PC版『ゼンレスゾーンゼロ』推奨スペック&おすすめゲーミングPCまとめ

ゼンレスゾーンゼロ 推奨スペック
管理人

記事の要点はこちら!

『ゼンレスゾーンゼロ』は『原神』の開発会社がHoYoverseによる最新マルチプラットフォームゲームです。

iOS/AndroidおよびPCでリリースしているため、PC専売タイトルと比べると推奨スペックが低く、最安値のゲーミングPCでも快適に遊べます。

この記事では『ゼンレスゾーンゼロ』の推奨スペック『ゼンレスゾーンゼロ』おすすめゲーミングPCについて詳しく紹介していくので、パソコン選びの参考にしてください。

モデル名画像グラボ価格スペック寿命の長さ
GALLERIA
RM5C-R46
RTX 4060約15万円最新ゲームでも
3年は快適
GALLERIA
RM5C-R46T
RTX4060Ti約18万円 最新ゲームでも
3年以上快適
GALLERIA
XL7C-R46
RTX4060約24万円最新ゲームでも
3年は快適
NEXTGEAR
JG-A5G60
RTX4060約16万円最新ゲームでも
3年は快適

用途別&価格別に紹介!

目次

PC版『ゼンレスゾーンゼロ』の推奨スペック・必要なグラボ

ゼンレスゾーンゼロ公式サイトより引用

『ゼンレスゾーンゼロ』の推奨スペックは非常に低く、現在販売されているゲーミングPCならどれを選んでも快適に遊べます。

一方でグラボを搭載していない普通のパソコンでは遊べないため、必ずゲーミングPCが必要になります。

この項目では公式サイトの推奨スペックを説明しているので、どんな性能がいるのか確認してください。

推奨スペック・推奨動作環境

管理人

より高いスペックだと将来性があります!

CPUIntel Core i5 またはより優れた性能を持つもの
メモリ8GB
GPUNVIDIA GTX970 またはより優れた性能を持つもの
ゼンレスゾーンゼロ公式サイトより引用

推奨スペックとしてGTX970とありますが、これは2014年に発売されたかなり時代遅れのグラボです。

他の最新ゲームでは快適に遊ぶどころか起動すら困難ですので、今から買うべきグラボではありません。

ただグラボ自体は要求されているので、グラボ無しのPCで『ゼンレスゾーンゼロ』を普通に遊ぶのは難しいです。

当サイトが考える真の推奨スペック

管理人

予算は10万円必要になります!

CPUAMD Ryzen 5 4500
メモリ16GB
GPUGeForce RTX 4060

このスペックなら『ゼンレスゾーンゼロ』を最高画質かつ60fps以上で安定して遊べます。

『ゼンレスゾーンゼロ』だけ遊ぶならもっと安いグラボで大丈夫ですが、他のゲームで遊べないものが増えてしまいます。

「RTX4060」はBTOショップの現行で最安値クラスのモデルですが、ゼンレスの用に動作が軽いタイトルなら問題なく最高画質で遊べるスペックがあります。

用途別&価格別に紹介!

『ゼンレスゾーンゼロ』はグラボなしPC・普通のPCでも遊べる?

『ゼンレスゾーンゼロ』はグラボなしPCで遊べません。

『原神』や『崩壊スターレイル』は同程度のスペックを要求していますが、普通のPCではゲーム中にラグが発生したり、アクションゲームなのにfpsが低かったりと快適に遊ぶのは厳しいでしょう。

せっかくPCでプレイするのにスマホ以下の画質やフレームレートになってしまいます。

公式サイトにもグラボありで推奨スペックが書かれていますので、グラボが搭載されているゲーミングPCを用意しましょう。

『ゼンレスゾーンゼロ』おすすめゲーミングPC

おすすめモデルの特徴はこちら!

この項目ではおすすめのデスクトップPCを3台、ノートパソコンを1台紹介していきます。

各モデルで遊べる環境や出力できる最大fps値が異なるため、自分の予算と相談しておすすめモデルをチェックしましょう。

おすすめモデルの選定基準は?
  • 信頼できるメーカーのモデルであること
  • 推奨スペックを超えていて、短期でなく長期で使えること
  • 各モデル帯の中でもコスパの高いモデルを選出

デバイス一式もセットで欲しい人には「RTX4060搭載PCセット」

NEXTGEAR JG-A5G60(スターター5点セット)

価格:159,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途ゲーミングPC初心者
デバイスも揃えたい
CPURyzen 5 4500
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD


セット内容
モニター:G-MASTER GB2470HSU-5
マウス:Logicool G304
キーボード:Logicool G213r
ヘッドセット:Logicool G331
マウスパッド:Logicool G240f
ゲームパッド:Logicool F310r

メリット・デメリット紹介

  • 初めてゲーミングPC環境を整える方におすすめ
  • ゲームに必要なデバイスがすべて揃う
  • デバイスごとにこだわりのある方には不向き

これから初めてゲーミングPC環境を揃えるという方に、おすすめのモデルです。

PCと一緒にゲームに必要なデバイスを一度で購入できるセットで、デバイスに詳しくないPC初心者の方に向いています。

デバイスはゲーマーからの信頼が厚い「Logicool」製品に統一されているので、デバイスが特に重要なFPS等にもそのまま使用できます。

デバイスにこだわりがある方には不向きですが、ゲーミングデバイスに詳しくない方には調べる手間も省けて一石二鳥なモデルです。

RTXシリーズ搭載でカクつかないスペック「RTX4060搭載PC」

GALLERIA RM5C-R46

価格:167,979円

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途初めてのゲーミングPC購入
とにかく格安でPCゲームを遊びたい
CPUCore i5-14400F
グラボGeForce RTX 4060 8GB
メモリ16GB
ストレージ500GB Gen4 SSD

