『Gray Zone Warfare』おすすめゲーミングPC&推奨スペック紹介 重いタイトルを快適に遊べるモデルを厳選!

管理人

記事の要点はこちら!

『Gray Zone Warfare』は、2024年4月30日から早期アクセスを開始した最新FPSゲームです。

最新ゲームかつリアリティを重視したグラフィックスで、推奨スペックの要求が非常に高くなっています

この記事では『Gray Zone Warfare』を遊ぶおすすめモデル『Gray Zone Warfare』の推奨スペックについて詳しく解説しているので、ぜひPC選びの参考にしてください。

モデル名画像グラボ価格スペック寿命の長さ
\初心者におすすめ/
NEXTGEAR
JG-A5G60
RTX4060 約16万円最新ゲームでも
1~2年は快適
GALLERIA
RM5C-R46
RTX 4060約16万円最新ゲームでも
1~2年は快適
GALLERIA
RM5C-R46T
RTX4060Ti約18万円 最新ゲームでも
3年以上快適
GALLERIA
XA7C-R47T
RTX4070Ti約29万円最新ゲームでも
3年以上快適
NEXTGEAR
J6-A7G60GN-A
RTX4060約14万円最新ゲームでも
3年は快適

用途別&価格別に紹介!

目次

『Gray Zone Warfare』おすすめゲーミングPC

おすすめモデルの特徴はこちら!

この項目ではおすすめのデスクトップPCを3台、ノートパソコンを1台、セットモデルを1つ紹介していきます。

各モデルで遊べる環境や出力できる最大fps値が異なるため、自分の予算と相談しておすすめモデルをチェックしましょう。

おすすめモデルの選定基準は?
  • 信頼できるメーカーのモデルであること
  • 推奨スペックを超えていて、短期でなく長期で使えること
  • 各モデル帯の中でもコスパの高いモデルを選出

ゲーミングPCに関して、知っておくと記事の理解がさらに深まる知識をまとめています。
気になる用語があればクリックしてみてください。

CPUの役割

CPUは「Central Processing Unit」の略で、プログラムの実行やデータの処理を行うパーツです。

いわばPCの「脳みそ」にあたり、CPUの性能が高くなると、重く負荷の高いゲームでも快適に遊べるようになります。

以下では雑談配信に必要なPCスペックやCPUについて詳しく解説していますので、気になる方はチェックしてみてください。

あわせて読みたい
雑談配信に必要なPCスペックやCPUは? ノートパソコンでも配信はできる? 記事の要点はこちら! 雑談配信に必要なPCスペックは? ノートパソコンでも雑談配信はできる? 雑談配信におすすめなパソコン一覧 雑談配信用にはグラボが必要なく、CPU...

ゲーミングデバイスもセットで揃えるなら「RTX4060搭載PCセット」

NEXTGEAR JG-A5G60(スターター5点セット)

価格:159,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途ゲーミングPC初心者
デバイスも揃えたい
CPURyzen 5 4500
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD


セット内容
モニター:G-MASTER GB2470HSU-5
マウス:Logicool G304
キーボード:Logicool G213r
ヘッドセット:Logicool G331
マウスパッド:Logicool G240f
ゲームパッド:Logicool F310r

メリット・デメリット紹介

  • 初めてゲーミングPC環境を整える方におすすめ
  • ゲームに必要なデバイスがすべて揃う
  • リマスターモードも快適に遊べる環境
  • デバイスごとにこだわりのある方には不向き

これから初めてゲーミングPC環境を揃えるという方に、おすすめのモデルです。

PCと一緒にゲームに必要なデバイスを一度で購入できるセットで、デバイスに詳しくないPC初心者の方に向いています。

デバイスはゲーマーからの信頼が厚い「Logicool」製品に統一されているので、デバイスが特に重要なFPS等にもそのまま使用できます。

デバイスにこだわりがある方には不向きですが、ゲーミングデバイスに詳しくない方には調べる手間も省けて一石二鳥なモデルです。

とにかく低価格で遊ぶなら「RTX4060搭載PC」

GALLERIA RM5C-R46

価格:167,979円

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途初めてのゲーミングPC購入
とにかく格安でPCゲームを遊びたい
CPUCore i5-14400F
グラボGeForce RTX 4060 8GB
メモリ16GB
ストレージ500GB Gen4 SSD

