『GUILTY GEAR STRIVE(ギルティギア ストライヴ)』おすすめゲーミングPC&推奨スペック紹介

管理人

記事の要点はこちら!

『GUILTY GEAR STRIVE(ギルティギア ストライヴ)』は2021年に発売された対戦格闘ゲームで、比較的要求スペックが低く最安レベルのゲーミングPCでも遊べます

PlayStation4&5・Xbox Series X|S・PCで発売されていますが、PC版のゲーム環境が1番快適です。

今回の記事では、『GUILTY GEAR STRIVE』おすすめゲーミングPC『GUILTY GEAR STRIVE』向けゲーミングPCの選び方を詳しく解説していきます。

『GUILTY GEAR STRIVE』を快適にプレイしたい方は、ぜひ参考にしてください。

スクロールできます
おすすめモデル価格画質設定fps値配信・動画編集スペック寿命の長さ
GTX 1660 SUPER
マウスコンピューター NEXTGEAR
NEXTGEAR JG-A5G1D
約10万円高画質60psやや難しい最新ゲームでも
1~2年は快適
RTX4060搭載!

G-Tune DG-I5G60
約19万円高画質高画質60fps快適最新ゲームでも
3年は快適
RTX4070搭載!

GALLERIA XA7C-R47
約30万円高画質最高高画質60fps
144fpsも可能
非常に快適最新ゲームでも
3年以上快適
RTX4050搭載!

GALLERIA XL7C-R45H
約17万円高画質60psやや難しい最新ゲームでも
1~2年は快適

用途別&価格別に紹介!

目次

『GUILTY GEAR STRIVE』おすすめゲーミングPC

おすすめモデルの特徴はこちら!

この項目ではおすすめのデスクトップPCを3台、ノートパソコンを1台紹介していきます。

各モデルで遊べる環境や出力できる最大fps値が異なるため、自分の予算と相談しておすすめモデルをチェックしましょう。

おすすめモデルの選定基準は?
  • 信頼できるメーカーのモデルであること
  • 推奨スペックを超えていて、短期でなく長期で使えること
  • 各モデル帯の中でもコスパの高いモデルを選出

なるべく安く遊ぶなら「GTX 1660 SUPER搭載PC」

NEXTGEAR JG-A5G1D

価格:99,800円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途PC初心者向け
CPUAMD Ryzen 5 4500
グラボGeForce GTX 1660 SUPER
メモリ16GB
ストレージ512GB (NVMe)

メリット・デメリット紹介

  • 1440p・60fpsでプレイできる最安モデル
  • 設定を下げることで、他のゲームもプレイ可能
  • 最新ゲームやある程度重いゲームをプレイするには性能不足
  • CPU性能も低く、配信や動画編集は厳しい

とにかく安く『GUILTY GEAR STRIVE』をプレイしたい方には「GTX 1660 SUPER搭載PC」がおすすめです。

4K解像度では厳しいですが、それ以外では高画質・60fpsでプレイできます

とりあえずゲーミングPCを買ってみたい方や他に重量級ゲームをプレイする予定のない方におすすめです。

最新ゲームや今後発売されるゲームを楽しむにはスペック不足なので、次以降のモデルから選びましょう。

PC以外の周辺機器も揃えるなら「RTX 4060搭載PCセット」

G-Tune DG-I5G60(スターター7点セット)

価格:199,800

コスパ
耐用年数
おすすめ用途最初から周辺機器を揃えたい
ゲーミングPC初心者の方
CPUCore i5-14400F
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD


セット内容
モニター:G-MASTER GB2470HSU-B5A
マウス:Logicool G304
キーボード:Logicool G213r
ヘッドセット:Logicool G435BK
マウスパッド:Logicool G240f
ゲームパッド:Logicool F310r