メリット・デメリット紹介

  • 『ゼンレスゾーンゼロ』を最高画質&120fps以上でプレイできる
  • 他の最新ゲームもプレイ可能
  • CPUは最安モデルと同じで、性能が低い

最新グラボである「RTX4060」搭載しており、60fps以上でプレイしたい方やこれから他のゲームもやりたい方におすすめです。

PC版『ゼンレスゾーンゼロ』はfps設定で無制限が選べるので、この性能であれば120fps以上でプレイすることができます。

最新グラボのため他のゲームも快適にプレイできて、3~5年間は使える将来性があります。

『ゼンレスゾーンゼロ』をPCゲームらしくスマホ以上の快適な環境でプレイしたい方や最新ゲームも遊ぶ方におすすめです。

配信や動画編集にもチャレンジするなら「RTX4060Ti搭載PC」

GALLERIA RM5C-R46T

価格:185,980円

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途FPSゲーム入門の方
最新ゲームを遊びたい方向け
CPUCore i5-14400F
グラボGeForce RTX 4060 Ti 8GB
メモリ16GB
ストレージ500GB Gen4 SSD

メリット・デメリット紹介

  • 『ゼンレスゾーンゼロ』を快適に遊びながら配信もできる
  • 他の最新ゲームを高フレームレートで遊びたい方におすすめ
  • 『ゼンレスゾーンゼロ』だけをするにはオーバースペック

先ほどまでと比べてCPU性能が格段に上がっているので、ゲーム配信や動画編集などが快適にできます。

『ゼンレスゾーンゼロ』を高画質&60fpsで遊びながらでも、問題なくゲーム配信ができるでしょう。

多くの最新ゲームの推奨スペックを超えているので、他のゲームでも高画質&高フレームレートで遊べます。

『ゼンレスゾーンゼロ』のゲーム配信や動画投稿をしたい方や最新ゲームを快適に遊びたい方におすすめです。

ノートPCでも最高画質&高fps「RTX4060搭載ノートPC」

GALLERIA XL7C-R46

価格:241,980円

コスパ
PC性能としての耐用年数
おすすめ用途FPS入門・最新ゲーム
CPUCore i7-13700H
グラボGeForce RTX 4060 8GB
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ディスプレイ144Hz 15.6インチ FHD非光沢

メリット・デメリット紹介

  • 『ゼンレスゾーンゼロ』を最高画質&60fpsで遊べる
  • 持ち運んで外出先でもゲームができる
  • デスクトップパソコンに比べて価格が高い

デスクトップパソコンは大きくてちょっと…という方や外出先でもゲームがしたい方におすすめです。

グラボは「RTX4060」を搭載しており『ゼンレスゾーンゼロ』を高画質&60fpsで遊べます。

ディスプレイが144fpsに対応しているので、高フレームレートでプレイしたいと思ったときも安心です。

『ゼンレスゾーンゼロ』をノートPCでプレイしたい方におすすめです。

『ゼンレスゾーンゼロ』の推奨スペックに関するよくある質問

『ゼンレスゾーンゼロ』のいつ遊べますか?

2024年7月4日に正式リリースされています。

『ゼンレスゾーンゼロ』は低スペックPCで遊べますか?

推奨スペックが低いため、グラボさえあれば低スペックPCでも遊べます。

BTOショップで販売されている中だったら、「RTX 4060」以上がおすすめです。

『ゼンレスゾーンゼロ』は無料でプレイできる?

基本無料で遊べますが、一部課金要素があります。

『ゼンレスゾーンゼロ』の対応ハードは何がありますか?

PS5/iOS/Android/PCで配信されます。

PS4やSwitchでのリリースは現状発表されていません。

『ゼンレスゾーンゼロ』のPC版のダウンロード方法が知りたい

PC版は公式サイトとEpicGamesで配信されています。

詳しくは「ゼンレスゾーンゼロのPC版ダウンロード方法」記事で紹介しています。

用途別&価格別に紹介!

PC版『ゼンレスゾーンゼロ』推奨スペックのまとめ

管理人

記事のまとめはこちら!

  • 『ゼンレスゾーンゼロ』を快適にプレイするためには、10万円以上の予算が必要
  • 「GTX1660SUPER」でも十分プレイ可能、将来性を考えて「RTX4060」以上がおすすめ
  • 配信などもしたい場合にはCPU性能の高いモデルにする

『ゼンレスゾーンゼロ』を快適に遊ぶには「RTX 4060」以上のグラボがおすすめです。

これは現行モデルでも最安値になるので約10万円でゲーミングPCを買うことが可能です。

他のゲームもやるのかや配信などをするのか等の『ゼンレスゾーンゼロ』以外のことも含めてゲーミングPCを選びましょう。

用途別&価格別に紹介!

目次