Radeonはやめとけという噂はある?実際の体験談やRadeonを選ぶ理由も紹介!

管理人

記事の要点はこちら!

『Radeon』はAMD社が販売しているGPUブランドで、コア数が多く画像処理や動画編集に強いGPUです。

しかし、「Radeonはやめとけ」という口コミも多く、避けている方も多いでしょう。

この記事ではRadeonはやめとけと言われる理由Radeon搭載のおすすめモデルを紹介・解説しているので、参考にしてください。

当サイトではゲーミングPCのセール情報・おすすめモデルを紹介していますので、あわせて参考にしてください。

あわせて読みたい
ゲーミングPCのセール情報【5月最新】 おすすめモデルやお得な時期も解説! 常時開催中のおすすめセールはこちら! とにかくコスパにこだわるならフロンティア週間セール クリエイターPCやビジネス向けも対象マウスコンピューターセール カスタム...
目次

「Radeonはやめとけ」と言われる本当の理由とは?

「Radeon やめとけ」と言われる
本当の理由は?

  • レイトレーシングの性能が他のGPUよりやや劣る
  • 相性問題が起きやすいと言われている

「Radeonはやめとけ」と言われる要因として大きいのは、レイトレーシング機能の不満点や相性問題が発生しやすいという点です。

『Radeon』とよく比較されているのが、Nvidiaが販売しているGPUであり、比べると劣っている部分が少なからずあります。

ただし、日常使いやゲームをしている最中に圧倒的にNvidia製GPUの方が良いと感じる機会はなく、同価格帯のGPUであれば性能差もそこまでないため、避ける必要はありません。

また、Google検索で『Radeon』と入力すると、検索候補に「やめとけ」と表示されるのはGoogleの仕様であり、他ブランドでも同様のワードが出現するため、気にしなくて良いです。

レイトレーシングの性能が他のGPUよりやや劣る

サイバーパンク2077公式サイトより引用

『Radeon』のレイトレーシング性能は、よく比較されるNvidia製GPUよりも劣ります。

ただし、レイトレーシングを採用しているゲームで有名作品はそこまで多くなく、無ければ遊べないという機能でもないため、よほどのこだわりが無ければ不要な機能でもあります。

FPSやMMO、格ゲーなど、レイトレーシング機能よりもフレームレートや操作の快適性を求めるゲームにおいてはOFFで遊んだほうが有利な場合もあるため、最高画質以外でゲームを遊びたくないという方以外は重要視していない機能です。

レイトレーシングとは

「サイバーパンク2077」や「ALAN WAKE 2」といった、グラフィックを重視したゲームに採用されている技術であり、光や影、反射の表現がリアルに描写されるため、機能ONでプレイすると没入感が高くなります。

相性問題が起きやすいと言われている

『Radeon』は相性問題が発生しやすいという口コミを見かけますが、実際は他GPUと大きな差はありません。

あまり馴染みのないメーカーのCPUと『Radeon』を組み合わせたら正常に動作しないケースはありますが、それはNvidia製GPUでも同様です。

相性問題が心配な場合は、開発が同じAMDが開発している「Ryzenシリーズ」を採用すれば、相性問題で困りません

また、BTOメーカーで販売しているモデルも相性が良いパーツが採用されているため、安心して購入できます。

当サイトではゲーミングPCをBTOショップで買うべき理由について詳しく解説していますので、こちらも要チェックです!

あわせて読みたい
【2024年5月】ゲーミングPCはどこで買うのがおすすめ? 実店舗で買うならどのお店? 記事の要点はこちら! ゲーミングPCが購入できるBTOパソコンショップ一覧 実店舗でゲーミングPCを買うならおすすめのBTOパソコンショップ ゲーミングPCを中古で購入する...

Radeonとは?GeForceとの違いは?