メリット・デメリット紹介

  • 4K・60fpsでプレイ可能
  • 必要な周辺機器が全部入っている
  • デバイスにこだわりたい方には向いていない

ゲーミングPCを買ってすぐに遊びたい方には「RTX 4060搭載PCセット」がおすすめです。

このセットを買うだけで、PCでゲームをするために必要なすべての周辺機器がそろいます

人気のLogicool製品&165Hzモニターで『GUILTY GEAR STRIVE』はもちろん、FPSやRPGも快適にプレイ可能です。

グラボやCPUも性能が高く、ゲームから動画編集までオールマイティに活躍してくれます。

ゲーミングデバイスにはたくさんの種類があり、デバイスを選ぶのが難しいと感じる方におすすめです。

4K画質で長く愛用できるモデルなら「RTX 4070搭載PC」

GALLERIA XA7C-R47

価格:269,980円

コスパ
PC性能としての耐用年数
おすすめ用途実況配信・最新ゲームを最高画質
CPUCore i7-13700F
グラボRTX 4070 12GB
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD

メリット・デメリット紹介

  • 4K・60fpsでも余裕をもってプレイ可能
  • 高画質で配信しつつ、60fps張り付きで遊べる
  • 最新ゲームを数年間快適にプレイできる
  • 価格が最安モデルの3倍

最高のゲーム環境で『GUILTY GEAR STRIVE』をプレイしたい方には「RTX 4070搭載PC」がおすすめです。

余裕を持って4K・60fpsでプレイ可能なので、ゲームをしながら高画質配信もできます。

「RTX 4070」は最新世代のミドルハイグラボですので、今後3~5年間に発売されるゲームはどれも快適にプレイ可能です。

『GUILTY GEAR STRIVE』のみプレイするにはオーバースペックですが、ゲーム環境に妥協したくない方や他のゲームも快適に楽しみたい方におすすめです。

ノートPCで快適にプレイするなら「RTX 4050搭載ノートPC」

GALLERIA XL7C-R45H

価格:172,980円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途PCゲーム入門・軽いゲーム向け
CPUCore i7-13700H
グラボGeForce RTX 4050 6GB
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ディスプレイ144Hz 15.6インチ FHD非光沢

メリット・デメリット紹介

  • 1080p・60fpsで遊べる
  • どこでもゲームプレイ可能
  • 165Hzモニター搭載
  • 同じ価格帯のデスクトップより性能が低い

ノートパソコンで『GUILTY GEAR STRIVE』を高画質・60fpsで遊びたい方には「RTX 4050搭載ノートPC」がおすすめです。

「RTX 4050」は1080p・60fpsで余裕を持ってゲームをプレイできる性能があります。

165Hzモニターを搭載しているので、この1台だけで低遅延環境を整えられます

同価格のデスクトップより性能が低いですが、省スペースであることや持ち運び性を重視する方におすすめです。

『GUILTY GEAR STRIVE』の推奨スペック・必要なグラボ

『GUILTY GEAR STRIVE』Steamより引用

2021年発売かつ最大60fps固定のため、要求スペックは高くありません。

推奨スペックの「GTX 660」でも10年以上前に発売されたグラボで、現行のローエンドモデル以下の性能です。

予算は4K以外なら最安モデルの10万円で十分プレイ可能です。

最低スペック・最低動作環境

管理人

このスペックでゲームは快適に遊べません…

CPUAMD FX-4350
Intel Core i5-3450
メモリ4GB
GPURadeon HD 6870
GeForce GTX 650 Ti
『GUILTY GEAR STRIVE』Steamより引用

『GUILTY GEAR STRIVE』の最低スペックは10年以上前の「GTX 650 Ti」を要求しており、非常に低いです。

このスペックのPCは現在販売されていません。

購入したところで他のゲームも含めてまともにプレイできません。

推奨スペック・推奨動作環境

管理人

より高いスペックだと将来性があります!

