ゲーム配信に必要なPCスペック・おすすめゲーミングPCまとめ 人気配信者のスペックも紹介!

配信 PCスペック
管理人

PCゲームを配信するかどうかでスペックは大きく変わります!

PCゲームを配信する場合、高性能なCPUとグラボが搭載されたゲーミングPCが必要です。

なおかつ配信活動ではPCゲームの負荷だけでなく、配信自体の負荷も考える必要があるので、スペックに余裕を持たせたPC選びが重要です。

この記事では配信におすすめのPC有名配信者の方が使用しているPCのスペック人気ゲームの配信に必要なスペックを紹介しています。

配信用のPC選びで迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

モデル名画像グラボ価格スペック寿命の長さ
NEXTGEAR
JG-A5G6T
マウスコンピューター NEXTGEARRTX4060Ti約14万円 最新ゲームでも
3年以上快適

NEXTGEAR
JG-A7G7A
マウスコンピューター NEXTGEARRTX4070Ti
SUPER
約29万円最新ゲームでも
3年以上快適

G-Tune
FG-A7G8S
RTX4080 SUPER約46万円 最新ゲームでも
5年以上快適
NEXTGEAR
J6-A7G60GN-A
RTX4060約14万円最新ゲームでも
3年は快適

以下の記事ではゲーミングPCはどこで買うのがおすすめかについて解説していますので、あわせて参考にしてください。

あわせて読みたい
【2024年4月】ゲーミングPCはどこで買うのがおすすめ? 実店舗で買うならどのお店? 記事の要点はこちら! ゲーミングPCが購入できるBTOパソコンショップ一覧 実店舗でゲーミングPCを買うならおすすめのBTOパソコンショップ ゲーミングPCを中古で購入する...
目次

ゲーム実況配信に必要なPCスペック・パーツごとの推奨スペック

ゲーム実況配信に必要なPCスペックの要点

  • グラボは最新世代から選ぼう
  • CPUはCore i7 or i9がおすすめ
  • メモリは32GB搭載を推奨
  • モニターのデュアルディスプレイ化もおすすめ

ゲーム実況配信をするとゲームだけをプレイするよりも負荷が大きくなるので、スペックに余裕を持たせてPCを選ぶことが重要になります。

具体的には配信予定のゲームの推奨スペックよりワンランク・ツーランク上のPCを選ぶと失敗しないのでおすすめです。

この項目ではゲーム実況配信向けのPCを選ぶ際に重視したいPCパーツについて解説します。

グラボは最新世代から選ぼう

型番おすすめ度搭載PCの価格目安
GTX 1660 SUPER11万円~
RTX 306012万円~
RTX 406013万円~
RTX 4060Ti15万円~
RTX 407020万円~
RTX 4070Ti25万円~
RTX 408032万円~
RTX 409047万円~
現行のNVIDIA製グラボ一覧

配信では様々なゲームタイトルに対応する必要があるので、グラボは最新世代から選ぶのがおすすめです。

最近の大作ゲームは推奨スペックが非常に高いですが、視聴者を視覚的に楽しませるには高画質でのプレイが欠かせません。

グラボの性能はゲーム配信では最も重要なので、優先的に予算を回したいパーツです。

最新世代のグラボはハードウェア面だけでなく、AIを活用してソフトウェアの面でも大幅な進化を遂げているので、これからPCを購入する方は最新の「RTX 40シリーズ」がおすすめです。

CPUはCore i7 or i9がおすすめ

型番おすすめ度備考
Core i3-13100ゲーム配信をするには
スペック不足
Core i5-13400/FCore i5でも12世代以降は
配信にも十分
Core i7-13700
/F/KF/K
購入しやすさ・配信に対する
スペックが最適
Core i9-13900
/KF/K
高値だが配信性能は最高
トラッキングするVTuber配信向け
最新の13世代Intel CPU一覧

