『2XKO』おすすめゲーミングPC&推奨スペック紹介 格ゲーを快適にプレイできるモデルは?

管理人

記事の要点はこちら!

「Project L」は2024年2月23日に、正式名称『2XKO』に決定されました。

『2XKO』(旧名称:Project L)は未だ必要な動作環境が明かされていない、発売前のタイトルです。

運営元である「Riot Games」の開発するタイトルは基本的に要求スペックがかなり低いので、『2XKO』も動作は軽いと予想されます。

最低予算は10万円で、現行最安値ゲーミングPCでも快適に遊べます。

この記事では『2XKO』おすすめゲーミングPC、『2XKO』の推奨スペックについて解説していきます。

モデル名画像グラボ価格スペック寿命の長さ
NEXTGEAR
JG-A5G1D
マウスコンピューター NEXTGEARRTX 4060約13万円最新ゲームでも
1~2年は快適
NEXTGEAR
JG-A5G6T
マウスコンピューター NEXTGEARRTX4060Ti約14万円 最新ゲームでも
3年以上快適
G-Tune
FZ-A7G7T
RTX4070Ti約29万円最新ゲームでも
3年以上快適
NEXTGEAR
J6-A7G60GN-A
RTX4060約15万円最新ゲームでも
3年は快適
NEXTGEAR
JG-A5G60
RTX4060約16万円最新ゲームでも
3年は快適

用途別&価格別に紹介!

目次

『2XKO』おすすめゲーミングPC

おすすめモデルの特徴はこちら!

この項目ではおすすめのデスクトップPCを3台、ノートパソコンを1台、おすすめセットモデルを1つ紹介していきます。

各モデルで遊べる環境や出力できる最大fps値が異なるため、自分の予算と相談しておすすめモデルをチェックしましょう。

おすすめモデルの選定基準は?
  • 信頼できるメーカーのモデルであること
  • 推奨スペックを超えていて、短期でなく長期で使えること
  • 各モデル帯の中でもコスパの高いモデルを選出

ゲーミングPCに関して、知っておくと記事の理解がさらに深まる知識をまとめています。
気になる用語があればクリックしてみてください。

CPUの役割

CPUは「Central Processing Unit」の略で、プログラムの実行やデータの処理を行うパーツです。

いわばPCの「脳みそ」にあたり、CPUの性能が高くなると、重く負荷の高いゲームでも快適に遊べるようになります。

以下では雑談配信に必要なPCスペックやCPUについて詳しく解説していますので、気になる方はチェックしてみてください。

あわせて読みたい
雑談配信に必要なPCスペックやCPUは? ノートパソコンでも配信はできる? 記事の要点はこちら! 雑談配信に必要なPCスペックは? ノートパソコンでも雑談配信はできる? 雑談配信におすすめなパソコン一覧 雑談配信用にはグラボが必要なく、CPU...

おすすめモデルの中で最安「RTX4060搭載PC」

NEXTGEAR JG-A5G60

価格:134,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途PC初心者向け
RTX40搭載最安値
CPUAMD Ryzen 5 4500
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ1TB (NVMe)

メリット・デメリット紹介

  • できるだけ予算を抑えて快適に楽しめる
  • コスパが非常に優れている
  • 他の格闘ゲームも快適に遊べる
  • 配信を行うには少しスペックが足りない

できるだけ予算を抑えて快適に楽しみたい方におすすめのモデルです。

今回紹介するおすすめモデルで最安値のミドルスペックで、ゲーミングPC初心者の方に人気が高いモデルです。

コスパが非常に優れており、画質を落とさずに60fps張り付きで快適に動作します。

『ストリートファイター6』など、他の格闘ゲームも60fps張り付きでプレイできるので汎用性も高いモデルです。

「Riot Games」の他タイトルもすべて高fpsで楽しめるので、「League of Legend」などを遊びたい方にもおすすめです。

配信や高解像度環境を楽しみたい方は「RTX 4060 Ti搭載PC」

NEXTGEAR JG-A5G6T

マウスコンピューター NEXTGEAR

価格:154,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途ゲーミングPC初心者
コスパの高いモデル
CPURyzen 5 4500
グラボGeForce  RTX 4060 Ti
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD

メリット・デメリット紹介

  • 配信や動画編集に向いているスペック
  • 4K解像度でも60fps張り付き
  • 高fps環境が必要な対戦ゲームにもピッタリ
  • 動作の重いゲームを遊ぶにはスペック不足

配信や高解像度環境を楽しみたい方におすすめのモデルです。

配信や動画編集に向いているスペックなので、配信活動や実況動画に挑戦したい方に向いています。

4K解像度でも画質設定を落とさずに60fps張り付きで動作できるので、解像度にこだわりたい方にもおすすめです。

「Riot Games」のタイトルならフルHD解像度&144fps張り付きで動作できるので、『VALORANT』など高fpsが有利に働くタイトルにも適しています。

