RTX4070Tiの性能・スペックまとめ 他のグラボとの性能比較やベンチマークも紹介!

管理人

記事の要点はこちら!

RTX4070Tiは2023年発売の最新世代RTX40シリーズのグラボで、RTX4070よりパワーアップした高いグラフィック性能を持っています。

この記事ではRTX4070Tiの性能RTX4070Tiの評価・レビューを詳しく解説しています。

RTX4070Ti搭載おすすめモデルやRTX4070Tiと相性の良いCPUも紹介しているので、RTX4070Tiを購入する際の参考にしてください。

以下では現行最新GPU「GeForce RTX 40 SUPER」の性能比較について解説していますので、あわせて参考にしてください。

あわせて読みたい
GeForce RTX 40 SUPERの性能比較まとめ 各グラボの価格や発売時期についても解説! 記事の要点はこちら! 「GeForce RTX 40 SUPER」の発売日・価格 「GeForce RTX 40 SUPER」の性能比較 「GeForce RTX 40 SUPER」のグラボ別の性能について 「GeForce RTX...
目次

RTX4070Tiの性能・スペックやベンチマーク

GPU名称GeForce RTX 4070TiGeForce RTX 4070
NVIDIAアーキテクチャAda LovelaceAda Lovelace
NVIDIA CUDA コア76805888
ブースト クロック (GHz)2.612.48
標準メモリ構成12 GB GDDR6X12 GB GDDR6X
メモリ
インターフェイス幅
192 ビット192 ビット
レイトレーシング コア第 3 世代
93 TFLOPS
第 3 世代
67 TFLOPS
Tensorコア第4世代
641 AI TOPS
第4世代
466 AI TOPS
ベースクロック(MHz)23101920
ブーストクロック(MHz)26102480
最大解像度
リフレッシュ レート
4K 240Hz
8K 60Hz
4K 240Hz
8K 60Hz
平均消費電力 (W) 226186
総グラフィックス
パワー (W)
285200
発売日2023/12023/4

ミドルハイクラスのRTX4070TiはWQHD・高設定や4Kでのゲームプレイに最適です。

CUDAコアやレイトレーシングコア数がRTX4070より増えており、より高いグラフィック性能を持っています。

メモリの増加はありませんが、12GB搭載でクリエイティブな作業も快適にできます。

フルHDのみで使用する場合は性能を持て余してしまうほどです。

価格は約12万程度で、推奨電源容量が700W以上と大きい点は気を付けてください。

RTX4070Tiのベンチマーク

RTX4070Tiベンチマークスコア
※フルHDのスコア
サイバーパンク 2077
148fps
エルデンリング
167fps
パルワールド
164fps
Grand Theft Auto V
157fps
Apex Legends
300fps

RTX4070Tiでは重量級ゲームでもフルHDなら144fps以上で快適に遊べます

フルHDなら、144Hz以上対応のモニターを使わなければRTX4070Tiの性能を引き出せません

さらに『Apex Legends』などの軽量級ゲームは300fpsになり、オーバースペックです。

WQHDモニターを使用している方や重量級ゲームを高フレームレートで遊びたい方に最適なグラボです。

当サイトでは、人気ゲームタイトルの推奨スペック・おすすめPC記事を多数公開していますので、あわせて参考にしてください。

あわせて読みたい
『サイバーパンク2077』おすすめゲーミングPC&推奨スペック紹介 4Kを目指すならハイエンドモデルが必須! 記事の要点はこちら! 『サイバーパンク2077』おすすめゲーミングPC 『サイバーパンク2077』の推奨スペック・必要なグラボ 『サイバーパンク2077』グラボ別のfps値一覧...
あわせて読みたい
PC版『エルデンリング』の推奨スペック・おすすめゲーミングPCまとめ ベンチマークとPS5以上の環境で遊... 記事の要点はこちら! PC版『エルデンリング』の推奨スペック・必要なグラボ PC版『エルデンリング』のグラボ別ベンチマーク PC版『エルデンリング』おすすめゲーミング...
あわせて読みたい
パルワールドのゲーミングPCおすすめモデル&推奨スペック紹介 グラボなしでもプレイできる? 記事の要点はこちら! 『パルワールド』用ゲーミングPCのおすすめ 『パルワールド』の推奨スペック 『パルワールド』のグラボ別のフレームレート 『パルワールド』向け...