CPUIntel Core i7-3770
メモリ8GB
GPUGeForce GTX 660
『GUILTY GEAR STRIVE』Steamより引用

推奨スペックは「GTX 660」を要求していますが、現在発売中の「GTX 1630」以下の性能です。

このスペックではPS5以下の動作環境のため、PC版で遊ぶメリットがありません

また、このスペックでは最新ゲームを快適にプレイするのは難しいです。

当サイトが考える真の推奨スペック

管理人

予算は10万円以上必要になります!

CPUAMD Ryzen 5 4500
メモリ16 GB
GPUGeForce GTX 1660 SUPER

PC版『GUILTY GEAR STRIVE』 を快適にプレイしたい方は、上記のスペック以上のモデルを選びましょう。

1440p・1080pでなら高画質・60fpsでプレイできる性能ですが、4K画質でのプレイは「RTX 4070」以上のグラボが必要です。

「GTX 1660 SUPER」は「RTX 3050」と同等のスペックで最新ゲームも設定次第ではプレイ可能です。

用途別&価格別に紹介!

『GUILTY GEAR STRIVE』 グラボ別のfps値一覧・ベンチマークスコア

『GUILTY GEAR STRIVE』ベンチマークスコア
RTX 4070
60fps
RTX 4060
60fps
RTX 3070
60fps
RTX 4050
55fps
GTX 1660 SUPER
50fps

CPUはCore i9-12900K、メモリは32GB、設定は最高画質・4Kでの環境

『GUILTY GEAR STRIVE』 は4K以外なら上記のグラボ全て60fps張り付きでプレイできます。

4Kでプレイするなら60fps張り付きでプレイできる「RTX 3070」以上を選びましょう

配信を考えている方はゲーム以外にもグラボを使用するのでRTX 30番台のミドル以上かRTX40番台が必要です。

用途別&価格別に紹介!

『GUILTY GEAR STRIVE』向けゲーミングPCの選び方・要点まとめ

選び方の要点はこちら!

  • 予算は最低でも10万円以上
  • グラボは「RTX 3070」以上が必要
  • 入力遅延を減らすために144Hzモニターを使おう

この項目では『GUILTY GEAR STRIVE』向けのゲーミングPCの選び方を3選紹介しています。

PC版をプレイするからには常に60fps張り付きでプレイできるスペックを目指しましょう。

ゲーミングPCで10万円、プラスで144Hzモニター2万円ほどが必要です。

予算は10万円以上が最低でも必要

NEXTGEAR JG-A5G1D

価格:99,800円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途PC初心者向け
CPUAMD Ryzen 5 4500
グラボGeForce GTX 1660 SUPER
メモリ16GB
ストレージ512GB (NVMe)

『GUILTY GEAR STRIVE』をPC環境で快適にプレイするには最低でも「GTX 1660 SUPER」が必要なため、10万円以上の予算が必要です。

4Kでは60fpsでプレイできませんが、一般的なモニターである1080pで遊ぶなら十分な性能です。

ゲーミングPCでは予算を抑えて、モニターやアケコンなど周辺機器の購入に使うのもおすすめです。

以下ではスト6のおすすめコントローラーを詳しく紹介していますので、あわせて参考にしてください。

あわせて読みたい
【目的別】スト6におすすめコントローラー13選! パッドからレバーレスまで各デバイスを紹介! 記事の要点はこちら! スト6おすすめコントローラー 13選 スト6おすすめコントローラーの選び方 スト6にはアケコンの方が対戦しやすい?デメリットはある? 『ストリー...

60fpsかつ画質をキープするなら「RTX 4070」が必要

「RTX 4070」なら4K画質でも60fpsかつ最高画質でプレイ可能です。

4K画質以外でも余裕を持った性能があれば、性能不足によるラグや表示遅延などが減ります。

格闘ゲームは一瞬の遅延が勝利に影響するので、やりこみたい方はより性能に余裕があるグラボを検討してください。

入力遅延をなるべく減らすなら144Hzモニターと併用しよう

アイ・オー・データ
¥20,800 (2024/06/20 04:49時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで商品を見る

入力遅延をなるべく減らすためには144Hzモニターを使用しましょう。

『GUILTY GEAR STRIVE』の最大fpsは60fpsのため、144Hzモニターは必要なさそうに見えます。

ところが、最大60fpsのゲームでも144Hzモニターを使うことで入力遅延が大きく減少します

fps値によるゲームにおける有意差

60Hzモニターと144Hzモニターで違うのは、1秒間に表示される画像の枚数です。

60Hzモニターの2倍以上の枚数を表示できる144Hzモニターなら勝負中遅延なく画面が切り替わっていきます。

用途別&価格別に紹介!

