『スト6』おすすめノートPC&推奨スペック紹介 ノートPCでも低遅延で遊べるモデルを紹介!

スト6 おすすめノートパソコン
管理人

記事の要点はこちら!

『ストリートファイター6』は過去作に比べてグラフィックがかなり進化しているので、グラボなしでは遊べません。

fps値上限が60fpsのタイトルであり、60fps張り付きで快適に遊ぶには16万円程度の予算が必要です。

144Hz以上のモニターが搭載された環境では画面が描写されるより前に入力が反映されるので、低遅延の環境が得られます。

この記事ではストリートファイター6おすすめノートPC・ゲーミングノートPCストリートファイター6向けノートパソコンの選び方について解説していきます。

用途別&価格別に紹介!

モデル名画像グラボ価格スペック寿命の長さ
J6-A5G60GN-ARTX4050約12万円 最新ゲームでも
3年は快適
J6-A5G60GN-ARTX4060約15万円最新ゲームでも
3年は快適
G-Tune E6-A7G70BK-ARTX4070約28万円最新ゲームでも
3年以上は快適

以下の記事ではスト6におすすめのデスクトップPCを紹介しているので、この記事と合わせてチェックしてみてください。

目次

ストリートファイター6おすすめノートPC・ゲーミングノートPC

おすすめモデルの特徴はこちら!

この項目ではおすすめのノートパソコン・ゲーミングノートPCを3台紹介していきます。

今回紹介するモデルはすべて144Hz以上対応モニターが搭載されており、どれでも低遅延環境を楽しめます。

各モデルで遊べる環境や出力できる最大fps値が異なるため、自分の予算と相談しておすすめモデルをチェックしましょう。

おすすめモデルの選定基準は?
  • 信頼できるメーカーのモデルであること
  • 推奨スペックを超えていて、短期でなく長期で使えること
  • 各モデル帯の中でもコスパの高いモデルを選出

なるべく予算を抑えて遊ぶなら「RTX4050搭載ノートPC」

NEXTGEAR J6-A5G50GN-A

価格:124,800円

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途コスパの良いモデルなら
CPURyzen 5 7535HS
グラボGeForce RTX 4050
メモリ16GB
ストレージ256GB NVMe SSD
ディスプレイ165Hz 16インチ ノングレア

メリット・デメリット紹介

  • なるべく予算を抑えて快適に遊べる
  • 60fps張り付きで遊べる
  • PC版特有の低遅延環境を手軽に楽しめる
  • 今後の最新ゲームを遊びたい方には不向き

『ストリートファイター6』をコスパ良く快適に遊びたい方におすすめのPCです。

デフォルトの画質設定であれば60fps張り付きで遊べるので快適に対戦できます。

144Hzモニターが搭載されているのでPC版特有の低遅延環境を手軽に楽しめます

配信や高画質設定でのプレイには向かないスペックなので、できるだけ予算を抑えて高fps環境で遊びたい方におすすめです。

高画質をキープして遊ぶなら「RTX4060搭載ノートPC」

NEXTGEAR J6-A5G60GN-A

価格:149,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途場所を選ばずゲームしたい
CPURyzen 5 7535HS
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ディスプレイ165Hz対応16型液晶

メリット・デメリット紹介

  • 高画質&60fps張り付きで遊べる
  • 144Hzの低遅延環境を最大限生かせる
  • 現在の最新ゲームも遊べるPCの中では最安値
  • 144fps張り付きで遊ぶなら画質を下げる必要がある

『ストリートファイター6』を高画質設定にこだわって遊びたい方におすすめのPCです。

高画質設定でも60fps張り付きで遊べるマシンパワーがあります。

『スト6』のfps上限は60fpsですが、144Hz環境では低遅延やヒット確認がしやすくなるなど大きなメリットがあります。

「RTX4060搭載ノートPC」には144Hzモニターが搭載されているので低遅延環境を得られます。

FPSタイトルならデフォルトの画質設定以下であれば144fpsを狙えるスペックがあります。

高画質にこだわる方、より高fps環境を目指す方どちらにもおすすめのPCです。

配信でも快適に遊べるモデル「RTX4070搭載ノートPC」

G-Tune E6-A7G70BK-A

価格:279,800円

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途最新ゲームを最高画質でプレイ
CPURyzen 7 7840HS
グラボGeForce RTX 4070 8GB
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ディスプレイ240Hz16インチノングレア

メリット・デメリット紹介

  • 配信しながらでも余裕で60fpsをキープできる
  • 高画質設定で60fpsを下回ることの無いマシンパワー
  • 最新ゲームも遊びたい方におすすめ
  • 最安値のモデルと比べて価格がかなり上がってしまう