特に重いタイトルでなければ最新ゲームも快適に楽しめるので、汎用性の高いモデルを狙っている方におすすめです。

重い最新ゲームも快適に楽しめる「RTX 4070 Ti搭載PC」

G-Tune JG-A7G7A

価格:299,800

コスパ
耐用年数

おすすめ用途
ゲームやクリエイター用の
ソフトを快適に動かしたい
コスパを重視する
CPURyzen 7 7700
グラボGeForce RTX 4070 Ti SUPER
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD

メリット・デメリット紹介

  • 重い最新ゲームも快適に楽しめる
  • 『2XKO』をどんな設定でも快適に楽しめる
  • 3Dモデルを使用した配信も可能
  • フルHDで楽しめれば良い方にはオーバースペック

重い最新ゲームも快適に楽しめる環境が欲しい方におすすめのモデルです。

「RTX 4070 Ti」を搭載しており、『ARK: Survival Ascended』などの特に重い最新ゲームも快適に楽しめます。

『2XKO』以外にも「Riot Games」のタイトルならどんな設定でも快適に楽しめるマシンパワーがあります。

3Dモデルを使用した配信も可能なので、Vtuberに挑戦したい方にも向いたスペックです。

3年以上は最新ゲームを快適に楽しめる、スペック寿命の長さの長いモデルが欲しい方に最もおすすめです。

165fpsで快適動作のノートPC「RTX 4060搭載ノートPC」

NEXTGEAR J6-A5G60GN-A

価格:179,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途場所を選ばずゲームしたい
CPURyzen 7 7840HS
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ500GB Gen4 SSD
ディスプレイ165Hz対応16型液晶

メリット・デメリット紹介

  • フルHD解像度なら165fpsで動作可能
  • 165Hz16型の高性能モニター搭載
  • 場所を選ばない高性能なゲーム環境
  • 同価格帯のデスクトップと比べて性能は落ちる

高fps環境で快適に楽しめるノートPCが欲しい方におすすめのモデルです。

フルHD解像度なら60fps張り付きで動作可能で、対戦ゲームをプレイするのに向いたスペックです。

165Hz16型の高性能モニター搭載で、大きめの画面なのでヒット確認や細かい動きだしの確認がしやすいです。

高性能なゲーム環境な上、ノートPCなので場所を選ばずにプレイできる点も魅力的です。

同価格帯のデスクトップと比べて性能は落ちますが、高性能モニターが搭載されている分コスパは高いモデルです。

ゲーミングデバイスも一緒に揃えたいなら「RTX4060搭載PCセット」

NEXTGEAR JG-A5G60(スターター5点セット)

価格:159,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途ゲーミングPC初心者
デバイスも揃えたい
CPURyzen 5 4500
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD


セット内容
モニター:G-MASTER GB2470HSU-5
マウス:Logicool G304
キーボード:Logicool G213r
ヘッドセット:Logicool G331
マウスパッド:Logicool G240f
ゲームパッド:Logicool F310r

メリット・デメリット紹介

  • 4K・60fpsでプレイ可能
  • 必要な周辺機器が全部入っている
  • デバイスにこだわりたい方には向いていない

ゲーミングPCを買ってすぐに遊びたい方には「RTX 4060搭載PCセット」がおすすめです。

このセットを買うだけで、PCでゲームをするために必要なすべての周辺機器がそろいます

人気のLogicool製品&165Hzモニターで、FPSやRPGも快適にプレイ可能です。

グラボやCPUも性能が高く、ゲームから動画編集までオールマイティに活躍してくれます。

ゲーミングデバイスにはたくさんの種類があり、デバイスを選ぶのが難しいと感じる方におすすめです。

『2XKO』の推奨スペック・必要なグラボ

『2XKO』公式ページより引用

『2XKO』は要求スペックが低いと予想されており、エントリーモデルのゲーミングPCでも快適に遊べます。

予算は10万円が必要で、「GTX 1660 SUPER」が搭載された環境をおすすめします。

最低スペック・最低動作環境

管理人

このスペックでゲームは快適に遊べません…

CPU現在公開されていません。
メモリ現在公開されていません。
GPU現在公開されていません。

現在は公開されていませんが、要求スペックは低くなると予想されています。

推奨スペック・推奨動作環境

管理人

より高いスペックだと将来性があります!

CPU現在公開されていません。
メモリ現在公開されていません。
GPU現在公開されていません。

現在は公開されていませんが、要求スペックは低くなると予想されています。

当サイトが考える真の推奨スペック

管理人

予算は10万円必要になります!

CPUCore i7-13700F
AMD Ryzen 5 4500
メモリ16 GB
GPURTX4060

「Riot Games」のタイトルは要求スペックがかなり低いタイトルが多いです。

『2XKO』も同じように要求スペックが低くなると予想できるので、エントリーモデルのゲーミングPCでも快適に遊べます。

NEXTGEAR JG-A5G60

価格:134,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途PC初心者向け
RTX40搭載最安値
CPUAMD Ryzen 5 4500
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ1TB (NVMe)

「RTX4060」なら他の格闘ゲームも60fpsで快適に楽しめるのでおすすめです。

用途別&価格別に紹介!