RTX4070Tiでできること・できないこと

できること
  • WQHDや4Kで快適なゲームプレイ
  • レイトレーシングとDLSS
  • 3DモデリングやVRゲーム
  • 高画質VTuber配信
できないこと
  • 最高設定での4Kゲーム
  • NVIDIA SLIなどのマルチGPU
  • コンパクトなケースに入らない

RTX4070TiはWQHD・高設定や4Kで高フレームレートでの快適なゲームプレイを楽しめます。

最新技術のDLSSを利用すれば、レイトレーシングONでも100fps以上で快適にプレイできます

グラフィック性能が高いため、複数のソフトを同時起動するVTuberのゲーム配信でも高画質で配信可能です。

しかし、RTX4070Tiでも4Kで最高設定にするとfpsが低下してしまいます

WQHD&4Kでゲームをプレイする方やVTuberなど高負荷な配信を行う方におすすめです。

4K・高設定かつ高フレームレートでゲームしたい方やコンパクトPCを作りたい方にはおすすめできません。

MSI
¥126,999 (2024/03/09 07:53時点 | Amazon調べ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonで商品を見る

RTX4070Tiの性能比較

GPU3DMARKTGPメモリ価格
RTX409036298450W24GB$1,599
RTX408028098320W16GB$1,199
RTX4070Ti22597285W 12GB$799
RTX4070 17214 200W12GB$599
RTX4060Ti13375 140W8GB/16GB$399
RTX406010339110W8GB$299
価格は2024年3月時点の情報です

RTX4070TiはRTX40シリーズでミドルハイクラスに位置付けられています。

RTX4070TiはRTX4070より3DMARKのスコアは約1.3倍、RTX4060Tiからは約1.7倍高いスコアです。

高い性能に比例して消費電力も高いですが、同じ利用シーンではRTX30シリーズよりも省電力です。

価格は10万円を超えますが、これから主流になるWQHD解像度で5年程度は快適に使用できるグラボです。

WQHDで快適にゲームしたい方におすすめです。

MSI
¥126,999 (2024/03/09 07:53時点 | Amazon調べ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonで商品を見る

RTX4070Tiの評価・レビュー

良い評価
  • 高性能
  • 4K動画再生が快適
  • 排熱が少なく静か
悪い評価
  • 他パーツも高性能が必要
  • 値段が高い
  • 本体サイズが大きい

RTX4070Tiの良い評価には性能の高さが多く見られます。

性能に余裕があるため、廃熱も少なくファンも低回転で済むので静音性も高いと評価されています。

悪い評価は圧倒的にサイズの大きさについてが多く、値段が高いことも挙げられています。

サイズについては買う前にPCケースの対応グラボサイズを確認の上、少し余裕を持ったサイズのグラボを選びましょう。

セール時期には割引されるので、待てる場合はセール時に買うのがおすすめです。

MSI
¥126,999 (2024/03/09 07:53時点 | Amazon調べ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonで商品を見る

RTX4070Tiと相性の良いおすすめCPUは?

NVIDIA公式より引用
価格重視なら
  • Ryzen 5 7600
  • Core i5-14600K
スペック重視なら
  • Ryzen 9 7900X3D
  • Core i9-14900