『GUILTY GEAR STRIVE』はPCでのプレイがおすすめ

『GUILTY GEAR STRIVE』Steamより引用
『GUILTY GEAR STRIVE』をPC版で遊ぶメリット
  • 入力遅延が1フレームまで減少
  • ロード時間の大幅短縮

『GUILTY GEAR STRIVE』をプレイするにはPC版がもっともおすすめです。

プレイに直接かかわる入力遅延について、PS4は約4フレーム、PS5は約6フレーム遅延します

PC版の入力遅延は1フレームのため、圧倒的に遅延が少ないです。

この入力遅延の差は致命的で、実際にプレイ中にはっきりと体感できるレベルです。

またマッチングの待機時間やトレーニング時のキャラ切り替えなどのロード時間がPC版は短いです。

プレイ中の待ち時間が減ってストレスが減りますし、この時間が積み重なれば上達速度にも影響してきます。

実力とは関係ない環境によるデメリットを受けたくない方や早く強くなりたい方は絶対にPC版でプレイしましょう。

用途別&価格別に紹介!

『GUILTY GEAR STRIVE』おすすめゲーミングPC・推奨スペックに関するよくある質問

『GUILTY GEAR STRIVE』はノートPCでもプレイできる?

グラボが搭載されていないノートPCでは起動すら不可能です。

上記で紹介した最新のゲーミングノートPCであれば快適にプレイできます。

『GUILTY GEAR STRIVE』のPC版はどこで購入できる?

Steamで購入できます。

『GUILTY GEAR STRIVE』のPC版と家庭版は一緒にプレイできる?

2022年12月のアップデートでクロスプレイが実装されたため、PC版と家庭版でプレイ可能です。

『GUILTY GEAR STRIVE』はコントローラーに対応している?

はい、対応しています。

アケコンでもプレイ可能のため、プレイしやすいデバイスを使えます。

『GUILTY GEAR STRIVE』おすすめゲーミングPC・推奨スペックのまとめ

管理人

記事のまとめはこちら!

  • 予算はゲーミングPCとモニター合わせて12万以上が必要
  • グラボは最低でも「GTX 1660 SUPER」、性能にこだわるならRTX 4070以上が理想
  • 高画質・60fpsかつ低遅延など環境の良いPC版でのプレイがおすすめ

『GUILTY GEAR STRIVE』を快適に遊ぶには、ゲーミングPC10万円+モニター2万円の合計12万円の予算が必要です。

グラボは最低でも「GTX 1660 SUPER」を用意しましょう。

高画質・60fps張り付きの環境を整え、低遅延などPC版のメリットを最大限受けてゲームを楽しんでください。

スクロールできます
おすすめモデル価格画質設定fps値配信・動画編集スペック寿命の長さ
GTX 1660 SUPER
マウスコンピューター NEXTGEAR
NEXTGEAR JG-A5G1D
約10万円高画質60psやや難しい最新ゲームでも
1~2年は快適
RTX4060搭載!

G-Tune DG-I5G60
約19万円高画質高画質60fps快適最新ゲームでも
3年は快適
RTX4070搭載!

GALLERIA XA7C-R47
約30万円高画質最高高画質60fps
144fpsも可能
非常に快適最新ゲームでも
3年以上快適
RTX4050搭載!

GALLERIA XL7C-R45H
約17万円高画質60psやや難しい最新ゲームでも
1~2年は快適

用途別&価格別に紹介!

目次