『RUST』おすすめゲーミングノートPC&推奨スペック紹介 PvPをガチりたい人向けのモデルは?

管理人

記事の要点はこちら!

『Rust』は2018年に正式リリースされたゲームで、最低スペックでも「GTX 670」を要求している点からグラボなしノートPCではプレイできません

参加するサーバーによって参加人数や導入MODが異なり、必要なスペックが変動するので、全サーバーを快適にプレイするなら「RTX 40」シリーズから選ぶ必要があります。

この記事では、『Rust』におすすめなゲーミングPC『Rust』の推奨スペックを詳しく解説していくのでパソコン選びの参考にしてください。

スクロールできます
おすすめモデル価格画質設定fps値配信・動画編集スペック寿命の長さ
GTX1650搭載!

RL5R-G165
約10万円中画質中画質&
 60ps
ゲームによっては快適 軽いゲームなら数年は遊べる
最新ゲームを最高画質で遊びたいなら要検討
RTX4050搭載!

XL7C-R45
約16万円高画質高画質&
60ps
快適『FF14』だけなら
数年は快適に遊べる
RTX4060搭載!

XL7C-R46
約18万円最高画質高画質&
60ps
快適最新ゲームも
遊べる
RTX4070搭載!

G-Tune E6-A7G70BK-A
約27万円最高画質高画質&
144fps
超快適
VTuberも可能
最新ゲーム
3年は遊べる

用途別&価格別に紹介!

『RUST』におすすめなゲーミングPC(デスクトップ)も探している方は、以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
『Rust』おすすめゲーミングPC&推奨スペック紹介 必要な予算・値段はいくら? 記事の要点はこちら! 『Rust』のおすすめゲーミングPC 『Rust』の推奨スペック 『Rust』向けゲーミングPCの選び方 『Rust』は2018年に正式リリースされたゲームで、最...
目次

『RUST』おすすめゲーミングノートPCまとめ

おすすめモデルの特徴はこちら!

この項目ではおすすめのノートパソコンを4台紹介していきます。

各モデルで遊べる環境や出力できる最大fps値が異なるため、自分の予算と相談しておすすめモデルをチェックしましょう。

おすすめモデルの選定基準は?
  • 信頼できるメーカーのモデルであること
  • 推奨スペックを超えていて、短期でなく長期で使えること
  • 各モデル帯の中でもコスパの高いモデルを選出

なるべく安く遊べるノートPCなら「GTX 1650搭載ゲーミングノートPC」

GALLERIA RL5R-G165

RL5R-G165

価格:104,980円

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途軽いPCゲーム向け
CPURyzen 5 6600H
グラボGeForce GTX 1650 4GB
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ディスプレイ144Hz 15.6インチ FHD非光沢

メリット・デメリット紹介

  • 10万円で買えるノートPC
  • 少人数のサーバーなら快適
  • 大規模サーバーやMODサーバーに参加するにはスペック不足

なるべく安いゲーミングノートPCで遊びたいなら「GTX 1650搭載ゲーミングノートPC」がおすすめです。

ゲーミングノートPCとしては最安値のモデルであり、軽量ゲームなら快適に遊べます。

推奨スペックと同等の性能のため、バニラサーバーなら高画質・60fpsでプレイ可能です。

PvEメインなら大人数サーバーでも問題なく動作します。

『Rust』を遊んでみたいPCゲーム初心者の方におすすめです。

バニラサーバーで快適に遊ぶなら「RTX 4050搭載ゲーミングノートPC」

GALLERIA XL7C-R45H

価格:172,980円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途PCゲーム入門・軽いゲーム向け
CPUCore i7-13700H
グラボGeForce RTX 4050 6GB
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ディスプレイ144Hz 15.6インチ FHD非光沢

メリット・デメリット紹介

  • バニラサーバーならPvE/PvPどちらも快適
  • 最新ゲームを画質次第で遊べる
  • PCゲーム入門に最適
  • 重量級の最新ゲームはプレイが難しい

バニラサーバーでPvPを行いたいなら『RTX 4050搭載ゲーミングノートPC』がおすすめです。

高画質・60fpsで遊べるので、公式サーバーや身内が建てたPvPのバニラサーバーが快適です。

PS4やXBOXよりも高性能なので、重量級ゲーム以外なら画質設定次第でプレイ可能です。

『Rust』のPvP要素を安い予算で遊びたい方におすすめです。

大規模や重いMODサーバーに参加するなら「RTX 4060搭載ゲーミングノートPC」

GALLERIA XL7C-R46

価格:199,980円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途FPS入門・最新ゲーム
CPUCore i7-13700H
グラボGeForce RTX 4060 8GB
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ディスプレイ144Hz 15.6インチ FHD非光沢