視聴者も一緒にゲーム画面を楽しめるような高画質・高fpsでの配信には高性能なCPUが必要です。

ゲームを遊ぶだけならCPUよりグラボを重視すべきですが、配信をするならCPU性能も妥協できません。

最新のAAAタイトルを高画質で配信するならCore i7以上、VRやVTuber配信を考えていて更に余裕がほしい方にはCore i9がおすすめです。

ただ、単純なゲーム画面とwebカメラの映像を映すような配信であれば、12、13世代のCore i5でも十分に可能です。

重いゲームではゲーム側のパフォーマンスが少し低下するかもしれませんが、画質を下げるなどして設定を調整すれば問題なく配信できます。

メモリは32GB搭載を推奨

筆者環境下での配信を想定したメモリ使用量

最近ではメモリ16GBが推奨スペックになっているゲームが多いですが、配信では配信用ソフトやDiscord、ブラウザなどゲーム以外にもメモリを消費します。

配信するゲームにもよりますが、重めのゲームを配信すると16GBではメモリ不足になる可能性が高いので、メモリは32GBあった方が余裕をもって配信できます。

メモリ不足になるとPCの動作が重くなるだけでなく、最悪フリーズが発生して配信に致命的な支障をきたすので、メモリもしっかりと余裕を持たせておきましょう。

特にVTuber形式での配信を考えている方は3Dモデルを動かすためのソフトも起動する必要があるので、32GBのメモリを強くおすすめします。

モニターのデュアルディスプレイ化もおすすめ

1画面で配信する場合のイメージ
2画面ならゲームをフルスクリーンで楽しみながら配信操作やコメントの閲覧もできる

配信ではゲーム画面だけでなくOBS等のソフトを操作したり、視聴者のコメントを表示したりするので、1画面では必要な情報を全て映し出すことが難しいです。

そのため多くの配信者はモニターを2枚以上設置して配信活動をしています

配信外でもゲーム画面と攻略情報などを同時に見れるのはかなり便利ですし、作業の効率も大幅に上がります。

1枚と2枚では配信活動の効率も快適さも段違いなので、デュアルディスプレイはかなりおすすめです。

ベンキュージャパン
¥30,000 (2024/04/07 18:30時点 | Amazon調べ)

配信で人気のあるゲームの推奨スペック・必要PCスペック紹介

タイトル一覧CPUグラボメモリ
StarfieldCore i5-10600KRTX 208016GB
タルコフ 3.2 GHz
(Intel i5, i7)
ビデオメモリ
2GB以上
16GB
ストリートファイター6i7-8700 RTX 207016GB
Apex Legendsi5-3570TGTX 9708GB
デッドバイデイライトi3-4170GTX 7608GB
GTA 5i5 3470GTX 6608GB
VALORANTi3-4150GT 7304GB

配信で人気のあるゲームの推奨スペックは幅広いですが、最も低いゲームでもゲーム向けのエントリークラスのグラボが必要です。

ここに配信の負荷が加わることを考えると、現行では「RTX 4060」「Core i5 最新世代」の組み合わせが配信に最低限必要なスペックです。

最新のAAAタイトルや重めのゲームを配信する場合は「RTX 4060 Ti 以上のグラボ」「Core i7 最新世代」の組み合わせがおすすめです。

有名配信者のPCスペック・使っているパソコン一覧

この項目では有名配信者の方のPCスペック・メーカーをまとめています。

リンク先で公言されている価格と違う場合がありますが、PCはCPUやグラボ以外にもストレージや冷却パーツ、ケースなどで価格が大きく変わります。

グラボに関しては普段どのようなゲームを配信するかでスペックに違いが出ていますが、CPUはほとんどの方がトップクラスの性能を持つモデルを選択されています。

これから配信を始める方がここまで高性能なCPUを用意する必要はありませんが、配信活動においてCPUの性能がかなり重要であることが分かります。

釈迦

CPUAMD Ryzen9 7950X
メモリ64GB
GPURTX 4090
PCメーカーGALLERIA (ドスパラ)
価格・予算60万円~
公式Youtubeチャンネルの切り抜き動画

