ゼンレスゾーンゼロのPC版ダウンロード方法を紹介 ダウンロード容量はどれぐらい必要?

PC版のゼンレスゾーンゼロは公式サイト・Epic Gamesにてダウンロード・インストールできます。

結論から記載すると公式サイト経由の方が安定してランチャーをダウンロードでき、お手軽なので公式サイトからのダウンロードがおすすめです。

本記事では公式サイトから『ゼンレスゾーンゼロ』をダウンロードして始める方法を解説します。

管理人

記事の要点はこちら!

当サイトでは『ゼンレスゾーンゼロ』におすすめのゲーミングPCも紹介しているので、まだパソコンを購入していない方は参考にしてください。

\スマホ版で遊びたい方は以下のボタンからチェック/

目次

ゼンレスゾーンゼロのダウンロード・インストール方法【PC版】

  1. ゼンレスゾーンゼロのダウンロードサイトからインストーラーをDLして起動
  2. インストーラーを起動して規約同意にチェックを入れ、インストール開始
  3. インストールが完了したら「開く」を選択
  4. ランチャーの「ダウンロード開始」を選択

この項目ではゼンレスゾーンゼロの始め方(ダウンロード・インストール方法)を解説します。

ゼンレスゾーンゼロをプレイするには「HoYoverseアカウント」が必要です。

「HoYoverseアカウント」はHoYoVerseがリリースしているゲームを遊ぶのに必要なアカウントで、『ゼンレスゾーンゼロ』以外に『原神』『崩壊スターレイル』などでも使用できます。

ゲーム開始後でも作成可能ですが、ダウンロード中に時間がある場合などは事前に作成しておきましょう。

STEP
公式サイトからゼンレスゾーンゼロのインストーラーをDLして起動

ゼンレスゾーンゼロの公式サイトにアクセスし、「今すぐダウンロード」ボタンを押してください。

ボタンを押すとインストーラーがダウンロードされるので、ダウンロード後にインストーラーを起動しましょう。

STEP
インストーラーを起動して規約同意にチェックを入れ、インストール開始

ダウンロードしたファイルを開くとインストーラーが起動するので、規約同意にチェックを入れて「インストール」を選択しましょう。

カスタムを選ぶとインストール先フォルダが変更可能なので、フォルダの設置場所を自分で決めたい場合はカスタムインストールを選択してください。

STEP
インストール後にランチャーが開くので、「ダウンロード」をクリック

インストール完了後、ランチャーが開くので、ダウンロードボタンを押してください。

ランチャーからダウンロードが完了したら、ゲームが起動できるようになります。

HoYoversアカウントを未作成の方はアカウントを新規で作成してログインをしてください。

PC版ゼンレスゾーンゼロをSteamから起動する方法は?

PC版ゼンレスゾーンゼロはSteamから配信はされていませんが、Steam内のライブラリに追加して起動することはできます。

以下の手順でSteamからゼンレスゾーンゼロを起動することが可能になります。

STEP
Steamクライアント上部の「ゲーム」タブから「非Steamゲームをマイライブラリに追加」を選択
STEP
追加画面が開いたら左下の「参照」を選択して、「ゼンレスゾーンゼロ」の起動ランチャーを追加する

ゼンレスゾーンゼロの起動ランチャーは「インストールしたドライブ > HoYoPlay > Games > ZenLessZoneZero Game」の中に入っています。

フォルダ内の「ZenelessZoneZero」のランチャーをクリックして追加しましょう。

STEP
ランチャー選択後、「ZenlessZoneZero」のランチャーにチェックを入れて「選択したプログラムを追加」を選択
STEP
ライブラリに追加されていたら完了

ライブラリの中に追加されていれば無事完了です。

PC版ゼンレスゾーンゼロのダウンロード容量はどれぐらい?

PC版ゼンレスゾーンゼロのダウンロード容量は約57GB必要になります。

アップデートなどによって容量が異なるため、保存するドライブには100GB以上の容量は確保しておくことをおすすめします。

ゼンレスゾーンゼロのダウンロード・インストールに関するよくある質問

ストレージの空き容量が足りていないと表示された場合は?

『ゼンレスゾーンゼロ』の容量は約57GBと大きいので、PCの空き容量がないとダウンロードできません。

アプデによって今後も必要容量が増えるので、最低でも100GB程度の空き容量を確保しましょう。

ランチャーにて「ダウンロード開始」を押してもダウンロードが始まらない場合は?

インターネットが繋がっているかの確認を行いましょう。

通信環境が安定していなかったり、キャリアの通信障害でインターネットが使用不可になっている可能性があります。

目次