『スト6』おすすめゲーミングPC&推奨スペック紹介 PCとPS5はどっちがおすすめかについても解説!

スト6 ゲーミングPC
管理人

記事の要点はこちら!

『ストリートファイター6』は最新格闘ゲームなため、直近2世代のグラボを要求するタイトルです。

60fps張り付きで快適に遊ぶには15万円程度の予算が必要になり、最安値のゲーミングPCでは遊べません

この記事では実際にスト6をゲーミングPCでプレイする筆者が、スト6のおすすめPCスト6の推奨スペックについて解説していきます!

用途別&価格別に紹介!

モデル名画像グラボ価格スペック寿命の長さ
NEXTGEAR
JG-A5G60
RTX4060約16万円最新ゲームでも
1~2年は快適
GALLERIA
RM5C-R46
RTX 4060約13万円最新ゲームでも
1~2年は快適
GALLERIA
RM5C-R46T
RTX4060Ti約14万円 最新ゲームでも
3年以上快適
GALLERIA
XA7C-R47T
RTX4070Ti SUPER約29万円最新ゲームでも
3年以上快適
NEXTGEAR
J6-A7G60GN-A
RTX4060約15万円最新ゲームでも
3年は快適
目次

『ストリートファイター6』おすすめゲーミングPC

おすすめモデルの特徴はこちら!

この項目ではおすすめのデスクトップPCを3台、ノートパソコンを1台、デバイスセットを1つ紹介していきます。

実際にゲーミングPCでスト6をプレイし、キャミィでダイヤモンドまで到達した筆者の意見も交えつつ解説します。

筆者のランク

各モデルで遊べる環境や出力できる最大fps値が異なるため、自分の予算と相談しておすすめモデルをチェックしましょう。

おすすめモデルの選定基準は?
  • 信頼できるメーカーのモデルであること
  • 推奨スペックを超えていて、短期でなく長期で使えること
  • 各モデル帯の中でもコスパの高いモデルを選出

ゲーミングPCに関して、知っておくと記事の理解がさらに深まる知識をまとめています。
気になる用語があればクリックしてみてください。

CPUの役割

CPUは「Central Processing Unit」の略で、プログラムの実行やデータの処理を行うパーツです。

いわばPCの「脳みそ」にあたり、CPUの性能が高くなると、重く負荷の高いゲームでも快適に遊べるようになります。

以下では雑談配信に必要なPCスペックやCPUについて詳しく解説していますので、気になる方はチェックしてみてください。

あわせて読みたい
雑談配信に必要なPCスペックやCPUは? ノートパソコンでも配信はできる? 記事の要点はこちら! 雑談配信に必要なPCスペックは? ノートパソコンでも雑談配信はできる? 雑談配信におすすめなパソコン一覧 雑談配信用にはグラボが必要なく、CPU...

デバイス一式でスト6を遊びたい方は「RTX4060搭載PCセット」

NEXTGEAR JG-A5G60(スターター5点セット)

価格:159,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途ゲーミングPC初心者
デバイスも揃えたい
CPURyzen 5 4500
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD


セット内容
モニター:G-MASTER GB2470HSU-5
マウス:Logicool G304
キーボード:Logicool G213r
ヘッドセット:Logicool G331
マウスパッド:Logicool G240f
ゲームパッド:Logicool F310r

メリット・デメリット紹介

  • 初めてゲーミングPC環境を整える方におすすめ
  • ゲームに必要なデバイスがすべて揃う
  • デバイスごとにこだわりのある方には不向き

これから初めてゲーミングPC環境を揃えるという方に、おすすめのモデルです。

PCと一緒にゲームに必要なデバイスを一度で購入できるセットで、デバイスに詳しくないPC初心者の方に向いています。

デバイスはゲーマーからの信頼が厚い「Logicool」製品に統一されているので、デバイスが特に重要なFPS等にもそのまま使用できます。

デバイスにこだわりがある方には不向きですが、ゲーミングデバイスに詳しくない方には調べる手間も省けて一石二鳥なモデルです。

60fps張り付き&PC版ならではの低遅延「RTX4060搭載PC」

NEXTGEAR JG-A5G60

価格:134,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途PC初心者向け
RTX40搭載最安値
CPUAMD Ryzen 5 4500
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ1TB (NVMe)