釈迦さんはドスパラのゲーミングPCブランド「ガレリア」からコラボPCを出しています。

釈迦さんと同じぐらいのPCスペックを使いたい方は以下のモデルをチェックしてみてください。

ZA9C-R49 SHAKA コラボモデル

価格:594,980円

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途4K解像度・VRゲーム
CPUCore i9-14900KF
グラボRTX 4090 24GB
メモリ32GB (DDR5)
ストレージ1TB (Gen4)

G-Tune FZ-I9G90

価格:659,800円

コスパ
耐用年数
おすすめ用途4K解像度・VRゲーム
CPUCore i9-14900KF
グラボRTX 4090
メモリ64GB (DDR5)
ストレージ2TB (Gen4)

関優太(Stylishnoob)

CPUIntel Core i9-11900k
メモリ64GB
GPURTX 3090
PCメーカーLEVEL ∞ (パソコン工房)
価格・予算40万円~
関優太 X(Twitter)より引用

宝鐘マリン

CPUIntel Core i9-13900K
メモリ不明
GPURTX 4090
PCメーカー不明
価格・予算60万円~
2023/03/04のライブ配信より引用

k4sen

CPU不明
メモリ不明
GPURTX 4090
PCメーカーLEVEL ∞ (パソコン工房)
価格・予算60万円~
公式Youtubeチャンネルの切り抜き動画より引用

兎田ぺこら

CPUAMD Ryzen9 5950X
メモリ64GB
GPURTX 3080
PCメーカー自作
価格・予算30万円~
TSUKUMO本店のX(Twitter)投稿より引用

SPYGEA

CPURyzen 9 7950X3D
メモリ32GB
GPURTX 4090
PCメーカーLEVEL ∞ (パソコン工房)
価格・予算60万円~
公式Youtubeチャンネルの切り抜き動画より引用

星街すいせい

CPURyzen 7 5800X
メモリ不明
GPURTX 3070
PCメーカー不明
価格・予算20万円~
2021/08/14のライブ配信より引用

湊あくあ

CPUCore i9 9900K
メモリ不明
GPURTX 2080 Ti
PCメーカー不明
価格・予算20万円~
2021/02/23のライブ配信より引用

葛葉

CPUIntel Core i9 13900K
メモリ64GB
GPURTX 2080 Ti
PCメーカー自作
価格・予算30万円~
葛葉 X(Twitter)投稿より引用

壱百満天原サロメ

CPUIntel Core i9-12900KF
メモリ不明
GPURTX 3070 Ti
PCメーカー不明
価格・予算30万円~
2023/08/27のライブ配信より引用

配信におすすめなゲーミングPC&遊べるタイトル紹介

おすすめモデルの特徴はこちら!

この項目では配信におすすめのゲーミングPCを予算とスペック別にデスクトップPCを3台、ノートパソコンを1台紹介していきます。

どんなゲームの配信におすすめかも合わせて記しているので、ゲーム配信用のPC選びで迷っている方は是非参考にしてみてください。

なるべく安くPCゲームを配信したいなら「RTX4060Ti&Ryzen5搭載PC」

NEXTGEAR JG-A5G6T

マウスコンピューター NEXTGEAR

価格:144,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途ゲーミングPC初心者
コスパの高いモデル
CPURyzen 5 4500
グラボGeForce  RTX 4060 Ti
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD

メリット・デメリット紹介

  • 初めてのゲーム配信に最適な価格とスペック
  • 「Apex Legends」や「Fortnite」などの人気ゲームを高画質で配信可能
  • ゲームを遊ぶだけなら最新のゲームでも快適に動作
  • 最新の重いゲームを高画質で配信するのは難しい

