Ryzen 7 5700Xの性能まとめ Intelとの比較結果やゲーム性能についても詳しく解説!

管理人

記事の要点はこちら!

『Ryzen 7 5700X』は、第3世代シリーズで人気の高い「Ryzen 7 3700X」の後継モデルであり、8コア16スレッドの高い性能を持つCPUです。

高い省電力性とコスパを有しているため、予算や電気代を抑えたゲーミングPCが欲しい方に向いています。

この記事ではRyzen 7 5700Xの性能Ryzen 7 5700Xを搭載したおすすめモデルについて解説しているので参考にしてください。

Ryzen 7 5700Xおすすめモデル!

マウスコンピューター NEXTGEAR
  • CPU:Ryzen 7 5700X
  • GPU:RTX 4060 Ti
  • メモリ:16GB
  • SSD:1TB (NVMe Gen4×4) 
184,800

当サイトではRyzen搭載モデルを含むゲーミングPCの最新セール情報について詳しく解説していますので、あわせて参考にしてみてください。

目次

Ryzen 7 5700Xの性能・スペック

Arkより引用

この項目では『Ryzen 7 5700X』の性能について解説していきます。

購入予定のゲーミングPCに『Ryzen 7 5700X』が搭載されている方や『Ryzen 7 5700X』の購入を検討している方はチェックしましょう。

Ryzen 7 5700Xの基本性能・スペック

項目Ryzen 7 5700XRyzen 7 5800X
メーカーAMDAMD
世代第4世代第4世代
アーキテクチャZen 3Zen 3
コア数8コア8コア
スレッド数16スレッド16スレッド
動作クロック3.4GHz3.8GHz
最大ブーストクロック4.6GHz4.7GHz
対応メモリーサイズ128GB128GB
消費電力(TDP)65W105 W
キャッシュ32MB32MB
内蔵グラフィックス非搭載非搭載

『Ryzen 7 5700X』はAMDが販売しているZen3 第4世代のCPUです。

上位モデルである「Ryzen 7 5800X」と比較しても大きな性能差が無く、TDPも低いためコスパを求める方に向いています

その他の違いとしては、定格動作クロックと最大ブーストクロックであり、クロックが高い方が計算能力が上昇するため、短時間で情報処理が行えます

『Ryzen 7 5700X』を選ぶ利点は価格の安さと消費電力の低さの二点となっており、他CPUと比較して他パーツに予算を割きやすいです。

Ryzen 7 5700Xのゲーム性能

Ryzen 7 5700Xのゲーム性能
RTX3060・フルHDのスコア
Apex Legends
244fps
GTA5
120fps
Valorant
400fps
Cyber punk 2077
75fps
エルデンリング
60fps

上記は『Ryzen 7 5700X』と現行でも採用されている「RTX 3060」を搭載してプレイした際のフレームレートです。

Apex Legends」や「Valorant」といったFPSタイトルで244fpsが安定するため、快適にプレイできます。

Cyber punk 2077」や「エルデンリング」といった重めのオープンワールドゲームも60fpsで遊べるので、プレイ中に困ることはありません。

以上の結果から、ゲーミングPCに搭載するCPUとして最適であることが分かります。

Ryzen 7 5700Xがおすすめの用途

お勧めの用途
  • 消費電力を抑えたゲーミングPCに搭載
  • エントリーからミドルスペック
おすすめできない用途
  • ハイエンドモデルに搭載

『Ryzen 7 5700X』はエントリーモデル~ミドルスペックに搭載するなら、コスパも良くおすすめのCPUです。

他CPUと比較しても消費電力が低めなので、電気代の節約にもなります

ただし、ハイエンドモデルに搭載する場合GPUのボトルネックになる可能性が高いため、より上のランクのCPUを推奨します。

AMD
¥35,201 (2024/05/22 10:49時点 | Amazon調べ)

Ryzen 7 5700Xの性能比較・ベンチマーク

CPU名性能(3DMark)スコア
AMD Ryzen 9 5900X10192
Intel Core i9 1290011701
AMD Ryzen 9 3900X8594
Intel Core i7 12700F9522
AMD Ryzen 7 5700X6914
AMD Ryzen 7 3700X6052
AMD Ryzen 5 5600X5675
Intel Core i5 124005938

上記は、各CPUで3DMarkテストを行った際のスコアです。

3DMarkスコアとは?

3DMarkスコアとは、ベンチマークソフト「3DMark」で測定した、パソコンの3Dグラフィックス性能を表す数値のことです。

数値が高いほど処理能力に優れ、アプリケーションやゲームを快適に動作させられます。

『Ryzen 7 5700X』のスコアは6914となり、価格と比較して高めの数値が出ています。

ハイスペックモデルに搭載される「Core i7」や「Ryzen 9」より性能が劣りますが、これらのCPUは価格が一段階高額になるので、3~4万円のCPUとしては十分の性能です。

安価なゲーミングPCに採用される「Core i5 12400」よりも高性能なので、単純なマシンパワーを上げるためなら『Ryzen 7 5700X』がおすすめです。