メリット・デメリット紹介

  • 『Gray Zone Warfare』を低予算で遊べる
  • 中画質・60fpsで遊べる
  • 推奨スペック以下の性能
  • 高画質ではfpsが下がって快適に遊べない

『Gray Zone Warfare』をとにかく低価格で遊ぶなら「RTX4060搭載PC」がおすすめです。

推奨スペック以下のグラボですが、DLSSやフレーム生成を使うことで中画質・60fpsで遊べます

最新世代のRTX4060搭載のため、他の最新ゲーム『パルワールド』なども設定次第でプレイ可能です。

予算を抑えたい方や初めてゲーミングPCを買う方におすすめです。

推奨スペック以上の性能なら「RTX4060Ti搭載PC」

GALLERIA RM5C-R46T

価格:185,980円

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途FPSゲーム入門の方
最新ゲームを遊びたい方向け
CPUCore i5-14400F
グラボGeForce RTX 4060 Ti 8GB
メモリ16GB
ストレージ500GB Gen4 SSD

メリット・デメリット紹介

  • 推奨スペック以上の性能
  • 高画質・60fpsでプレイ可能
  • 最高画質では60fpsで遊べない

推奨スペック以上の性能を求めるなら「RTX4060Ti搭載PC」がおすすめです。

『Gray Zone Warfare』の非常に高い推奨スペック以上の性能を持っており、高画質・60fpsで遊べます

RTX4060よりも一段階性能が高く、今後1~2年間は最新ゲームを快適にプレイ可能です。

CPUも最新14世代Core i5搭載でプロレベルは難しいですが、これから配信や動画編集をやる方には十分な性能があります。

少しでもゲーム性能が高いPCが欲しい方におすすめです。

最高画質で快適に遊びたいなら「RTX4070Ti搭載PC」

GALLERIA XA7C-R47T

価格:313,980円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途4K解像度・VRゲーム・ゲーム配信
CPUCore i7-14700F
グラボGeForce RTX 4070 Ti 16GB
メモリ32GB
ストレージ1TB Gen4 SSD

メリット・デメリット紹介

  • 最高画質・90fpsでプレイ可能
  • VRゲームや最新ゲームを快適に遊べる
  • ゲーム配信や動画編集、生成AIなどもサクサク
  • 価格が高い

グラフィックにこだわって高画質で遊びたいなら「RTX4070Ti搭載PC」がおすすめです。

最新技術を活用することでフルHDなら最高画質・90fps以上で快適に遊べます

FPSゲームで目指すべき144fpsですが、非常に重い『Gray Zone Warfare』でもRTX4070Ti搭載PCなら設定を少し下げれば可能です。

MOD導入やゲーム配信・録画等も可能ですし、クリエイティブな作業でも力を発揮してくれます。

画質&高フレームレートにこだわる方や動画編集・生成AIなどクリエイティブな作業を快適に行いたい方におすすめです。

ノートPCでもしっかり遊べる「RTX4060搭載ノートPC」

NEXTGEAR J6-A5G60GN-A

価格:139,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途場所を選ばずゲームしたい
CPURyzen 5 7535HS
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ディスプレイ165Hz対応16型液晶

メリット・デメリット紹介

  • 中画質・60fpsで遊べる
  • 165Hzモニター搭載
  • 持ち運び可能でどこでもゲームがプレイできる
  • 推奨スペック以下のグラボ
  • 同価格帯のデスクトップより性能が低い