なるべく予算を抑えて安くPCゲームを配信したい方には「RTX4060Ti&Ryzen5搭載PC」がおすすめです。

配信で人気のゲームは全て快適に遊べるスペックでありながら、価格も抑えられているので非常にコスパが良いモデルです。

配信すると重くなる場合はゲーム側の設定を少し下げる必要がありますが、一部の重いタイトル以外はあまり画質を犠牲にせずに配信が可能です。

これから配信を始める入門者の方にピッタリのモデルです

以下のPCゲームの配信におすすめ!
  • Apex Legends:最高設定・144fps張り付きでプレイ可能
  • Fortnite:最高設定・120fps以上でプレイ可能
  • ストリートファイター6:60fps張り付きで対戦可能

最新ゲームも高画質で快適「RTX4070TiSUPER&Ryzen7搭載PC」

G-Tune JG-A7G7A

価格:299,800

コスパ
耐用年数

おすすめ用途
ゲームやクリエイター用の
ソフトを快適に動かしたい
コスパを重視する
CPURyzen 7 7700
グラボGeForce RTX 4070 Ti SUPER
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD

メリット・デメリット紹介

  • 最新ゲームも快適に配信可能
  • CPUも高性能なので動画編集等の配信外の作業も楽々とこなせる
  • グラフィックが売りの重いゲームを高画質で配信するのは難しい

最新のゲームも高画質で快適に配信したい方には「RTX4070TiSUPER&Ryzen7搭載PC」がおすすめです。

先ほど紹介したモデルよりもグラボとCPU性能がワンランク上がっており、より配信に適したモデルになっています。

負荷の高い最新ゲームでも画質を保ったまま配信できるスペックです。

配信活動と並行して、YoutubeやTikTokへの動画投稿も考えている方も安心できる動画編集に適した高性能CPUも搭載されています。

より幅広いジャンルのゲームを高画質で配信したい方や本格的な配信活動を考えている方におすすめです。

以下のPCゲームの配信におすすめ!
  • Starfield:最高画質・60fpsでプレイ可能
  • タルコフ (Escape from Tarkov):最高画質・120fps前後でプレイ可能
  • ストリートファイター6:60fps張り付きで対戦可能

VTuber配信や重量級タイトルでも安心「RTX4080SUPER&Ryzen搭載PC」

G-Tune FG-A7G8S

価格:459,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途ハイエンドなゲーミングPCを求めてる
CPURyzen 7 7700X
グラボGeForce RTX 4080 SUPER
メモリ32GB
ストレージ2TB NVMe SSD

メリット・デメリット紹介

  • 最新の重量級タイトルを高画質で配信可能
  • 3Dモデルを用いたVTuber配信も快適
  • 今後数年はスペックで困らない
  • ゲーミングPCとしては非常に高価

VTuber配信や重量級のタイトルでも安心して配信したい方には「RTX4080SUPER&Ryzen搭載PC」がおすすめです。

「Starfield」のような非常に推奨スペックが高いゲームでも、美しいゲーム画面をそのまま配信出来るスペックです。

また、3Dモデルを用いたVTuber配信やVRゲームの配信など、通常の配信よりも更に負荷が大きくなるような場合でも余裕を持って配信できます。

ゲームを遊ぶだけなら少しオーバースペックですが、配信に使用すればハイスペックを余すこと無く使いこなせます。

今後数年はスペックで困ることは無いので、長く使えるPCを探している方にもおすすめのモデルです。

以下のPCゲームの配信におすすめ!
  • Starfield:最高設定・60fpsでプレイ可能
  • VRゲーム:60fps以上でプレイ可能
  • FPSジャンル:タルコフのような非常に重いタイトル以外は240fps以上でプレイ可能

ノートPCでも配信を楽しみたいなら「RTX4060&Ryzen5搭載ノートPC」

NEXTGEAR J6-A5G60GN-A

価格:149,800

コスパ
スペック寿命の長さ
おすすめ用途場所を選ばずゲームしたい
CPURyzen 5 7535HS
グラボGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ディスプレイ165Hz対応16型液晶

メリット・デメリット紹介

  • ノートPCでもゲーム配信が可能なスペック
  • マイクを購入すればすぐに配信出来る
  • 外出先でも配信可能
  • 同価格帯のデスクトップPCよりコスパが悪い

ノートPCでも配信を楽しみたい方には「RTX4060&Ryzen5搭載ノートPC」がおすすめです。

最新世代のグラボと高性能なCPUを搭載しているので、ノートPCでも「Apex Legends」や「VALORANT」のような人気ゲームを快適に配信可能です。

また、144hzに対応した高性能モニターとWebカメラが搭載されているので、マイクを購入するだけですぐに配信を始められます。

場所を選ばずに配信活動をしたい方や、家の外での配信用にサブ機として使いたい方にもおすすめです。

以下のPCゲームの配信におすすめ!
  • Apex Legends : 最高設定・144fps張り付きでプレイ可能
  • VALORANT : 最高設定・244fps張り付きでプレイ可能
  • GTA 5:最高設定・120fps前後でプレイ可能

配信におすすめなPCのスペックに関するよくある質問まとめ

配信におすすめなPCのスペックは?

ゲームを配信しないなら、配信でやりたいこと(ブラウザを開いたり、クリエイティブ系のソフトを使ったりなど)が快適に出来る環境であれば配信も問題無くできます。

ゲーム配信をする場合は配信するゲームが要求しているスペックよりもワンランク上のPCを用意するのがおすすめです。

VTuber配信におすすめなPCのスペックは?

VTuberは3Dモデルを使用する場合はリアルタイムで動きをトラッキングしてモデルを動かす必要があるので、要求されるスペックが高いです。

グラボは「RTX 4060」以上、CPUはCore i7以上がおすすめです。

配信でPC以外に必要な機材はある?

マイクがあれば最低限の配信活動は可能です。

顔出しをするならWebカメラ、家庭用ゲーム機やスマホの画面を配信する場合はキャプチャーボードが必要です。

ノートPCでもゲームを配信できる?

高性能なCPUとグラボがあれば可能です。

ゲーミングノートPCなら配信に必要なスペックを満たしています。

配信に必要なPCスペック・おすすめゲーミングPCのまとめ

管理人

記事のまとめはこちら!

  • おすすめのPCスペックはGPU「RTX 40シリーズ」、CPU「Core i7」以上、メモリ32GB
  • 配信するゲームの推奨スペックよりもワンランク上のPCを用意
  • 3Dモデルを使用したVTuber活動には高性能なグラボが必要

ゲーム配信をする場合は高性能なグラボとCPUの両方が必要になります。

人気のゲームを幅広く配信するなら予算は17万円以上は確保しておきたいです。

ゲームを配信しない場合は高性能なグラボは必要ないので、やりたいことに合わせてPCを選びましょう。

ゲーム配信はゲーム自体の負荷に配信や使用するツールの負荷が加わるので、ゲームの推奨スペックよりもワンランク上のPCを選んでスペックに余裕を持たせておくのが重要です

モデル名画像グラボ価格スペック寿命の長さ
NEXTGEAR
JG-A5G6T
マウスコンピューター NEXTGEARRTX4060Ti約14万円 最新ゲームでも
3年以上快適
G-Tune
JG-A7G7A
マウスコンピューター NEXTGEARRTX4070Ti
SUPER
約29万円最新ゲームでも
3年以上快適
XA7C-R48RTX4080Ti約40万円 最新ゲームでも
5年以上快適
NEXTGEAR
J6-A7G60GN-A
RTX4060約15万円最新ゲームでも
3年は快適

以下の記事ではゲーミングPCはどこで買うのがおすすめかについて解説していますので、あわせて参考にしてください。

あわせて読みたい
【2024年4月】ゲーミングPCはどこで買うのがおすすめ? 実店舗で買うならどのお店? 記事の要点はこちら! ゲーミングPCが購入できるBTOパソコンショップ一覧 実店舗でゲーミングPCを買うならおすすめのBTOパソコンショップ ゲーミングPCを中古で購入する...
目次