『2XKO』向けゲーミングPCの選び方・要点まとめ

選び方の要点はこちら!

  • 予算は10万円以上が最低でも必要
  • 60fpsかつ4K解像度で楽しむなら「RTX 4060」以上が必要
  • 60fps張り付きの環境が大切

『2XKO』を快適に楽しむには予算は10万円以上が最低でも必要です。

60fpsかつ4K解像度で楽しむなら「RTX 4060」以上を用意しましょう。

格闘ゲームでは60fps張り付きの環境が大切で、59fps以下に落ちないような環境を目指すべきです。

予算は13万円以上が最低でも必要

NEXTGEAR JG-A5G60

価格:134,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途PC初心者向け
RTX40搭載最安値
CPUAMD Ryzen 5 4500
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ1TB (NVMe)

『2XKO』を快適に遊ぶなら、グラボを搭載したゲーミングPCを選びましょう。

予算は13万円が最低でも必要で、「RTX4060」以上のグラボがおすすめです。

本記事で紹介しているRTX4060搭載モデルはコスパに優れ、初心者にも最適です。

4K解像度かつ配信も楽しむなら「RTX 4060 Ti」以上が必要

NEXTGEAR JG-A5G6T

マウスコンピューター NEXTGEAR

価格:154,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途ゲーミングPC初心者
コスパの高いモデル
CPURyzen 5 4500
グラボGeForce  RTX 4060 Ti
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD

4K解像度&配信も楽しむなら「RTX 4060Ti」以上のグラボが必要です。

グラボの性能に妥協して60fpsをキープできない環境になってしまうと対戦で不利になるので避けるべきです。

Dell
¥41,800 (2024/07/16 20:58時点 | Amazon調べ)
\最大15%ポイントアップ!/
Amazonで商品を見る

4K解像度で楽しむなら4K解像度に対応したモニターを用意しましょう。

60fps張り付きの環境が大切

格闘ゲームでは1フレームが勝敗を分けるような場面が多く存在するため、60fps張り付きの環境が大切です。

60fps以下に落ちてしまう環境だと、動き出しが画面に表示されない場面も出てきてしまいます。

グラボには妥協せずに必ず推奨環境以上のスペックを用意しましょう。

用途別&価格別に紹介!

『2XKO』の発売日はいつ?

動画で確認できるプレイ映像では動きが速く、1フレームの重要さが特に高いゲームだと分かります。

PC版『2XKO』は2023年9月8日に発売予定のタイトルです。

2023年4月27日~29日のEVO Japanでは初のプレイアブルデモが行われる予定です。

PS5版の発売日は現在公開されていません。

用途別&価格別に紹介!

『2XKO』おすすめゲーミングPC・推奨スペックに関するよくある質問

グラボなしのPCでも快適に遊べますか?

推奨動作環境が公開されていないため動作可能かは不明ですが、60fpsをキープするのは不可能です。

特に格闘ゲームは60fpsのキープが必須なので、遊べたとしても快適とは言えません。

要求スペックが低いなら中古PCで遊べば予算を抑えられますか?

要求スペックを満たしていれば快適に遊べますが、おすすめしません。

中古のPCはパーツを消耗しており、故障すると修理代込みで新品より高くなってしまいます。

『ストリートファイター6』のように120fpsを出力できると有利ですか?

120fps出力できると有利なのは『ストリートファイター6』特有の仕様なので、『2XKO』には当てはまらないと予想されます。

『2XKO』は144fpsで遊べますか?

格闘ゲームは最高フレームレートが60fpsに設定されている場合が多く、60fpsでしか遊べないと予想されています。

『2XKO』おすすめゲーミングPC・推奨スペックのまとめ

管理人

記事のまとめはこちら!

  • 要求スペックは低いと予想されている
  • 予算は10万円が最低でも必要
  • 解像度によらず60fpsをキープできる環境にしよう

『2XKO』は「Riot Games」のタイトルで、要求スペックは低いと予想されています。

快適に遊ぶための予算は10万円が最低でも必要で、「GTX 1660 SUPER」を搭載した環境がおすすめです。

格ゲーは60fpsのキープが特に大切なので、解像度によらず60fpsをキープできる環境にしましょう。

モデル名画像グラボ価格スペック寿命の長さ
NEXTGEAR
JG-A5G1D
マウスコンピューター NEXTGEARRTX 4060約13万円最新ゲームでも
1~2年は快適
NEXTGEAR
JG-A5G6T
マウスコンピューター NEXTGEARRTX4060Ti約14万円 最新ゲームでも
3年以上快適
G-Tune
FZ-A7G7T
RTX4070Ti約29万円最新ゲームでも
3年以上快適
NEXTGEAR
J6-A7G60GN-A
RTX4060約15万円最新ゲームでも
3年は快適
NEXTGEAR
JG-A5G60
RTX4060約16万円最新ゲームでも
3年は快適

用途別&価格別に紹介!

目次