PC版『龍が如く8』おすすめゲーミングPC&推奨スペック紹介 Steam版ならではの違いはある?

龍が如く8 おすすめパソコン
管理人

記事の要点はこちら!

『龍が如く8』の推奨スペックは高く、2年前に発売された「RTX 2060」が要求されるタイトルです。

快適に遊ぶためには17万円の予算が必要で、MODありで快適に動作するには「RTX 4060」以上のグラボが必要です。

この記事では龍が如く8のおすすめPC龍が如く8の推奨スペックについて詳しく解説しています。

ゲーミングPC初心者の方にもわかりやすいように解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

モデル名画像グラボ価格スペック寿命の長さ
GALLERIA
RM5C-R46
RTX 4060約17万円最新ゲームでも
1~2年は快適
GALLERIA
RM5C-R46T
RTX4060Ti約19万円 最新ゲームでも
3年以上快適
GALLERIA
XA7C-R47T
RTX4070Ti 約31万円最新ゲームでも
3年以上快適
GALLERIA
XL7C-R46
RTX4060約24万円最新ゲームでも
3年は快適

用途別&価格別に紹介!

『龍が如く8』のおすすめMODについて解説した記事もありますので、あわせて参考にしてみてください。

あわせて読みたい
『龍が如く8』おすすめMOD一覧を紹介 導入方法についても画像付きで解説!【便利・見た目変更】 『龍が如く8』では、服装を変更したり経験値の倍率を操作したりなど、便利なMODが志願者により提供されています。 この記事では『龍が如く8』のおすすめMODや、MODの導...
目次

PC版『龍が如く8』おすすめゲーミングPC

おすすめモデルの特徴はこちら!

この項目ではおすすめのデスクトップPCを3台、ノートパソコンを1台紹介していきます。

各モデルで遊べる環境や出力できる最大fps値が異なるため、自分の予算と相談しておすすめモデルをチェックしましょう。

おすすめモデルの選定基準は?
  • 信頼できるメーカーのモデルであること
  • 推奨スペックを超えていて、短期でなく長期で使えること
  • 各モデル帯の中でもコスパの高いモデルを選出

ゲーミングPCに関して、知っておくと記事の理解がさらに深まる知識をまとめています。
気になる用語があればクリックしてみてください。

CPUの役割

CPUは「Central Processing Unit」の略で、プログラムの実行やデータの処理を行うパーツです。

いわばPCの「脳みそ」にあたり、CPUの性能が高くなると、重く負荷の高いゲームでも快適に遊べるようになります。

以下では雑談配信に必要なPCスペックやCPUについて詳しく解説していますので、気になる方はチェックしてみてください。

あわせて読みたい
雑談配信に必要なPCスペックやCPUは? ノートパソコンでも配信はできる? 記事の要点はこちら! 雑談配信に必要なPCスペックは? ノートパソコンでも雑談配信はできる? 雑談配信におすすめなパソコン一覧 雑談配信用にはグラボが必要なく、CPU...

推奨スペック以上で遊ぶなら「RTX4060搭載PC」

NEXTGEAR JG-A5G60

価格:129,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途PC初心者向け
RTX40搭載最安値
CPUAMD Ryzen 5 4500
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ1TB(NVMe)

メリット・デメリット紹介

  • PS5以上の環境で遊べる
  • 『龍が如く8』を快適に遊べるゲーミングPCの中では安価
  • ゲーミングPC初心者の方におすすめ
  • 処理が重い最新ゲームはプレイが難しい

なるべく予算を抑えたい方には、推奨スペックを超えるマシンパワーがある「RTX4060搭載PC」がおすすめです。

PS5以上の環境かつ、MODや詳細な画質設定などPCならではの要素で『龍が如く8』を楽しめます。

『龍が如く8』を快適に遊べるゲーミングPCの中では安価なモデルですが、最新ゲームも設定を落とせば遊べます。

高画質で遊べるスペックなら「RTX4060Ti搭載PC」

NEXTGEAR JG-A5G6T

マウスコンピューター NEXTGEAR

価格:144,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途ゲーミングPC初心者
コスパの高いモデル
CPURyzen 5 4500
グラボGeForce  RTX 4060 Ti
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD

メリット・デメリット紹介

  • 高画質設定でも安定&配信でもプレイ可能
  • コストパフォーマンスに優れたパーツ構成
  • MODを入れて『龍が如く』を快適に遊べる
  • PS5と比較するとかなり高価

『龍が如く8』を高画質設定で快適に遊びたい方には「RTX4060Ti搭載PC」がおすすめです。

コスパに優れたパーツ構成で、『龍が如く』にMODを導入しても快適に動作します。

このモデルならCPU性能が高いため、配信をしながら遊んでも画質をキープできるマシンパワーがあります。

PS5と比べると価格が高くなってしまいますが、PCならではの画質設定や配信・動画編集などマルチな遊び方が可能です。

4K解像度で遊べるゲーミングPC「RTX4070Ti搭載PC」

GALLERIA XA7C-R47T

価格:313,980円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途4K解像度・VRゲーム・ゲーム配信
CPUCore i7-14700F
グラボGeForce RTX 4070 Ti 16GB
メモリ32GB
ストレージ1TB Gen4 SSD

メリット・デメリット紹介

  • 4K解像度でもプレイできる
  • 録画や配信をしながらでも快適に遊べる
  • 処理が重い様々な最新ゲームもプレイ可能で将来性も高い
  • 単に龍が如く8を遊ぶだけならオーバースペック

4K解像度で『龍が如く8』をプレイしたい方には、「RTX4070Ti搭載PCがおすすめです。

最安値のモデルと比べると価格が高くなりますが、配信や録画をしながら快適にゲームをプレイ可能です。

VRゲームなどの処理が重いゲームも快適に遊べるので、PCでしか遊べないタイトルを多数楽しめます。

最新ゲームを3年は最高画質で遊べるスペックがあるため、長持ちするゲーミングPCが欲しい方にもおすすめです。

Dell
¥35,800 (2024/05/21 20:14時点 | Amazon調べ)

4Kで遊ぶには4Kモニターを別途用意する必要があるので、合わせて用意しておきましょう。

ノートPCでもPS5以上の性能「RTX4060搭載ノートPC」

GALLERIA XL7C-R46

価格:241,980円

コスパ
PC性能としての耐用年数
おすすめ用途FPS入門・最新ゲーム
CPUCore i7-13700H
グラボGeForce RTX 4060 8GB
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ディスプレイ144Hz 15.6インチ FHD非光沢

メリット・デメリット紹介

  • ノートPCでも『龍が如く8』を快適に遊べる
  • PS5以上のスペック
  • 持ち運んで好きな場所でゲームを楽しめる
  • 同価格帯のデスクトップPCと比べると性能が劣る

『龍が如く8』を快適に遊べるノートPCを探している方には「RTX4060搭載ノートPC」がおすすめです。

RTX4060搭載ノートPC」は持ち運んで好きな場所で『龍が如く8』をPS5以上の環境を楽しめます。

144Hzディスプレイが搭載されており場所を取らないので、デスクトップの置き場所がない方や出先でのサブPCにも最適です。

同価格帯のデスクトップと比べると性能が劣りますが、モニターやキーボードを購入する必要がない分コスパが良いです。

PC版『龍が如く8』の推奨スペック・必要なグラボ

『龍が如く7 外伝』steam商品ページより引用

『龍が如く8』の推奨スペックはまだ公開されておらず、参考として『龍が如く7 外伝』の推奨スペックを紹介します。

『龍が如く7 外伝』の推奨スペックでは「RTX 2060」を要求しており、PCゲームの中では高めの水準です。

MODの導入等を考えるとより高性能なグラボが必要なので、実際に快適にプレイできるスペックを確認しておきましょう。

最低スペック・最低動作環境

管理人

このスペックでゲームは快適に遊べません…

CPUIntel Core i5-3470/AMD Ryzen 3 1200
メモリ8GB
GPUGeForce GTX 960/Radeon RX 460
『龍が如く7 外伝』steam商品ページより引用

『龍が如く7 外伝』の最低スペックでは、2015年に発売された「GTX 960」が要求されています。

最低スペックの水準は低く設定されていますが、ゲームが最低限起動して動くだけの要求なので注意しましょう。

少なくとも上記の最低スペックの性能では、PS5どころかPS4以下の環境になってしまいます。

推奨スペック・推奨動作環境

管理人

より高いスペックだと将来性があります!

CPUIntel Core i7-4790/AMD Ryzen 5 1600
メモリ8GB
GPUGeForce RTX 2060/Radeon RX Vega 56
『龍が如く7 外伝』steam商品ページより引用

『龍が如く7 外伝』の推奨スペックでは、「RTX 2060」が要求されています。

「RTX 2060」は2019前に発売された現役のグラボで、PCゲームの中でも要求スペックが高い部類になります。

『龍が如く8』ではさらに要求スペックが上がる可能性もあるので、余裕を持った環境を用意するのがおすすめです。

当サイトが考える真の推奨スペック

管理人

予算は12万円必要になります!

CPURyzen 5 4500 / Core i5-12400
メモリ16GB
GPUGeForce RTX 4060 8GB

『龍が如く8』を快適にプレイしたい方は、上記以上の環境を用意しましょう。

RTX4060」以上のグラボを選べば、高画質設定でもPS5以上の環境で快適に遊べます。

MODを沢山入れて『龍が如く8』を楽しみたい方は、「RTX4060」以上のグラボを検討してみてください。

用途別&価格別に紹介!

Steam版『龍が如く8』ならではの違い・内容はある?

『nexusmods』ダウンロードページより引用

PC版ならではの要素は?
  • PC版ならMODを導入して遊べる
  • PS5以上に詳細な画質設定、最大解像度の高さを味わえる
  • ゲームの内容に関わる違いは無い

『龍が如く』のPC版とPS4・PS5・XBOX版の大きな違いはMODの有無です。

PC版の『龍が如く』シリーズではMODを導入して、好きなようにゲームをカスタマイズできます。

例えば主人公を過去作で登場した桐生一馬や真島吾朗、別ゲーのキャラに変更することも可能です。

他にも戦闘システムの利便性を向上させたり、スキルをすべて取得したりと自由自在に遊べます。

MOD以外にもfpsや遅延の差があるので、『龍が如く8』を最大限遊びたい方にはPC版がおすすめです。

用途別&価格別に紹介!

PC版『龍が如く8』向けゲーミングPCの選び方・要点まとめ

選び方の要点はこちら!

  • 予算は最低でも16万円必要
  • MODを入れて快適に遊ぶためには「RTX 4060」が必要
  • 歴代シリーズを遊びたい方はストレージ容量に注意

この項目では『龍が如く8』向けのゲーミングPCの選び方を3選紹介しています。

『龍が如く8』は要求スペックが高く、MODを考慮するとグラボを妥協できないタイトルです。

『龍が如く8』に最適なゲーミングPCの選び方を詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

予算は17万円以上が最低でも必要

GALLERIA RM5C-R46

価格:167,979円

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途初めてのゲーミングPC購入
とにかく格安でPCゲームを遊びたい
CPUCore i5-14400F
グラボGeForce RTX 4060 8GB
メモリ16GB
ストレージ500GB Gen4 SSD

『龍が如く8』を快適にプレイするためには最低でも17万円の予算が必要です。

「RTX 4060」以上のグラボがあれば、高画質設定でも快適に遊べます。

4K解像度やMODを導入してのプレイを考えている方は、「RTX 4060」以上のグラボを検討してみてください。

PS5以上の環境でPC版ならではの要素を遊ぶなら「RTX4060Ti」以上が必要

『龍が如く8』は要求スペックが高く、PS5以上の環境でプレイするためにはグラボの性能が重要です。

GALLERIA RM5C-R46T

価格:185,980円

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途FPSゲーム入門の方
最新ゲームを遊びたい方向け
CPUCore i5-14400F
グラボGeForce RTX 4060 Ti 8GB
メモリ16GB
ストレージ500GB Gen4 SSD

PC版ならではのMODを導入して快適に遊ぶためには、「RTX 4060 Ti」以上のグラボを用意しましょう。

グラボを妥協してMODを導入すると、PS5以下の環境でプレイすることになるので注意してください。

歴代シリーズも合わせて遊ぶならストレージ容量には注意

『龍が如く7 外伝』公式サイトより引用

『龍が如く』シリーズは作品数が多く、ナンバリングタイトルはストーリーも続いているため、歴代シリーズを遊ぶと最新作をより楽しめます。

ただし過去作をすべてインストールするには、大量のストレージ容量が必要です。

『龍が如く』シリーズは1タイトルで約20GB前後の容量が必要なので、できるだけストレージが多いモデルを選びましょう。

用途別&価格別に紹介!

PC版『龍が如く8』おすすめPC・推奨スペックに関するよくある質問

『龍が如く7』を遊べれば『龍が如く8』は遊べる?

『龍が如く7』ではグラボにGeForce GTX 1060を要求していましたが、『龍が如く7 外伝』の推奨スペックでは「RTX 2060」を要求しています。

『龍が如く7』が少しでも重いと感じる方はスペック不足なので、必ず『龍が如く7 外伝』以上のスペックが必要です。

『龍が如く8』をノートパソコンで遊ぶには何が必要?

ノートパソコンで遊ぶ場合、RTX4060・RTX4050などの最新グラフィックボードを搭載したゲーミングノートPCが必要です。

『龍が如く8』のおすすめハードは?

MODが導入出来て快適なPC版がおすすめです。

『龍が如く8』の発売日は?

2024年上旬に発売予定です。

『龍が如く8』の時系列は?

『龍が如く8』は『龍が如く7』から数年後の時系列です。

用途別&価格別に紹介!

PC版『龍が如く8』おすすめゲーミングPC・推奨スペックのまとめ

管理人

記事のまとめはこちら!

  • 快適にプレイするためには最低でも17万円の予算が必要
  • MODを入れてPC版ならではの要素を楽しむには「RTX 4060」以上が必要
  • 4K解像度で快適に遊ぶためには「RTX 4070」以上が必要

『龍が如く8』を快適にプレイするためには「RTX 4060」以上のゲーミングPCが必要で、予算は最低17万円です。

MODを入れて快適に遊びたい方は「RTX 4060」、4K解像度で遊びたい方は「RTX 4070」以上のグラボを選びましょう。

モデル名画像グラボ価格スペック寿命の長さ
GALLERIA
RM5C-R46
RTX 4060約17万円最新ゲームでも
1~2年は快適
GALLERIA
RM5C-R46T
RTX4060Ti約19万円 最新ゲームでも
3年以上快適
GALLERIA
XA7C-R47T
RTX4070Ti 約31万円最新ゲームでも
3年以上快適
GALLERIA
XL7C-R46
RTX4060約24万円最新ゲームでも
3年は快適

用途別&価格別に紹介!

『龍が如く8』のおすすめMODについて解説した記事もありますので、あわせて参考にしてみてください。

あわせて読みたい
『龍が如く8』おすすめMOD一覧を紹介 導入方法についても画像付きで解説!【便利・見た目変更】 『龍が如く8』では、服装を変更したり経験値の倍率を操作したりなど、便利なMODが志願者により提供されています。 この記事では『龍が如く8』のおすすめMODや、MODの導...
目次