メリット・デメリット紹介

  • PC版ならではの低遅延環境を楽しめる
  • スト6を快適に遊べるモデルの中では最安値
  • 配信にはCPU性能が物足りない

「RTX4060」を搭載したゲーミングPCなら、スト6を60fps張り付きで遊べます。

筆者もこのスペックでスト6をプレイしていますが、特段問題なく快適にプレイできています。

格闘ゲームは環境に妥協できないタイトルなので、最安値のゲーミングPCでもこの価格帯の予算が必要です。

PCならではの低遅延環境で遊ぶなら144Hzのゲーミングモニターが必要なので、合わせて揃えておきましょう。

ベンキュージャパン
¥30,809 (2023/06/21 23:45時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで商品を見る

グラボの性能は十分ですが、CPU性能がやや乏しいので配信といったマルチタスクには次以降のモデルがおすすめです。

コスパの良いゲーミングPCが欲しいなら「RTX4060 Ti搭載PC」

NEXTGEAR JG-A5G6T

マウスコンピューター NEXTGEAR

価格:154,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途ゲーミングPC初心者
コスパの高いモデル
CPURyzen 5 4500
グラボGeForce  RTX 4060 Ti
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD

メリット・デメリット紹介

  • スト6をプレイする上で困ることがなくなる
  • MODを導入したプレイも快適
  • 高画質で配信しても60fps張り付きで遊べるようになる
  • 最新ゲームを数年間高画質で遊べるほど長持ち
  • 最安値のモデルと比較して価格がかなり高くなる

長持ちできるゲーミングPCが欲しい、配信でも快適なモデルが欲しい方はこちらのモデルがおすすめです。

最安値のモデルと比較して高価になってしまいますが、コストパフォーマンスもスペック寿命の長さも優れています。

『スト6』を遊ぶ際には最高画質60fps張り付きはもちろん、配信中にも画質を落とす必要がないほどハイスペックです。

PCならではの低遅延環境で遊ぶなら144Hzのゲーミングモニターが必要なので、合わせて揃えておきましょう。

ベンキュージャパン
¥30,809 (2023/06/21 23:45時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで商品を見る

ゲーム配信や編集なども超快適「RTX4070 Ti搭載PC」

G-Tune JG-A7G7A

価格:299,800

コスパ
耐用年数

おすすめ用途
ゲームやクリエイター用の
ソフトを快適に動かしたい
コスパを重視する
CPURyzen 7 7700
グラボGeForce RTX 4070 Ti SUPER
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD

メリット・デメリット紹介

  • スト6をプレイする上で困ることがなくなる
  • 4K最高解像度でも60fpsをキープできるスペック
  • VTuberのトラッキング配信などハイスペックな配信も可能
  • VRゲームも快適なスペック
  • 単にスト6を遊ぶだけならオーバースペック
  • ゲーミングPCの中でも高価なモデル

現行のゲーミングPCでハイクラスに位置するこのモデルなら、『スト6』を遊ぶ以上の体験ができます。

最新ゲームを常に4K解像度で遊べるのはもちろん、VTuber向けの配信環境の構築やVRゲームといった究極のPCゲーム体験を味わえます。

今後数年の間に発売される格闘ゲームを楽しみたい、5年以上は買い替えなくても問題ないゲーミングPCが欲しい方におすすめです。

PCならではの低遅延環境で遊ぶなら144Hzのゲーミングモニターが必要なので、合わせて揃えておきましょう。

ベンキュージャパン
¥30,809 (2023/06/21 23:45時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで商品を見る

ノートパソコンでも低遅延環境「RTX4060搭載ノートPC」

NEXTGEAR J6-A5G60GN-A

価格:179,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途場所を選ばずゲームしたい
CPURyzen 7 7840HS
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ500GB Gen4 SSD
ディスプレイ165Hz対応16型液晶