RTX4070Tiは非常に高性能なグラボのため、CPUもその性能に釣り合う必要があります。

CPUとグラボのバランスが悪いと、CPUがボトルネックとなりグラボの性能を100%使えません

結果として、フレームレートの低下やソフトの起動が遅くなったり、動作が安定しなかったりと性能の低下が発生してしまいます。

そのため、CPUが足を引っ張らないように上記のようなCPUを選ぶことが大切です。

予算や求める性能と比較してCPUを選択しましょう。

RTX4070Tiを搭載するおすすめモデル

RTX4070Tiは高画質設定や高フレームレートを求める方やよくクリエイティブな作業を行う方に最適なグラボです。

性能が高い分、価格も高いため慎重にPCを選ぶ必要があります。

この項目ではおすすめのゲーミングPCを1つ紹介します。

おすすめモデルの選定基準は?
  • 初心者でも使いやすいモデルであること
  • 短期でなく長期で使えること
  • 各モデル帯の中でもコスパの高いモデルを選出

G-Tune JG-A7G7A

価格:299,800

コスパ
耐用年数

おすすめ用途
ゲームやクリエイター用の
ソフトを快適に動かしたい
コスパを重視する
CPURyzen 7 7700
グラボGeForce RTX 4070 Ti SUPER
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD

メリット・デメリット紹介

  • ゲーム・配信・動画編集・生成AIなど何でもできる
  • USBポートが14個あって拡張性抜群
  • スロットイン方式の光学ドライブ搭載
  • 価格が高い
  • ガラスパネルとLEDファンがカスタマイズ

PCで幅広いことがしたいなら「G-Tune FZ-A7G7T」がおすすめです。

フルHDから4Kまでのどの解像度でも快適にゲームが楽しめます。

USBポートが豊富なので左手デバイスやカメラなどの拡張性が高く、USBハブを使用しないので安定して利用可能です。

光学ドライブも標準搭載のため、特殊なソフトでもCDドライブからダウンロードできます。

ミドルハイクラスのグラボ&8コアで一番性能が高いCPUで性能不足を感じる場面はほとんどありません。

WQHD以上でゲームを快適にしたい方やクリエイティブな作業をがっつりと行う方におすすめです。

RTX4070Tiの性能・スペックに関するよくある質問

RTX4070Tiはどのようなゲームに向いていますか?

WQHDや4Kでのゲームプレイに向いています。

フルHDなら非常に高いフレームレートでプレイ可能です。

RTX4070Tiで動画編集などクリエイティブな作業はできますか?

12GBメモリ搭載で、クリエイティブな作業にも向いています。

生成AIや4K・8Kの動画編集などしっかりと行えます。

RTX 4070Tiの消費電力はどれくらいですか?

平均消費電力は 285Wです。

一部のモデルでは補助電源コネクタが8ピンケーブル1本からの給電で済むため、電源の選択肢が豊富です。

RTX 4070は最新技術のレイトレーシングやDLSSに対応していますか?

RTX 4070は第3世代のレイトレーシングコアを搭載しています。

DLSSは3.0が対応しており、対応するゲームではフレームレートの大幅な向上が可能です。

RTX4070Tiは4Kでゲームできますか?

最高設定やレイトレーシングONではフレームレートが減少します。

しかしDLSSの使用により、多くのゲームは快適にプレイできます。

RTX4070Tiの性能・スペックまとめ

管理人

記事のまとめはこちら!

  • RTX4070TiはWQHDや4Kでのゲームプレイに最適
  • グラボ本体は約13万円、搭載PCは約29万円の予算が必要
  • WQHD以上の環境でゲームする方やクリエイティブな作業をよく行う方におすすめ

RTX4070Tiは、WQHDや4Kでのゲームが快適に行えるグラボです。

価格は本体だけでも13万円と高額ですが、5年以上は使用できる性能を持っています。

高解像度&高フレームレートでゲームしたい方やがっつりとクリエイティブな作業を行う方におすすめです。

MSI
¥126,999 (2024/03/09 07:53時点 | Amazon調べ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonで商品を見る

以下ではRTX40シリーズを含むゲーミングPCの最新セール情報をまとめていますので、こちらも参考にしてください。

あわせて読みたい
ゲーミングPCのセール情報【4月最新】 おすすめモデルやお得な時期も解説! 常時開催中のおすすめセールはこちら! とにかくコスパにこだわるならフロンティア週間セール クリエイターPCやビジネス向けも対象マウスコンピューターセール カスタム...
目次