『ストリートファイター6』を配信しながら快適に遊びたい方におすすめのPCです。

「RTX4070」が搭載されており、『スト6』を遊ぶ上で困ることはありません。

配信しながらでも60fpsをかなり余裕をもってキープできるので、一時的にPCに大きい負荷がかかっても60fpsを下回らない快適な環境が得られます。

FPSタイトルで144fps以上を狙えるマシンパワーがあるので他のタイトルも快適に遊びたい方は「RTX4070搭載ノートPC」を選びましょう。

モニターが240Hzに対応しており、低遅延環境を最大限活用できるPCです。

最新ゲームを遊ぶのにもピッタリなPCで、今後数年間の最新ゲームを快適に遊びつづけられる将来性の高いPCです。

ストリートファイター6は普通のノートPC・グラボなしノートPCでも遊べない

  • 過去作に比べてグラフィックがかなり進化しているため、グラボは必須
  • グラボなしPCではカクつきがひどく、格ゲーにおいて致命的
  • ゲーミングPCとして販売されているものでなければ基本的にグラボは搭載されていない

『ストリートファイター6』は過去作よりはるかにグラフィックが進化しており、グラボがないとまともにプレイできません。

格ゲーはほんの一瞬のカクつきが勝敗を分けるジャンルであり、グラボなしPCでは常にカクつきが出てしまいます。

普通のノートPCにグラボは搭載されておらず、ノートPCにあとからグラボを付け足すのは難しいです。

初めからゲーミングPCとして販売されているグラボ搭載のモデルを選んで購入しましょう。

用途別&価格別に紹介!

ストリートファイター6の推奨スペック・必要なグラボ

スト6 推奨スペック
Steamより引用

『ストリートファイター6』の推奨スペックは最新ゲームということもあり比較的高いです。

どんな場面でも60fpsを下回るのは避けたいタイトルなので、常にスペックに余裕を持った環境を整えましょう。

最低スペック・最低動作環境

管理人

このスペックでゲームは快適に遊べません…

CPUIntel Core i5-7500
AMD Ryzen 3 1200
メモリ8 GB RAM
GPUGTX1060
Radeon RX 580
Steamより引用

公式の最低動作環境ではGTX1060を要求しており、これは2018年の最新モデルです。

GTXの型番のグラボは現在では時代遅れのモデルであり、おすすめできません。

上記スペックでPCを用意しても60fpsを出力できず、快適とは程遠い環境となってしまいます。

PS5どころかPS4以下の性能なので、PC選びの参考にはしないようにしましょう。

推奨スペック・推奨動作環境

管理人

より高いスペックだと将来性があります!

CPUIntel Core i7 8700
AMD Ryzen 5 3600
メモリ16 GB RAM
GPUGeForce RTX2070
Radeon RX 5700XT
Steamより引用

公式推奨スペックではRTX2070を要求しており、60fpsを出力できる環境が提示されています。

上記スペックでは重い場面で60fpsを切ってしまうぎりぎりのスペックなのでさらに上の安定した環境を用意したいです。

RTX2070は現在新品で購入するには古いモデルなので、将来性を考えるなら最新のRTX40番台のグラボ搭載のPCを選びましょう。

当サイトが考える真の推奨スペック

管理人

予算は16万円必要になります!

CPUCore i7-13700H
AMD Ryzen 7940HS
メモリ16GB
GPUGeForce RTX 4050

上記スペックなら『ストリートファイター6』を60fpsを切らずに快適に遊べます。

上記以下のスペックに妥協してしまうとPS5以下のスペックとなり、60fpsを切る場面も出てきます。

格ゲーを遊ぶPC選びでは性能を妥協せず選びましょう。

用途別&価格別に紹介!

ストリートファイター6のグラボ別fps値一覧・ベンチマークスコア

ストリートファイター6グラボ別平均fps値一覧
RTX4080 Mobile
60fps
RTX4070 Mobile
60fps
RTX4060 Mobile
60fps
RTX4050 Mobile
60fps
RTX3060 Mobile
60fps
RTX2070Super Mobile
57fps
GTX1660Ti Mobile
50fps
CPUIntel Core i7 11800H
画質設定中画質
解像度フルHD解像度
以上のスペックで比較

『ストリートファイター6』を60fps以上で遊ぶなら「RTX3060」以上のグラボが必要です。

「RTX3060」だと重い場面で60fpsを切ってしまうことがあるので、少し余裕をもって「RTX4050」以上を用意しましょう。

格ゲーは1フレームが状況を左右することも多いゲームなので、確実に60fpsをキープできる環境を整えるべきです。

PCならではの低遅延環境を楽しむなら予算の許す限り良いグラボと144Hz以上対応のモニターを搭載したPCを選びましょう。

用途別&価格別に紹介!

スト6をノートPC・ゲーミングノートPCで遊ぶメリット・デメリットは?

スト6 ノートPCでのメリット
公式より引用
UIは大きく表示されており、15インチのモニターなら十分確認できます。

メリット・デメリット紹介

  • ノートPCなので場所を取らない
  • 家の外に持ち運んでPCゲームが楽しめる
  • UIが大きいタイトルなので小さい画面が気にならない
  • 60fpsキープを狙うならデスクトップPCの方が価格を抑えられる

ノートPCは場所を大きく取らず、アーケードコントローラーやPADを使用する場合が多い格ゲーでは大きいメリットです。

家の外に持ち運ぶのも簡単で友達と持ち寄って、ゲームセンターのようにオフラインでの遊び方ができます。

『ストリートファイター6』はUIが大きく細かく確認するべき項目が少ないので、画面も15インチあれば快適に遊べます。

できるだけ予算を抑えて60fpsを狙うとなるとデスクトップPCの方が価格を抑えられます。

モニターなど周辺機器を持っていないのであれば最終的にかかる値段は同じ程度になるので気にしなくて良いです。

用途別&価格別に紹介!