Ryzen 7 5700XはIntelと比較してコスパに優れている

比較項目Ryzen 7 5700XCore i7-12700F
世代Zen3 第4世代第12世代
Core プロセッサー
コア数8コア12コア
スレッド数1620
キャッシュ容量32MB25MB
消費電力(TDP65W65W
CPU Mark69149522
価格$299$345
価格は2024年5月時点の情報です

性能が近いとされている「Core i7-12700F」との比較結果が上記になります。

コア数やスレッド数が「Core i7-12700F」の方が高いため、性能自体は劣っていますが、$50という価格差を考えると『Ryzen 7 5700X』の方が手が出しやすいです。

ミドルスペックのゲーミングPCに搭載するなら『Ryzen 7 5700X』で十分対応可能です。

AMD
¥35,201 (2024/05/22 10:49時点 | Amazon調べ)

Ryzen 7 5700Xの評価・レビュー

良い評価
  • コスパが良い
  • TDPが低い
悪い評価
  • 相性の悪いパーツがある
  • Core14世代と比較すると性能が劣る

『Ryzen 7 5700X』の良い評判は、コスパの良さやTDPの低さといった安価に扱えるという点が上がっていました。

同性能帯のCPUと比較して1万円程安く購入できるCPUなので、コスパ良くゲーミングPCが組めます。

また、TDPも低く電気代が節約できるため、長時間使用しても不安になりません。

悪い評判としては、相性不良Intelの最新世代である14世代CPUと比較すると性能的に劣っている、というものがありました。

しかし相性不良はどのCPUでも発生する可能性がある問題なので、購入前にチェックして避けましょう。

BTOメーカーを使用してゲーミングPCを購入すれば、相性が良いパーツで構成されているため、PC初心者の方でも安心して購入できます。

以下ではゲーミングPCはどこで買うのがおすすめかについて解説していますので、こちらも要チェックです!

あわせて読みたい
【2024年6月】ゲーミングPCはどこで買うのがおすすめ? 実店舗で買うならどのお店? 記事の要点はこちら! ゲーミングPCが購入できるBTOパソコンショップ一覧 実店舗でゲーミングPCを買うならおすすめのBTOパソコンショップ ゲーミングPCを中古で購入する...

Ryzen 7 5700Xは中古で購入しても良い?

Ryzen 7 5700Xの中古における注意点
  • 耐久性が下がって、寿命が短い
  • 保証が無い
  • 既に壊れている可能性がある

『Ryzen 7 5700X』を中古で購入するのは避けましょう。

中古でCPUを購入すると、購入時から故障している可能性があるだけでなく、保証が無い場合は修理に追加費用が掛かります

故障していなくても使用期間があるため耐久値が下がっており、新品を搭載するよりも寿命が短い点もデメリットです。

そのため、『Ryzen 7 5700X』を購入するなら新品で購入しましょう。

AMD
¥35,201 (2024/05/22 10:49時点 | Amazon調べ)

さらに、BTOパソコンショップを利用すれば、Ryzen 7 5700Xに最適なGPUを搭載したコスパに優れるモデルを購入できます。

以下の記事ではBTOパソコンショップで購入するメリットについて詳しく解説していますので、あわせて参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【2024年6月】ゲーミングPCはどこで買うのがおすすめ? 実店舗で買うならどのお店? 記事の要点はこちら! ゲーミングPCが購入できるBTOパソコンショップ一覧 実店舗でゲーミングPCを買うならおすすめのBTOパソコンショップ ゲーミングPCを中古で購入する...

Ryzen 7 5700Xを搭載するおすすめモデル

Ryzen 7 5700Xを搭載した
おすすめモデル

この項目ではBTOパソコンで特にコスパに優れたマウスコンピューターから、おすすめモデルを紹介していきます。

各モデルで価格や目的が異なるため、自分の予算と相談しておすすめモデルをチェックしましょう。

マウスコンピューターについて気になる方は、以下のボタンから公式サイトもチェックしてみてください。

\コスパに優れたモデルなら!/

おすすめモデルの選定基準は?
  • 初心者でも使いやすいモデルであること
  • 短期でなく長期で使えること
  • 各モデル帯の中でもコスパの高いモデルを選出

ミドルスペックのゲーミングPCなら「NEXTGEAR JG-A7G6T」

マウスコンピューター NEXTGEAR
  • CPU:Ryzen 7 5700X
  • GPU:RTX 4060 Ti
  • メモリ:16GB
  • SSD:1TB (NVMe Gen4×4) 
184,800

メリット・デメリット紹介

  • Ryzen 7 5700Xを搭載したミドルスペック
  • 最新ゲームから今後リリースされるタイトルも快適
  • 3年は確実にPCゲームができる寿命
  • WQHDや4K解像度で遊ぶのは難しい