メリット・デメリット紹介

  • 165Hzディスプレイ搭載で低遅延環境
  • 高画質60fps張り付きで快適
  • 最新ゲームを高画質で遊べるスペック
  • ノートパソコンなのでディスプレイが小さい
  • 同価格のデスクトップと比較してスペックが低い

ノートパソコンでも高画60fps張り付きで『スト6』を遊びたい方にはこちらのモデルがおすすめです。

最新グラボの『RTX4060』を搭載しているため、スト6だけでなく最新ゲームも高画質で快適に遊べます。

144Hzディスプレイを搭載しており、低遅延環境で遊べるので勝つための環境を整えたい方にぴったりです。

同価格のデスクトップと比較してスペックが低いものの、ゲーミングモニターを用意する必要が無いと考えれば総合的なコスパは高いモデルです。

以下の記事ではスト6におすすめのノートパソコンを紹介しているので、この記事と合わせてチェックしてみてください。

『ストリートファイター6』の推奨スペック・必要なグラボ

スト6の推奨スペック
Steam『スト6』ストアページより引用

『ストリートファイター6』の推奨スペックは比較的高く、RTX2070を推奨スペックで要求しています

グラボの性能は妥協できないタイトルなので、最低スペック・推奨スペックについてチェックしていきましょう。

用途別&価格別に紹介!

最低スペック・最低動作環境

管理人

このスペックでゲームは快適に遊べません…

CPUIntel Core i5-7500
AMD Ryzen 3 1200
メモリ8GB
GPUGTX1060 (VRAM 6GB)
Radeon RX 580 (VRAM 4GB)
Steam『スト6』ストアページより引用

最低スペックの時点でGTX1060を要求しており、それ以下のモデルでは動作すらままなりません。

加えて最低動作感は「起動して動くだけ」のスペックを指すため、こちらのスペックでは快適にゲームを遊べないので注意しましょう。

少なくとも掲載されているパーツ構成では下手をするとPS4以下の環境になってしまいます。

推奨スペック・推奨動作環境

管理人

より高いスペックだと将来性があります!

CPUIntel Core i7 8700
AMD Ryzen 5 3600
メモリ16GB
GPURTX2070
Radeon RX 5700XT
Steam『スト6』ストアページより引用

推奨スペックではグラボにRTX2070を要求しており、現行世代のエントリーモデル並のスペックを要求しています。

少なくともRTX2070以下のモデルだとPS5以下の動作環境になってしまうため、PC版で遊ぶならそれ以上のグラボが必要です。

次の項目で本格的に遊ぶための真の推奨スペックを紹介致します。

当サイトが考える真の推奨スペック

管理人

予算は14~18万円必要になります!

CPUCore i5-13400
Core-i7-13700
メモリ16GB
GPURTX3060、RTX3060Ti
RTX4060Ti

本格的にPC版の『スト6』を遊びたい場合、上記のスペックと同等かそれ以上の環境をおすすめします。

少なくともRTX30シリーズのRTX3060以降、RTX40シリーズが必要になるのでここ数年で発売されたモデルが必要です。

フレーム単位で動作する格闘ゲームではグラボを妥協できないので、予算は高めに見積もっておきましょう。

『ストリートファイター6』グラボ別のfps値一覧・ベンチマークスコア

ストリートファイター6ベンチマークスコア
FHD最高画質でのfps値
RTX 4080
60fps
RTX 4070
60fps
RTX 4060 Ti
60fps
RTX3070Ti
60fps
RTX 3060Ti
60fps
RTX 3060
60fps
RTX3050
58~59fps
GTX1660Super
58~59fps

CPUはCore-i7-12700、メモリは32GB、ストレージはNVMe SSD 1TBでの環境

『ストリートファイター6』を60fps張り付きでプレイする場合、「RTX3060」以上のグラボが必要です。

外的要因を考えればより高いスペックが必要になるので、配信をするならRTX40番台かRTX30シリーズでもミドルスペック以上のモデルがおすすめです。

フレームレートが1fps落ちるだけでも確反を貰ってしまったり、本来は差し込める連携を入れにくくなってしまうので必ず60fpsをキープできる環境が必要です。

用途別&価格別に紹介!

『ストリートファイター6』向けゲーミングPCの選び方・要点まとめ

ストリートファイター6 バトルハブ

選び方の要点はこちら!

  • 60fps張り付きできるスペックを用意しよう
  • 快適に遊べる予算は14万円以上、アケコンも含めるなら15万円以上
  • 入力遅延の低減には144Hzゲーミングモニターが必要

PC版『ストリートファイター6』を遊ぶなら、どんな状況でも60fps張り付きできるスペックを目指しましょう。

全プラットフォーム中で入力遅延を低減できる環境なので、せっかくPC版なら環境も突き詰めていくべきです。

この項目ではゲーミングPCやデバイスに関する選び方について紹介していくので、失敗したくない方は1つ1つチェックしていきましょう。

用途別&価格別に紹介!

60fpsかつ画質をキープするなら「RTX3060」「RTX4060」以上が必要

スト6ベンチマーク一覧でも紹介した通り、「RTX3060」「RTX4060」以上のグラボでなければ60fpsの張り付きができません。

画質を落とすことにより、更に安定した環境で動作できるので「RTX3060」でfps値が不安定な方は画質設定を見直してみましょう。

スト6ベンチマークソフトの結果
ベンチマークツールを使った結果

ストリートファイター6公式サイトにてベンチマークツールも配布しているため、自分のゲーミングPCで60fps張り付きが可能かどうかもチェックできます。

ゲーム中の平均fpsをチェックできるため、限りなく60fps値に近い場合は安心してプレイできます。

144Hzゲーミングモニターも低遅延環境に必要

ベンキュージャパン
¥30,809 (2023/06/21 23:45時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで商品を見る

『ストリートファイター6』は最大60fpsのゲームですが、モニターのリフレッシュレート(Hz)も関わってきます。

リフレッシュレートが低いとフレームの切り替わりタイミングがずれ込み、遅延が起きてしまいます。

144Hzなら毎フレームをキッチリ出力できるため、遅延の少ない環境で遊べるため必須のデバイスです。

予算は14万円以上が最低でも必要

「60fps張り付き可能なスペック」「144Hzゲーミングモニター」を用意するには予算は14万円以上が必要です。

それ以下の予算となるとPS5でプレイした方が快適になってしまうため、プレイ環境に妥協はできません。

『スト6』以外にも最新ゲームを遊ぶには15万円程度のゲーミングPCが必要になるので、将来性を考慮するなら20万円は見積もっておきましょう。

中古ゲーミングPCはおすすめできないので注意!

フリマアプリや中古PCショップには中古として販売されているゲーミングPCがあります。

中古な分、もちろん価格は安いのですが、筆者個人としては中古でゲーミングPCを買うのはおすすめしません。

理由としては以下の通りです。

中古PCをおすすめしない理由
  • PCパーツが劣化していてすぐに故障するリスクがある
  • セキュリティに関するリスクがある
  • いざというときにサポートを受けることができない

など、PC初心者にはおすすめできない理由がいくつもあります。

PCに詳しいのであれば壊れたパーツを交換したり、故障の原因を特定することはできますがPC初心者の場合は知識を覚えたり交換したりとかなり大変になります。

そのため、初めてのゲーミングPCや買い替えには信頼性が高く安全なBTOショップなどのPCで購入するのがおすすめです。

用途別&価格別に紹介!

『スト6』はPCとPS5どっちがおすすめ?→やり込むならPCがおすすめ!

筆者のPC(Steam)版におけるスト6のステータス

『ストリートファイター6』はPC以外にもPS5でリリースされていますが、本格的にスト6をプレイするのであればPC版がおすすめです。

PCとPS5では以下のような違いがあります。

PC
PS5
  • ラグや遅延が一切ない
  • 144Hzモニターを本格的に活かせる
  • ほぼすべてのデバイスを利用できる
  • PCに比べると高価格
  • PCに比べると少しラグがある
  • PS5対応コントローラーじゃないと使えないものがある
  • PCよりは安く買える

PCとPS5でネックになるのは価格部分ですが、逆にいえば価格さえクリアしてしまえば基本的にはPC版の方が優位性が高いです。

PS5でももちろん快適にプレイすることはできますが、PC版で常にプレイしている筆者としては、PS5でプレイした瞬間、少し遅延のようなものをどうしても感じてしまいました。

また、レバーレスやアケコンなどの周辺機器もPS5で利用する場合はPS5対応コントローラーを買わなければならないため、ある程度デバイスも絞られてしまいます。

多くのプロプレイヤーもほとんどがPCでプレイしているので、本格的に勝ちたい方はPC版がおすすめです。

RTX4060搭載」のような格安PCでもストリートファイター6を楽しめるので、予算が気になる方はチェックしてみてください。

『スト6』おすすめゲーミングPC・推奨スペックに関するよくある質問

PC版『ストリートファイター6』を遊ぶために必要なグラボは?

「RTX3060」「RTX4060」以上が必要です。

配信を予定しているなら、「RTX3070Ti」以上のモデルや「RTX40」シリーズがおすすめです。

PC版『ストリートファイター6』はノートパソコンでも遊べる?

推奨スペックを満たしたゲーミングノートPCなら遊べます。

グラボを搭載していない一般的なノートパソコンでは遊べません。

PC版『ストリートファイター6』はクロスプレイに対応している?

全ハードとのクロスプレイに対応しています。クロスセーブはありません。

PC版『ストリートファイター6』はどこから購入できる?

Steamから購入できます。

通常版が7,990円、デラックスエディションが10,490円、アルティメットエディションが12,490円です。

通常版と上位版のエディションの違いについては「スト6のエディションの違い」で解説しています。

PC版『ストリートファイター6』にMODはありますか?

PC版『ストリートファイター6』にはMODが存在しており、導入することが可能です。

ただし、公式はMODの利用を推奨していないためオンラインで利用する場合は注意しましょう。

スト6おすすめMOD記事にて、様々なMODを紹介しています。

『ストリートファイター6』はどのコントローラーで遊ぶのがおすすめですか?

『ストリートファイター6』ではパッド・アケコン・レバーレスなど様々なデバイスでプレイしている方がいます。

結論から言うと、どのデバイスでも有利不利の差はまったくないので、好きなデバイスでプレイしましょう。

具体的なモデルについて知りたい方は「スト6おすすめコントローラー」記事をチェックしてみてください。

用途別&価格別に紹介!

『ストリートファイター6』おすすめゲーミングPC・推奨スペックのまとめ

管理人

記事のまとめはこちら!

  • 予算はモニターと合わせて14万円以上が必要
  • グラボはRTX3060以上が必須、配信をするなら高いCPU性能が必要
  • 60fpsの張り付きが可能な環境を追求すべき

『ストリートファイター6』を快適に遊ぶ場合、「RTX3060」「RTX4060」以上のグラボを搭載したモデルが必要です。

高画質かつ60fpsをキープできる環境を用意し、合わせて144Hzゲーミングモニターを用意すると全ハードでも低遅延な環境を構築できます。

用途別&価格別に紹介!

モデル名画像グラボ価格スペック寿命の長さ
NEXTGEAR
JG-A5G60
RTX4060約16万円最新ゲームでも
1~2年は快適
GALLERIA
RM5C-R46
RTX 4060約13万円最新ゲームでも
1~2年は快適
GALLERIA
RM5C-R46T
RTX4060Ti約14万円 最新ゲームでも
3年以上快適
GALLERIA
XA7C-R47T
RTX4070Ti SUPER約29万円最新ゲームでも
3年以上快適
NEXTGEAR
J6-A7G60GN-A
RTX4060約15万円最新ゲームでも
3年は快適

以下の記事ではスト6におすすめのノートパソコンを紹介しているので、この記事と合わせてチェックしてみてください。

目次