ノートPCでもしっかりと『Gray Zone Warfare』を遊びたいなら「RTX4060搭載ノートPC」がおすすめです。

推奨スペックより性能が低いですが、最新技術を活用することで中画質・60fpsでプレイ可能です。

『VALORANT』や『Apex Legends』など軽いFPSなら165fpsで遊べるので、ノートPCだけでゲーム環境が完成します

モニターやデスクトップPCを置くのが難しい方やノートPCを持ち運ぶ予定のある方におすすめです。

『Gray Zone Warfare』の推奨スペック・必要なグラボ

Steam公式より引用

『Gray Zone Warfare』は推奨スペックが非常に高く、予算16万円以上でミドルクラスのゲーミングPCが必要です。

この項目では『Gray Zone Warfare』の最低スペック・推奨スペックを解説しているので、参考にしてください。

最低スペック・最低動作環境

管理人

このスペックでゲームは快適に遊べません…

CPU後日公開
メモリ16GB
GPU後日公開
Steam公式より引用

『Gray Zone Warfare』の最低スペックはまだ公開されていません。

ただし、最低スペックはあくまで起動できるだけでのスペックなので気にしないでも問題ありません。

次の推奨スペックを参考にしましょう。

推奨スペック・推奨動作環境

管理人

より高いスペックだと将来性があります!

CPUCore i7-9700K
Ryzen 5 3600X
メモリ32GB
GPURTX 3070 Ti
Radeon RX 6800
Steam公式より引用

『Gray Zone Warfare』の推奨スペックでは1世代前の「RTX3070Ti」と32GBを要求しています。

現行のグラボでは「RTX4060Ti」と同等の性能で、ミドルクラス以上のゲーミングPCが必要です。

DLSSやフレーム生成などの技術が向上しているので、今買うなら最新世代のRTX40シリーズがおすすめです。

当サイトが考える真の推奨スペック

管理人

予算は20万円必要になります!

CPUCore i5-14400F
メモリ32GB
GPURTX 4060 Ti

『Gray Zone Warfare』を快適に遊ぶには、上記以上のスペックが必要です。

この性能なら『Gray Zone Warfare』の高い推奨スペックも満たしており、高画質・60fpsで遊べます

メモリ容量も大きいので、ゲーム以外の作業も快適です。

最高画質で遊びたい方はさらに上の「RTX4070Ti搭載PC」がおすすめです。

用途別&価格別に紹介!

『Gray Zone Warfare』 グラボ別のfps値一覧・ベンチマークスコア

『Gray Zone Warfare』フルHD:最高設定
CPU:Core i7-14700K
RTX4090
118fps
RTX4080
101fps
RTX4070Ti
87fps
RTX4070
73fps
RTX4060Ti
55fps
RTX3070Ti
41fps
RTX3070
39fps
RTX4060
38fps
RTX3060
36fps

上記は『Gray Zone Warfare』 を最高設定(DLSS:ON)で遊ぶ場合のグラボ別フレームレートの目安値です。

場所や戦闘状況などによってフレームレートは変動するため、あくまでも参考程度にしてください。

FPSゲームでよく言われる144fpsが最高設定で出るグラボは現在ありません

要求スペックが非常に高いため、グラフィック重視で60fpsかフレームレート重視で中画質など好みに合わせましょう

少し設定を下げたら60fpsが出るRTX4060Ti以上のグラボがおすすめです。

用途別&価格別に紹介!

『Gray Zone Warfare』向けゲーミングPCの選び方・要点まとめ

選び方の要点はこちら!

  • 予算は18万円以上が最低でも必要
  • MODを導入するならRTX4070以上を搭載したモデルが必要
  • 一般向けPCでは重い・落ちるなどのトラブルでまともに遊べない

『Gray Zone Warfare』を快適に遊ぶには最低でも18万円以上のミドルハイクラスゲーミングPCが必要です。

要求スペックが非常に高く、今後MOD導入を考えているならグラボの性能は余裕を持ったモデルを選びましょう。

この項目では『Gray Zone Warfare』向けのゲーミングPCの選び方を詳しく解説しているので、参考にしてください。

予算は18万円以上が最低でも必要

ガレリア公式より引用

『Gray Zone Warfare』の推奨スペックはメモリ32GBを要求しています。

メモリ不足だとラグが発生したり、グラボの性能を出せなかったりするので必ず32GBにカスタマイズしましょう

当サイトで紹介している『Gray Zone Warfare』向けおすすめゲーミングPCは、「RTX4070Ti搭載PC」以外メモリ16GBのため、注意してください