メリット・デメリット紹介

  • 大規模や重いMODサーバーに参加可能
  • 『Rust』の配信が快適に行える
  • 最新ゲームも遊べる
  • 常時144fpsで遊ぶのは難しい

重い大規模サーバーやMODサーバーに参加予定なら「RTX 4060搭載ゲーミングノートPC」がおすすめです。

重いサーバーも多少のカクツキやフレームレートの低下が発生するだけで、フリーズやクラッシュはしないためプレイ可能です。

重いサーバーはどんな高性能PCでもサーバー負荷が原因で重くなるため、常時60fpsは出せませんがプレイする上で困ることはありません

最新ゲームを遊べるスペックなので、『Rust』以外のPCゲームを遊びたい方にも向いています

重めのサーバーでも快適に遊びたいかたにおすすめです。

高画質・144fpsで遊ぶなら「RTX 4070搭載ゲーミングノートPC」

G-Tune E6-A7G70BK-A

価格:279,800円

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途最新ゲームを最高画質でプレイ
CPURyzen 7 7840HS
グラボGeForce RTX 4070 8GB
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ディスプレイ240Hz16インチノングレア

メリット・デメリット紹介

  • 高画質・144fpsで遊べる
  • PvP/PvEが有利に戦える
  • 重いサーバーでも動作が安定する
  • 他モデルに比べて高い

『Rust』を高フレームレートで有利に進めたい方には『RTX 4070搭載ゲーミングノートPC』がおすすめです。

バニラサーバーが高画質・144fpsでPvE/PvPにて有利に戦闘が進められます。

重いサーバーでも60fps前後で安定するため、ストレスフリーにファームやボス戦を行えます。

重いサーバーでも配信を行えるスペックなので、視聴者参加型で配信を行う方にも向いています。

他モデルに比べて高いため、PCゲームに本気で取り組む方や144fpsは譲れないという方におすすめです。

『RUST』の推奨スペック・必要なグラボ

rust 推奨スペック

『Rust』の推奨スペックは「GTX 980」なので、現行のエントリーモデルで満たせます

予算は10万円程あればゲームが遊べます。

この項目では『Rust』の最低スペック・推奨スペックについて解説します。

最低スペック・最低動作環境

管理人

このスペックでゲームは快適に遊べません…

CPUIntel Core i7-3770 / AMD FX-9590
メモリ10GB
GPUGTX 670 2GB / AMD R9 280
Steamより引用

『Rust』の最低スペックはGPUに「GTX 670」を要求しているため、グラボなしPCではプレイできません

また、このスペックのゲーミングPCを購入しても快適にゲームが遊べないため、中古等で見つけても買わないように注意しましょう。

推奨スペック・推奨動作環境

管理人

より高いスペックだと将来性があります!

CPUIntel Core i7-4790K / AMD Ryzen 5 1600
メモリ16GB
GPUGTX 980 / AMD R9 Fury
Steamより引用

推奨スペックは「GTX 980」が要求されており、現行なら「GTX 1650」と同等スペックです。

今から購入するには時代遅れのスペックなので、これから購入するなら次に紹介するスペック以上のノートPCを購入しましょう。

当サイトが考える真の推奨スペック

管理人

予算は10万円必要になります!

CPURyzen 5 6600H
メモリ16GB
GPUGeForce GTX 1650

「GTX 980」と同等の「GTX 1650」を搭載しているため、通常プレイなら高画質・60fpsで遊べます。

予算10万円で購入できるスペックなので、手が出しやすいモデルが選べます。

ただしこのスペックは大規模サーバーやMODサーバーで遊ぶ場合、フレームレートが低下するため、重いサーバーに行くなら「RTX 4050」以上のGPUがおすすめです。

用途別&価格別に紹介!

『RUST』 グラボ別のfps値一覧・ベンチマークスコア

『RUST』ベンチマークスコア
フルHD・最高画質・i7-13700K
RTX 4080
199fps
RTX 4070
165fps
RTX 4060 Ti
126fps
RTX 4050
111fps
RTX 3060
99fps
GTX 1660 Super
86fps
GTX 1650
74fps

『Rust』を高画質・60fpsで遊ぶには「GTX 1650」以上のGPUが必要です。

大規模サーバーやMOD導入サーバーで遊ぶ場合は通常プレイよりもフレームレートが低下するため、「RTX 4050」以上のGPU搭載を推奨します。

対人戦やボス戦を有利に戦いたいなら144fpsが出せる「RTX 4070」がおすすめです。

用途別&価格別に紹介!

