるため、『原神』を最大限楽しみたい方はハイエンドモデルを選択肢に入れましょう。

用途別&価格別に紹介!

\おすすめベスト3はこちら!/
おすすめモデルブランド価格帯サイズ

10.9インチiPad

Apple

68,800円

10.9インチ

Galaxy Tab S6 Lite

Samsung

38,249円

10.4インチ

Xiaomi Pad 6

xiaomi

44,424円

11インチ

以下では『原神』用ゲーミングPCのおすすめ・推奨スペックについて詳しく解説していますので、あわせてチェックしてみてください。

あわせて読みたい
PC版『原神』おすすめゲーミングPC&推奨スペック紹介 グラボなしPCで遊べる?必要な予算はいくら? 記事の要点はこちら! 原神の推奨スペック・必要なグラボ 原神おすすめゲーミングPC 原神のグラボ別ベンチマークスコア 『原神』はスマホ・PC・PS4/PS5でリリースされて...
目次