ストリートファイター6向けノートパソコンの選び方・要点まとめ

選び方の要点はこちら!

  • 予算は16万円以上が最低でも必要
  • 144Hz以上のリフレッシュレートに対応したモニターを選ぼう
  • アケコンや格ゲー用コントローラーの予算は5,000円~2万円

予算は16万円が最低でも必要で、「RTX4050」以上のグラボが搭載されたPCを選びましょう。

PCならではの低遅延環境で遊ぶなら144Hz以上に対応したモニターが搭載されたモデルが必要です。

アケコンや格ゲー用のコントローラーの予算は5,000円~2万円です。

本気で勝ちを狙うプロ志向の方は4万円以上の高級アケコンの導入を検討しましょう。

予算は12万円以上が最低でも必要

NEXTGEAR J6-A5G50GN-A

価格:124,800円

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途コスパの良いモデルなら
CPURyzen 5 7535HS
グラボGeForce RTX 4050
メモリ16GB
ストレージ256GB NVMe SSD
ディスプレイ165Hz 16インチ ノングレア

『ストリートファイター6』を60fps以上で快適に遊ぶには最低でも予算12万円が必要です。

「RTX4050」以上搭載のPCなら安定して60fps以上をキープできる快適環境となります。

配信をする方やPC特有の低遅延環境で遊びたい方は「RTX4070」以上のグラボと144Hz以上対応モニターが搭載されたPCを選びましょう。

144Hz以上のリフレッシュレートに対応したモニターを選ぼう

『スト6』のfps上限は60fpsですが、144Hzの環境では低遅延やヒット確認がしやすくなるなど大きなメリットがあります。

60fps以上を出力できるマシンのメリットを最大限生かすなら、144Hz以上に対応したモニターが搭載されたモデルを選びましょう。

この記事で紹介したPCはすべて144Hz以上対応モニター搭載のモデルなので、今回紹介したPCから選ぶと安心です。

余計に予算はかかってしまいますが、144Hzモニターが搭載されていないPCを持っている方は144Hzモニターを別途購入すれば144Hz環境を用意できます。

アケコンや格ゲー用コントローラーの予算は5,000円~2万円

Hit Box Arcade
¥49,000 (2024/02/24 00:28時点 | Amazon調べ)

アケコンや格ゲー用コントローラーは様々な価格のものが発売されており、予算は5,000円~2万円です。

プロなどが使用するハイエンドモデルの中には4万円を超えるものもあります。

アケコンは売り切れが続出しており、販売されているかこまめにチェックして手に入れる必要があります。

用途別&価格別に紹介!

スト6おすすめノートパソコンPC・推奨スペックに関するよくある質問

PC版『ストリートファイター6』はクロスプレイに対応していますか?

全プラットフォームとのクロスプレイに対応しています。

デスクトップPCの方が良い点はありますか?

画面の大きさが選びやすい等のメリットはありますが、ノートPCでも15インチ程度の大きさがあれば問題ないので、特別なメリットはないと考えて良いです。

低遅延環境だとなぜ良いのですか?

自分が入力したコマンドをより早くゲームに反映させられます。

1フレームが勝敗を分ける格ゲーではとても大きなメリットです。

スト6用におすすめのアケコンを教えてください。

ホリ製のファイティングスティックαは本格的なアケコンの中では手が出しやすいためおすすめです。

現在どのアケコンも売り切れが続出しているため、入荷しているかをこまめにチェックしましょう。

用途別&価格別に紹介!

スト6おすすめノートパソコンPC・推奨スペックのまとめ

管理人

記事のまとめはこちら!

  • 予算は12万円以上が最低でも必要
  • 「RTX4050」以上のグラボが必要で、配信や低遅延環境を楽しむなら「RTX4070」以上が必要
  • 60fpsを余裕をもって維持できる環境を最優先に考えよう

予算は最低でも12万円が必要で、「RTX4050」以上搭載のPCなら60fpsをキープできる環境となります。

配信や低遅延環境を最大限楽しむなら「RTX4070」以上搭載のPCかつ144Hzモニターが搭載されたPCを選びましょう。

『ストリートファイター6』では60fpsキープが最優先事項です。

価格を抑えたい場合も60fps以上は確実にキープできる環境を選びましょう。

モデル名画像グラボ価格スペック寿命の長さ
J6-A5G60GN-ARTX4050約12万円 最新ゲームでも
3年は快適
J6-A5G60GN-ARTX4060約15万円最新ゲームでも
3年は快適
G-Tune E6-A7G70BK-ARTX4070約28万円最新ゲームでも
3年以上は快適

用途別&価格別に紹介!

以下の記事ではスト6におすすめのデスクトップPCを紹介しているので、この記事と合わせてチェックしてみてください。

目次