『RUST』向けゲーミングノートPCの選び方・要点まとめ

選び方の要点はこちら!

  • 必ずグラボを搭載したモデルを選ぼう
  • 予算は10万円以上が最低でも必要
  • PvPを快適に楽しむなら、高fpsで遊べるモデルがおすすめ

この項目では『Rust』向けのゲーミングPCの選び方を4選紹介しています。

『Rust』を遊ぶためには性能の良いGPUがかかせません。

MODの導入も可能なので、どんなサーバーで遊びたいかに合わせてゲーミングPCを選びましょう。

必ずグラボを搭載したモデルを選ぼう

『Rust』は要求スペックが高いゲームなので、グラボなしPCでは遊べません。

起動できたとしてもサーバーに接続した段階でフレームレートが大幅に下がり、歩くだけでも大変です。

それでもグラボなしPCで無理やりプレイしていると、CPUへの負荷が大きすぎてPC故障の原因になるので、グラボなしPCでは絶対にプレイしないように注意しましょう。

予算は10万円以上が最低でも必要

GALLERIA RL5R-G165

RL5R-G165

価格:104,980円

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途軽いPCゲーム向け
CPURyzen 5 6600H
グラボGeForce GTX 1650 4GB
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ディスプレイ144Hz 15.6インチ FHD非光沢

『Rust』を快適にプレイするには、最低でも「GTX 1650」を搭載したPCを購入するために10万円の予算が必要です。

大型サーバーに参加するのは難しいですが、人数が少ないバニラサーバーであれば快適です。

大規模サーバーやMODサーバーに参加する場合は「RTX 4060」以上のGPUを搭載したゲーミングノートPCを購入しましょう。

PvPを快適に楽しむなら、高fpsで遊べるモデルがおすすめ

G-Tune E6-A7G70BK-A

価格:279,800円

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途最新ゲームを最高画質でプレイ
CPURyzen 7 7840HS
グラボGeForce RTX 4070 8GB
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ディスプレイ240Hz16インチノングレア

『Rust』でPvPを行うなら、高フレームレートが出せるモデルを選びましょう。

PvP時にフレームレートが低いとエイムが定まらず、一方的に攻撃されます。

最低でも常時60fps、平均100fps以上出せるグラボを搭載しましょう。

バニラサーバーなら「RTX 4050」以上、大規模サーバーやMODサーバーなら「RTX 4070」の搭載がおすすめです。

用途別&価格別に紹介!

『RUST』おすすめゲーミングPC・推奨スペックに関するよくある質問

『Rust』はグラボなしPCでも遊べますか?

『Rust』はグラボなしPCでは遊べません。

最低スペックでも「GTX 670」が要求されています。

『Rust』は低スペックゲーミングノートPCでもプレイできる?

『Rust』は推奨スペックよりも実際のプレイ環境が重たいため、低スペックゲーミングPCでプレイするのが難しいです。

快適にプレイするには現行機の「GTX 1650」レベルの性能が必要です。

『Rust』でパッドは使えますか?

PCにパッドを接続すれば、パッド操作でプレイできます。

XBOXコントローラーやPS4/5コントローラーがおすすめです。

『Rust』はクロスプレイできますか?

PC版『Rust』はクロスプレイに対応していません。

PS4とXBOX間のクロスプレイのみ対応しています。

『RUST』おすすめゲーミングノートPC・推奨スペックのまとめ

管理人

記事のまとめはこちら!

  • 『Rust』を快適に遊ぶには10万円の予算が必要
  • 144fpsでプレイするなら「RTX 4070」を搭載
  • 大規模サーバーやMODサーバーに参加するなら「RTX 4060」以上のGPUがおすすめ

『Rust』を快適に遊ぶには「GTX 1650」を搭載したゲーミングノートPCが必要なので、10万円の予算が必要です。

レイドやボス戦を有利に進めるなら144fpsが出せる「RTX 4070」を搭載しましょう。

大規模サーバーやMODサーバーはバニラサーバーに比べて重いため、安定させるために「RTX 4060」以上のGPUがおすすめです。

用途別&価格別に紹介!

『RUST』におすすめなゲーミングPC(デスクトップ)を探している方は、以下の記事も参考にしてください。

あわせて読みたい
『Rust』おすすめゲーミングPC&推奨スペック紹介 必要な予算・値段はいくら? 記事の要点はこちら! 『Rust』のおすすめゲーミングPC 『Rust』の推奨スペック 『Rust』向けゲーミングPCの選び方 『Rust』は2018年に正式リリースされたゲームで、最...
目次