グラボの性能も重要のため、RTX4060 などのミドルクラス以上のグラボも必要です。

予算は最低18万円となり、画質にこだわる方や同時に配信などしたい方は20万円以上の予算を用意しましょう。

MODを導入するならRTX4070以上を搭載したモデルが必要

GALLERIA XA7C-R47T

価格:313,980円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途4K解像度・VRゲーム・ゲーム配信
CPUCore i7-14700F
グラボGeForce RTX 4070 Ti 16GB
メモリ32GB
ストレージ1TB Gen4 SSD

PCゲームならではの楽しみ方として、よりプレイの幅が広がる改造データ「MOD」の導入があります。

『Gray Zone Warfare』はリリース直後のためMODがありませんが、近いゲームの『Escape From Tarkov』などでは多くのMODが開発されています。

MODはゲームに新たな要素を追加するので、基本的にゲームが重たくなります

推奨スペックの高い『Gray Zone Warfare』ならグラボは性能に余裕を持ってRTX4070以上を選びましょう

当サイトでは無料で大量のMODをインストールできるサイト「Nexus Mods」の使い方も解説していますので、気になる方は要チェックです!

あわせて読みたい
Nexus Modsの使い方まとめ アカウント作成からダウンロードまで画像付きで詳しく解説! 『Nexus Mods』はMOD共有サイトとして最大手であり、高い人気を誇るサイトです。 2024年現在、2,600を超えるゲームタイトルのMODが投稿され、基本的に無料で利用できま...

一般向けPCでは重い・落ちるなどのトラブルでまともに遊べない

『Gray Zone Warfare』の最低スペックは未公開ですが、推奨スペックから予想するとグラボは必須です。

グラボなしの一般向けPCではゲームが起動できない・重すぎて落ちるなどのトラブルが発生します

快適に遊ぶなら、『Gray Zone Warfare』向けおすすめモデルで紹介しているゲーミングPCを購入しましょう

用途別&価格別に紹介!

『Gray Zone Warfare』おすすめゲーミングPC・推奨スペックに関するよくある質問

『Gray Zone Warfare』はどこで買えますか?

Steamで購入できます。

『Gray Zone Warfare』は何円ですか?

2024年5月では早期アクセス中で価格は3,900円です。

『Gray Zone Warfare』は日本語に対応していますか?

2024年5月時点では日本語に対応していません。

ただし、注目度の高いゲームのため、YouTubeなどでプレイ動画を参考にできます。

『Gray Zone Warfare』はグラボなしで遊べますか?

『Gray Zone Warfare』はグラボなしのPCでは遊べません。

最低スペックは未公開ですが、推奨スペックの高さからグラボは必須です。

グラボの必要性については、『Gray Zone Warfare』を一般向けPCで遊ぶとどうなるかをご覧ください。

『Gray Zone Warfare』おすすめゲーミングPC・推奨スペックのまとめ

管理人

記事のまとめはこちら!

  • 予算は最低18万円、グラフィックを求めるなら20万円以上が必要
  • グラボは「RTX4060Ti」以上がおすすめ
  • メモリは32GBにカスタマイズして、ミドルクラス以上のゲーミングPCを用意しよう

『Gray Zone Warfare』を遊ぶには最低でも18万円、グラフィックを求めるなら20万円以上の予算が必要です。

推奨スペック以上の性能を持ち、高画質・60fpsで遊べる「RTX4060Ti搭載PC」がおすすめです。

MOD導入やゲーム配信などをしたい方はさらに上の「RTX4070Ti搭載PC」を検討しましょう。

用途別&価格別に紹介!

モデル名画像グラボ価格スペック寿命の長さ
\初心者におすすめ/
NEXTGEAR
JG-A5G60
RTX4060 約16万円最新ゲームでも
1~2年は快適
GALLERIA
RM5C-R46
RTX 4060約16万円最新ゲームでも
1~2年は快適
GALLERIA
RM5C-R46T
RTX4060Ti約18万円 最新ゲームでも
3年以上快適
GALLERIA
XA7C-R47T
RTX4070Ti約29万円最新ゲームでも
3年以上快適
NEXTGEAR
J6-A7G60GN-A
RTX4060約14万円最新ゲームでも
3年は快適
目次