『鉄拳8』おすすめゲーミングPC&推奨スペック紹介 必要なグラボは?予算はいくら?

鉄拳8 おすすめゲーミングPC
管理人

記事の要点はこちら!

『鉄拳8』は格闘ゲームの中では推奨スペックが高く設定されているタイトルで、「RTX 2060」を要求しているタイトルです。

高画質設定の60fps張り付きで快適に遊ぶためには17万円程度の予算が必要で、最安値のゲーミングPCでは快適に遊べません。

この記事では『鉄拳8』のおすすめゲーミングPC『鉄拳8』の推奨スペックについて詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

モデル名画像グラボ価格スペック寿命の長さ
NEXTGEAR
JG-A5G1D
マウスコンピューター NEXTGEARRTX 4060約13万円最新ゲームでも
1~2年は快適
NEXTGEAR
JG-A5G6T
マウスコンピューター NEXTGEARRTX4060Ti約14万円 最新ゲームでも
3年以上快適
NEXTGEAR
JG-A7G7A
マウスコンピューター NEXTGEARRTX4070Ti
SUPER
約29万円最新ゲームでも
3年以上快適
NEXTGEAR
J6-A7G60GN-A
RTX4060約15万円最新ゲームでも
3年は快適

ノートPCモデルを詳しく知りたい!という方は『鉄拳8おすすめゲーミングノートPC』記事をチェックしてみてください。

用途別&価格別に紹介!

目次

『鉄拳8』おすすめゲーミングPC

おすすめモデルの特徴はこちら!

この項目では『鉄拳8』におすすめのデスクトップゲーミングPCを3台、ゲーミングノートPCを1台紹介していきます。

各モデルで遊べる環境や出力できる最大fps値が異なるため、自分の予算と相談しておすすめモデルをチェックしましょう。

おすすめモデルの選定基準は?
  • 信頼できるメーカーのモデルであること
  • 推奨スペックを超えていて、短期でなく長期で使えること
  • 各モデル帯の中でもコスパの高いモデルを選出

推奨スペック以上でフレームを落とさない「RTX4060搭載PC」

NEXTGEAR JG-A5G60

価格:129,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途PC初心者向け
RTX40搭載最安値
CPUAMD Ryzen 5 4500
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ1TB(NVMe)

メリット・デメリット紹介

  • 『鉄拳8』を高画質60fps張り付きで遊べる
  • コストパフォーマンスに優れたパーツ構成
  • PS5以上の環境で『鉄拳8』を楽しめる
  • 将来性に関しては他のモデルと比較して劣る

『鉄拳8』を快適かつ格安でプレイしたい方には、「RTX4060搭載PC」がおすすめです。

「RTX4060搭載PC」は『鉄拳8』の推奨スペックを上回っており、高画質設定でも60fps張り付きが可能な性能を持っています。

コストパフォーマンスに優れたパーツ構成をしており、PS5以上の環境で低遅延の『鉄拳8』を楽しめます。

格闘ゲームジャンルでPC版を遊ぶならとにかく低遅延を目指すべきなので、合わせて144Hzゲーミングモニターも用意しておきましょう。

ベンキュージャパン
¥30,000 (2024/04/07 18:30時点 | Amazon調べ)

配信やMODの導入でも快適「RTX4060 Ti搭載PC」

NEXTGEAR JG-A5G6T

マウスコンピューター NEXTGEAR

価格:144,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途ゲーミングPC初心者
コスパの高いモデル
CPURyzen 5 4500
グラボGeForce  RTX 4060 Ti
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD

メリット・デメリット紹介

  • 動画視聴や配信をしながらでも快適に『鉄拳8』を遊べる
  • MODを導入しても快適に『鉄拳8』をプレイできる
  • 他の最新ゲームも快適に遊べる
  • 4Kで快適に遊ぶにはさらに上のモデルが望ましい

マルチタスクをしながらでも『鉄拳8』を快適に遊びたい方には、「RTX4070搭載PC」がおすすめです。

「RTX4060 Ti搭載PC」は配信やMODを導入しても『鉄拳8』を高画質60fps張り付きで快適にプレイできます。

動画を視聴しながらでも快適にプレイできるので、コンボの解説を見ながら練習をすることも可能です。

処理が重い最新ゲームも快適に遊べる性能を持っており、長持ちするPCが欲しい方におすすめです。

4K解像度かつMODを導入できるスペック「RTX4070Ti SUPER搭載PC」

G-Tune JG-A7G7A

価格:299,800

コスパ
耐用年数

おすすめ用途
ゲームやクリエイター用の
ソフトを快適に動かしたい
コスパを重視する
CPURyzen 7 7700
グラボGeForce RTX 4070 Ti SUPER
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD

メリット・デメリット紹介

  • 4K解像度60fps張り付きで『鉄拳8』を快適に遊べる
  • マルチタスクをしながら『鉄拳8』を4Kでプレイできる
  • 『鉄拳8』をプレイするうえで困ることがなくなる
  • 重量級の最新ゲームも快適に遊べる
  • ゲーミングPCの中でも高価なモデル

ゲーミングPCの性能に妥協を許さない方には、「RTX4070TiSUPER搭載PC」がおすすめです。

「RTX4070Ti搭載PC」は『鉄拳8』を4K解像度で60fps張り付きができる性能を持っています。

配信やMODを導入しながらでも4K解像度で『鉄拳8』を快適にプレイでき、『鉄拳8』をプレイする上で困ることがなくなります。

最新の VRゲームや処理が重いオープンワールドMMOも快適に遊べるので、様々なゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

ゲーミングPCの中でも高価なモデルですがその分性能もトップクラスなので、環境に妥協をしたくない方は検討してみましょう。

ノートパソコンでも高Hzで低遅延「RTX4060搭載ノートPC」

NEXTGEAR J6-A5G60GN-A

価格:149,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途場所を選ばずゲームしたい
CPURyzen 5 7535HS
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ディスプレイ165Hz対応16型液晶

メリット・デメリット紹介

  • 持ち運んで好きな場所で『鉄拳8』を遊べる
  • 『鉄拳8』の推奨スペックを超える性能
  • 144Hz対応モニター搭載でモニターを購入する必要がない
  • ストレージ容量が少ない

「RTX4060搭載ノートPC」は『鉄拳8』の推奨スペックを超える性能を持っているゲーミングノートPCです。

『鉄拳8』をPS5以上の低遅延高Hz環境でプレイ可能で、設定次第で60fps張り付きも狙える性能を持っています。

144Hz対応モニター搭載でコンパクトなので、持ち運んで好きな場所でゲームを楽しめます。

コスパに優れていますが、ストレージ容量が少ないので様々なゲームを楽しみたい方はストレージの増量をしましょう。

『鉄拳8』の推奨スペック・必要なグラボ

『鉄拳8』公式サイト・ベータテストより引用

『鉄拳8』の推奨スペックは最新ゲームと比較しても高く、RTX2060を推奨スペックで要求しています

グラボの性能は妥協できないタイトルなので、最低スペック・推奨スペックについてチェックしていきましょう。

最低スペック・最低動作環境

管理人

このスペックでゲームは快適に遊べません…

CPUIntel Core i5-6600
AMD Ryzen 5 2600
メモリ8GB
GPUNvidia GeForce GTX 970
AMD Radeon RX 470
『鉄拳8』公式サイト・ベータテストより引用

『鉄拳8』の最低スペックでは、2014年発売の「GTX 970」が要求されています。

最低スペックはゲームが起動して動くだけのスペックなので、「GTX 970」で快適に『鉄拳8』を遊ぶのは不可能です。

少なくとも上記のパーツ構成では、PS4以下の環境になってしまうので注意してください。

推奨スペック・推奨動作環境

管理人

より高いスペックだと将来性があります!

CPUIntel Core i7-7700K
AMD Ryzen 5 3600
メモリ16GB
GPUNvidia GeForce RTX 2060
AMD Radeon RX Vega 64
『鉄拳8』公式サイト・ベータテストより引用

『鉄拳8』の推奨スペックは高く、現行エントリーモデルレベルの「RTX 2060」が要求されています。

「RTX 2060」以下のグラボではPS5以下の環境になってしまうので、グラボは妥協しないようにしましょう。

コスパが良く快適に遊べるパーツ構成を次の項目で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

当サイトが考える真の推奨スペック

管理人

予算は16万円必要になります!

CPUCore i5-13400F
メモリ16GB
GPUGeForce RTX 4060 Ti 8GB
ここに引用元を記載(URLでリンクを入れる)

『鉄拳8』を快適に遊びたい方には、上記のスペック以上の構成がおすすめです。

高画質設定でどんな状況でも60fps張り付きを目指したい方は、「RTX 4060 Ti 」を検討してみてください。

4KでのプレイやMODの導入を考えている方は、グラボを「RTX 4070」や「RTX 4080」にすると快適に遊べます。

用途別&価格別に紹介!

『鉄拳8』グラボ別のfps値一覧・ベンチマークスコア

『鉄拳8』ベンチマークスコア
RTX 4080
60fps
RTX 4070
60fps
RTX 4060 Ti
60fps
RTX 3070 Ti
60fps
RTX 3060 Ti
60fps
RTX 3060
52~55fps
RTX 3050
48~50fps

CPUはCore-i7-12700,メモリは16GB,フルHD高画質設定の環境でのfps値

『鉄拳8』のベータテスト環境では上記のベンチマークスコアとなっています。

環境やシーン次第でfpsは前後するので、確実に60fps張り付きを狙いたい方は「RTX 4060Ti」を用意しましょう。

配信やMOD導入を検討している方は「RTX 4070」、4K解像度でのプレイを考えている方は「RTX 4080」がおすすめです。

格闘ゲームはfpsや遅延が勝敗に大きく影響するので、自分のプレイスタイルに合わせたスペックのモデルを選びましょう。

用途別&価格別に紹介!

『鉄拳8』向けゲーミングPCの選び方・要点まとめ

選び方の要点はこちら!

  • 予算は最低でも17万円以上が必要
  • 『鉄拳8』の推奨スペック以上のグラボは「RTX3060Ti」「RTX4060」
  • 低遅延環境で遊ぶなら高Hzゲーミングモニターが必要

本格的に『鉄拳8』を始めたい方は、どんなシーンでも60fps張り付きができるスペックを目指しましょう。

PS5版と異なりPCでは自身のスペック次第で環境が変動し、fpsや遅延で勝敗も決まってしまいます。

この項目では『鉄拳8』向けゲーミングPCの選び方・要点まとめを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

予算は17万円以上が最低でも必要

NEXTGEAR JG-A5G60

価格:129,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途PC初心者向け
RTX40搭載最安値
CPUAMD Ryzen 5 4500
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ1TB(NVMe)

『鉄拳8』を快適に遊ぶためには、最低でも12万円以上の予算が必要です。

昨今のPC版格闘ゲームでは60fpsが当たり前なので、本格的に始めるにあたって60fps張り付きは必須です。

「RTX4060搭載PC」であれば、60fps張り付きで快適に『鉄拳8』を遊べます。

推奨スペック以上のグラボは「RTX3060Ti」「RTX4060」が必要

『鉄拳8』は最新ゲームの中でも推奨スペックが高く設定されており、「RTX 2060」が要求されているタイトルです。

現行で『鉄拳8』の推奨スペック以上のグラボは「RTX3060Ti」「RTX4060」です。

どんなシーンでも60fps張り付きを目指したい方は、「RTX4060Ti」以上のグラボを選ぶようにしましょう。

低遅延環境で遊ぶなら高Hzゲーミングモニターが必要

ベンキュージャパン
¥30,000 (2024/04/07 18:30時点 | Amazon調べ)

『鉄拳8』は最大60fpsのゲームですが、モニターの対応Hzもゲームの勝敗に影響します。

モニターの対応Hzが低いとフレームの切り替わりタイミングがずれ込み、遅延が起きてしまいます。

144Hz以上に対応しているゲーミングモニターであれば、遅延の少ない環境でプレイできるのでおすすめです。

用途別&価格別に紹介!

『鉄拳8』おすすめゲーミングPC・推奨スペックに関するよくある質問

『鉄拳8』を最低限快適に遊べるスペックは?

『鉄拳8』を最低限快適に遊ぶためには「RTX 3060Ti」や「RTX4060」を搭載したゲーミングPCが必要です。

『鉄拳8』の推奨スペックは?

『鉄拳8』は推奨スペックで「RTX 2060」を要求しています。

『鉄拳8』に必要な容量は?

公式発表にて100GB以上の容量を要求するとアナウンスされているため、必ずSSDは1TB以上に増設しておくと安心です。

『鉄拳8』は無料でプレイできる?

『鉄拳8』は購入する必要があり無料ではプレイできません。

『鉄拳8』におすすめのアケコンは?

『鉄拳8』におすすめのアケコンはHORI・RAZERなどの有名ブランドのアケコンがおすすめです。

詳しくは『鉄拳8』のおすすめアケコン記事を参考にしてみてください。

用途別&価格別に紹介!

『鉄拳8』おすすめゲーミングPC・推奨スペックのまとめ

管理人

記事のまとめはこちら!

  • 『鉄拳8』を快適にプレイするためには最低でも17万円の予算が必要
  • 配信やMODありで快適に遊ぶためには「RTX 4070」が必要
  • 4K解像度で快適に遊びたい方には「RTX 4080」がおすすめ

『鉄拳8』は最新ゲームの中でも推奨スペックが高く設定されており、グラボの性能は妥協できません。

『鉄拳8』を高画質設定の60fps張り付きで遊ぶためには、最低でも12万円前後の予算が必要です。

配信やMODありで遊びたい方は「RTX 4060 Ti」、4K解像度で快適に遊びたい方は「RTX 4070Ti」を検討してみてください。

モデル名画像グラボ価格スペック寿命の長さ
NEXTGEAR
JG-A5G1D
マウスコンピューター NEXTGEARRTX 4060約13万円最新ゲームでも
1~2年は快適
NEXTGEAR
JG-A5G6T
マウスコンピューター NEXTGEARRTX4060Ti約14万円 最新ゲームでも
3年以上快適
NEXTGEAR
JG-A7G7A
マウスコンピューター NEXTGEARRTX4070Ti
SUPER
約29万円最新ゲームでも
3年以上快適
NEXTGEAR
J6-A7G60GN-A
RTX4060約15万円最新ゲームでも
3年は快適

用途別&価格別に紹介!

目次