販売国アメリカ合衆国
販売企業Advanced Micro Devices(AMD)
特徴搭載コア数が多く、計算速度が高い
データ量の大きい画像処理が行える
比較項目RadeonGeForce
レイトレーシング
性能
やや低い高い
グラフィックス
性能
高画質な
映像視聴に最適
3D映像の
描画に最適
ラインナップミドルエンドが多いエントリーから
ハイエンドまで幅広い
価格比較的安い高いが高品質
おすすめ用途映画鑑賞や動画編集
重たい画像の処理
PCゲームやVR
CAD等の3DCG用

『Radeon』はAMDが販売しているGPUであり、高画質な映像視聴や動画編集といった画像処理をメインに行う方に向いています

エントリーモデルからミドルエンドに採用される機会が多いGPUで、比較的安いので初めてゲーミングPCを購入する方や安く動画編集を始めたい方に最適です。

GeForceに比べてPCゲーム性能は劣るものの、安価に搭載できるためコスパが良く、普通にPCゲームを遊ぶ上では困りません

Radeonのメリットは?

Radeonのメリットは?

  • コストパフォーマンスが優れている
  • 消費電力が低い
  • 色彩を鮮やかに表現できクリエイターPCに向いている

『Radeon』を利用するメリットは主にコスパの良さです。

同性能程度のGPUよりも安価に購入可能で消費電力も低いため、あまりコストをかけずに高いグラフィック性能が得られます。

この項目では『Radeon』のメリットを3つ紹介しているので参考にしてください。

コストパフォーマンスが優れている

GPUスコア(Time Spy)価格
Radeon RX 7700XT1704765,750円
GeForce RTX 4060 Ti 8GB1350967,800円
RadeonとGeForceのコスパを近いスペックで比較した結果

『Radeon』は、同価格帯で出せるTime spyのスコアがより優れています。

PCゲームに最高画質を求めない方やレイトレーシング機能を利用しない方であれば、『Radeon』のほうが高いグラフィック性能を得られます

また、同性能でも安価に購入できるため、コスパの良いGPUが欲しい方におすすめです。

Time spyとは

Time spyはゲーミングPC向けのGPUベンチマークテストです。

スコアが高い程グラフィック性能が良く、PCゲームを快適にプレイ可能です。

消費電力が低い

ドスパラより引用

『Radeon』の消費電力は同性能GPUと比較して低いです。

消費電力が低いと電気代が節約できるため、長期的に見て節約に繋がります。

消費電力は負荷が大きいときとアイドリング時で異なりますが、「Radeon 7700 RX」なら平均245Wとされており高性能GPUにしては低い数値です。

色彩を鮮やかに表現できクリエイターPCに向いている

Adobe公式サイトより引用

『Radeon』は高画質な映像やデータ量の多い画像処理に適しているGPUなので、イラストレーターや動画編集者に最適です。

色彩の表現が得意なので、鮮やかなイラストを描く場合や見る際に素早く綺麗に処理します。

動画編集をしているけれど、4K動画を扱うから重いという悩みを持つ方におすすめです。

Radeon利用者の体験談を紹介

  • コスパが良い
  • 消費電力が低い
  • クリエイター向け
  • VRCとの相性が悪い
  • 3Dモデルの描画に弱い
  • ドライバーがいまいち

『Radeon』の口コミは以上のようになっています。

良い口コミではコスパ、悪い口コミでは3DCGに弱いという意見が多いです。

この項目ではRadeonの口コミについて解説します。

Radeonのグラボを搭載したPC利用者の良い体験談

  • コスパが良い
  • 消費電力が低い
  • クリエイター向け

『Radeon』の良い口コミとしてはコスパの良さを上げている方が多数でした。

同性能帯のGPUに対して価格が安く、消費電力も低いため、安さを求めている方に最適です。

特にクリエイターにおすすめしている方が多く、動画編集を行う方やイラストレーターの方が使用するグラボに向いています

Radeonのグラボを搭載したPC利用者の悪い体験談

  • VRCとの相性が悪い
  • 3Dモデルの描画に弱い
  • ドライバーがいまいち

『Radeon』の悪い口コミとしては、VRC等の3Dモデルを使用するアプリやゲームとの相性があまり良くない点が上がっていました。

そのため、3Dモデルを前面に押し出したPCゲームをプレイする方や3DCGモデルの編集を行う方には向いていないGPUです。

また、公式のドライバーの動作が不安定で有志のドライバーを当てた方が動作が安定するという意見もあり、PC初心者には扱いにくいポイントとなっています。

Radeonを選ぶ理由・おすすめできる人は?

