Ryzen 5 4500の性能まとめ ゲームにおすすめ?intelとの比較結果についても解説!

管理人

記事の要点はこちら!

『Ryzen 5 4500X』は、2022年4月にエントリーモデル向けに発売された、6コア12スレッドのCPUです。

他CPUと比較してコスパが良いため、初めてゲーミングPCを購入する方やPCゲームに必要最低限のCPUがあれば良いという方に向いています。

この記事ではRyzen 5 4500の性能Ryzen 5 4500を搭載したおすすめモデルについて解説しているので参考にしてください。

Ryzen 5 4500搭載おすすめモデル!

NEXTGEAR JG-A5G6T

マウスコンピューター NEXTGEAR

価格:159,800

コスパ
耐用年数
おすすめ用途ゲーミングPC初心者
コスパを重視する
CPURyzen 5 4500 
グラボRTX 4060Ti
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD

当サイトではRyzen搭載モデルを含むゲーミングPCの最新セール情報について詳しく解説していますので、あわせて参考にしてみてください。

あわせて読みたい
ゲーミングPCのセール情報【6月最新】 おすすめモデルやお得な時期も解説! 常時開催中のおすすめセールはこちら! とにかくコスパにこだわるならフロンティア週間セール クリエイターPCやビジネス向けも対象マウスコンピューターセール カスタム...
目次

Ryzen 5 4500の性能・スペック

Amazonより引用

この項目では『Ryzen 5 4500』の性能について解説していきます。

購入予定のゲーミングPCに『Ryzen 5 4500』が搭載されている方や『Ryzen 5 4500』の購入を検討している方はチェックしましょう。

Ryzen 5 4500の基本性能・スペック

項目Ryzen 5 4500Ryzen 5 5500
メーカーAMDAMD
世代4000シリーズ5000シリーズ
アーキテクチャAMD Zen 2AMD Zen 3
コア数6コア6コア
スレッド数12スレッド12スレッド
動作クロック3.6 GHz3.7 GHz
最大ブーストクロック4.1 Ghz4.2 Ghz
対応メモリーサイズ128GB128GB
消費電力(TDP)65W65W
キャッシュ8MB16MB
内蔵グラフィックス非搭載非搭載
価格約13,000円約15,000円
価格.comにおける2024年5月時点の最安価格です

『Ryzen 5 4500』は「Ryzen 5 3500」の後継モデルとして発売されましたが、同時期にワンランク上のアーキテクチャを搭載した「Ryzen 5 5500」が発売されています。

性能面だけを見ると、全体的に「Ryzen 5 5500」の方が優れています。

ただし、価格は『Ryzen 5 4500』の方が約2,000円程安いため、とにかく安いゲーミングPCが欲しい方にはおすすめです。

BTOメーカーが販売している安価帯ゲーミングPCに搭載されているCPUなので、エントリーモデルを選ぶ方向けのCPUです。

Ryzen 5 4500のゲーム性能

Ryzen 5 4500のゲーム性能
RTX 3060フルHDのスコア
Valorant
300fps
Apex Legends
144fps
Cyber punk 2077
60fps
パルワールド
55fps
Starfield
45fps

上記は『Ryzen 5 4500』と現行でも採用されている「RTX 3060」を搭載してプレイした際のフレームレートです。

Valorant」のような軽量ゲームであれば244fps、少し重めの「Apex Legends」でも144fpsが出せるので、FPSをプレイするには十分な性能を持っています。

オープンワールドの「パルワールド」や「Starfield」といったゲームは最高画質では60fpsを下回るため、画質設定を下げてプレイする必要があります

以上の結果から、気軽にPCゲームを遊びたい方、PCゲームに触ってみたい方におすすめのCPUであることが分かります。

以下ではゲーミングPCはどこで買うのがおすすめかについて詳しく解説していますので、気になる方は要チェックです。

あわせて読みたい
【2024年6月】ゲーミングPCはどこで買うのがおすすめ? 実店舗で買うならどのお店? 記事の要点はこちら! ゲーミングPCが購入できるBTOパソコンショップ一覧 実店舗でゲーミングPCを買うならおすすめのBTOパソコンショップ ゲーミングPCを中古で購入する...

Ryzen 5 4500でできること・できないこと

できること
  • エントリーモデルのPCに搭載
  • 消費電力を抑えたゲーミングPC
  • フルHDプレイ
できないこと
  • ミドルスペック以上のPCに搭載
  • 重量級ゲーム
  • WQHDや4K解像度プレイ

『Ryzen 5 4500』はエントリーモデルに搭載するなら、コスパが良いCPUです。

フルHDでしかゲームをプレイする予定のない方や軽量ゲームしか遊ばない方向けなので、重量級ゲームや高解像度で遊びたい方は避けましょう。

ミドルスペック以上のゲーミングPCを目指しているなら、GPUのボトルネックになる可能性が高いため、より上のランクのCPUを推奨します

AMD
¥13,623 (2024/05/25 15:44時点 | Amazon調べ)

Ryzen 5 4500の性能比較・ベンチマーク

CPU名性能(3DMark)スコア
AMD Ryzen 9 5900X10192
Intel Core i9 12900K11701
AMD Ryzen 9 3900X8594
Intel Core i7 12700F9522
AMD Ryzen 7 5800X7634
Intel Core i5 124005938
AMD Ryzen 5 5600X5675
Intel Core i5 114005721
AMD Ryzen 5 45004824

上記は、各CPUで3DMarkテストを行った際のスコアです。

3DMarkスコアとは?

3DMarkスコアとは、ベンチマークソフト「3DMark」で測定した、パソコンの3Dグラフィックス性能を表す数値のことです。

数値が高いほど処理能力に優れ、アプリケーションやゲームを快適に動作させられます。

『Ryzen 5 4500』のスコアは4824で、現行のCPUとしては低めの値です。

そのため、コスパ重視以外の目的で選ぶ必要はあまりありません

とにかく安いゲーミングPCが欲しいという方向けなので、高性能ゲーミングPCを求めている方は注意しましょう

Ryzen 5 4500はIntelと比較してコスパの良さが強み

比較項目Ryzen 5 4500Core i5 11400
世代Zen 2第11世代
Core プロセッサー
コア数6コア6コア
スレッド数12スレッド12スレッド
キャッシュ容量8MB12MB
消費電力(TDP65W65W
CPU Mark48245721
価格約13,000円約24,000円
価格.comにおける2024年5月時点の最安価格です

性能が近いとされている「Core i5 11400」との比較結果が上記になります。

コア数やスレッド数は変わらないため、使用していても大きな性能差は感じません

最も大きな違いは価格となっており『Ryzen 5 4500』のほうが約1万円安いため、コスパを重視する方におすすめです。

どちらもエントリーモデルに採用されるCPUですが、少しでも予算を抑えて購入するならRyzenを選びましょう

AMD
¥13,623 (2024/05/25 15:44時点 | Amazon調べ)

Ryzen 5 4500の評価・レビュー

良い評価
  • コスパが良い
  • 有名ゲームが一通り遊べる
悪い評価
  • GPUのボトルネックになる

『Ryzen 5 4500』の良い評判は、コスパの良さとPCゲームを十分遊べる性能という二点が上がっていました。

他CPUと比較しても安価なので、とにかく予算を抑えたゲーミングPCが欲しいという方に向いています

性能的にも最高画質や高フレームレートを求めないのであれば、有名ゲームが一通り遊べるため、PCゲームに初めて触れる方におすすめです。

悪い評判としては、GPUのボトルネックになるというものがありました。

エントリーモデルに採用されるCPUなので「RTX 4070」のようなミドル~ハイスペックモデルに搭載するGPUと組み合わせたい方は、高性能なCPUを購入しましょう。

AMD
¥13,623 (2024/05/25 15:44時点 | Amazon調べ)

Ryzen 5 4500を搭載するおすすめモデル

Ryzen 5 4500を搭載した
おすすめモデル

この項目ではBTOパソコンで特にコスパに優れたマウスコンピューターから、おすすめモデルを紹介していきます。

各モデルで価格や目的が異なるため、自分の予算と相談しておすすめモデルをチェックしましょう。

マウスコンピューターについて気になる方は、以下のボタンから公式サイトもチェックしてみてください。

\コスパに優れたモデルなら!/

おすすめモデルの選定基準は?
  • 初心者でも使いやすいモデルであること
  • 短期でなく長期で使えること
  • 各モデル帯の中でもコスパの高いモデルを選出

ゲーミングPCに関して、知っておくと記事の理解がさらに深まる知識をまとめています。
気になる用語があればクリックしてみてください。

CPUの役割

CPUは「Central Processing Unit」の略で、プログラムの実行やデータの処理を行うパーツです。

いわばPCの「脳みそ」にあたり、CPUの性能が高くなると、重く負荷の高いゲームでも快適に遊べるようになります。

以下では雑談配信に必要なPCスペックやCPUについて詳しく解説していますので、気になる方はチェックしてみてください。

あわせて読みたい
雑談配信に必要なPCスペックやCPUは? ノートパソコンでも配信はできる? 記事の要点はこちら! 雑談配信に必要なPCスペックは? ノートパソコンでも雑談配信はできる? 雑談配信におすすめなパソコン一覧 雑談配信用にはグラボが必要なく、CPU...

なるべく安いゲーミングPCなら「NEXTGEAR JG-A5G60」

NEXTGEAR JG-A5G60

マウスコンピューター NEXTGEAR

価格:149,800

コスパ
耐用年数
おすすめ用途なるべく安い
ゲーミングPCが欲しい
CPURyzen 5 4500  
グラボRTX 4060
メモリ16GB
ストレージ1TB (NVMe)

メリット・デメリット紹介

  • RTX 4060を搭載した安価なモデル
  • 最新ゲームも画質次第で遊べる
  • PCゲーム初心者に最適
  • 重量級ゲームを高画質で遊ぶのが難しい

なるべく安くゲーミングPCが欲しいなら「NEXTGEAR JG-A5G60」がおすすめです。

『Ryzen 5 4500』を採用しているため他CPUを搭載したゲーミングPCよりも安価に購入可能です。

RTX 4060」は現行最新世代のGPUであり、最新ゲームも画質設定次第で滑らかに動きます

「Valorant」や「マインクラフト」のような軽量ゲームであれば配信も行えるスペックなので、PCゲーム初心者の方が初めて選ぶゲーミングPCとして最適です。

安く最新ゲームも遊べるゲーミングPCが欲しい方におすすめです。

最新ゲームを快適に遊ぶなら「NEXTGEAR JG-A5G6T」

NEXTGEAR JG-A5G6T

マウスコンピューター NEXTGEAR

価格:159,800

コスパ
耐用年数
おすすめ用途ゲーミングPC初心者
コスパを重視する
CPURyzen 5 4500 
グラボRTX 4060Ti
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD

メリット・デメリット紹介

  • 最新ゲームを高画質で遊べる
  • 重量級ゲームもプレイ可能
  • 配信や動画編集も快適に行える
  • WQHDや4K解像度で遊ぶのは難しい

最新ゲームを快適にプレイ可能なゲーミングPCが欲しいなら「NEXTGEAR JG-A5G6T」がおすすめです。

RTX 4060 Ti」を搭載しているため、最新ゲームを高画質・高フレームレートでプレイできます

重量級ゲームも安定して60fpsは出せるため、プレイ中にカクつきを感じません。

ゲーム配信や動画編集もできるモデルなので、自身のプレイを視聴者に見せたい方やYoutubeでゲーム実況を投稿したい方にも向いています。

ゲーム配信を行いたい方や重量級ゲームを遊ぶ予定の方におすすめです。

デバイス一式でPCセットが欲しい方は「NEXTGEAR JG-A5G60(スターター5点セット)」

NEXTGEAR JG-A5G60(スターター5点セット)

価格:159,800

コスパ
耐用年数
おすすめ用途ゲーミングPC初心者
デバイスも揃えたい
CPURyzen 5 4500 
グラボRTX 4060
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD

セット内容
モニター:G-MASTER GB2470HSU-B5A
マウス:Logicool G304
キーボード:Logicool G213r
ヘッドセット:Logicool G431

メリット・デメリット紹介

  • 初めてゲーミングPC環境を整える方におすすめ
  • ゲームに必要なデバイスがすべて揃う
  • デバイスごとにこだわりのある方には不向き

これから初めてゲーミングPC環境を揃えるという方に、おすすめのモデルです。

PCと一緒にゲームに必要なデバイスを一度で購入できるセットで、デバイスに詳しくないPC初心者の方に向いています。

デバイスはゲーマーからの信頼が厚い「Logicool」製品に統一されているので、デバイスが特に重要なFPS等にもそのまま使用できます。

デバイスにこだわりがある方には不向きですが、ゲーミングデバイスに詳しくない方には調べる手間も省けて一石二鳥なモデルです。

Ryzen 5 4500は中古で購入しても良い?

Ryzen 5 4500の中古における注意点
  • 耐久性が下がって、寿命が短い
  • 保証が無い
  • 既に壊れている可能性がある

『Ryzen 5 4500』を中古で購入するのは避けましょう。

中古でCPUを購入すると、購入時から故障している可能性があるだけでなく、保証が無い場合は修理に追加費用が掛かります

故障していなくても使用期間があるため耐久値が下がっており、新品を搭載するよりも寿命が短い点もデメリットです。

そのため、『Ryzen 5 4500』を購入するなら新品で購入しましょう。

AMD
¥13,623 (2024/05/25 15:44時点 | Amazon調べ)

さらに、BTOパソコンショップを利用すれば、Ryzen 5 4500に最適なGPUを搭載したコスパに優れるモデルを購入できます。

以下の記事ではBTOパソコンショップで購入するメリットについて詳しく解説していますので、あわせて参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【2024年6月】ゲーミングPCはどこで買うのがおすすめ? 実店舗で買うならどのお店? 記事の要点はこちら! ゲーミングPCが購入できるBTOパソコンショップ一覧 実店舗でゲーミングPCを買うならおすすめのBTOパソコンショップ ゲーミングPCを中古で購入する...

Ryzen 5 4500の性能・スペックに関するよくある質問

Ryzen 5 4500は低スペック?

ゲーミングPCに採用されるCPUとしては低めのスペックです。

主にPCゲームが初めての方や初心者の方向けのモデルです。

Ryzen 5 4500は安い?

現行で搭載されているCPUの中では安く、コスパの良いCPUです。

どのGPUと組み合わせるべき?

「GTX 1660 Super」や「RTX 4060」といったエントリーモデルのGPUと組み合わせるのがおすすめです。

Ryzen 5 4500でもボトルネックが発生しにくく、GPUの性能を十分に引き出せます。

Ryzen 5 4500に内臓GPUはついてる?

内臓GPUは搭載されていません。

使用する際は外付けのGPUが必須です。

中古で買ってもいい?

CPUを中古で購入するのは避けましょう。

保証切れや故障、寿命が短いといったデメリットがあります。

Ryzen 5 4500の性能・スペックまとめ

管理人

記事のまとめはこちら!

  • Ryzen 5 4500はとにかく安さを求める方向け
  • 「GTX 1660 Super」や「RTX 4060」を搭載したエントリースペックに最適
  • フルHDで遊ぶ前提のスペック

『Ryzen 5 4500』は現行でゲーミングPCに採用されるCPUの中ではとても安価なので、安いモデルを探している方におすすめです。

「GTX 1660 Super」や「RTX 4060」といったエントリースペックのGPUと組み合わせると、ボトルネックも発生しにくいです。

性能よりも安さを求める方向けのCPUなので、フルHDでも十分という方の選択肢に入ります。

当サイトではRyzen搭載モデルを含むゲーミングPCの最新セール情報について詳しく解説していますので、あわせて参考にしてみてください。

あわせて読みたい
ゲーミングPCのセール情報【6月最新】 おすすめモデルやお得な時期も解説! 常時開催中のおすすめセールはこちら! とにかくコスパにこだわるならフロンティア週間セール クリエイターPCやビジネス向けも対象マウスコンピューターセール カスタム...
目次