• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
-Intel社製&br;
--Celeron:廉価版CPUの総称。FEZ動作対象外。
--Pentium III:旧メインストリーム向けCPU。FEZ動作対象外。
--Celeron D:Pentium 4の廉価版CPU。FEZ動作対象外。
--Celeron M:モバイル向け廉価版CPUの総称。FEZ動作対象外。
--Pentium 4:旧メインストリーム向けCPU。上位モデルであればFEZも実用レベル。
--Pentium M:旧モバイル向けCPU。FEZ動作対象外。
--Pentium D:Pentium 4を二つ繋げたCPU。上位モデルであればFEZも実用レベル。
--Core Duo:旧モバイル向けデュアルコアCPU。FEZ動作対象外。
--Core Solo:Core DuoをベースにしたシングルコアCPU。FEZ動作対象外。
--Core 2 Duo:現メインストリーム向けデュアルコアCPU。バリエーションが幅広い。
--Pentium Dual-Core:Core 2 Duoの廉価版CPU。上位モデルであればFEZも実用レベル。
//Pentium Dual-Coreの上位モデルは、Athlon 64 X2と同等の性能があり、FEZも実用レベルです。
--Celeron Dual-Core:Pentium Dual-Coreの廉価版CPU。FEZ動作対象外。
--Core 2 Quad:Core 2 Duoを二つ繋げたCPU。現メインストリーム向け。
--Xeon:旧・現サーバー向けCPUの総称。シングル〜クアッドまで存在する。

-AMD社製&br;
--Duron:AthlonまたはAthlon XPの廉価版CPU。FEZ動作対象外。
--Athlon:旧メインストリーム向けCPU。FEZ動作対象外。
--Geode NX:Athlon XPの派生版CPU。FEZ動作対象外。
--Athlon XP:旧メインストリーム向けCPU。FEZの動作には非力。
--Sempron:Athlon XPまたはAthlon 64の廉価版CPU。FEZの動作には非力。
--Turion 64:現モバイル向けCPU。上位モデルであればFEZも実用レベル。
--Turion 64 X2:現モバイル向けデュアルコアCPU。上位モデルであればFEZも実用レベル。
--Athlon 64:前世代のメインストリーム向けCPU。
--Athlon 64 X2:現メインストリーム向けデュアルコアCPU。
--Phenom X4:現メインストリーム向けクアッドコアCPU。
--Phenom X3:現メインストリーム向けトライコアCPU。
--Opteron:旧・現サーバー向けCPUの総称。シングル〜クアッドまで存在する。

-VIA社製
--C3:旧メインストリーム向けCPU。FEZ動作対象外。
--C7:現メインストリーム向けCPU。FEZ動作対象外。

-Transmeta社製
--Crusoe:旧モバイル向けCPU。FEZ動作対象外。
--Efficeon:旧モバイル向けCPU。FEZ動作対象外。

-各社のCPUの特性~
INTEL社:バリエーションの幅が広く下位モデルではFEZには不向き。~
Pentium4時代には性能の低さと発熱で苦戦したが、Core2シリーズで名誉挽回した。~
//64bitモードで動作させると性能が低下するなど、サーバ用途では弱点も多い。~
//64bitモードで性能は下がるどころか上がります。AMDと比べて上昇幅が少ないだけです。
//これはAMD64でレジスタの数が大幅に増えたことによります。
//レジスタは1クロックでアクセスできるので、3クロック以上かかるL1キャッシュよりも高速です。
//64bitモードで動作させると性能が低下するなど、サーバ用途では弱点も多い。~
AMD社:Athlon64X2時代にはPentium4を性能で圧倒し、ゲームならAMDの評判を作ったが、~
現在はCore2の巻き返しにより、状況が逆転した。~
新世代のクアッドコアCPU、Phenomをリリースしたが、動作クロックの低さと発熱の大きさがネックとなっている。~
//4コア完全統合など技術的にはIntelより進んでおり、サーバーやHPCで性能を発揮する。~
//AMDの4コア完全統合は技術的に意味が無いものです。なぜなら4コア完全統合を活かすような作りになっていないためです。
//現状では、単純にコストを増加させるだけになっています。
//それよりもメモリコントローラーが内蔵がされていることの方が、4CPU以上のサーバーや、キャッシュの効きにくいHPCで大きいです。
メモリコントローラー内蔵など技術的にはIntelより進んでおり、4CPU以上のサーバーやHPCで性能を発揮する。~
//4コア完全統合など技術的にはIntelより進んでおり、サーバーやHPCで性能を発揮する。

//コメントを読んでください。間違った内容を書くのは良くないことです。コメントまで消さないでください。

-CPUコアの数~
シングルコア→CPU内部にコア1個~
デュアルコア→CPU内部にコア2個(物理コア1、論理コア2として処理される為WinXP HomeでもOK)~
クアッドコア→CPU内部にコア4個(WinXP HomeはOK。Win2000 Pro.はコア二つとして認識)

-シングルスレッド動作
--CPUコアを1つしか使わない処理。FEZはシングルスレッドで動作する。
--デュアルコアCPUで動作させても、あまり性能は発揮されない。
--ただし、nProの負荷の分だけ動作が軽減されると言われている。

-マルチスレッド
--PUを複数使う処理だがFEZは対応していない。

-GPUについて~
FEZの処理はCPUに大きく依存します。~
またグラフィックデータを主にメインメモリに展開し、VRAMの使用容量を節約しています。~
(ただし、VRAMを使用していないとか、GPUを使っていない、という意味では無いので誤解しないように注意)~
しかし、GPUに求められる性能がオンボードで処理できるほど低くはありません。~
特に、影などの処理を追加する場合、GPUメモリーの量が大きく影響します。~
一部に、GPUに処理を割り振ってCPUの負荷を下げれば良いのではないかという意見もありますが、
GPUのプログラミングでは、FEZで一番処理が重い「整数演算」や「分岐処理」は行えません。~
単純にGPUで肩代わり出来るような処理ではないので、早とちりしないように注意。~

//このページはパソコンオタクの知識自慢ページではありません。
//そういった自己満足がしたいのなら、自分でサイトを作ってそこでやりましょう。

-FEZに必要なCPU性能の目安
--設定最高で、常に快適に遊べるクラス~
現在売っているCPUにはありません。
--設定最高で、戦争に支障が出ないクラス~
Core 2 Duo 2.4GHz以上または、Athlon 64 2.8GHz以上。
Core 2 2.4GHz以上または、Phenom 2.6GHz以上または、Athlon 64 2.8GHz以上。
--設定中程度で、戦争に支障が出ないクラス~
Pentium Dual-Core 2GHz以上または、Pentium 4 3.2GHz以上または、Athlon 64 2GHz以上。
--設定最低で、戦争に支障が出ないクラス~
書きかけ



    ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS