フォートナイトおすすめゲーミングノートPCまとめ 最高144fpsで遊べるおすすめモデルを紹介!

フォートナイト おすすめノートパソコン
管理人

記事の要点はこちら!

ノートパソコンで『フォートナイト』を遊ぶ場合、PS5版を超える144fps環境を用意するべきです。

144Hzディスプレイを採用したモデルから選ぶなら、約13万円の予算が最低でも必要になります。

この記事ではフォートナイトができるおすすめノートパソコンフォートナイトの推奨スペック・必要なグラボについて解説していきます。

モデル名画像グラボ価格スペック寿命の長さ
RL5R-G165GTX1650約10万円最新ゲームでも
1~2年は快適
J6-A5G60GN-ARTX4060約15万円最新ゲームでも
3年は快適
E6-A7G70BK-ARTX4070約27万円最新ゲームでも
3年以上快適

用途別&価格別に紹介!

以下の記事でフォートナイトが遊べる安いゲーミングPCを紹介しているので、デスクトップモデルと比較したい方はそちらも参考にしてください。

目次

フォートナイトおすすめゲーミングノートパソコン

おすすめモデルの特徴はこちら!

この項目ではおすすめのノートパソコン・ゲーミングノートPCを3台紹介していきます。

各モデルで遊べる環境や出力できる最大fps値が異なるため、自分の予算と相談しておすすめモデルをチェックしましょう。

おすすめモデルの選定基準は?
  • 信頼できるメーカーのモデルであること
  • 推奨スペックを超えていて、短期でなく長期で使えること
  • 各モデル帯の中でもコスパの高いモデルを選出

ゲーミングPCに関して、知っておくと記事の理解がさらに深まる知識をまとめています。
気になる用語があればクリックしてみてください。

CPUの役割

CPUは「Central Processing Unit」の略で、プログラムの実行やデータの処理を行うパーツです。

いわばPCの「脳みそ」にあたり、CPUの性能が高くなると、重く負荷の高いゲームでも快適に遊べるようになります。

以下では雑談配信に必要なPCスペックやCPUについて詳しく解説していますので、気になる方はチェックしてみてください。

あわせて読みたい
雑談配信に必要なPCスペックやCPUは? ノートパソコンでも配信はできる? 記事の要点はこちら! 雑談配信に必要なPCスペックは? ノートパソコンでも雑談配信はできる? 雑談配信におすすめなパソコン一覧 雑談配信用にはグラボが必要なく、CPU...

コスパ良く120fpsをキープして遊ぶなら「GTX 1650搭載ノートPC」

GALLERIA RL5R-G165

RL5R-G165

価格:104,980円

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途軽いPCゲーム向け
CPURyzen 5 6600H
グラボGeForce GTX 1650 4GB
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ディスプレイ144Hz 15.6インチ FHD非光沢

メリット・デメリット紹介

  • 『フォートナイト』をコスパ良く快適に遊べる
  • 120fpsをキープできる快適な環境
  • モニターが144Hzまで対応している
  • 最新FPSゲームを遊ぶにはパワー不足

GTX 1650搭載ノートPC」は、120fps前後をキープし『フォートナイト』を遊べるマシンパワーがありながら、手を出しやすい価格が魅力です。

モニターは144Hzまで対応しているので、高fps環境を気軽に楽しむ初めてのゲーミングPCとしておすすめです。

ゲーム終盤に大量のプレイヤーが一か所に集まってくると処理が重くなり出力fpsが120fpsより落ちてしまう点には注意が必要ですが、カクつきなどの心配はありません。

配信しながら144fps張り付き「RTX4060搭載ゲーミングノートPC」

NEXTGEAR J6-A5G60GN-A

価格:179,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途場所を選ばずゲームしたい
CPURyzen 7 7840HS
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ500GB Gen4 SSD
ディスプレイ165Hz対応16型液晶

メリット・デメリット紹介

  • 『フォートナイト』を配信しながら144fps張り付きで遊べる
  • 動画編集にもおすすめのスペック
  • 最新FPSゲームも快適に遊べる
  • 最安モデルより5万円ほど高い

『フォートナイト』は要求スペックが低いタイトルなので、「RTX4060搭載ノートPC」ならスペック不足で困ることはありません。

ゲーム最終盤で人が多く集まる場面でも144fpsをキープできるので『フォートナイト』をストレスなく快適に遊べます。

動画編集にも耐えられるマシンパワーがあるので、外で動画編集をしたい方にもピッタリなマシンです。

配信を行いながらでも『フォートナイト』で144fpsをキープできるマシンパワーがあるので、付属の144Hzモニターの性能を最大限発揮できます。

配信しながら最高画質でも余裕の144fps「RTX4070搭載ノートPC」

G-Tune E6-A7G70BK-A

価格:279,800円

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途最新ゲームを最高画質でプレイ
CPURyzen 7 7840HS
グラボGeForce RTX 4070 8GB
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ディスプレイ240Hz16インチノングレア

メリット・デメリット紹介

  • 144fpsと最高画質を両立できる
  • ゲーム終盤も快適に勝ちに行けるマシンパワー
  • レイトレーシングも楽しめる
  • フォートナイトのみのプレイにはスペックが過剰

「RTX4070搭載ノートPC」は配信をしながら最高画質設定でも144fpsを余裕で維持できるマシンパワーがあります。

ゲーム終盤の重くなる場面も144fpsを保てるので、『フォートナイト』で終盤を勝ち切るための環境が欲しい方に最もおすすめのノートPCです。

レイトレーシングは出力fpsがガクッと落ちてしまうのでFPSゲームではあまり使用されませんが、画質を追求したい方でも100fps以上を保って遊ぶことができます。

RTX4070搭載ノートPC」は現行のゲームタイトルは一通り快適に遊べるマシンパワーがあり、今後3年以上は愛用できるモデルです。

フォートナイトはグラボなしノートPC(普通のノートPC)でも遊べる?

  • フォートナイトを遊ぶにはグラフィックボードが必須
  • GPUの性能を十分に引き出せるCPUが搭載されているPCを選ぼう
  • ただGPUが搭載されているだけでは不十分な環境

『フォートナイト』はゲーム用ではないノートPCで快適に遊べません。

ゲーム用ではないノートPCだとグラボが搭載されておらず、『フォートナイト』は起動こそするもののカクカクでまともに遊べません。

グラボが搭載されていないPCはPS4やNintendo Switch以下の性能なので、ゲーム用に使うことはできません。

スペックの足りないPCで無理やり動作してしまうと負荷がかかりすぎてPCの寿命が短くなってしまったり、故障の原因になります。

用途別&価格別に紹介!

フォートナイトの推奨スペック・必要なグラボ

フォートナイトの推奨スペック
Fortnite公式より引用

『フォートナイト』は要求スペックこそ低いものの、FPSの対戦ゲームなので120fps以上はキープして遊びたいタイトルです。

この記事では『フォートナイト』』を快適に遊ぶために必要なスペックについて解説していきますので、失敗したくない方は是非参考にしてください。

最低スペック・最低動作環境

管理人

このスペックでゲームは快適に遊べません…

CPUCore i3-3225
メモリ8GB
GPUIntel HD Graphics

『フォートナイト』の最低動作環境ではグラフィックボードなしとなっています。

このスペックではゲームは起動こそするもののまともに動かずカクカクでとても遊べる環境とは言えません。

推奨スペック・推奨動作環境

管理人

より高いスペックだと将来性があります!

CPUCore i5 7300U
メモリ16GB
GPUGTX 960

『フォートナイト』の推奨動作環境は現在販売されていない時代遅れのスペックです。

『フォートナイト』を120fps以上を狙って快適に遊ぶにはスペックが足りないだけでなく、数年後の最新ゲームを快適に遊べないので将来性が低いです。

数年後を見越したより高いスペックのマシンを用意しましょう。

当サイトが考える真の推奨スペック

管理人

予算は13万円必要になります!

CPUCore i5-13500H
メモリ16GB
GPURTX 3050 6GB

上記スペックであれば『フォートナイト』を120fps以上で動作できるうえ、『VALORANT』などの比較的軽いFPSを快適に遊べる環境を用意できます。

『フォートナイト』以外のタイトルも遊びたい場合、より将来性を求めた上記程度のスペックのマシンを選ぶことをおすすめします。

上記以下のスペックに妥協してしまうと、『フォートナイト』を120fps以上でキープできないPCとなり、ゲーム終盤ではカクついてしまう場合があるので妥協はおすすめできません。

用途別&価格別に紹介!

フォートナイトのノートPC用グラボ別のfps値一覧

『フォートナイト』グラボ別出力fps一覧
RTX4080M
247fps
RTX4070M
209fps
RTX4060M
188fps
RTX4050M
175fps
RTX3070M
173fps
RTX3060M
149fps
RTX3050M
136fps
CPUCore i7 11800H
画質設定高設定
解像度フルHD
上記の環境で比較

『フォートナイト』はRTX30番台以上であれば120fps以上の快適環境で遊べます。

あくまでも平均fps値なので、爆発エフェクトが重なったり人数が密集している地帯ではfps値は下がる点は注意しましょう。

フォートナイトを144fpsで遊べる安いPCなら

用途別&価格別に紹介!

フォートナイトをノートPC・ゲーミングノートPCで遊ぶメリット・デメリットは?

メリット・デメリット紹介

  • ノートPCなら外出先での作業にも転用できる
  • 場所を取らず環境をまるごと持ち運べる
  • 144Hzモニターを別で用意する必要がない
  • ノートPCなので画面が小さい
  • 同価格帯のデスクトップと比べて価格が上がる

ノートPCであれば環境をまるごと持ち運べるため、友人の家に持って行って『フォートナイト』をオフラインイベントのように楽しめます。

144Hzのモニターが付いてくるので、別で用意しなければならないデスクトップPCより環境を揃えるのが容易です。

ノートPCなのでモニターが小さく、大きい画面で『フォートナイト』を楽しみたい方は別途モニターを用意する必要があります。

用途別&価格別に紹介!

フォートナイト向けノートPCの選び方・要点まとめ

選び方の要点はこちら!

  • 予算は13万円以上が最低でも必要
  • 144fpsかつ画質をキープするなら「RTX 4050」以上が必要
  • フォートナイトを遊ぶなら中古のノートパソコンはNG

『フォートナイト』を120fps以上で快適に遊ぶための予算は最低でも13万円必要です。

144fpsをキープしながら画質にもこだわりたい方は「RTX 4050」以上が搭載されたPCを選びましょう。

『フォートナイト』を遊ぶためのPCを中古で購入してしまうと後程紹介するリスクがあるので注意しましょう。

予算は13万円以上が最低でも必要

NEXTGEAR J6-A5G60GN-A

価格:179,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途場所を選ばずゲームしたい
CPURyzen 7 7840HS
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ500GB Gen4 SSD
ディスプレイ165Hz対応16型液晶

『フォートナイト』を120fps以上をキープして快適に遊ぶなら予算は最低13万円以上、「RTX3050」以上が搭載されたPCを選びましょう。

FPSゲームは出力fpsが直接勝ち負けにつながるジャンルのゲームなので、120fps以下になってしまう環境はおすすめできません。

配信を考えている方はよりパワーのある「RTX4060搭載ノートPC」を選びましょう。

144fpsかつ画質をキープするなら「RTX4050」以上が必要

画質設定を高画質設定以下に落とさず144fps以上をキープしたい方は「RTX4050」以上が搭載されたPCを選びましょう。

144fpsをキープすることで付属モニターの表示上限である144Hzの性能を無駄なく発揮でき、なんのストレスもなく『フォートナイト』を楽しめる環境となります。

さらに終盤で勝ち抜くためのマシンパワーを求めるのであれば、「RTX4060搭載ノートPC」をおすすめします。

フォートナイトを遊ぶなら中古のノートパソコンはNG

『フォートナイト』は要求スペックが低いので中古のノートPCに妥協してしまいがちですが、ノートPCという特性上パーツの交換が難しいです。

調子の悪いパーツの交換を考慮できないとなると、PC自体の再購入を検討しなければならず、安く買ったつもりが余計にお金がかかってしまうということになります。

数年前のスペックのものを購入してしまうと今後の最新ゲームを快適に遊べない将来性の低い環境となるので、現在新品として販売されているものを購入しましょう。

用途別&価格別に紹介!

フォートナイトができるノートPC・推奨スペックに関するよくある質問

『フォートナイト』はグラボが無いノートパソコンでも遊べますか?

ゲームの起動はできますが、カクつきが激しく対戦ゲームとしてまともに遊べません。

『フォートナイト』はメモリが8GBのノートパソコンでも遊べますか?

メモリの容量が不足するとゲームが不安定な状態になり、画質を上げる際もメモリの容量が必要になるので
メモリは16GB用意しましょう。

フォートナイトのDLSS設定ではどんなことができますか?

DLSSパフォーマンスに設定すると、通常のTAAと比べて2倍近くのfpsを出力できます。

NVIDIA DLSSを使用するにはNVIDIAのRTXグラフィックスボードが必須である点には注意しましょう。

ノートPCの画面が小さいという弱点はどうにかなりますか?

ゲーミングノートPCのモニターは小さいといっても通常のノートPCと比べると大きいです。
24inch程度のモニターを使用したい方は別途用意してHDMIケーブルで接続して使うこともできます。

用途別&価格別に紹介!

フォートナイトおすすめノートPC・推奨スペックのまとめ

管理人

記事のまとめはこちら!

  • 予算は13万円以上が最低でも必要
  • 120fps以上で快適に遊ぶなら「RTX4050」以上を用意しよう
  • 144fpsかつ最高画質で配信も考えるなら「RTX4060」搭載のPCを選ぼう

『フォートナイト』を快適に遊ぶための環境は予算13万円以上で、「RTX3050」以上が搭載されたゲーミングPCを選ぶ必要があります。

「RTX3050」なら120fps以上をキープして『フォートナイト』を遊べるので、FPSゲームを遊ぶPCとしては十分な環境を得られます。

144fpsかつ最高画質で配信も考えるなら「RTX4060」以上が搭載されたゲーミングPCを選びましょう。

以下の記事でフォートナイトが遊べる安いゲーミングPCを紹介しているので、デスクトップモデルと比較したい方はそちらも参考にしてください。

用途別&価格別に紹介!

モデル名画像グラボ価格スペック寿命の長さ
RL5R-G165GTX1650約10万円最新ゲームでも
1~2年は快適
J6-A5G60GN-ARTX4060約15万円最新ゲームでも
3年は快適
E6-A7G70BK-ARTX4070約27万円最新ゲームでも
3年以上快適
目次