Radeonはこんな人におすすめ!
  • コスパ良く高性能なGPUを搭載したい方
  • 3DCG系のゲームやアプリケーションを利用しない方
  • レイトレーシング機能を使わない方

『Radeon』は高性能でありながら価格が抑えられているため、少しでも予算を抑えてゲーミングPCや動画編集用PCを購入したい方におすすめです。

グラフィック性能が高いため、基本的なPCゲームは問題なく動作します。

3Dモデルを使用した「VRChat」やCADソフトを使用する方やレイトレーシング機能を使用したい方には向いていませんが、それらを使う予定がないのであれば、安価に搭載できて消費電力も低いためコスパが良いです。

動画編集を仕事にしている方やイラストレーターの方にも最適です。

Radeonのグラボを搭載したおすすめモデルを紹介!

Radeon搭載のおすすめPC3選!

この項目では『Radeon』を搭載したおすすめのデスクトップPCを3選紹介していきます。

各モデルで遊べるPCゲームや出力できる最大fps値が異なるため、自分の予算と相談しておすすめモデルをチェックしましょう。

おすすめモデルの選定基準は?
  • 初心者でも使いやすいモデルであること
  • 推奨スペックを超えていて、短期でなく長期で使えること
  • 各モデル帯の中でもコスパの高いモデルを選出

ゲーミングPCに関して、知っておくと記事の理解がさらに深まる知識をまとめています。
気になる用語があればクリックしてみてください。

CPUの役割

CPUは「Central Processing Unit」の略で、プログラムの実行やデータの処理を行うパーツです。

いわばPCの「脳みそ」にあたり、CPUの性能が高くなると、重く負荷の高いゲームでも快適に遊べるようになります。

以下では雑談配信に必要なPCスペックやCPUについて詳しく解説していますので、気になる方はチェックしてみてください。

あわせて読みたい
雑談配信に必要なPCスペックやCPUは? ノートパソコンでも配信はできる? 記事の要点はこちら! 雑談配信に必要なPCスペックは? ノートパソコンでも雑談配信はできる? 雑談配信におすすめなパソコン一覧 雑談配信用にはグラボが必要なく、CPU...

PCゲームが遊べる安価なPCなら「NEXTGEAR JG-A5A60」

マウスコンピューター NEXTGEAR
  • CPU:Ryzen 5 4500 
  • GPU:Radeon RX 7600
  • メモリ:16GB
  • SSD:1TB
124,800円

メリット・デメリット紹介

  • PCゲームがプレイできる安価なモデル
  • PCゲーム初心者に最適
  • 動画編集を行える
  • 今後リリースされるタイトルを最高画質で遊ぶにはスペック不足

安価にPCゲームがプレイ可能なPCを探しているなら「NEXTGEAR JG-A5A60」がおすすめです。

「RX 7600」を採用しているため、最新ゲームも画質次第で遊べます。

有名タイトルの「Apex Legends」や「FF14」を快適に遊べるので、PCゲームを遊んでみたいという方に最適です。

『Radeon』を搭載しているため動画編集を行うのに向いており、動画のエンコード時間が短く、編集後すぐに動画をアップロードできます

PCゲームに触れてみたい方や動画編集を行う方におすすめです。

家庭用ゲーム機のゲーム配信を行うなら「NEXTGEAR JG-A5A60(配信向け/AVerMedia推奨モデル)」

  • CPU:Ryzen 5 4500 
  • GPU:Radeon RX 7600
  • メモリ:16GB
  • SSD:1TB
  • 付属品①キャプチャーボード「AVerMedia GC551G2」
  • 付属品②モニター「iiyama GB2470HSU-B5A」
169,800