どんなPCゲームも遊べるミドルスペックゲーミングPCが欲しいなら「NEXTGEAR JG-A7G6T」がおすすめです。

『Ryzen 7 5700X』を搭載しているため消費電力が低く、「RTX 3060 Ti」と組み合わせてもボトルネックになりません

最新ゲームや今後リリースタイトルを快適にプレイ可能な性能を持っているため、様々なジャンルのPCゲームを遊びたい方に向いています

ゲーミングPCとしての寿命も3年と長めなので、長期的にPCゲームを遊ぶ方に最適です。

今後リリースされるタイトルも快適に遊べるゲーミングPCが欲しいかたにおすすめです。

WQHDや4K解像度でゲームを遊ぶなら「G-Tune DG-A7G7S」

  • CPU:Ryzen 7 5700X
  • GPU:RTX 4070 SUPER
  • メモリ:32GB
  • SSD:1TB (NVMe Gen4×4)
299,800

メリット・デメリット紹介

  • 重量級ゲームも高フレームレートで遊べる
  • WQHDや4K解像度で遊べる
  • 配信や動画編集を行っても重くならない
  • 他モデルに比べて高い

WQHDや4K解像度でPCゲームを遊びたい方には「G-Tune DG-A7G7S」がおすすめです。

重量級ゲームが高フレームレートで遊べる性能を持っているハイスペックゲーミングPCです。

WQHDや4K解像度でもフレームレートが安定するため、グラフィックを重視した「Cyber punk 2077」や「FF16」といったゲームを美麗な映像で楽しめます。

ゲーム配信を行っても大きくフレームレートが低下しないので、視聴者に綺麗な映像を届けながら快適なプレイ環境が実現可能です。

重量級ゲームを遊ぶ方やゲーム配信をしたい方におすすめです。

あわせて読みたい
『サイバーパンク2077』おすすめゲーミングPC&推奨スペック紹介 4Kを目指すならハイエンドモデルが必須! 記事の要点はこちら! 『サイバーパンク2077』おすすめゲーミングPC 『サイバーパンク2077』の推奨スペック・必要なグラボ 『サイバーパンク2077』グラボ別のfps値一覧...

デバイス一式でPCセットが欲しい方は「NEXTGEAR JG-A7G6T(スターター5点セット)」

  • CPU:Ryzen 7 5700X
  • GPU:RTX 4060 Ti
  • メモリ:16GB
  • SSD:512GB (NVMe)
  • モニター:iiyama G-MASTER GB2470HSU-B5A
  • ゲーミングマウス:Logicool G304
  • ゲーミングキーボード:Logicool G213r
  • ゲーミングヘッドセット:Logicool G431
209,800

メリット・デメリット紹介

  • 初めてゲーミングPC環境を整える方におすすめ
  • ゲームに必要なデバイスがすべて揃う
  • デバイスごとにこだわりのある方には不向き

これから初めてゲーミングPC環境を揃えるという方に、おすすめのモデルです。

PCと一緒にゲームに必要なデバイスを一度で購入できるセットで、デバイスに詳しくないPC初心者の方に向いています。

デバイスはゲーマーからの信頼が厚い「Logicool」製品に統一されているので、デバイスが特に重要なFPS等にもそのまま使用できます。

デバイスにこだわりがある方には不向きですが、ゲーミングデバイスに詳しくない方には調べる手間も省けて一石二鳥なモデルです。

Ryzen 7 5700Xの性能・スペックに関するよくある質問

Ryzen 7 5700Xの消費電力はどれくらい?

消費電力は65Wです。

同性能帯のCPUの中では低く、電気代の節約が行えます。

Ryzen 7 5700Xは高い?

Ryzen 7 5700Xは定価が$299となっており、性能と比較すると安めです。

Ryzen 5 5700Xは相性不良が起こりやすい?

相性不良が発生したという口コミはありますが、それはどのCPUでも発生する可能性があります。

相性不良が怖い方はBTOメーカー等で組まれたゲーミングPCを購入しましょう。

Ryzen 5 5700Xに内臓GPUはついてる?

内臓GPUは搭載されていません。

Ryzen 7 5700Xを使用する際は、外付けのGPUが必須です。

Core i5 12600Kとどっちがおすすめ?

どちらも性能的に大きな違はありませんが、消費電力を低くするならRyzen 7 5700Xがおすすめです。

Ryzen 7 5700Xの性能・スペックまとめ

管理人

記事のまとめはこちら!

  • コスパが良く、消費電力が抑えられる
  • 相性不良はどのCPUでも発生しうる
  • ゲーム性能はミドルスペック程

『Ryzen 7 5700X』は、他CPUと比較してコスパが良く、省電力で使用できます。

相性不良があるという口コミもありますが、どのCPUでも起こりえる問題なので、心配な方はBTOメーカーでゲーミングPCを購入するのがおすすめです。

ゲーム性能はミドルスペック程なので、エントリーからミドルスペックのゲーミングPCを購入する際に最適なCPUです。

以下の記事ではBTOパソコンショップで購入するメリットについて詳しく解説していますので、あわせて参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【2024年6月】ゲーミングPCはどこで買うのがおすすめ? 実店舗で買うならどのお店? 記事の要点はこちら! ゲーミングPCが購入できるBTOパソコンショップ一覧 実店舗でゲーミングPCを買うならおすすめのBTOパソコンショップ ゲーミングPCを中古で購入する...
AMD
¥35,201 (2024/05/22 10:49時点 | Amazon調べ)
目次