メリット・デメリット紹介

  • キャプボとモニターを購入する手間が省ける
  • 最新ゲームも遊べるスペック
  • ゲーム配信・動画編集に最適
  • 配信を行わない方には不要

家庭用ゲーム機のゲーム配信を行いたいという方には「NEXTGEAR JG-A5A60(配信向け/AVerMedia推奨モデル)」がおすすめです。

キャプボとモニターがセットになっているモデルなので、届いたPCとPS4やSwitchを繋げればそれだけで配信可能になります。

キャプボの有名メーカーAVerMediaが推奨しているスペックなので、最新ゲームも配信しながら快適に遊べます

PCではなくPS4/5やSwitchのゲーム配信を行いたいという方におすすめです。

コスパの良いクリエイティブモデルなら「DAIV FM-A5A60」

  • CPU:Ryzen 5 7500F
  • GPU:Radeon RX 7600
  • メモリ:32GB
  • SSD:1TB
229,900

メリット・デメリット紹介

  • イラストや動画編集に最適なクリエイティブに最適
  • PCゲームも快適にプレイ可能
  • メモリ32GBなので編集ソフトが安定して動作する
  • 3DCGの製作には向いていない

コスパ良くクリエイティブ作業に最適なPCが欲しいなら「DAIV FM-A5A60」がおすすめです。

イラストや動画編集といったクリエイティブ作業に適した構成となっており、メモリ32GBを搭載しているため編集ソフトがサクサク動きます

最新のPCゲームも遊べるので、作業の息抜きに遊びたい方にも向いています。

AMDのCPU・GPUを採用しているため相性不良が発生する心配がなく、PCの知識が無い方でも安心して使えます。

相性の良いCPU・GPUを搭載した画像や映像コンテンツに強いPCを求めている方におすすめです。

Radeonの評判に関するよくある質問

『Radeon』はPCゲームができない?

『Radeon』を搭載したモデルでもPCゲームはプレイ可能です。

最新ゲームも快適にプレイできるため、コスパ良くPCゲームを遊びたい方に向いています。

レイトレーシング機能は使えない?

『Radeon』でもレイトレーシング機能は利用可能です。

ただし、性能的にNvidia製には劣ります。

『Radeon』が得意な作業は何ですか?

『Radeon』は画像処理や動画編集等の用途に向いています。

VRChatとの相性が悪い?

『Radeon』と「VRChat」の相性はあまり良くありません。

ただし、プレイできないほど悪いわけではありません。

ドライバーが良くないって本当?

一昔前に採用されていたドライバーはあまり良い評判ではありませんでしたが、現在は改善しています。

Radeonはやめとけという噂はある?まとめ

管理人

記事のまとめはこちら!

  • 『Radeon』はコスパが良い
  • レイトレーシング機能や3DCGを描画するのが苦手
  • 「やめとけ」という検索候補は気にしなくて良い

『Radeon』は同性能帯のGPUと比較して安価で消費電力が低いため、コスパの良いGPUです。

レイトレーシング機能や3DCGを描画するのがNvidia製GPUより苦手なものの、それらの機能を使わないのであれば快適にPCゲームや動画編集が行えます。

検索候補に「やめとけ」と出てくるのはGoogleの仕様であり、他ブランドのGPUでも出現するワードなので気にする必要はありません。

当サイトではゲーミングPCのセール情報・おすすめモデルを紹介していますので、あわせて参考にしてください。

あわせて読みたい
ゲーミングPCのセール情報【5月最新】 おすすめモデルやお得な時期も解説! 常時開催中のおすすめセールはこちら! とにかくコスパにこだわるならフロンティア週間セール クリエイターPCやビジネス向けも対象マウスコンピューターセール カスタム...
目次